GPV気象予報

  • 雨量・雲量
無料ブログはココログ

2017年5月29日 (月)

今日の星空 (星の大海に埋もれる白鳥座)

スカイメモS専用三脚のために作った物置台、艶消しブラックで塗装しました。

結局ホームセンターで木部専用の塗料を探すことはせず、手持ちの汎用塗料を使いました。

砥粉を塗ったり綺麗に仕上げようかとも思いましたが、作成時にだいぶ傷めちゃったので酷い箇所だけ補修して良しとしました。

使えればそれでOKです。



前回さそり座を撮影した時にいっしょに撮影したはくちょう座です。
Swan_28mm_iso1600_180sx8
(SONY NEX-5N(改) Nikkor 28mm ISO1600 F2.8 180秒×8枚 LPS-D1 Skymemo-S)

天の川に埋もれてよくわかりませんでしょ?

肉眼ではよくわかりますよ。

写真に撮るとデネブぐらいしか目立ちませんね。

このぐらい見える視力があったらすごいだろうなぁと思いながら、現場でモニターを見ていましたよ。

サバンナとかに住む人たちには視力7.0とか当たり前のようにいるらしいですけど、どのぐらい星が見えるのかなぁ?

ひょっとして星雲の色まで見えていたりして?


ソフトフィルターを使って星座の形をわかりやすくしてみました。
Swan_28mm_iso1600_180s
(SONY NEX-5N(改) Nikkor 28mm ISO1600 F2.8 180秒 LPS-D1 SOFTON(A) Skymemo-S)

さそり座がこのぐらいの高度まで上がってくれたら撮れる写真も違ってくるだろうなぁ、なんて、いつも思いながら見ています。

ちなみにちょっと前にネタにしたコートハンガー星団も写っていますよ。

探してみてくださいね(^^;) 

2017年5月28日 (日)

今日の星空 (さそり座と天の川)

ブルゾンちえみ・・・不思議な魅力がありますね。

美人でもないし可愛いわけでもない、だけど印象に残ります。

あのメイクが原因なのかな?

独特の色気もおじさんは好きですよ(^^;)


昨晩から今朝にかけて、GPVでは雲が邪魔になりそうでしたが空を見上げると星がきれいに輝いていました。

22時過ぎに出掛けて撮影してきました。

出掛けてって言ったって近所の海岸なので車で5分も走れば着いちゃう所です。

家では気が付きませんでしたが、海岸は強風が吹きつけていたので広角レンズだけを使っての撮影となりました。

今はさそり座を狙うのに都合がいい時期なのです。
Scorpion28_iso1600_120x12
(SONY NEX-5N(改) Nikkor 28mm ISO1600 F2.8 120秒×12枚 LPS-D1 Skymemo-S)

それでも右側に光害の影響が出てしまいました。

こういうのをスッキリ消せるぐらいのPhotoshop使いになりたいです。


シャウラより下側の星がソフトフィルタを用いたように写っているのは雲の影響です。

このあたりが雲越しに見えるようになるまで、着いてから1時間半ぐらい掛かりました。

低空の状況が良かったら光害を避けられたのかも知れません。

こちらはソフトフィルタを使った一枚モノです。
Scorpion28mm_iso1600_120_so
(SONY NEX-5N(改) Nikkor 28mm ISO1600 F2.8 120秒 LPS-D1 SOFTON(A) Skymemo-S)

ここはやっぱり見応えがあります。

撮影中も双眼鏡で楽しめる領域なので待っていることが苦になりません。

明るい流れ星も2つ見られたし、出掛けてよかったですよ。

もっと天気のいい日にまた撮りたいです。

2017年5月24日 (水)

工作室 (スカイメモS専用三脚の小物置台を作成)

今更ですが「Photoshop CS2」のオフィシャルテキストを図書館から借りてきて一から勉強をし始めました。

返却までの22日間に基礎をじっくり学ぼうと思っています。

が、果たしてできるでしょうかね~。

本当にやるかなぁ・・・、そのまま返却日を迎えちゃうかも?


今まで独学というか適当に「Photoshop 7.0J」を使ってきましたが、CS2になって多少は天体写真の補正術を身に着けたいなぁと思い始めたのです。

今までは星マスクとか・・・何それ?関係ないも~ん・・・って見ないふりをしてきましたが、いつまでもそれじゃイカンと思うようになってきたのです。

天体写真補正術の解説動画を見ても、イマイチ何をやっているのか分からないところが多くて・・・先ずは、自分がどこまで機能を理解しているのかが知りたくなってきたのです。

もちろんCS2ではできないことも多いとは思いますが、自分のPhotoshop力を少し上げたいと考えています(^^;)




さて、久しぶりの天体撮影をした土日、昼間は眠気もあってあまりヘビーな工作はしたくありませんでした。

軽めの工作だけどすごく役に立つもの・・・それが今回の工作です。

スカイメモS専用三脚を仕立ててから小物を置くのが困難になっていました。


今までは、市販されている車のハンドルに引っ掛けるテーブルを使っていたのですが、この三脚の脚はダブルシャンク式なので合わなくなっていたのです。
_dsc9266_3

分かりにくいですね。

横から見ると・・・。
_dsc9267

この角度、載せた物が落ちちゃうのです。


そこでこんなモノを作りました。
_dsc9265

材料はコンパネの端切れで100円です。


セッティングは簡単。

脚の隙間から入れて・・・。
_dsc9269

捻ります。
_dsc9270

セット完了。
_dsc9271_2



自分が置きたいモノは、モバイルバッテリーとスマホがメインで、後は小物が少々。
_dsc9262

十分な大きさですよ。

どうしようかいろいろ考えた跡や、ヤスリを掛けていてバリっと捲れてしまった合板が痛々しいですが、これは100円ショップで買った木目調の粘着シートで隠れる予定です。

同じ板があと何枚か売っていたので、買い直して慎重に作り直してもいいですけどね。

その場合、2段で置けるようにするかな?

月明かりの影響が無い暗い夜が来ているというのにスッキリ晴れませんねー。

このテーブルにスマホを置いてバリバリ撮影したいですよ(^^;)

2017年5月21日 (日)

今日の星空 (C/2015 V2(ジョンソン彗星) その2)

毎週末楽しみに見ている「バナナマンのせっかくグルメ!!」、我が町に来ていたんですね。

楽しく見ましたよ。

来週も続編なのかな、楽しみです。

バナナマンは毒がないというか嫌な気分にならないので好きですよ。

ラジオ番組も録音して聞いています。

若かりし頃はソニーのスカイセンサーでニッポン放送のオールナイトニッポンを聞いていましたが、今ではRadikoでTBSの好きな番組だけ録音して聞いています。


昨晩というか今朝というのか、霞んだ空だと文句を言いながらもせっかく出掛けたので天頂のジョンソン彗星だけ撮影しました。
2015v2_iso3200_1h5m20s_14fr
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO3200 2m20s×14枚 LPS-D1 Skymeo-S)

核基準で。
2015v2_iso3200_37m20s_16fr_

条件は悪いながらも尻尾は写りました。


ちなみにこちらは昨日のジョンソン彗星。
2015v2_isomix_1h0m40s_13frc

詳しくは前々回のブログを見ていただくとして移動量を確認してみました。

昨日と今日の写真を重ねてみただけですけど。
2015v2_move

212mmの画角でこのぐらい移動しています。

自分はコメットハンターではないのでこれが速いのか遅いのか分かりませんが、3か月ほど前の45P(本田-ムルコス-パイドゥシャーコヴァー彗星)と比べるとだいぶ遅いようですね。

しばらくは楽しめるのかな?

今日の星空 (M8(干潟星雲)、M20(三裂星雲)、Cr399(コートハンガー星団))

海岸の野良猫ですが、去年の春産まれた猫の中で一番フレンドリーな雌猫が子供を産んだみたいです。

お腹は大きくなっていなかったのに、今日、胎盤?みたいなものを少し引き摺っていたのでビックリしました。

この子の妹は、先日、自分が産んだ子猫を咥えて持ってきてトンビにさらわれちゃったという事件を起こしました。

その妹も少しお腹が大きくなっただけで、この子達の母猫や他の猫のようにお腹パンパンにならなかったのですが、まだ、母親になるには早かったということなのかな?

ひょっとして今日産んだとみられる猫も子猫を咥えてくるかもしれないと思い、早々に現場を離れました。

もしかしたら未熟児で死産だったかもしれないけれど同じことを繰り返したくないし、ちゃんと産めたのならしっかりと育ててほしい、いずれにしてもできるだけ自然の成り行きに任せたいです。


さて、前回彗星を撮った時、表題の星達も撮っていました。

昨日の星空はイマイチでしたが今日よりは遥かによく見えていました。

今日はGPVではすごくいい星空になりそうだったんですけど、雲はないけれど霞んじゃっているようで、さそり座はアンタレスと頭の部分の明るい星が2つ(ベータとデルタ)しか見えませんでしたよ。

はくちょう座もデネブとサドルぐらいしか肉眼で見えなかった。

せっかく光害の少ない湾上で撮影できるチャンスなんだけど・・・残念。

ということで昨日の写真から・・・。
M20_iso3200_18m40s_8fr_1
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO3200 2m20s×8枚 LPS-D1 Skymemo-S)

意外と写っていましたよ。

左の青と赤の星雲がM20、中央の赤い星雲がM8。

もっと撮りたかったんだけど月が昇ってきちゃったんですよ。

ついでに変わった形の星団も撮っておきました。
Coathunger_iso3200_9m20s_4f
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO3200 2m20s×4枚 LPS-D1 Skymemo-S)

コートハンガー星団って言われてます。

当ブログでは2回目の登場かな?

双眼鏡でもよく見えます。

分かりやすくしておきました。
Coathunger_iso3200_9m20s_2

星座とかどう見ても言われるような形に見えないってのが多いけど、これは一目瞭然、わかりやすい形です。

面白い形ですね。

2017年5月20日 (土)

今日の星空 (41P(タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星)とC/2015 V2(ジョンソン彗星))

霞んだ感じはあったものの久し振りの星空になりました。

久し振りなので多少のことには目を瞑って撮影に行こうと、22時ぐらいまで家でステラナビゲータを見てワクワクしていましたよ。

近所の海岸なので22:30ぐらいにはセッティングも終わっていましたが、なんということでしょう、こんな日に限って学校施設の照明がこちらの目論見を阻みます。
_dsc9259

もう消えるんじゃないか・いま消えるんじゃないかと待っていましたが、なかなか消灯してくれないので、光害の影響の少なさそうな天頂にあるC/2015 V2から撮影を始めました。

余談ですが、自分が住んでいる町から30キロぐらい西に行った地域では、こういった今か今かと待つ状態を「べんかんべんかん」と言うのです(ちょっとニュアンス違うかもしれません)。
初めて聞いた時には聞き直し、それでも意味が分からず困惑したことを思い出しました。

結局、23時10分頃までこの状態でした。

途中で露出を変えましたが、撮った写真全部を使った写真です。
2015v2_isomix_46m40s_20fr
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISOmix Total:46m40s LPS-D1 Skymemo-S)

こちらは核基準でコンポジットした写真。
2015v2_isomix_46m40s_20fr_2

短いですけど尻尾を捉えました。


次にC/2015 V2よりも低空の41Pを撮影しましたよ。
41p_iso3200_18m40s_8fr_1
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO3200 140秒×8枚 LPS-D1 Skymemo-S)

こちらは暗いですね。

核基準でのコンポジットは諦めました。

今は2つの彗星がここでは比較的光害の影響が少ない方向にあるので撮影チャンスです。

今晩もいい天気だったらいいなぁー・・・。

2017年5月18日 (木)

今日の港 (伊勢湾フェリー「鳥羽丸」)

「Google Chorome」とココログは相性が悪いのかな?

一昨日あたりからプロフィールのフォントが掠れちゃって見辛いこと見辛いこと。

フォントの設定とか見直してみたんですが変化なし。

まぁ単に入り口でそこで何をするわけではないので問題はないですけど。

PCを再起動したら治るのかな?

どうせそのうちOSの更新とかで再起動するでしょうからほっときますか・・・。


去年もこの時期に入港した伊勢湾フェリー「鳥羽丸」。
_igp4025

いつだったか覚えていませんが、会社の旅行で利用したことがあります。

正面から見るとだいぶお疲れのようですね。

先に入港したLNG船「LNG JUPITER」をバックに入港。
_dsc9225_2

それから1週間経ちました。

まだ、ドックで整備中みたいです。
_dsc9249

毎年この時期が点検なのかな?

錆とかもちゃんと落とされて綺麗になって帰っていくのかな?

タイミングが合ったら写真に収めたいと思っていますよ。

2017年5月17日 (水)

今日の野鳥 (アオバト♀)

全く星空が拝めません。

この季節はこんな感じでしょうね。

去年も一昨年も似たようなものです。

振り返ってみると、去年の5月は2晩しか撮影していませんね。

あーつまらないなぁ・・・。


前回コシアカツバメをアップしましたが、その時、ふと違う方向を見たら・・・アオバトがいたのです。
_igp4146

ビックリしましたよ。

松林で鳴いていたり飛び交う姿はちょいちょい見るのですが、広場に降りてくるのは初めて見ました。

波打ち際に海水を飲みに降りてきたのは2・3度見たことがありますが、撮影しようと車で近づいただけで逃げられていましたので、向こうから近づいて来てくれるとは思ってもみませんでした。

釣り糸が絡んで足先が無くなっちゃった土鳩に興味があったのでしょうか?
_igp4136

その土鳩はなんか逃げ腰。

なんて、この子は足のバランスが悪いのでいつもこうなんです。

ジーっと見て。
_igp4138

種(属だけど)を超えた愛が生まれるのか?

_igp4140

ダメですか?

なんて、確かこの子はメスだったはず。

ただ、興味があっただけなんでしょうね。

足の悪いこの子には、釣り糸が絡まっていたのを助けられなかった負い目があって、見掛けるとおやつをあげていたのです。

今ではおやつをあげ終わっても、いつも自分の近くにいるようになりました。

それが功を奏してこんな間近でアオバトの写真が撮れました。

ちょっと焦って撮ったのでピントは外しちゃったようですが、うれしい出会いとなりました。

2017年5月16日 (火)

今日の野鳥 (コシアカツバメ)

あるリサイクルショップのジャンク箱の中に望遠鏡のファインダー(6×30 8°)が転がっていました。

見たことのない足が付いて税込み540円。

ビクセンの製品っぽいモノですが足が特殊な形でした。

望遠鏡用じゃないのかな?何かの計測機器用?

普通なら買わないのですがバラして中を見ると・・・よくある筒全体を微動させて照準を合わせるタイプではなく、レチクルの金属環を微動させるタイプ・・・スカイメモSの極軸望遠鏡と同じタイプだったのです。

その金属環がしっかりした金属で出来ていて、イモネジで削られちゃうようなヤワなものではなかったのです。

サイズが合うかどうかわかりませんが、ダメなら他に使えるかもしれないと思い購入しました。

サイズが合えばスカイメモSの極軸望遠鏡内のレチクル用金属環と交換し、ダメだったらあまり使わなくなっちゃったけどナノトラッカーの自作極軸望遠鏡と交換しちゃおうかな。


大好きなコシアカツバメ。

ツバメに少し遅れてしばらく前から来ていたのですが、ようやく泥集めの様子が撮れるようになりました。

到着してから何度か雨が降っていい感じの水溜りがあったんですけどね。
_igp4106_2

すぐに巣の補修を始めるわけじゃないのかな?

というか、巣は毎年作るの?

同じ巣を補修しているのかと勝手に思っているんですが。
_igp4120

_igp4127

_igp4130_2

どこに巣をかけているのかな?


ピンボケ。
_igp4133

お洒落な模様が好きなんですよね。

2017年5月14日 (日)

ジャンク部屋 (Nikon アングルファインダー)

かなり前に何かに使えるだろうと買っておいた「Nikon アングルファインダー」。

今回、スカイメモS専用三脚を作ったことで、ちょっと考えがあってこの存在を思い出しました。

三脚自体の耐荷重が3kg減ったので「出来たら脚を伸ばさずに使えるようにしたい」という思いが沸き起こったのです。(風のある日は特に)

その際に問題になるのが極軸望遠鏡が覗き辛くなること。

それなら「極軸望遠鏡にアングルファインダーを接続できるようにすればいいじゃん!」って事です。


製品として販売されていらっしゃるお店もありますね。(スカイメモS用ではありませんが)

今のモノだと2倍に拡大できたりするみたいですが、自分が手に入れてあったのは随分昔の製品のようで等倍のみです。

等倍よりも小さく見える気がすんるんですけど・・・。



ザックリと作成プランですが、こんな材料を・・・。
20170514_195538_2


こんな感じで・・・。
20170514_195619


極軸望遠鏡に被せます。
_dsc3383

もちろん長さを調整&内径の調整をして極軸望遠鏡のお尻に合うようにします。


材料費ですが、
 アングルファインダー・・・324円(だったと思う)
 塩ビ管パーツ・・・2つで116円
です。



ちょっとした問題があります。

それは逆像であること・・・まぁ、慣れちゃえば良いんですが。


ホントは今日作ってしまうつもりでいたのですが、合う材料を求めてホームセンターを彷徨っているうちに時間が経っちゃって・・・しかも、ネタもないものですから構想でブログを書いちゃいました(^^;)

出来ましたら、またネタにしますので、お付き合いください。



それにしても卓上ミニ旋盤が欲しいなぁ・・・置くところもないけどさ。

旋盤があったらアルミとか削って、バッチリでカッコいいヤツが作れると思うんだけど、またしても塩ビ管に頼ることとなりました(^^;)

«今日の星空 (昇りたての満月)