« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

花粉対策

カメラを使う方で花粉症の方、マスクってどうしてます?

花粉対策も、目なら花粉眼鏡とか、鼻ならマスク&ブリーズ○イトとか、いろいろあると思いますが、今回はマスクに絞って採り上げました。

花粉対策商品を工夫しないで使っていると結構バカにならない金額が掛かりますよね。


夜寝る時には欠かせないブリーズ○イトの再利用については、結構多くの方が紹介しているので、あまり見かけないマスクの効果的な再利用法です。

正面切ってお薦めできるものでは無いので、あくまでも自己責任というか、そんな人もいるのね的な軽い感じで見て下さい。


自分は視力は悪くないので普通は眼鏡は掛けていません。

花粉眼鏡をすることもあるのですが、余程、花粉がきつくて目の痒みがどうにもならないシーズン以外は使いません。

普通にマスクを掛けていると、眼鏡をかけている方は眼鏡が、ファインダーを覗くと眼鏡使用の有無にかかわらずファインダーが曇ってしまってシャッターチャンスを逃がしてしまうって事ありますよね。

息を止めるのも1つの方法ですけど、自分は「ノーズピット」を使っています。

3個で500円(税別)で売られていて、モノによっては軽く洗って10回使えるっていうのもありますが、基本使い捨てです。

高いですよね。

でも、ファインダーも眼鏡も曇らないし、慣れないと鼻がモゾモゾしますが、マスクのように耳が痛くなったり吐く息や汗でビチョビチョになる等の不快感がありませんので、探鳥時には必ずこれを着用しています。


そこで、再利用方法です。

まずは写真を・・・
Dscn4458

Dscn4463

見た通りなんですが、ノーズピットのマスク部分のみをポンチで切り出したマスクと交換して使うだけなんですが・・・もちろん、消毒してからの再利用です。

1個150円以上するモノをホイホイ使い捨ては出来ません。

毎年2セット買って再利用しています。

使い捨てマスクの消費量も減らせるという、自分にとっては一石二鳥の使い方なんですよね~。
(気付かれにくいという触れ込みですが、人と話す時に気付かれているような気がして恥ずかしいのが難点です)

この他に、イオン効果で花粉をよける塗り薬等いろいろ使ってみましたが、この方法が今の所一番効果があります。


くだらない話題で、ここまで読んでいただいた方には申し訳ありませんが、天気も悪いし、鳥もいないし、ということで、ブログネタにしちゃいました。

では、失礼!

2014年3月26日 (水)

探鳥の合間に (春の兆し)

見るべき鳥が少ないと春の兆しに目が向きます。

花が咲いたり、芽が出たり・・・そんな写真です。


探鳥時は望遠レンズしか持っていませんので、その望遠レンズで撮っているので拡がりが分かりませんけどね。


川の土手には・・・

ツクシと
_igp1301

オオイヌのフグリと
_igp1304

タンポポが
_igp1324

目立っていました。

野草を摘んでいる人が多かったな。

ノビルでも摘んでいるのかな?おいしいですよね。




山では・・・

コナラの実かな?根付いて芽吹こうとしています。

_igp1349

コブシが咲いて(背景でボケているのは種類不明の桜)
_igp1385

芝桜も咲いていましたよ。
_igp1387_2




去年は桜の芽を啄みにウソが来ていたのになぁ・・・。

2014年3月25日 (火)

今日の野鳥 (ヤマガラ)

家の庭にメジロが来なくなりました。

山へ帰ったようです。

近所の海からはハジロカイツブリがいなくなり、キンクロハジロやホシハジロもかなり旅立ったようで数が激減しました。

良く行く山からも冬鳥は旅立ったようで姿はおろか鳴き声も聞こえません。

結局、綺麗なルリビタキの♂も、愉快なダンスを見せてくれるトラツグミにも会えなかったなぁ。

残っているのはツグミとカンムリカイツブリぐらいかなぁ・・・。

冬鳥に会うには、これからはちょっと遠くへ探鳥に行かなければならないかなぁ。


いつも行くフィールドではヤマガラが巣作りでしょうか?巣材を集めているようでした。
_igp1365
(PENTAX K-5 BORG71FL)

♂♀どちらかは判りませんが、この子のペアらしきヤマガラは、怪しいカメラマンである自分を牽制しているようでした。
_igp1368
(PENTAX K-5 BORG71FL)

大きく鳴いていたので巣が近かったのかなぁ?

すぐにこの場所から退散しました。
_igp1372
(PENTAX K-5 BORG71FL)

脅かしてゴメンね。

2014年3月24日 (月)

今日の野鳥 (コチドリ)

花粉症の方、如何お過ごしでしょうか?

自分も寝苦しい夜を過ごしています。

だけど、探鳥もしたいし、しかし、鳥は少ないし・・・ジレンマに襲われています。

さて、いつものフィールドが不調なので、たまたま立ち寄った湿地帯で久し振りにコチドリと出会いました。
_dsc0743_dxo
(SONY NEX-5 NIKON Fieldscope EDⅢ 1.5Xテレコン トリミング)

目がクリっとしていて可愛いですよね。


ちょっと距離があったので練習も兼ねてNEX-5を使用した一眼デジスコで撮りました。

こういう動き回る被写体にデジスコではフラストレーションが溜まりまくるんですが、一眼デジスコなら結構いけます。

ただ、一眼だとファインダーが暗くなり過ぎてピントの山が全く分からないのが難点だったんですが、ミラーレス一眼ではコンデジと同じように普通にピントもつかめますし、シャッターのタイムラグも無いので軽快です。

テレコンまで使った割には証拠写真としては良い方かなと思ってます。

同じ距離でコンデジだとトリミングしたら画像が荒れまくっちゃって使えないんですけど。

ちなみに、35mm換算で3,500mmぐらい(トリミング前で)の焦点距離です。



本当に、不調のまま冬鳥シーズンは終わっちゃいそうです。

残念。

2014年3月22日 (土)

物欲 (VIXEN SKYPOD R130sf)

性懲りも無く、また、リサイクルショップで中古品に手を出してしまいました。

こういった物を買わずにコツコツ貯めていけば、しっかりした自動導入赤道儀を最短で手にできるのに・・・馬鹿ですね。

でも、出会っちゃったんだからしょうがない。

なんせ、自動導入経緯台+13センチ反射望遠鏡が、1万円台ですよ。

2万円しないんです。

こんなヤツです。
_dsc0586_dxo

STARBOOK type-Sというコントローラーが付いています。(青いゲームパッドみたいな物)
_dsc0587_dxo

つい最近、専門ショップの中古品で経緯台だけで6万円前後で出てました。

そんな値段じゃ手が出ないけど、これならねぇ。

でも、問題が無い訳じゃないんです。

例えば、この傷。
_dsc0588_dxo

ファインダーの台座下の鏡筒が凹んでファインダー自体がちょっとズレています。

おまけに、ファインダーのアイピース側が斜めにねじ込まれているし、Oリングもありません。

鏡筒のお尻側にも傷があり、どうやら落としたみたい。

光軸は狂っているでしょうね。

埃だらけだし、そのまま使うわけにはいきません。

まぁね、安いんだから、いいんですよ。

手を入れるのも楽しみの内ですから。

鏡筒は分解して鏡類は洗浄しました。

鏡筒の凹みも裏から叩いてほぼ直しました。

コンプレッサーを使ってダスターで埃を全て飛ばし、鏡筒内及び接眼筒内は拭き掃除もしました。

反射鏡中心にマーキングをした後、全てを組み付けて光軸調整も施しました。
_dsc0589_dxo

経緯台側は拭き掃除をした後、各部点検して、増し締めを実施。


出来る事は一通りして、いよいよ、コントローラーの動作確認です。

あれ?液晶パネルの保護カバーが無いじゃん。

電池ボックスの蓋も無いぞ。

まぁ、動きには問題ないみたいだからいいか。


その内、アクリル板を切って張り付けておこうか。


ファームウェアのバージョンを確認して、アップデートしようと思ったら・・・シリアルナンバーが必要なんですね・・・保証書や登録カードは添付されていたけどシリアルナンバーは分かりません。

※同梱の資料にはアップデート時シリアルナンバーが必要とありましたが、今現在、アップデートにシリアルナンバーは必要ありませんでした。メーカーサポートにも確認済みです。

ウーム、しばらくはそのまま使うことにして、別途、メーカーに相談をかけとこう。


とりあえず、マニュアルをダウンロードして、アライメントのやり方だけ確認をしました。


後は日が暮れるのを待つだけです。



そして、先ほど星空探訪を体験してきました。

経緯台ですので撮影には向きませんが、木星を無理やり撮影してみました。
_dsc0600_dxo_2

高感度&無理なトリミングをしてあります。

なんとなく縞模様が見えます。

650mmの短焦点望遠鏡なのでこんなもんですかね。

眼視ではそこそこよく見えました。


とにかく、自動導入が体験出来て良かったです。

おじさんのおもちゃが、だんだんハイテクになって来ましたよ!

2014年3月20日 (木)

今日の野鳥 (ルリビタキ、ジョウビタキ、メジロ、シロハラ)

ここしばらく野鳥の写真が撮れていません。

撮れていないというのは正しくないな、いつも同じ野鳥になっちゃうのでボツにしていたんです。

とはいっても、野鳥ネタが無いのでボツ写真からUPしちゃいました。

ルリビタキ
_igp1070
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

これ以降、ルリビタキを見かけなくなりました。

旅立ったのか、単に会えなかっただけなのか・・・


ジョウビタキ
_igp1055
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

そういえば、ジョウビタキのメスも見かけなくなりました。

流れ出る樹液を舐めに来るメジロ
_igp0983
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

ここのところ見かける野鳥はメジロやシジュウカラ・エナガ・コゲラと留鳥ばかり。

あ、シロハラはまだ見かけますね。
_igp1074
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

そろそろ、ウソと会えるんじゃないかと期待しています。

2014年3月17日 (月)

今日の夜空 (月齢16.1の月)

今日は満月でした。

正確には今朝の2時8分だそうです。

日が暮れてから昇りたての頼りない明るさの月を、SONYのNEX-5とニコンのフィールドスコープEDⅢを使って撮影しました。
_dsc0386_dxo

まだ低空なので大気の影響で歪んでちょっと楕円形みたいですね。


このぐらいの高度になると・・・
_dsc0396_dxo
(ゴーストがかなり出ちゃいました(^_^;))

弱々しかった月もしっかりとした明るさになっていました。
_dsc0401_dxo

南中する頃に撮れば、もっとキリッと撮れるでしょうね。

でも、今日はこれでお終いです。

2014年3月16日 (日)

焚き火

以前は漁協と呼んでいた仲間内のキャンプに一部参加してきました。

今ではこの集まりで釣りをすることはないので漁協とは呼べませんね。

キャンプの中で重要な時間を占める焚き火。

炎を眺めてボーっとしたり、取り留めもない話をするこの一時がたまらなくいいですね。

焚き火台は必需品です。
_dsc0297


炎の動きを見たり
_dsc0299

熾きの赤やオレンジの光を見ているとホッコリします。
_dsc0303

出来れば星空も撮りたいなぁと思っていたんですが、ほぼ満月の明るい夜空はそんな気を起こさせませんでした。

2014年3月15日 (土)

今日の野鳥 (メジロ)

星空撮影で、中古購入したNEX-5の高感度撮影への耐性を見たいと思っているんですが、天気がままなりません。

とにかく使ってみたくてウズウズしていたので、身近なメジロをモデルに撮影テストしてみました。

庭に吊るしたミカンを食べに来るメジロを以前に掲載した時と同じく窓越しに狙います。
_dsc0259_dxo
(SONY NEX-5 TOKINA AT-X828 af PRO)

以前掲載した時にはBORG71FLを使いましたが全身が写らないので、今回は80~200mmのズームレンズに延長アダプタを付けて近接撮影しています。

MFアシストって動き回る被写体はともかくフレームから出ていかない被写体にはなかなかいい機能です。

カメラの液晶画面で羽毛の1本1本が確認できます。



この子は頭に花粉でしょうか?黄色い何かが付着していますね。
_dsc0292_dxo
(SONY NEX-5 TOKINA AT-X828 af PRO)

逆光での撮影なのが残念ですが・・・。


撮影していて、これなら一眼デジスコに使っても良いかもって思いました。

液晶画面にルーペを付けて覗きこめばピントの確認にも困らなさそうだし、コンデジでデジスコするときのシャッタータイムラグにイライラすることもなさそうだし・・・そのうちにやってみよう。


動画もテストしました。

何回か食べに来たシーンを50秒にまとめてみました。

時間のある方はご覧になって下さい。



このNEX-5ですが、今の所気になる点は、RAWファイルの現像ソフトですね。

自分の使っているノートPCではちょっと動きが重いのと、使い方を把握していないのが悪いんですけど、レベル調整のみ施して現像した結果がザラザラした感じになるんです。

ノイズが目立つっていうんですかね。

PENTAXのRAW現像ソフトはデフォルトでも適度なノイズ処理がかかっているようなんですけどSONYのは違うようです。

今は使い方が分かるフリーソフトで現像していますが、いずれ、どのメーカーのRAWファイルでも現像できるようにソフトを買った方が良いでしょうね。

以前、お試ししたことがあるLightroomが良いかな。

PENTAXのソフトはSilkypixを使ってるようなのでそれも良いかな?

まぁ、おいおい考えましょう。

2014年3月12日 (水)

今日の夜空 (月齢11.1の月)

先日中古購入しましたNEX-5のマウントアダプターが届きました。

生憎の天気ですが、とりあえず月を撮ってみました。
_dsc0031_1
(SONY NEX-5 NIKON FIELDSCOPE EDⅢ)

この天気ではピントなんて判りませんね。

MFアシストという機能でピントが合ってそうなところでシャッターを切りました。

やはり、可動式の液晶モニターがとても便利です。

楽な姿勢で作業できるのでジックリ取り組めます。


ところで、この天気のおかげで月暈という現象が撮影できました。

そのリングを飛行機が横切りましたので、その跡が月を貫くまで待って撮影しました。
_dsc0045_1
(SONY NEX-5 SAMYANG 14mm F2.8)

つい、ファインダーを覗きたくなりますが、コンデジ感覚で液晶見ながら撮るスタイルにも慣れないといけないですね。

ピントリングを操作しながらシャッターを切るという一連の動作は、ファインダーを顔に押し付けてることで安定しているということが良く分かりました。

安定する撮り方を工夫しなきゃ!

2014年3月11日 (火)

今日の野鳥 (キジバト)

探鳥中にルリビタキを待って木立の中で仁王立ちしてましたらキジバトが飛んできました。

3m程先に舞い降りると・・・
_igp1078
(PENTAX K-5 BORG71FL)

右の羽だけ挙げてジーっとしています。

何のポーズでしょうか?

しばらくすると・・・
_igp1081
(PENTAX K-5 BORG71FL)

見え辛いですがその右の羽を地面と平行に伸ばしています。

ひょっとして裏表を乾かしたのでしょうか?

濡れているようでもないですけど・・・。

またしばらくすると、もうちょっと、こちらに寄って来て、今度は左の羽を・・・
_igp1117
(PENTAX K-5 BORG71FL)

地面に平行に伸ばしてジーっとしています。

ちょっと!日陰ですよ!其処は・・・。

400mmのレンズでは収まりきれませんで見切れてます。

その後もおよそ30分ぐらい、自分の周りでゆっくりしたりガサガサ餌探ししたりしてました。

妙に人に慣れたキジバトでした。

2014年3月10日 (月)

物欲 (SONY デジタル小型一眼カメラ NEX-5)

いやぁ~、今日は寒いですねー。

今日の夜空は月と木星とオリオン座が良い感じで並んでいます。

寒くて撮る気にはなりませんが・・・。


今更ですが・・・3年半ぐらい落ちの「NEX-5」を買ってしまいました。
Dscn4448

リサイクルショップで激安価格で置いてあったんです。


実は、これが発売された時、ホントに欲しかったんですよ。

ただ、レンズも買わなきゃならないし手が出ないなぁと諦めたんです。

いつか、PENTAXからいい一眼が出るだろうと(当時の一眼は気に入らなかった)・・・そうすれば手持ちのレンズも使えるから無駄が無いと。

趣味の順位でいくと当時は釣りがトップだったんですよ。


今回購入はボディのみ、すかさず、amazonでマウントアダプターをポチりましたのでPENTAXのKマウントレンズを使います。


実機を見せてもらって何故安いのか理解できました。

液晶がおかしいんです。

画面中央辺りは問題無いんですが、周辺1~2cmぐらいがグルっと曇ったようになっているんです。

店員さんが「安い価格設定なのはこれがあるからです。」と言い、(こりゃぁ駄目だな)と思いながら何故ジャンクじゃないのか聞くと、「電源入れればちゃんと見えるんです。」とのこと。

「じゃぁ電源入れさせてください。」とお願いし、付属品を取りに行っている間にマジマジ見ると・・・ん?液晶保護シートが傷んでいるだけじゃないか?と気がつきました。

その後、電池パックを入れONにすると・・・なるほど、ちゃんと見えるし他の動作に問題は無い。

店員に保護シートの事を聞くと確認はしていないとの事。

だけど、電源入れて見えてるってことは液晶が傷んでる訳が無いので、価格も激安だし買っちゃいました。


車に戻ると家に帰るまで待ちきれなくて保護シートを剥がしにかかりました。

「あれ?剝れそうもないぞ(・_・;)」

やっちまった感に襲われながら工具箱からカッターナイフを出し保護シートと思われる物の境目に刃を入れます。

おぉっ!ちょっと捲れました!

しかし、強力に張り付いています・・・元々画面保護で貼られている物で剥がしてはいけないのかもとの思いに駆られながら・・・ええい!ままよ!

力を込めて無理やり剥がしました。

成功です!

綺麗な液晶画面になりました!!うれしー!!


早速、新しい保護シートとカメラケースを買いに量販店へ行き、貯まっていたT-ポイントを使って負担なしでゲット!
Dscn4449_2

ね、綺麗でしょ?(よく見えないかな?)

とは言っても、傷は小さい物がいくつかあります。
Dscn4452

液晶画面の角の所に4つほど・・・落したんでしょうね。(ピンボケでした・・・)

まぁ、中古ですから気にしません。

あ、カメラを立てかけてる黒い物がカメラケースです。

標準レンズぐらいなら着けたまま仕舞えるぐらいの大きさです。

マウントアダプターが届かないと試し撮りが出来ませんが、一応、3カ月保証が付いてますので安心です。


最新の機種では手が出ませんが、中古なら手の届くカメラもありますもんね。(買う気にならないのも多いけど)

可動式液晶で軽い一眼がずーっと欲しかったんです。

基本機能は今でも充分通用すると思うし、何よりセンサーサイズはK-5と同じなのでコンデジとは一味も二味も違う写真になるはずだしね。

今のところは、いい買い物ができたと喜んでおりますよー!!

2014年3月 8日 (土)

今日の野鳥 (ルリビタキ、他)

マイフィールドにルリビタキが来てくれてからまだ日が浅く、人慣れしていないせいか全く近づけません。

何度か写真に撮れたもののいい感じの写真はまだ撮れませんね。

今のところメスしか見られていません。
_igp0560
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

_igp0668
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

ジョウビタキの♀とバトルをしていました。

ジョウビタキの♂は興味があるのか近づいても攻撃する感じは無かったです。
_igp0700
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

ウォーキングコースなのでしばらくすれば人慣れしてジックリ撮れるようになると思われます。

ルリビタキのオスにも会いたいですね。


カシラダカはジーっとしていると向こうから寄ってきます。

人慣れしているんですね。
_igp0785
(PENTAX K-5 BORG71FL)

_igp0804
(PENTAX K-5 BORG71FL)

何かの植物の小さな種を食べているようです。
_igp0769
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

2014年3月 7日 (金)

探鳥の合間に (啓蟄)

日が変わっちゃいましたが3/6は啓蟄だったようです。

たまたま、チョウチョが飛んでいるのを見ました。

モンキチョウでしょうか?
_igp0806

飛んでいるところは撮れないのでとまるのを待ちました。

菜の花も力一杯咲いています。
_igp0815

ウグイスもほぼ本番通りの鳴き方をし始めましたよ。

2014年3月 5日 (水)

ジャンク部屋 (ACCESS P-MC 1:2.8 f=28mm WIDE-AUTO MACRO)

ジャンクなレンズを買ってしまいました。
Dscn4444

以前から単焦点で30mm前後のレンズが欲しいと思っていたんですが・・・ただ、このレンズ、素性が全く判りません。

リサイクルショップでスマホ見ながら考え込んでしまいました。

ジャンクだから安いとはいっても、変なレンズ買ってもしょうがないので・・・随分迷いましたが、結局お持ち帰りに。


多少レンズに曇りがありましたが大きな傷は無いので清掃すればいいやと・・・家に帰ってバラすと、結構簡単な仕組みで、ササッと作業完了。

5枚のレンズで構成されていましたが、真ん中の3枚目のレンズがちょっと曇っていました。

その3枚目のレンズをポロっと落としてしまって、裏表が判らなくなっちゃって(^^ゞ

触った感じではどちらも同じ曲面のようなので、気にせずに組み立てましたがどんなもんでしょうかね?


ACCESSがメーカー名なのかP-MCがメーカー名なのかサッパリ判りません。

ネットではPANAGORという似たようなレンズが引っ掛かりますがちょっと違うみたい。

PANAGORは海外向けの製品のようです。

このレンズもそういったレンズなんでしょうね。
Dscn4445

Aポジションが無いので絞りの操作はマニュアル前提となります。

上部のNORMALと書いてある枠が4段階(NORMAL→1:6→1:5→1:4→1:3.7)に動きマクロ撮影ができるようになっています。

まぁ、マクロと言っても今時は等倍ですもんね、このレンズはその意味ではマクロもどきですね。

一応国産らしいです。
Dscn4446

天気が良くなったらテスト撮影しようと思ってます。

主に、星空を撮りたいと思っているんですが、どんな写りのレンズなんでしょうかね~。

2014年3月 3日 (月)

探鳥の合間に

珍獣発見!!
_igp0487

怖!!

一瞬、猫だとは判らず、変な動物を見たのかと思いました。


悪そうな顔してますね~。

30分ぐらい野鳥を探した後戻ってきたら、まだこの場所にいました。

その後、ノソノソッと移動して爪とぎ。
_igp0489

もっとツルっとした木で爪とぎをするんだと思っていましたがそうでもないんですね。

この日、探鳥の方はルリビタキとイカルを見つけたものの、写真には残せませんでした。

ようやくルリビタキを見る事が出来ました。

しかも、イカルも見られるとは・・・地元では初めてでした。

次は写真を撮りたいな。

2014年3月 1日 (土)

会いたい野鳥

冬鳥の少ない今シーズン、去年のブログを振り返ってみてこの野鳥だけには会いたい!と思ったのが、「ルリビタキ」と「トラツグミ」でした。

どちらも昨シーズンは1月初旬には会えていたんだけどなー。

オリジナル画像はなかったので去年のブログ(ココログではない)から落としました。

圧縮されてしまってますのでちょっと荒れてるかも知れませんけど。
(この時はまだボーグを所有していなかったので、NIKON EDⅢとK-5の一眼デジスコで撮影していました)

ルリビタキ
Ruri1

Ruri2


トラツグミ
Tora2

Tora1

他にウソ、キクイタダキ、クロジとかにも会いたいけど、欲張りませんので上の2種には会わせて下さいよー!

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ