« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

物欲 天体望遠鏡(BORG71FL(BK)+BU-1セット)

とうとう買っちゃいました。

20130531_172824web

20130531_172726web

ん?最近このフレーズ多いな・・・。

これも、ズーッと前から欲しかったものなんですが、円安が元々値上げを考えていたところへ追い打ちをかけたようで、来月から3万円近く値上げが予定されています。

そうなれば更に高嶺の花になっちゃいそうで、値上げ前の駆け込み購入をしようかどうしようか、ここしばらく葛藤してました。

この色は100セット限定品で、メーカーではすでに完売しており、販売店でもほとんど完売となっていました。

第一候補はこれで、第二候補は77EDⅡのブラックのセットだったんですが、第一候補が自分が知る限り完売でしたので一旦は諦めました。

それが、3日前の深夜、ふと、よく見るショップのサイトを覗いてみたらキャンセル扱いで1セットのみ即納になってるじゃありませんか!

もうね、理性を失ってましたよ、気がついたらポチっとしてしまってました。

うーん、支払い方法どうしようかな?分割に変えようか・・・。

それはともかく、本日届いてましたので、夕方、そそくさとテストに行ってきました。



あれ?居なくなったはずのオシドリが居ますよ!

ファーストライトはオシドリです。
_igp8295

_igp8303

_igp8341

夕方の上に曇りで高ISO値となり解像感はありませんが、自分が持っている同じ焦点距離/同じF値のレンズよりも早いシャッタースピードとなります。

メーカーさんが言うように構造が簡単で口径比よりもちょっと明るいようです。

専門的なことは分かりませんが、中古品で楽しむ自分としては、大変珍しく新品の機材ですし、何と言ってもレンズが最高峰の品質のフローライトですので、もう、期待で妄想が拡がりまくってますよ!

あぁー、早く天気が良くならないかなー、探鳥に行きたい!!

2013年5月27日 (月)

スズメの砂浴び場

今回は野鳥の写真はありません。
工作途中の物の紹介です。
すみません。


我が家の庭には、向いの家の軒裏に住んでいるスズメ向けに、水場と砂浴び場を作ってあります。


水場はメジロ用に冬の間から設置していますが、スズメは水浴びはしないみたいです。

水を飲む所は何度か見ているんですが水浴びは嫌いなんですかね?

まぁ、跡が残らないので分からないだけかもしれませんが・・・。

対して砂場は設置して5日目です。

今日、帰宅して一服した後、先ほど懐中電灯を持って様子を見に行ったら、ナント!砂浴びした形跡がありました!

ちょっと分かりにくいですけど
Dscn1461
 

こっちの方が分かるかな?
Dscn1463
赤丸内、下の写真ではピンボケしてますけど窪みが出来てます。

ヤッター!

その内、砂浴びしているところを写真に撮れるかもです。

他のサイトで砂浴びが好きらしい事は知っていたんですが、メジロなどの為に水場を優先して作成していたので後回しになっていたんですよ。(もうメジロはどっかに行っちゃいましたけど)

水場の方は自動給水方法も何とか形になったので、ようやく砂場を作った次第です。

写真では見えないけど鉢受皿の底は、メッシュの金網を貼って水が抜けるようになってます。

これに慣れてくれたら専用の台を作ろうと思ってます。(その前に、もうちょっとサイズが大きい方がいいのかな?)

この鉢受皿、元々水場で使っていたんですが、全然来てくれずお蔵入りになっていたのを再利用して、ようやく陽の目を見た感じです。


砂場と水場、共に鳥達が楽しんでいるところを写真に撮れたらいいなぁ。

2013年5月26日 (日)

グリーンカーテン(パッションフルーツ)

去年から始めたパッションフルーツ、初めての冬を越して花を一輪咲かせていました。

_igp8008

越冬用の簡易ビニールハウスの中でも花を付けていたんですがグリーンカーテンに展開してからは初めての開花でした。

これから順次咲き始めるのかな?

物欲 エアツール(ROL-25SS,ATL-100他)

野鳥とは関係ありませんが、野鳥に出会う場所まで運んでくれる車に関する事です。

ズーッと欲しかったエアコンプレッサーと工具をとうとう買っちゃいました。

近所のホームセンターでネットを含めて他では見かけないような激安価格で販売してたんです。
Dscn1453

今まで、コンパクトエアコンプレッサーの爆音の為、近所迷惑を気にしながら夏冬タイヤ交換をしていたんですが、これからは気にせず極端な事を言ったら夜でも作業出来ちゃいますよ。

コンプレッサーはパオックの「ROL-25SS」というタンク容量25リットルの静音オイルレスタイプです。

それに伴って、アースマンのインパクトレンチ「ATL-100」等も買っちゃいました。

ただ空気入れるだけじゃ勿体無いですもんね。



25リットルという中途半端な容量にインパクトレンチは無理か?との思いもありましたが、それは杞憂に終わりました。

ただ、ホイール4本交換する間に2回コンプレッサーが起動しました。

もうちょっと容量が欲しいですね。

満タンになるまでにそんなに待つことも無いのでDIYなら必要十分かな。



やはり特筆すべきは騒音の少なさ、スゴイ静かで感動です!

今までのコンパクトエアポンプの五月蠅い事と言ったら・・・しかも、チョー時間かかるし。

タイヤ保管時はほぼすべての空気を抜いてましたので、今までは150kpaぐらいまで時間かけて入れて、後は最寄りのスタンドへ行って補充してました。

空気入れるだけで1時間はかかってましたが、今回は、10分かかって無いんじゃないかな?



交換作業については、大体、1本分ナット(5個)を外す→交換して同じくナット(5個)を締める→次のホイールのナットを外す途中に圧力不足でナットが回らなくなるかなんとか外せるかぐらいの感じです。

1本目で無駄に空気を使うと2本目のナットが途中で外せなくなるようです。

ATL-100が空気消費量113リットル/分なのでもっと消費量の多いインパクトレンチでは事情が変わってくるかと思われます。



トルクレンチは初めて使いましたが、やはり、いままでのクロスレンチでの締め付けは強すぎたようです。

あまり強く締めないように気を付けてはいたんですけどね。

業者さんにタイヤの履き換えで作業してもらった後に、家に帰ってからクロスレンチを締める方向に回してみて(実際に締めはしない)力加減を感覚で覚えてたんですが、ついつい、強めになっちゃうんですね。

ハンドパワーの時は、体重は掛けずに腕の力でちょっと強めに力を入れるぐらいってやってたんですが、インパクトレンチで外す時にトルク調整メモリをマックスの4にしないと外れませんでした。

締めるときにはメモリ2で後はトルクレンチ(110N設定)で少し締める感じで丁度良かったです。



他にどんなエアツール増やそうかなぁ・・・バキュームブロワガンは欲しいなぁ、掃除機買うより安いから(あまり使えないとのレビューもあるけど)。

サブエアタンクもあるにこしたことはないんだけど、保管場所に困るからなぁ・・・。

2013年5月22日 (水)

野鳥の水場

1つ訂正が・・・http://camera-de-youing.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-bb73.htmlで音声ファイルをアカゲラと紹介しましたが蛙でした。


別の日に、野鳥の水場でスタンバッているときに極近くで同じシーンに出くわしましたが、地表から聞こえてきたことと、以前はちょっと距離があったことから音が反響していましたが、反響のない距離で聞いたところドラミングではないことがハッキリ分かりました。

どうも失礼いたしました。

同じ方向から聞こえてくる音にアカゲラの鳴く声も混じっていたので思い込んでしまいました。

さて、表題の件ですが、見つけた水場で何度か野鳥待ちをしてみた感想を。

有名処の水場とは違い、頻繁に、群れをなして次から次に水浴びに来るという事はありません。

単独もしくは番で、かなり間隔をあけてポツポツと来る感じです。

しかも、すぐ近くに3つ、同じ様な水場があるので、どこに来るかは運次第。

ちょっと天気が悪いとシャッタースピードはすぐに1/10(F2.5)とかになっちゃいます。

動画は撮れても写真は被写体ブレが納まらないことがどうしても多くなってしまいます。

それでも、有名処とは違って場所取りは自由だし、他の人が来ることもそうは無いので貧弱な装備でも気兼ねしなくていいし、そこそこの種類は来てくれるので楽しいです。

シャープさは期待できませんが動画からスナップショットを抜いて写真とすることもできる訳で・・・例えば、このヤマガラ。
Snapshot_2

拡大すると粗が出ちゃうので・・・そのままです。

元は、この動画からです。

野鳥以外の生物との出会いもあります。

水面が見通せないことも多いけど結構楽しめます。

イカルとセンダイムシクイが水浴びに来るものの撮れていないので、なんとか、撮りたいと願っていますよ。

2013年5月17日 (金)

今日の野鳥 (キビタキ)

色の薄い個体でした。

Dscn1427
(NIKON FIELDSCOPE EDⅢ + NIKON COOLPIX P310 )

色が薄いのは若いと言いますね。
Dscn1428
(NIKON FIELDSCOPE EDⅢ + NIKON COOLPIX P310 )

人間だと老化現象で薄くなるイメージがありますが・・・

番でしょうかね、♀と一緒に来ていましたよ。
Dscn1429
(NIKON FIELDSCOPE EDⅢ + NIKON COOLPIX P310 )



水浴びのシーンは手前の枝が邪魔ですが、水浴び後の毛繕いと合わせて撮影しました。
(NIKON FIELDSCOPE EDⅢ + NIKON COOLPIX P310 )

水浴びも個体差がありますね、この子はとても短かった・・・カラスの行水ならぬキビタキの行水です。

何度も水浴びを繰り返す子とパシャパシャっとやって終わっちゃう子が居て、風呂嫌いの子もいるんだなぁなんて思って見てました。

2013年5月15日 (水)

今日の野鳥 (ツバメ)

ツバメって飛んでるところや電線で休んでいるところはよく見かけますが、地面にいるところはあまり見かけたことがありません。

巣作りには泥が必要でしょうから、環境によってはよく見かける方もいるかも知れませんね。

泥を集めているところは初めて見ましたよ。
Dscn1381
(NIKON Fieldscope EDⅢ + NIKON COOLPIX P310)

枝の様なものに泥を塗って運んでいましたよ。

小石を拾っていくこともありました
Dscn1287
(NIKON Fieldscope EDⅢ + NIKON COOLPIX P310)

足を踏ん張っている感じが可愛いです。

お腹に模様がある個体もいました。
コシアカツバメですかね?
Dscn1383
(NIKON Fieldscope EDⅢ + NIKON COOLPIX P310)

Dscn1384
(NIKON Fieldscope EDⅢ + NIKON COOLPIX P310)

巣は泥と枝等に自分の唾液を混ぜて一週間ほど費やして作るそうです。

親鳥は大変ですね。

ガンバレ!

2013年5月14日 (火)

今日の野鳥 (オシドリ、キビタキ、コサメビタキ、ガビチョウ)

オシドリですが、まだ居ますよ。

居心地がいいんでしょうかね?

でも、さすが野生です。

近寄らせてはくれません。

朝一、様子を見に行ったら今日は珍しく陸に上がってウトウトしてました。

抜き足差し足でそーっとスコープを覗かせます、距離約40mぐらい(50mまではいかないかなってくらい)
Dscn1220_2
(NIKON Fieldscope EDⅢ+NIKON COOLPIX P310)
ようやく明るいところで撮影できました。

次はもう少し近くへ・・・
Dscn1215_2
(NIKON Fieldscope EDⅢ+NIKON COOLPIX P310)
気をつけて進んだんですが気付かれてしまいました。

30mぐらいでしょうか、何とか、1枚撮影できました。

居付きのアヒルはのんびりしてるんですけどね・・・もうこうなると夕方までこの場所には来ないだろうと諦めて狙いを変えました。

森の中へ入ってポイント探しです。

途中、キビタキ、コサメビタキ、ガビチョウを撮影することが出来ましたが・・・まぁ、証拠写真ですかね。
_igp1228_2
_igp1264_2
_igp1297_2
ポイント探しの時は一眼デジスコ+一脚(35mm換算2,340mm、F26.0相当)で歩き回ります。

写りは期待できませんけどね、極々たまーにピントが合います。

このガビチョウを撮った直後に突然アカゲラのドラミングによるのセッションが始まりました。

聴こえる方向の違いからからすると、3が参加しているようでした。

終わりの方ではタイミングがそろってホントに演奏でもしているかのようでした。

およそ3分間楽しませてくれましたが、終わりも突然にやってきましたよ。

制約の関係から1分ほどにトリミングしてあります。


森の中を彷徨った結果、水場を1つ見つけました。

しばらく様子を見てましたら、クロツグミ・ヒヨドリ・センダイムシクイ・シジュウカラ・ガビチョウが水浴びに来ましたよ。

問題はそこが暗い事、自分の装備では動画ぐらいしか撮れそうもありません。

でも、楽しみです。

2013年5月13日 (月)

今日の野鳥 (クロツグミ、キビタキ)

今日は、画像がありません。


撮影時、天気が悪く暗かった為、高ISO値となり証拠写真とも言えないような画像にしかなりませんでした。

出会いとしては、クロツグミとイカルが初見でした。

他は、キビタキ・コサメビタキ・アカゲラ・コゲラ・シジュウカラ・ヤマガラ、あーそうそう、オシドリがまだいました。

条件が悪かったんですが、気持ちよく鳴いてる野鳥が居ましたので、カメラは置いてPCMレコーダーを片手に森の中を歩いてみました。

印象に残った2ファイルを貼っときますので、よかったら聞いてみてください。

まずはクロツグミイカルと思われる鳴き声。
声はすれども姿は見えず・・・。

次はキビタキですが、ツクツクボウシの鳴き真似のようです。
これを録る前にはコジュケイの鳴き真似もしてたんですが、それは録音できませんでした。

画像も撮れたらよかったんですけどね・・・。

2013年5月10日 (金)

今日の野鳥 (オシドリ♂)

まだ旅立っていません。

結局、天気が良くても明るい内は陸へ上がって来ないのでデジスコで写真が撮れたのは日が陰ってからでした。

昨日と一昨日の写真&動画からアップしました。

_igp1086
(PENTAX K-5 SIGMA APO 135-400mm)

_igp1139
(PENTAX K-5 SIGMA APO 135-400mm)

綺麗な鳥ですねー、写真でしか見たことが無かった時は「ウソ臭い鳥だなー、なんか作り物みたい」と思ってましたが、実物を見ると印象も違いますね。
思っていたよりも小さく可愛いと思いましたよ。

Dscn1170
(NIKON Fieldscope EDⅢ + NIKON COOLPIX P310)

Dscn1173
(NIKON Fieldscope EDⅢ + NIKON COOLPIX P310)

餌を取る時の仕草が面白いんです。
足で水流を起こすのかただ踏みつけているのか分かりませんが水底を掻き回す時の仕草がダンスの様で可愛いんです。
その後、タニシの様な黒い物を啄んでいました。

動画はそのダンスの模様と毛繕いの様子をトリミングしてつないであります。

http://youtu.be/8H24MvLKT98

BGMに入れた音楽は編集ソフトで提供されている物なので問題ないと思うんですが「第3者のコンテンツと一致しました」なんてチェックが入ってしまいました。

いつまで居てくれるのかな?週末まで居てくれればいいなぁ。

2013年5月 7日 (火)

今日の野鳥 (オシドリ♂)

初めて見ました!オシドリ♂!

以前、オシドリ♀が立ち寄った池に来てました。

今にも雨が降りそうな中、ちょっと様子を見に行っただけだったんですがラッキーでした。
Dscn1021

(NIKON Fieldscope EDⅢ+NIKON COOLPIX P310)

急いで撮りましたので確認してなかったんですが光軸が合ってなかったようです。

明日は天候も回復するようなのでリベンジしたいと思います。

明日まで居てくれよ!(♀は1日しか居なかった)

2013年5月 5日 (日)

今日の星空 (パンスターズ彗星、北極星星景Timelapse)

1泊2日で市内から19キロほど入った山間部のキャンプ場へ行ってきました。

思いのほか寒かったですよ。

焚き火なしにはいられませんでした。

それほどの山奥ではないんですが、光害は確実に少ないですね。

予め地元で撮ったパンスターズ彗星と山間部で撮ったパンスターズ彗星とはどのぐらい写りが変わるのか興味があって、快晴になることを祈っておりましたが、まずまずの天気となり無事パンスターズ彗星の撮影に成功しました。

真夜中、見晴らしの良い開けたところを探して林道をあちこち走りまわった挙句、キャンプ場の駐車場が一番良かったなんて無駄足を踏みましたが・・・

キャンプ場で撮ったパンスターズ彗星(2013.5.5未明)
Iso1600_200mm_30ss_panstar
(PENTAX K-5 TOKINA AT-X828AF 80-200mm F2.8 200mm SS30.0 ISO1600 ASTRO_TRACER 4枚コンポジット ダーク&フラット処理)

こっちは前日の夜中に地元で撮ったパンスターズ彗星
Panstarrs_200mm_iso1600_60
(PENTAX K-5 TOKINA AT-X828AF 80-200mm F2.8 200mm SS60.0 ISO1600 ASTRO_TRACER 4枚コンポジット ダーク&フラット処理)

まず、星の数が違いますね、それと星が明るいのでバルブ解放時間も30秒の違いがありました。

いずれにしろ、パンスターズ彗星の尾は小さくなりました。

結局、いい時期には眼視&撮影できず残念です。

年末のアイソン彗星に期待しましょ。

他に、微速度動画用に2つの場所でそれぞれ1時間づつ、2時間分の北極星周りの写真を撮影しましたので編集しておきました、ぜひ、こちらもご覧ください。

それぞれに、輝きとアフターイメージというフィルタを別々に掛けてありますので飽きずに見られると思います。

全画面にして画質を1080Pに変更してご覧になる事をお勧めします。
(画質が切り換わらない時はポーズでちょっと待ってていただければ良いかと・・・)

http://youtu.be/RR0ZZkos0v0

2013年5月 4日 (土)

今日の星空 (蠍座と天の川)

周極星となったパンスターズ彗星を狙いに0時ごろ近くの海岸へ行ってみました。

北の低空には、あいにく、薄雲がかかっていました。

一応は撮ってみましたが、雲が無さそうな南の空に蠍座が綺麗に輝いていましたので広角レンズで撮影しました。
_igp0665 (PENTAX K-5 samyang 14mm F2.8 SS60.0 ISO800 ASTRO_TRACER )

肉眼では全然見えないんですが天の川も写っています。

余談ですが、今日からキャンプをしに山奥へ行ってきますのでパンスターズも含めて夜空の写真を撮ろうと思ってます。

どんなロケーションか分かりませんが、快晴の夜空になる事を祈ってますよ。

2013年5月 3日 (金)

今日の野鳥 (アカゲラ)

距離はありましたが、アカゲラを捉えました。

_igp0629
(PENTAX K-5 NIKON Fieldscope EDⅢ 合成焦点2,340mm SS1/400 合成F値26.0 ISO6400)

夕方5:00頃の森の中で距離6~70mぐらいですので証拠写真みたいなものですが・・・。

2羽で餌を求めて飛び回っていましたよ。

番でしょうかね?

アカゲラ狙いだったので、最初から一眼デジスコで挑みました。

シャッターを切るまでのタイムラグはやはり一眼の方が断然早いですね。

もっと明るくて距離も30mぐらいまで寄れてISO800ぐらいに設定できれば解像感がぐっと出てくるんですけどね。

まぁ、仕方ないです。

撮れただけでヨシとしておきましょう。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ