« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

今日の夜空 (ラブジョイ彗星)

今週も早起きして近所の海岸へ撮影しに行きました。

肉眼では見えませんが、双眼鏡ならハッキリ見えますよ。

大体の場所さえ判っていれば探すのに苦労しません。

明日は雲行きが怪しいみたいです。

三日月の月明かりの影響が出てるかも知れませんが、400mm/200mmで撮影しました。

400mmはASTRO TRACERではキビシイですね。

例によって感度を上げて短時間で撮りました。
Lovejoy_400_1
(PENTAX K-5 BORG71FL ISO6400 SS30秒)

それでも流れてしまいます。

200mmなら安定しています。
Lovejoy_200_1
(PENTAX K-5 TOKINA AT-X828afPRO ISO1600 SS70秒)

300mmの明るい単焦点レンズもあるといいなぁと思う今日この頃。


彗星の尻尾が以前よりハッキリしてきたように思います。

5枚をコンポジットしました。
Lovejoy_comp_1

ボーグを短焦点化するという手もあるんだけど、レンズのROM情報が無い場合、50mm刻みでしか焦点距離を指定できないのでアストロトレーサーでは実質使えません。

新品で購入するのは無理っぽいんで中古やジャンクでいい出会いがあることを祈るとしましょうか・・・。

2013年11月29日 (金)

今日の夜空 (プレアデス星団M45、ペルセウス座散開星団M34)

アイソン彗星、無くなっちゃったみたいですね。

残念です。

いろいろな情報が出ていて、僅かに期待したい気持ちもありますが・・・もう少しすればハッキリした情報が出てくるんでしょうね。

代わりにラブジョイ彗星に楽しませてもらいましょう。

土日が来ましたので早起きして見に行こうと思っています。


今日の本題です。

日没後の東の空にタイトルのM45・M34がカメラで狙い易い位置で輝いています。

M45
_igp4556_2
(PENTAX K-5 BORG71FL ISO1600 SS50秒 ASTRO_TRACER使用)

沼津の街明かりの影響がありそうですが、冬の空気は澄んでいるので双眼鏡では綺麗に見えます。


自分はスバルユーザーなのでこの六連星が気になっちゃうんですよね。

こういう星は双眼鏡で見るのが一番綺麗です。

望遠鏡では低倍率で見てもまばらな星が見えるだけで「あれ?」って感じになっちゃうんですよね。


アストロトレーサーの機能もこの方向が安定しているみたいです。

ちょっと北で、もう少し高度の高い位置のM34では同じ設定では撮れません。

流れてしまうので、感度を上げて露出時間を短くします。

M34
_igp4559
(PENTAX K-5 BORG71FL ISO6400 SS15秒 ASTRO_TRACER使用)

仕様では赤緯の高いM34の方が追尾時間が長いはずなんですけど・・・。

なんか、癖があるんですかね?

キャリブレーションの仕方が悪いのかな?

安定して撮るためには自動追尾できる赤道儀がやはり必要なんですね。

ただ、手軽さではアストロトレーサーに敵うモノはないだろうなぁ・・・手軽でとても便利です。

まだまだ使い倒しますよ!



あ、そうそう、光害に効果のあるというサイトロンのLPR-Nフィルターを買っちゃいました。

明日には届くんですけど他で手配したステップダウンリングが来ないと使えないんですよね、そっちはまだ発送の連絡が来てないから今週末はテストできないだろうなぁ。

どのくらい効果があるのか楽しみです。

2013年11月28日 (木)

今日の野鳥 (ハジロカイツブリ)

先日、人生初見となったハジロカイツブリですが、近所の海にも来てくれました。

4羽の御一行様でしたが、画角の関係で3羽までしか入れられませんでした。
Hajirokaitsuburi
(NIKON FIELDSCOPE EDⅢ NIKON COOLPIX P310)

この後、風が強くなったため波も大きくなりましたが、そのタイミングで餌を獲り始めました。

デジタル一眼に替えて戻ってくると1羽しか見当たりません。

その1羽を追いかけてみました。
_igp4282

_igp4287

_igp4317

_igp4319
(以上全てPENTAX K-5 BORG71FL ちょっとだけトリミング)

10mぐらいの距離で撮影出来ました。

ここでは釣り人が多いので人に慣れてたのかな?

ラッキーでした。

ハジロカイツブリも可愛いですね。

後はミミカイツブリに出会えればカイツブリは5種制覇だな。

2013年11月27日 (水)

今日の富士山

今日は富士山に笠雲がかかりました。
_igp4253
(PENTAX K-5 TOKINA AT-X828afPRO C-PLフィルター)

11時前後でしたが、午後には某番組でも紹介されていました。

見つけた時はもっと綺麗な形だったんですが、海岸まで撮りに行く間にちょっと崩れてしまいました。

噴煙が上がっているようにも見えますね。

番組では笠雲がかかると天気が崩れると言っていましたが、その通りに曇って来て、今は雨が降っています。

雲が無い富士山よりも、こういったいろいろな雲がかかっている富士山の方が好きだなぁ。


駐車場所に戻るとノラ猫君が銀マットを敷いて眠っていました。
_igp4260

草むらにシートを敷いて寝るとは贅沢なノラ君ですな。

2013年11月25日 (月)

今日の野鳥 (カンムリカイツブリ)

ようやく近めで撮影出来ました。

天気が悪かったからなのか警戒心が多少薄かったようです。

それか、人に慣れたのかな?

カイツブリは可愛いんですが、カンムリカイツブリはエレガントな感じです。
_igp4167
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

首も長いし髪形もキマッているのでカッコ良くもありますね。
_igp4176
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

でも冠には見えないけどな。(冬羽だからか)
_igp4188
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

_igp4196
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

♂♀分かりませんが、男前です。

2013年11月24日 (日)

今日の夜空 (ラブジョイ彗星)

今朝も彗星を撮りに行ってきました。

土日しかできませんからね、こういうことは。

アイソン彗星は更に低空となり、自分の住む地域では伊豆半島の山に隠れてしまうため見えません。

12月までお預けですね。

ラブジョイ彗星はそういう心配も無く見れます。
_igp4111
(PENTAX K-5 TOKINA AT-X828afPRO ISO3200 200mm SS40秒 F2.8 ASTRO_TRACER)

10枚をコンポジットしました。
Lovejoy1

カメラ三脚では10枚を同じアングルには出来ないのでトリミングしたみたいになってます。

月明かりの影響が無い新月期に撮りたいですね。

2013年11月23日 (土)

今日の夜空 (ラブジョイ彗星、アイソン彗星)

今朝3:30に起きて近所の海岸へ撮りに行きました。

今回は撮れましたよ。

前回はスマホの水準器アプリが狂っている事に気が付かず、信じ切って撮影していたので失敗しました。

今回は、双眼鏡と併用で確認して撮影しました。

まずは双眼鏡でも見やすいラブジョイ彗星から。
Imgp0001_40s_f028_iso1600_2
(PENTAX K-5 TOKINA AT-X828afPRO 200mm ISO1600 SS40秒 F2.8 ASTRO_TRACER)

これを5枚撮ってコンポジットしてみました。
Lovejoy3

よりハッキリ彗星の尾が見えます。

銀河っぽいのもボーっと写ってますね、メシエ天体でしょうか。

ステラナビゲータとか持っていたら確認が出来るんでしょうが、あいにく持っていません。

その内に手に入れたいものです。

夢中でラブジョイ彗星を撮っていたらアイソン彗星がそろそろ見える時間になってきました。

だけどアイソンは低空で双眼鏡でもほぼ見えません。

明け方で明るくなってきていることと大気の影響なのか・・・薄雲もあるような感じ。

こちらはカメラの電子コンパスを頼りに撮影しました。
_igp4081
(PENTAX K-5 TOKINA AT-X828afPRO 88mm ISO800 SS30秒 F2.8 ASTRO_TRACER)

彗星を見つけるために広角側で撮影しましたが、この設定で何枚か撮った後に200mmで撮影した時にはいい時間を逃したみたいで明る過ぎの為、彗星の尾があまり写りませんでした。

なので、この写真をトリミングしてみました。
_igp4081_t

もうしばらくすると肉眼でも見えるようになるらしいです。

そうなると撮影はもっと楽になるなぁ。

あ、そうそう、エンケ彗星もアイソン彗星の左下辺りにあるようなんですが全然分かりませんでした。

ちなみに、撮影にあたってはビクセンさんのスマホ向けアプリ「Comet Book」を使用して方角と高度を設定しています。

便利ですよ。




追記
 アイソン彗星の左の明るい星は水星ですかね?
 だとしたら、初見&初写真です。
 早起きは3文の得、ですかね。

2013年11月21日 (木)

今日の夜空 (金星)

昨日に引き続いてのチャレンジです。

今日は微風だったので揺れが少ない動画が撮れました。

それと、昨日の画像では色ズレがありましたが、RGBに分けてズレを調整できることを知りましたのでその補正もしてみました。

ついでに見た目の角度になるよう画像も回転しておきました。
Venus_retry2_3

昨日より色ズレはマシになったと思うけどパッとしませんなぁ・・・。

木星チャレンジまでに金星で練習しておこうっと。

2013年11月20日 (水)

今日の夜空 (金星)

先日入手したビクセンのVMC95Lで金星を見てみました。

自分の所有するガラクタ望遠鏡達ではまともに見えません。

ボーグを使っても小さすぎるし、写真に残すにはどうしたものかなと・・・。

使い方は全く判りませんが、動画から合成?するフリーソフトがあるようなので興味半分で使ってみました。

VMC95Lに8mmアイピースを付けてNIKON COOLPIX P310で動画をコリメート撮影(表現合ってます?)してみると、風に揺られながらもなんとか映ってます。

ただ、いつも金星を見て思うんですが、キリッと見る事が出来ないのはどうしてなんでしょうかね。

高度が低いのに明る過ぎて大気の影響が強いとか?単純に望遠鏡の性能が低い?天体初心者には火星も含めてよく見えない惑星の1つです。

話がそれましたが、フリーソフトを使って設定は一切弄らず(判りませんので)に出来た画像です。
Venus_tif

モヤモヤしてますが眼視(もっと小さいですよ、これは光学ズームの結果)でも似たような感じでハッキリ見えないんですよね。

カメラ的には露出を落としたい感じですけど動画じゃそんな設定ないし、編集ソフトで変えようとすると変になっちゃうしねぇ。

ピントの調整は自分の機材ではこれが限界です。

レタッチソフトでモヤモヤの部分が目立たないように編集してみました。
Venus

半月状の形が何とか分かりますね。

持ってないですけど自動追尾の出来る赤道儀でもっといい望遠鏡を使ったらハッキリした写真が出来るんでしょうかね?

それはともかく、手持ちのニュートン鏡や屈折鏡ではバランスが悪くて、というより、シッカリした架台が無くて撮れなかった写真ですので、VMC95Lのコンパクトな鏡筒は遊べる範囲が広がります。

これもカメラ三脚で撮影しました。

次は、木星にチャレンジだ!

2013年11月19日 (火)

今日の野鳥 (オナガガモ、ホシゴイ、カワウ)

隣町の池にカモ類を探鳥しに行った時の写真です。

オナガガモ
_igp3764

_igp3762

近所の池ではオナガガモは見かけません。

遊歩道にグルッと囲まれた池で餌も人からもらっているんでしょう、岸沿いを歩いているとずーっと後をついてきます。


なんでしょう?こうも簡単に近くに来られると撮影意欲が削がれますね。

追っても追っても逃げられる鳥は何とか追いかけて近づきたいと思うのに、寄って来られるとツマラナイ・・・矛盾だ。


オオバンも近寄ってきます(撮りませんでした)。

カイツブリ(ピンボケでした)とホシゴイを見かけましたが、こちらはある一定の距離感を保って近寄っては来ませんし、どちらかというと逃げ腰です。

ホシゴイ
_igp3775

_igp3777


カワウも比較的近くで撮影出来ます(あまり撮りたいとは思いませんが)。
_igp3771

可愛げの無い顔をしてますよね。

でも、黄色いと思っていた目が薄い緑色だった事は意外でした。

綺麗な色です。

取り柄のない鳥だと思ってましたが美点凝視で見ると綺麗な目をしていると思いましたよ。



比較的大きな池なのでもっと多くの出会いがあると期待したんですが、まだ、早かったかな?

また、いつか行ってみようっと。

2013年11月18日 (月)

ジャンク部屋 (VIXEN VMC95L)

また、変な物買っちゃいました。

ビクセンの望遠鏡でコンパクトなマクストフカセグレン鏡筒とミニポルタ経緯台のセット品。
Dscn4074

上にアイピース、お尻側にカメラを接続しました。

Dscn4071

ジャンク品で15,000円って高いの?安いの?判断つきませんが、ジャンクなら数千円であって欲しいですな。

本当はセレストロンのC90MAKという同じタイプの望遠鏡が欲しかったんですけど、19,800円のセールを逃しちゃったのと円安になっちゃったのとで買う機会を逸していたんです。

しっかりした望遠鏡とは別にコンパクトで気軽に使えるのが欲しいなぁとずーっと思ってました。

たまたま立ち寄ったリサイクル店で見つけちゃいまして、相当悩みましたが、こういうモノは出会いが大事ですので引き取りました。
(後日行くと無かったりすることが多いんですよね。)

付属品は一切無くファインダーも付いていませんでしたが、ファインダーなら手持ちがありますので問題なし。

困るのは鏡筒キャップやアイピースホルダーのキャップが無いこと、埃が入り放題です。

ネットで入手先を調べるも判らなかったので、メーカーサポートに問い合わせて返事待ちです。
※メーカーで品番を調べてもらいカメラのキタムラで注文しまし解決しました。


写真の通り、フリップミラーという光路を切り替える機構がついているので、アイピースとカメラを同時に接続し、撮影&観望が簡単な操作で切り換えて楽しめるのが良い所。

ただ、レビューはほとんどなく、少ないレビューも評価はよくありません。

自分の場合、月とか太陽ぐらいしか撮らないと思うし(それ以外はボーグ使用)、あわよくば木星辺りが撮れたらラッキーという程度なので、さすがにそのぐらいは天下のビクセン製なら問題ないでしょ?

とにかく、太陽を直焦点撮影してみました。
_igp3712
(PENTAX K-5 VIXEN VMC95L AstroSolar セーフティーフィルム)

今日はシーイングは良くないようでギラギラ揺れていましたがまぁまぁでしょ?

ちなみにソーラーフィルターは、手持ちの機材に合わせていくつか自作してあります。
Dscn4075

望遠鏡からカメラレンズ&ファインダーに使ってます。




使ってみて、??な所はピントノブとミニポルタ経緯台。

ピントノブは小さなダイヤルなので正確に合わせたいという用途には向きません。
(何か工夫できないかな?)

経緯台は強度が全然不足してます。

まぁ、見た目にも判りますけどね。

買うと決めた時からここはパーツ取りのつもりでした。

アリガタアリミゾのパーツって結構するんですよね、バラして流用するつもりです。

まぁ、しばらくは観望に使っても良いけど、すごく手軽に使えますのでね。

あと鏡筒は、温度順応に結構時間がかかるみたいです。

夜、月を見てみたらまともに見えるまでしばらく時間がかかりました。

10センチニュートン鏡(ジャンクで買ったR-100L)とは比較にならないほど見えるまでに時間がかかります。


あぁ、それと光軸調整は一切できませんのでズレたらメーカーサポートに送ってねとの事です。





フリップミラー以外の良い所は、何と言ってもコンパクトなこと、鏡筒長が36センチしかないのに焦点距離が1,050mmもあるんですよ。(車の荷台がスッキリしました。)

太陽を直焦点撮影してもトリミングする必要がありません。

あと、筐体が金属なのでとてもしっかりしています。

車に積むのも気兼が要りませんよ、これは。
さて、この望遠鏡でどのくらい遊べますかね?

楽しみです。

2013年11月16日 (土)

今日の夜空 (M42,M45)

アイソン彗星を狙ってみようと思い、今朝3時40分に起きて近所の海岸へ行ってみました。

天気はまぁまぁいい感じです。

オリオン座が綺麗だったのでアイソン彗星の前に大好きなM42を試し撮りしてましたら、ついつい力が入っちゃってそのままの勢いでM45まで撮ってたら空が白んで来ちゃいました。

・・・orz・・・彗星撮れないじゃん・・・orz。

撮った写真をそのままコンポジットしてみました。

M42です。
Orion2_1_1_2
(PENTAX K-5 BORG71FL O-GPS ISO6400 BULB40秒×5枚)

街の上空に掛かるので光害の影響がちょっと出た感じです。


M45、スバル6連星です。

こちらはまさに街の上空で光害の影響が強く出ちゃいました。
(目で見た感じは綺麗だったんですけどね。)
Subaru3_1_2
(PENTAX K-5 BORG71FL O-GPS ISO6400 BULB40秒×3枚)

5枚撮ったんですが4枚目からは真っ白になっちゃいました。

青白い星雲が光害の影響で消えちゃいました。

彗星は明日の朝また狙ってみようかな。

2013年11月14日 (木)

今日の野鳥 (チョウゲンボウ)

去年はチョウゲンボウが2羽、よく行くポイントに来てくれて、決まった木に止まってくれたのでシャッターチャンスに恵まれていたんです。

ところが、今年はそのポイントでは見かけなくなり、探鳥時にたまたま上空を飛んでいる個体しか見れず撮るチャンスが無かったんですが、たまたま通った公園の木に止まっているのを見つけました。
_igp3640
(PENTAX K-5 BORG71FL)

曇天でバックが空抜けなのが残念です。

でも、猛禽類はやはりカッコいいですねー。
_igp3614
(PENTAX K-5 BORG71FL)

また今度、天気のいい日に行ってみようかな。

再会できたらうれしいな。

今日の夜空 (月齢9.8の月)

最近、月の写真が多いですかね?

まぁ、お付き合いください。

急に冷え込んできて夜空が綺麗に見えるので、ついつい、煌々と輝く月を見ちゃうんですよ。

そうすると写真にも残したくなるので・・・。

本当はね、アイソン彗星を撮りたいんですけど早起きがネックで・・・。

空気は澄んでいるんですが125倍で見るとユラユラ揺れているので倍率を42倍に落してコリメート撮影しました。
Moon_1
(VIXEN R-100L 24mmアイピース NIKON COOLPIX P310)

ジャンク品の4,000千円で買った望遠鏡ですが遊ばせてもらってますよ。

ただ、一眼レフの直焦点撮影は出来ませんでした。

手持ちのパーツで接続したんですが光路が長くなり過ぎのようでピントが合いませんでした。

バックフォーカスが短いのかな?

どのみち、バランス的にデジイチを接続するのは無理みたいですのでコンデジ専用として利用します。

軽いコンデジですら接続すると接眼部が撓むんですよ・・・まぁ、この望遠鏡で反射望遠鏡の基礎を学ばせてもらったら、ステップアップして20センチ以上の口径のしっかりしたヤツが欲しいなぁ。



※2014.2.2追記
光路長は短縮することができました。
ふと、接眼部のパーツが気になり「エイッ」と左回しで捻ってみるとパーツが分解でき筒を短くすることができるようになっていた事に気がつきました。
接眼部の強度が足りないことには大きく変わりはないと思うのですが、短くなることで多少は改善されそうです。
また、いつか直焦点撮影してみようと思います。

2013年11月12日 (火)

今日の野鳥 (トモエガモ、ハジロカイツブリ、カシラダカ、アオジ)

今日の野鳥は人生初見&今シーズン初見の野鳥たちです。

が、いい条件では撮れませんでした。

次の出会いに期待です。

まずは人生初見のトモエガモ。
Dscn3986_2

換羽中ですかね?

ネットで見る綺麗な感じではないですね。

そして1羽しかいませんでした。

もうひとつ人生初見のハジロカイツブリ。
_igp3364_2

遠い・・・遠すぎる。

もっと近くに来ておくれ。


次から、今シーズン初見です。

アオジ。
_igp3294

カシラダカ。
_igp3303

他にもシメを見ましたが撮れませんでした。

いろんな冬鳥との出会いが楽しみです。

2013年11月11日 (月)

今日の野鳥 (カンムリカイツブリ、カイツブリ)

近所の海にカンムリカイツブリとカイツブリが来ました。

ちょっと距離があるので証拠写真です。

カンムリカイツブリ
Dscn3935
(NIKON Fieldscope edⅢ NIKON COOLPIX P310)

もうちょっと近づいてくれるといいんですが・・・ここでお会いした女性のバーダーの方の話では運河の中に入ってくることもあるらしいので、運が良ければ近くで撮れそうです。

こちらはカイツブリの冬羽でしょうか?
Dscn3927
(NIKON Fieldscope edⅢ NIKON COOLPIX P310)

場所の関係でどうしても逆光に近い状態でしか撮影できませんので+補正で撮影してます。

向こう岸から撮れるといいんですが、そちらは私有地なんですよね、無理かな。

それか、運河の奥の方に来てくれないかな、そうすれば順光で撮れるんだけどなぁ。

2013年11月10日 (日)

今日の夜空 (月齢6.9の月)

「月面X」の撮影に成功しましたよ。

18時過ぎまで雨が降っていて「こりゃー駄目だな」と思っていたんですが、18:30には雨が上がりました。

曇りでしたが「もしかしたら雲の切れ間から月が顔を出すかも」と思い直して近所の海辺へ出掛けてみると、稲光が走ってはいるものの急速に雲が退き始めてくれました。

急に雨が降り出すことも考えて撤収の楽なデジスコで撮影しました。

露出を「月面X」が目立つようにすると他がオーバーになる等、難しかったので2パターン撮りました。

赤丸が「月面X」です。
Dscn3867_1
(NIKON Fieldscope EDⅢ NIKON COOLPIX P310)

赤丸なし。
Dscn3878
(NIKON Fieldscope EDⅢ NIKON COOLPIX P310)

なんとなく人がバンザイしているようにも見えますね。

いやぁー撮影出来てよかった。

2013年11月 8日 (金)

今日の夜空 (月齢4.8の月)

18:30頃の月です。
_igp3110
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

2日前には金星が並んでいたのですが、撮影場所では今日はもう見えません。
月面Xまであと2日。

今のところ雨の予報です。

快晴に変わってくれませんかねぇ・・・。

2013年11月 7日 (木)

今日の野鳥 (オオバン)

オオバンって名前で言うほど大きくないんですね。

ここに来ている子たちが大きくないだけかもしれませんが、他の池で見たバンよりは小さいと思います。

先日、暗闇の中ですぐ近くまで来ていたのはこのオオバンだったように思います。

見ていると、係留ロープや岸壁・艀・船等についた苔?海苔?やフジツボ等を採っているみたいです。
_igp2956

ここでは船についているフジツボ(だと思う)をバリバリ音をさせて採っていました。

見慣れない頃は、額から嘴にかけて白く嘴は薄いピンクで後は真っ黒と、地味な鳥だなぁと思っていましたが、見慣れてくるととても可愛く思えてきました。

泳ぐときに首を前後に振るんですが、なんか一生懸命泳いでいるように見えてきて「ガンバレ」って思っちゃいます。

ところで、ここで採っていたフジツボみたいなのが結構大きかったんです。
_igp2970

ちょっとピンボケでしたが、こんなトゲトゲしたのを飲み込んで大丈夫なのかなぁと思ってみていたら
_igp3002

案の定、なかなか飲み込めずにしばらくえずいていました。

海水を飲んでは上を向いて口を空けるこの動作を何度か繰り返して、最後は
_igp3018

体を揺さぶったらスッキリしたみたいでした。

なんか、死んじゃうんじゃないかって心配しちゃいましたよ。

鳥がペリット(未消化物)を吐き出すところを結構見かけますが、この子も残骸をペッと吐き出すんでしょうね。

次はもうちょっと小さいのを食べるんだゾ!!

2013年11月 6日 (水)

今日の夜空 (月齢2.8の月と金星)

西の空だけ雲が無く、ポッカリ空いた空間に月と金星が仲良く並んでいました。
_igp2906
(PENTAX K-5 TOKINA AT-X 828 af PRO 80mm)

ほぼ一月前の10月8日は月と金星がもっと接近していたようですが、今日は80mmでこのような間隔でしたよ。





地球照というのをご存知でしょうか?

上の写真でいうと、三日月以外の見えていない部分が地球に反射した太陽光によって照らされて見える現象なんですが、自分は今まで撮ったことがありませんでした。

いい機会なので撮ってみました。
Dscn3768
(NIKON Fieldscope EDⅢ NIKON COOLPIX P310)

あまり意識して撮る事は少ないですよね。

普通は明るい方を基準にして露出を決めますもんね。

その明るい方はこんな感じでした。
Dscn3778
(NIKON Fieldscope EDⅢ NIKON COOLPIX P310)

金星と並んでいるってことは当然低空にある月ですので、大気の影響がかなり強くてキリッと撮ることはできませんでした。

こういう時は、デジスコの方が月を大きく見る事が出来て大気の影響が確認し易いので、ピント合わせも「このぐらいで限界かな?」と妥協点を見つけやすいので楽ですね。

さて、月面Xまで後4日、天気はどうなるでしょうかね?

2013年11月 5日 (火)

今日の太陽 (11月5日)

久し振りに晴れました。

最近、天気が不安定ですね。

探鳥に行くモチベーションが上がりませんよ・・・。

3連休は結局探鳥には行けず、雨の降らなかった1日は自転車(MTB)のメンテナンスをしてました。(その日も夕方には大雨になりました)

随分ほったらかしてたのでシフトケーブル&ブレーキケーブルが錆ついて動かなくなってました。

インナーケーブルを引き抜いて洗浄&錆落とし&注油して快調になりましたが、1本は錆の為ワイヤーが数本切れてました。

その内交換しなくちゃな。

amazonで調達しておこうか・・・。



話はそれましたが、今日の太陽をサクッと撮ってみました。_igp2822_2

(PENTAX K-5 BORG71FL アストロソーラーフィルター トリミング)

黒点が多い状況は続いているようです。

10月28日(http://camera-de-youing.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/1028-b6e9.html )程ではなかったですが。

ちなみに10月28日の黒点数は155と発表されていました。

前後の日と比べると少ない日だったようです。



天気、何とかなりませんかね?

11月10日は「月面X」が見られる日なんですが、週間天気予報では曇りか雨みたいで撮影&観望は無理っぽいです。

予報ハズレてくれー!!

2013年11月 1日 (金)

今日の野鳥 (ウミネコ)

ウミネコの食事風景です。

「今日の獲物はメジナ!ごちそうだぜ!」
_igp2402

「ウホホーイ!」
_igp2410

「でも、大きいな食べられるかな?」
_igp2416

「大きさを確認してっと」
_igp2422

「うわっ!まだ動くよ!困ったな・・・」
_igp2424

「とどめをさしておこうっと」 ブスッ!
_igp2426

「これでいけるか?」
_igp2428

「オエッ!駄目だ!」
_igp2433

「我慢して飲み込んじゃお!」
_igp2438

「ゴックン」
_igp2443

「ノドに詰まった!水っ!水っ!」
_igp2452

「ゴクゴクッ!」
_igp2454

「フーッ、美味かったぜ!まだノドに違和感があるけど満腹だぜ!」
_igp2457

と言ったかどうか分かりませんが一連の流れから想像してみました。

身を突いて食べるのかと思っていたら、まさかの丸呑みでした。

ビックリでした。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ