« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

今日の野鳥 (ノビタキ)

なかなか近くで撮れませんねぇ。

車で接近して、そーっとカメラを構えてピントを合わせていると・・・逃げちゃうんですよ。

こういうときはAFレンズを付けておいた方がいいですね。

とりあえず、場所を決めて待ち伏せ作戦で撮った写真です。
_igp9301
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

こんなかんじで、高い所に留まってくれるので見つけやすいんですけど。

この子はこの付近に居てくれたのでデジスコを準備して撮ってみました。
Dscn3466
(NIKON Fieldscope EDⅢ NIKON COOLPIX P310)

デジスコでもこのサイズが精一杯でした。

もう少し近づけないと解像感が出ませんね。

その内チャンスが来ることを期待してまーす。

2013年9月29日 (日)

今日の夜空 (月齢23.2の月)

先日買ったジャンク品(税別4,000円)の反射望遠鏡を使ってみました。

撮影したのは月だけなんですが、木星、火星、アンドロメダ銀河(M31)、オリオン大星雲(M42)を堪能しました。

月です。
_igp9257
(VIXEN R-100L PENTAX K-5 8-24mmZoomアイピース トリミングなし)

ちょっとピントが甘かったでしょうか・・・結構な風も吹いていたのでご容赦ください。

肉眼では今まで経験したことがないくらい良く見えます。

自分の持ち物の中では、今まで最高だった8cmアクロマート屈折鏡以上の見え味です。
(そりゃ当然か。)

木星の縞模様も、過去に経験したことがない程、明るく良く見えました。

手動での追尾もかなり楽になりました。

経緯台とは違い、一軸のみの操作で簡単に追尾できます。

10cmの反射鏡でこれだけ見えると、20センチとかそれ以上の反射鏡はどのくらい見えるんでしょうか?、欲しくなっちゃうなぁ・・・反射鏡なら安いし・・・ダメダメ、しばらくはコイツを使い倒そう!

木星とか星雲なんかも撮影できるようにしたいなぁ・・・いや、ダメダメ、そんな予算ありません。

とりあえず、ボーグを載せられるようにしなきゃ!

しかし、これが4,000円とは・・・いい買い物でした!

2013年9月27日 (金)

今日の富士山

今日の夕方の富士山です。
_igp5494
(TOKINA AT-X 828 af PROにて)

富士山方向のみ雲が切れて何とか見えていましたよ。

何か光るモノが見えます。
_igp5497
(TOKINA AT-X 828 af PROにて)

ちょっと判りにくいな。

ボーグに替えて
_igp5493
(BORG71FLにて)

右の方に何か光ってました。

山小屋に夕日が反射しているんでしょうか?

富士山には登ったことが無いので詳しいことは分かりませんが、8合目あたりの山小屋でしょうかね。

いつか登ることがあるのかな?

今のところは想像すらできません。

見ている方がいいです。

去年までは、マイカーで5合目までは何度も行ってたんですけどね。

2013年9月25日 (水)

物欲 大型三脚(GITZO G1320)&オマケ

大型三脚ってずーっと欲しかったんですが、値段が高いですよね・・・買えずにいたんですがリサイクルショップで見つけてしまいました。

「\15,000(税別)って高いかなぁ?」と2日ほど考えたんですが、結局、買っちゃいました。

脚のみですけど。

同クラスの新品なら、SLIKの型落ちがamazonに\9,800で出てました。

軽量のカーボンだとびっくりするぐらい高価な物しかないからアルミ三脚しか買えないし、値段だけならSLIKを買った方が安い・・・だけど「メイド・イン・イタリア」だよ、こういうモノは滅多に出ないし、本物ってヤツを使ってみたい・・・という考えで決めちゃいました。

国産の中型三脚(これも中古)と高さ比較です。
Dscn3449

自分の身長が170ちょっとなんですがカメラは頭よりも高い位置になります。

更にセンターポールを伸ばすと・・・
Dscn3450

2メートルを超えます。

デジスコを使う時、今までは背を屈めたり腰を落としたりして覗いていましたが、これからは自然な姿勢で使うことが出来ます。

その分、重くなりますが、変な姿勢で辛い思いをするより重さを我慢した方が楽です。

雲台も売ってたんですが大型カメラ用なんでしょうか、一眼レフカメラの2~3倍ぐらいの大きさがあったので遠慮しておきました。

しかし、ホントに頑丈に出来てますね。

これを使っていた人はカーボンの大型三脚でも買ったんでしょうかね、そうでもなけりゃ手放したりしませんよね。

いいモノに出会いましたよ、体力が続く限り使い続けてやるゾ!!


※2015/10/22追記
当初、対応するカメラネジは3/8のみだと思っていました。
というのは何処かのサイトでそういった情報を見かけたからだったんですが、最近になって海外サイトのスペック欄に1/4or3/8と記載されているのを見てバラして確認したところ1/4ネジが隠れていました。
それも何か接着剤のような物で固められて使用できないようにされていましたが掻き取ってみると確かに1/4ネジでした。
3/8→1/4変換アダプターを買わずともダイレクトに1/4規格の雲台等が使えますよ。
何故使用できないようになっていたのかは不明です。


実は、同じ店で、ジャンク品ですが望遠鏡も買っちゃいました。

というより、赤道儀が欲しかったんです。
Dscn3444

大昔の物で1軸モーター(別売りですが)を付ければ追尾が出来るみたいですけど、今更それは手に入る訳は無いですね。

見たところ完動品で、極軸望遠鏡も付いてます。(歳差運動に対応してないので勘です。)
Dscn3446

問題は架台部が付属の望遠鏡専用になっていることですが・・・
Dscn3448

また、アルミ板を加工すればどうにでもなるしね。

ボーグを載せて手動で星を追いながらの撮影に使おうと思ってます。

赤道儀なら写野が回転しないし手動追尾が楽だしね・・・その分設置が大変になるのか・・・まぁ、やってみれば判るさ。

付いていた望遠鏡はVIXENのR-100Lという反射望遠鏡です。

光軸が狂っていたようですが目検討で合わせて使えるようにしました。

光軸合わせの道具とか買っちゃったらそっちの方が高くなっちゃいますから・・・なんせ、一式で\4,000(税別)ですから・・・遠慮なく使えますよ、ただ、ガサ張りますね。

大人のおもちゃがまた一つ増えました、ヘヘヘ・・・。

2013年9月20日 (金)

今日の野鳥 (エナガ、ヤマガラ)

好きです!!、エナガ。
_igp5320
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

なんとも可愛いんです。

目はクリクリッとしてて丸っこくて、でも、尻尾はスーッと長くてカッコいい。

うーん、いいねぇ。
_igp5354
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

デジスコで画面一杯に撮ってみたいんですが、ジッとしていないので追えません。

まぁ、チャンスが来るまで気長に待ちますか・・・。




ヤマガラも好きなんですよ。

木の実とか突くところなんかいいですよねぇ。

でも、気は強いみたいで見慣れないヤマガラには攻撃?するみたいです。

「みたい」というのは、カーブミラーに写る自分に何度も向っていくところを見たことがあるんですが、それが攻撃なのか珍しくてやっているのか分からないからなんですが。

その場面を写真に撮りたいなぁと思って来たポイントで出会った野鳥が今回の写真です。

今回はカーブミラーにアタックするヤマガラはいませんでした。

でも、デジスコでドアップの写真が撮れました。
Dscn3435
(NIKON Fieldscope EDⅢ NIKON COOLPIX P310)

夕方なので暗かったのが残念ですがトリミングはしてません。
Dscn3433
(NIKON Fieldscope EDⅢ NIKON COOLPIX P310)

こっちはトリミングしてます。
_igp5280
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

小さな野鳥はどの子も可愛いですね。

2013年9月19日 (木)

今日の夜空 (月齢14の中秋の名月)

今日は中秋の名月ですね。

中秋の名月と満月が重なるのは意外と珍しい事なんだそうですよ。

次の機会は8年後の2021年9月21日なんだそうです。

まだ見ていない方は肉眼で見ておいた方が良いかも?

面倒な方はこちらでどうぞ。

駿河湾上に輝く中秋の名月。
_igp4965_1
(PENTAX K-5 SAMYANG14mm F2.8)

で、その月はこんな感じでした。
Dscn2962
(NIKON Fieldscope EDⅢ NIKON COOLPIX P310)

2013年9月18日 (水)

今日の野鳥 (メジロ、ヤマガラ、アオゲラ)

先日、地元の山でノビタキを見ました。

その時はカメラを持っていなかったので、後日、準備万端整えてもう一度行ってみました。


すぐ移動しちゃうんですね、出会えませんでしたよ。

夕方のほんの一時間ぐらいですけど、その間に出会った野鳥です。


メジロ
_igp4847
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

ヤマガラ
_igp4875
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

この他に、シジュウカラ・コゲラ・エナガが集団で回ってきましたがシャッターチャンスに恵まれませんでした。

時折、アオゲラの声が聞こえていたんですが、日が暮れてから近くで鳴いていたので双眼鏡で辺りをくまなく探して・・・見つけました。
_igp4904
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

ボーグではちょっと距離がありすぎました。

全然ピントが分かりませんで、ピントリングを回しながら連写した中の1枚をトリミングしました。

ノビタキを見かけたときもアオゲラの声はしていたので、今度はデジスコで狙ってみようかな?

ノビタキは出会えるかどうか分かりませんが、チョイチョイ様子を見に行こうと思ってます。

2013年9月17日 (火)

今日の富士山

全く雲のかかっていない富士山を見るのは数ヵ月ぶりです。
_igp4564
(TOKINA AT-X 828 AF PROにて)

でも、水蒸気が多いんでしょうか?冬のキリッとした富士山の見え方とは違います。

円偏光フィルターを使わないと色が再現されません。

場所を変えて一枚。
_igp4599_1
(RIKENON P 50mm F1.7にて)

どちらもキリッとした写りになりませんでした・・・残念。


それでも、夜の空気は以前と違ってスッキリしています。

シーイングがいいって言うんでしょうか?月を見てもユラユラしないのでピント合わせが楽です。
Dscn2894
(NIKON Fieldscope EDⅢ NIKON COOLPIX P310にて)

月齢ほぼ12の月です。

もうすぐ満月ですね。

2013年9月16日 (月)

台風一過の富士山

自分の住む町では被害は無かったようです。

雨よりも風が凄かったですね。

海に近いところで暮らす者にとっては、台風などの暴風雨の後は家から車まで、潮を被ってしまいます。

車も家も水を掛けて潮を流したり(家は出来る範囲で、車に関しては洗剤で洗いますが)、グリーンカーテンも放っておくと潮で枯れてしまうので同じく水をかけて洗い流します。

家の前の道には、松林から大量の松葉が降って来て掃除が大変です。

それらの後片付けをしてから、海岸へ富士山を見に行ってきました。
_igp4560
(SAMYANG 14mm F2.8にて)

スキッと晴れていないから台風一過とはいえないか・・・。

今年の夏は殆ど富士山が見えませんでした。
_igp4555
(RIKENON P 50mm F1.7にて)

観光で来られた方もガッカリされた方が多かったことでしょう。

秋以降は安定して見られるようになると思いますよ。

2013年9月14日 (土)

今日の野鳥 (アカエリカイツブリ、イソヒヨドリ♂)

アカエリカイツブリは4度目です。

ようやっと明るい太陽の下で撮影出来ました。
_igp4463_trim
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

見下ろす角度なのでアイキャッチを入れる事がなかなかできないのですが、サングラスの様な真っ黒な目の上部にわずかに光の反射が写りました。

カイツブリの黄色い目と違って真っ黒な目で、見慣れてくるとこの子も可愛いです。

水面下の脚部が写ってますが、カイツブリたちの脚は他の水鳥とは違いお尻の一番後ろについてます。

陸上ではバランスが悪く歩くのが下手と言われています。

海中に潜る瞬間の写真です。
_igp4464_trim
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

ホントに後ろに足があるでしょ?

他の鳥達とは違うこのバランスがなんか可愛いんですよね。


と、夢中でアカエリカイツブリを撮っている時、背後からイソヒヨドリの綺麗な鳴き声が聞こえてきました。

名前にヒヨドリとついていても、よく見るヒヨドリはスズメ目ヒヨドリ科で、イソヒヨドリはスズメ目ツグミ科です。

鳴き声が全然ヒヨドリとは違い綺麗な声で鳴くんですよ。

アカエリカイツブリの撮影を中断して、イソヒヨドリを撮りました。
_igp4283_trim
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

色気のない構造物との撮影になっちゃいましたし、あまり、寄れませんでした。

去年、港で見かけたイソヒヨドリは結構近くまで寄れたんですが・・・。

イソヒヨドリは構造物が好きなのか見かけるところは、看板・電柱・屋根・アンテナ・コンクリート製の構造物等が多く、木に止まっているところは見たことがありませんね。

♀は地味な茶色ですが、♂は綺麗な青色が入ってます。

ヒヨドリと違って目が可愛いでんですよ。

もっと頻繁に来てくれるといいんですが、移動範囲が広いようでたまにしか見かけません。

次は鳴き声も録りたいな。

2013年9月13日 (金)

今日の夜空 (月齢7.9の月)

昨日が”月面X”が見られるタイミングだったようです。

まぁ、地元の昨日の天気は良くなかったので見たくても見られませんでしたが。


上弦の月だからと言って必ず見られる訳ではないそうです。

ある方のブログによると今年の11月10日が天気さえよければ好条件の日だそうです。

自分は意識して撮ったことが無いので”月面X”がどこにあるのか確認したことがありません。

そこで、今日は薄雲があるものの月は見えていたので18:30頃に撮ってみました。
Dscn2861
(NIKON Fieldscope EDⅢ  NIKON COOLPIX P310)

赤丸の中心部に薄いですが白っぽく”X”が写っています。

上弦の月の日に丁度この頂上のところだけに光があたることで”X”が際立って見える現象を”月面X”と呼ぶんだそうですよ。

次にチャンスがあったら、是非、狙って撮ってみたいと思います。

2013年9月12日 (木)

今日の野鳥 (アオバト、ハヤブサ)

他の方のブログを拝見していますと、野鳥の渡りが始まっているようでいろいろな野鳥との出会いを見られます。

しかし、地元での自分と野鳥との出会いはパッとしません。

しばらく見かけなかったイソヒヨドリを見かけるようになったぐらいでしょうか?

あっ!アカエリカイツブリもそうか!

そうは言っても出会いは少ないので、結局は、アオバト&ハヤブサを見に行っちゃうんですよ。

ハヤブサはともかく、アオバトは確実に見られますので・・・。

でも、相変わらず近くで撮影させてくれませんで、この写真も100m近く離れてました。
_igp4227
(PENTAX K-5 BORG71FL 等倍トリミング)

この日は飛来するアオバトが少なく、ただ、峠道を彷徨い、諦めて片付けようとした時に視界に入ってきました。

止まっていたし距離もあったのでデジスコに換えようかと思いましたが、そのまま撮り始めたら丁度飛び立ちました。

ふと視線を左側に振ると、なるほど、ハヤブサが旋回していました。

しかも、2羽!

ここで2羽見たのは初めてです。

時折ジャレあってました。
_igp4272_2
(PENTAX K-5 BORG71FL)

こちらは200mぐらいは離れてるんじゃないでしょうか?

等倍トリミングでは荒れが酷いので実サイズの1/4ぐらいを切り出しました。

どこを塒にしてるのかなぁ、もっと、近くで撮るチャンスが欲しいなぁ。

2013年9月11日 (水)

今日の夜空 (月齢5.9の月)

今日の19:00~19:30に撮影した月です。

デジタル一眼とデジスコの両方で撮ってみました。

まずは19:05にデジタル一眼で撮影した月です。
_igp4191
(PENTAX K-5 BORG71FL 2倍テレコン使用で800mm(35mm換算1,200mm))

トリミングしてみました。
_igp4191_trim


こちらは19:25にデジスコで撮影した月です。
Dscn2846
(NIKON Fieldscope EDⅢ(24倍) NIKON COOLPIX P310(100mm) 35mm換算2,400mm相当)

デジスコはトリミングしなくても丁度良いサイズになります。

夕方は雲が空一面を覆っていたんですが、気がつくと月が見えていたので撮影してみました。

これだけハッキリと月を見たのは随分久し振りです。

といっても雲が流れていたので、5分ぐらい見え、5分ぐらい隠れるを繰り返すような空模様でした。

ただ、空気は夏のギラギラするような感じではなく、ライブビューで見ていても月が揺れずに見えたのでピント合わせは比較的楽でした。

雲が無ければもっとジックリピントを追えたんですが、それでもかなり良く撮れたと思っています。

ジックリやればBORGの勝ちだと思うんですが、デジスコは楽チンで安定した写りが期待できます。

どちらがいいのかといえば、う~ん、どっちも良いですねぇ。

今日の野鳥 (アカエリカイツブリの舌)

またまた同じネタです。

見過ごしていたんですが写真をチェックしていて「これは魚じゃないな、舌だ」と気がつきました。

最初に見た時は「珍しく赤い小魚じゃなくイワシでも捕らえたのかな」と思ってたんですが一枚一枚ちゃんと見ていくと舌だった事に気がつきました。

トリミングしてあります。
_igp4048_trim
(PENTAX K-5 BORG71FL)

_igp4067_trim
(PENTAX K-5 BORG71FL)

高ISO値とあまーいピントで分かりにくいんですけど、ピンク色のやわらかそうな根元の先に硬そうな尖った舌先があるようです。

もしかしたら、これを魚に突き刺して狩りをしているんでしょうか?

_igp3961_trim
(PENTAX K-5 BORG71FL)

見ていると殆どこの魚を獲っています。

根魚のようですがよく分かりません。

カサゴの仲間ですかね?


たっぷり食べ終わると沖に向かって泳ぎ去って行きました。
_igp4070_trim
(PENTAX K-5 BORG71FL)

沖で波間に揺られながらゆっくりとくつろぐみたいです。

2013年9月 8日 (日)

今日の野鳥 (アカエリカイツブリ)

再びアカエリカイツブリです。

4日ぶりに再会したアカエリカイツブリは人に慣れたようです。

今日は夕方に見かけたんですが、釣り人が近くにいるのに構わず狩りをしていましたので、これはチャンスと急いで準備して撮影に向かいました。

10mぐらいの距離でも逃げません、ここ数日で人間が害をなさないと学んだのかな?
_igp3719_trim
(PENTAX K-5 BORG71FL)

10mぐらいとはいえ画が寂しいのでちょっとトリミングしてあります。

この赤い小魚が好きみたいで、見るたびにこの魚を咥えています。

飲み込み終わっておすまし顔。
_igp3736_trim
(PENTAX K-5 BORG71FL)

時折、羽根を広げたり、身震いをします。
_igp3795_trim
(PENTAX K-5 BORG71FL)

_igp3862_trim
(PENTAX K-5 BORG71FL)

こんな感じでブルブルッとします。

いつまでここにいてくれるのかなぁ?

もっと明るい時間に撮ってみたいものです。

2013年9月 6日 (金)

今日の野鳥 (アオバト、ハヤブサ)

アオバトが海水を飲むために集まっているところを撮りました。
_igp3675
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

これは、山の中腹から撮っているので距離にして推定200m前後あります。

5mぐらいの高い堤防の向こう側で、堤防の上からはとても大きなテトラポットの影になり見えませんのでこういう撮り方以外無いんじゃないかなぁ。

このポイントも風向きとか波の具合なのか毎回違うので、今までは見通せなくて撮れませんでした。

今回も草木の間からの撮影で画角に葉っぱがボヤけて写ってましたのでトリミングしました。

双眼鏡で見ていると、波が引いた後のテトラポットの窪みに残る海水を飲んでいるようです。

もっと簡単に海水が飲めるところが他には一杯あるだろうに・・・外敵から逃れるためにここがいいんですかね。



この様子を、崖の木陰から見ている猛禽類っぽい鳥です。
_igp3684_2

これはもっと距離があって3~400mぐらいでしょうか、トリミングしまくって補正しまくってあります。

ここではハヤブサを見かけるんですが、この写真ではなんだか分かりませんね。

たまたま木に止まるところを見たので、ちゃんと写らないのを覚悟の上で撮りましたが、案の定、ちゃんと写ってませんでした(^_^;)
(それでもこのぐらいに写っているのはBORG71FLがいいんでしょうね)



別の日に撮ったハヤブサです。

頭上を通過してくれました、トリミングなしです。
_igp2101
(PENTAX K-5 BORG71FL)

このぐらいの距離で水平かちょっと見下ろす角度で撮りたいなぁ。

2013年9月 4日 (水)

今日の野鳥 (カイツブリ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ)

先日のカイツブリですが、卵は無いですね。

ただの塒なんでしょうか。
Dscn2481
(NIKON Fieldscope EDⅢ NIKON COOLPIX P310)

他の角度からも見てみましたが見当たりませんでしたし、この時はずーっと留守でした。

時間を空けて見に行くと戻って来ていました。
Dscn2493
(NIKON Fieldscope EDⅢ NIKON COOLPIX P310)

カイツブリが立っているところはあまり見たことがありません。

この時はしばらく立ちあがって毛繕いしてましたよ。

動画も撮ったんですけどそれはいいか・・・。

別の日に、近所の海で初めて見るカイツブリらしき鳥を見かけました。
Dscn2540
(NIKON Fieldscope EDⅢ NIKON COOLPIX P310)

ちょっと距離があったのでいまいちハッキリ撮れませんでした。

こういうところの野鳥は距離を詰められませんね・・・公園とかなら人慣れしてるので寄れるんですけど。

アカエリカイツブリというらしいです。

狩りの名人みたいで、潜ると百発百中の勢いで小魚をゲットしてました。

もう一種類、カンムリカイツブリを、
Dscn0667
(NIKON Fieldscope EDⅢ NIKON COOLPIX P310)

これは、今年4月に撮った写真です。

遊水池で見かけたんですが、この子も全然寄れませんでした。

日本ではこの他に2種類のカイツブリを見られるらしいですが、まだ出会ったことはありません。

見比べると一番上のカイツブリが一番可愛いなぁ・・・丸っこくて小っちゃくて。

いつか子育てしているところを見てみたいなぁ。

2013年9月 2日 (月)

今日の野鳥 (カイツブリ)

好きなんですよ、カイツブリって。

目つきは怖い感じなんですけど、動きとか見てると飽きない。

番で巣?を守っているのを見つけました。
_igp3563
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

♂♀分かりませんが、たま~に入れ替わります。

でも、卵があるようには見えないんですが・・・。
_igp3579
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

ネットで調べてみると、4~12月の間に1~3回に分けて産むらしいんですが、日本では4~7月が繁殖期らしいです。

でも、この状態だと繁殖してますよね?だって、この場所から動かないんですよ、いつもはあんなに忙しなく動くのに。

離れてもほんの2mぐらい。
_igp3603
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

すぐに戻ります。

これならデジスコでも充分に追えます。

次はデジスコで撮ろうと思ってます。

アップで撮れば卵の有無もハッキリしそう。

あまりプレッシャーをかけないように注意しながら見守って行きたいと思ってます。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ