« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

今日の港 (自動車運搬船「OCEANUS LEADER」 & LNG船)

LNG船「PUTERI ZAMRUD SATU」の出港の様子を撮ろうかなと思っていたところに、自動車運搬船「OCEANUS LEADER」が北上してきました。

緊急入港とのことで接岸はしないで人を降ろすようです。

何があったんでしょうか?

LNG船の出港とカチ合うので沖をゆっくりと進んできます。
_dsc15811
(SONY NEX-5)

天気が悪く発色が良くないですね・・・ただ、富士山は見えていますので。
_dsc15871
(SONY NEX-5)

富士山バックで撮ってみましたが、変な色になっちゃいました。

ジャンクのレンズだからかな?

まぁ、それはともかく、この船、水中に隠れているところはどうなっているんでしょうかね。

いつも見る度にバランスをどうやって取っているんだろうと思います。

入出港航路を離れ、この位置でアンカーを降ろしました。

ガラガラッと結構な音がするんですよ。


港からは丁度LNG船が出てくるところでした。
_dsc15931
(SONY NEX-5)

この船、紹介したことがあると思っていたんですが、同型船とタイミングが被ったので掲載していなかったみたい。

LNG船と自動車運搬船と富士山の3ショット。
_dsc16031
(SONY NEX-5)

折角、富士山が見えているのに・・・天気が良ければと悔やまれます。

この後ろ姿。
_dsc16151
(SONY NEX-5)

コロンと倒れそうな気がしませんか?

甲板の高さは海面から相当ありますよ。



その後、自動車運搬船には巡視船・小型船(人を降ろしたらしい)・湾岸警備艇の順で近寄って何かをしていきました。

出港まで見ていたかったんですがここまでで時間切れでした(^_^;)

2014年4月25日 (金)

今日の野鳥 (カワラヒワ)

今回は、世界文化遺産の松林の住人「カワラヒワ」です。

巣立った幼鳥の面倒を見ていると思われる場面に出会いました。

親鳥は幼鳥が追ってくるのを待ってます。
_igp2254_2
(PENTAX K-5 BORG71FL)

振り返っているのが親鳥。

来るのを待って。
_igp2206
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

追いつくと、また離れます。
_igp2213
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

幼鳥は必死に追いかけます。
_igp2214
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

_igp2215
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

なぜなら、餌がもらえるからです。

必死にアピールして。
_igp2227
(PENTAX K-5 BORG71FL)

餌をもらいます。
_igp2223
(PENTAX K-5 BORG71FL)

羽根をバタバタさせてアピール。
_igp2248
(PENTAX K-5 BORG71FL)

餌がもらえました。
_igp2246
(PENTAX K-5 BORG71FL)

親鳥は途中で餌を補給しています。
_igp2234
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

_igp2238
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)


その様子を、たぶん雄の親鳥が近くで見守っています。
_igp2249
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)


他の子たちはもう巣立ったんでしょうか?

それとも、順次このような訓練を繰り返すのかな?

2014年4月24日 (木)

今日の野鳥 (アカハラ)

以前、20~30mの距離でもカメラを構えると逃げられていたアカハラですが、人慣れした個体に会いました。

ウォーキングの人がバンバン通る遊歩道沿いの林にいるので、5mぐらいに近づいても飛び去ることはありません。

明るい所に来るのを待って追っかけている時に、アカハラの2mぐらい後ろを人が通った時にはさすがに飛んで逃げるだろうと思ったんですが、意に介さずって感じでした。

まぁ、カメラを構えて正面から近寄ることは無理っぽかったですけど。

ツグミ科の鳥は目が可愛いんですよね。
_igp2177
(PENTAX K-5 BORG71FL)

目が大きくてクリっとしているのでキャッチアイが撮り易いです。
_igp2183
(PENTAX K-5 BORG71FL)

もうちょっと明るい所に来てくれるといいんですが・・・。
_igp2192
(PENTAX K-5 BORG71FL)

2014年4月23日 (水)

今日の野鳥 (キビタキ♂)

夏鳥のシーズンが来たんですねー。
_igp2076
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

この子はまだ綺麗な声で囀ることができなかったみたいで、地鳴きでもないギリギリorジリジリという感じで鳴いていました。(それとも威嚇でしょうか?)

他に何羽も来ていたみたいで、綺麗に囀っている子もいましたよ。
_igp2130
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

可愛いですねー。
_igp2104
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

フィリピンとか東南アジアの暖かい南の島から帰って来てくれましたよ!

2014年4月22日 (火)

今日の野鳥 (ヒレンジャク)

今夜はこと座流星群が見られる日ですね。

皆さんの所ではどうでしょうか?

残念ながら、こちらでは天気が悪く見られそうにありません。

いつでも出撃出来るように心の準備はしているんですけどね。


先日初めて見ましたヒレンジャクですが、一旦はほとんどいなくなったんですが、この日は300羽前後とかなりの群れになっていました。

電線にビッシリ並んでいるんですが(その写真をウッカリ消しちゃいました)、これは近所迷惑ですね。

見ていると「ボタッ、ボタッ」と糞が落ちてくる音が絶える事がありません。

真下の家とか車とか糞だらけです。

見るからに掃除が大変そうです。

そんな事を考えながら、餌場に下りてくるところを撮影してました。
_igp2038_3
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

今にも雨が降りそうな天気だったのが残念です。
_igp2028_2
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

ヒレンジャクは車が通る度に逃げるんですが、ツグミは肝が据わっていますね。
_igp2004_2
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

真下を人が通っても逃げませんし・・・。

双眼鏡を忘れたので確認できませんでしたが、見た範囲ではキレンジャクは見かけませんでした。

2014年4月21日 (月)

Registax6について

天候不順が続き、探鳥&夜空の写真は思うように撮れていません。

そこで、図書館へ行って、表題のフリーソフトについてなにか参考になる本がないかと探してみました。


書籍検索PCを使用して「Registax」をキーワードに検索してみましたが何も引っ掛かりません。

仕方がないので、「月」と「撮影」をキーワードに検索するといくつかヒットしました。

その中から比較的新しい本を選んでみました。

榎本司さんの著書「デジタルカメラによる月の撮影テクニック」という本です。

この本の最後に、Registaxを使用した「イメージスタッキングについて」という項目がありましたので借りてきました。


一通り目を通してから、先程、手順を参考に以前録った動画を再合成してみました。
Moon_retry

どうでしょうか?

前よりいい感じになったと思います。

こちらが以前掲載した合成結果です。
Moon2

こちらはちょっとやり過ぎな感じ。

ちなみに、こちらが元の動画の画像です。
Moon_original


この本は、ポイントだけの解説ですが、基本的なところはなんとなく把握できた感じです。

気になった方は図書館で探してみてくださいね。

2014年4月17日 (木)

今日の野鳥 (オオタカ、カワラヒワ、ヤマガラ)

今年はよくアカハラを見かけます。

なかなか手強くて写真に撮れていないんですけど。

シロハラみたいに近づけませんね。

ソメイヨシノは葉桜になりましたが、遅咲きの品種の桜がいい感じです。

自分はこちらの桜の方が好きですね。

探鳥に行くと桜の木の周りで小鳥たちが囀ったり餌取りにと随分賑やかになっています。

今回はそんな鳥の中からヤマガラとカワラヒワを採り上げてみました。


ヤマガラが上にある葉桜の枝の方を眺めています。
_igp1994
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

飛び移りました。
_igp1999
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

枝ではなく葉っぱにぶら下がりました。

何を食べたのかな?

次のターゲットへ!
_igp2001
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)


カワラヒワが普段の声とは全然違う声で「ビーン、ビーン」と囀っています。
_igp1956
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)



そんな、小鳥たちの上空をオオタカが獲物を求めて旋回していきます。
_igp1978
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

あまり小型の鳥は捕らないだろうけど気を付けるんだよ!

2014年4月16日 (水)

今日の野鳥 (トラツグミ、ヒレンジャク、おまけ)

キャー!来ましたよ!トラツグミが!
_igp1891_2
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

去年来ていたポイントに、遅れる事3ヶ月で来てくれました!

目が可愛いんですよね。

2枚撮ったところで逃げられちゃいました。

その内にトラダンスを見せてくれるようになるでしょう。

それまでユックリしていってね。


それからヒレンジャクを狙うべく、一眼デジスコに換えていきました。
_dsc1348_2
(SONY NEX-5 NIKON FIELDSCOPE EDⅢ)

_dsc1526_2
(SONY NEX-5 NIKON FIELDSCOPE EDⅢ)

_dsc1541_2
(SONY NEX-5 NIKON FIELDSCOPE EDⅢ)

トリミングする必要のない大きさで撮れるのは良いんですが、見上げる構図しか撮れないのが残念です。


おまけは、家の近所のマリーナで綺麗な囀り声を聞かせてくれたイソヒヨドリ君です。

黄昏のマリーナで、しばらくの間、耳を楽しませてくれました。

2014年4月15日 (火)

今日の夜空 (月齢15.6の月、月出帯食直後)

今日は月出帯食という現象が見られるはずでした。

自分の地域では伊豆半島が東にあるので、天気が良くても見られなかったかも知れませんけどね。

一応スタンバッてみましたが、生憎、空は霞んで富士山も伊豆半島も見えないし、低空には雲が掛かっていました。

ようやく月が昇って来た時間は18:34と、この現象の終了時間でした。

月の灯りが仄かすぎてピントが全く判りませんでしたのでボケボケです。
_igp1895
(PENTAX K-5 VIXEN VMC95L)

せめて、遠くが見えていればそこにピント合わせてスタンバッてたんだけどなぁ。

一応、月の上の方は暗いですよね。



この4分後、18:38には月の明かるさもそこそこになって来て、なんとなくピントが分かるようになったのでもう一枚。
_igp1907
(PENTAX K-5 VIXEN VMC95L)

この時点でもライブビュー画面でのピントの追い込みは出来ませんでした。


月食は終わっている時間ですけど、まだ、上の方が暗くなっているように見えます。

なんとなく余韻を楽しんだつもりになれました。

2014年4月14日 (月)

今日の野鳥 (トビ)

普段トビは撮らないんですけど、ちょっと変わったヤツです。

去年の10月にも掲載したことがあったんですが尻尾が無いんです。
_igp1806
(PENTAX K-5 BORG71FL)

その時にはまた生えてくるんだろうと思っていましたが・・・。

生まれつきなのか、怪我なのか、もう生えてこないみたいです。

何不自由なく飛んでいて、カラスとのバトルも機敏にこなしていますので問題は無いみたいですよ。

風に乗ってホバリングみたいに飛んでいると、誰かが凧をあげているかのようです。

2014年4月13日 (日)

VIXEN VMC95L 光軸調整

もう古い製品なのでこの記事が参考になる方なんていないでしょうけれど、あらかじめお断りを・・・。

光軸調整はメーカーで行うことが前提となっています。
自分ではやらないでください。

それでも、自分でやる人もいるんだなぁ・・・ぐらいの軽い気持ちで見て下さい。

光軸調整といっても、特別な調整機器も持っていませんし、この望遠鏡自体調整できるところは主鏡の傾きのみのようなので、使う工具はドライバーの+と-だけです。

調整は取説にも記載がありますが、星を導入しピントをズラすと見える模様みたいなものを参考にします。

段ボールか何か被せて小さな穴をあけても出来るのかもしれませんが、自分は夜に遠くの灯りを見ながら調整しました。

まずは、望遠鏡の仕組みですが全体像は
Dscn4074
以前アップした画像の再掲載です。

この望遠鏡は、先端の黒い部分、白い鏡筒、後端の白い金属部に分かれます。

それぞれがネジ溝が切ってありますので時計と反対方向に回せば切り離せます。

光軸調整にはこの部分を切り離さなくてよいのですが、調整部の確認でバラしてみました。



鏡筒を外します。
1
矢印部分がネジになってます。


主鏡などが確認できます。(ついでに清掃しておきました)
3
矢印が傾きを調整するネジです。

120度の間隔で3ヶ所あります。

このネジは後ろ(接眼部側)から回せるようになっています。
2
1ヶ所隠れていますが、フリップミラーのノブと黒い蓋が2ヶ所ありますので、-ネジでコジコジして外します。

するとネジが出てきます。
4
青矢印が押しネジ、赤矢印が引きネジとなっていて、これらを調整することで主鏡の傾きを調整します。

ただ、自分の物は1ヶ所ネジ山が潰れていました。

組み付け時に潰したんでしょうね・・・。
5
まぁ、何とか調整は出来ましたのでいいですけどね。

普通のネジみたいですのでホームセンターで合うモノ探して交換しちゃおうかな・・・。


昨日というか今朝の月が沈む頃に、この調整をしてから土星を見てました。

薄雲があったのでダメもとで撮影してみましたが、暗過ぎてちゃんと写りませんでした。

もしかしたら、この口径の望遠鏡では雲が無くても暗過ぎて撮影は無理かもしれないなと気付かされましたが、また条件の良い日にテストしてみたいと思っています。

2014年4月12日 (土)

今日の夜空 (月齢11.6の月の月面拡大写真)

前回に引き続いて月の写真です。

今回は拡大撮影のテストで1050mmの焦点距離の望遠鏡を使ってみました。

これも以前紹介したリサイクル品のVIXEN VMC-95Lです。

眼視用の望遠鏡でピント合わせはかなりアバウトな製品ですが、コンパクトでそこそこの焦点距離があるので惑星観望にはもってこいです。

これに、8-24mmのzoomアイピース&2Xバローレンズを使って一般に言われる有効最大倍率を越えた倍率で撮影してみました。

140411moon1

262倍での撮影です。

もちろん前回と同じくNEX-5を使って動画で撮影しています。

Registax6を使って合成枚数も大体同じ。

結構写っている印象です。



これなら木星とか土星も写るかな?

月に比べてはるかに暗いからピント合わせとか心配な点は多いけれど、近々テストしようと思ってますよ。

2014年4月10日 (木)

今日の夜空 (月齢8.6の月)

一昨日の月を例の自動導入経緯台+望遠鏡で撮りました。

厳密に言えば、経緯台ですので月が撮影中に回転していると思いますが、30秒強の時間ですので大丈夫なんじゃないかと・・・カメラはNEX-5を使い動画で撮影しています。

他の惑星を撮るための練習のつもりです。

ソフトはREGISTAX6を使うんですが、このソフト、英語だし、パラメーターとか多過ぎて何の事なのか分からな過ぎで、他の方のブログを参考にいろいろ試してみました。

そんな訳で、撮影してから2日も経ってのアップとなっています。
Moon2

まだよく判らずにやっていますので仕上がりレベルは低いんでしょうけど、何回かやってみて良さそうな画像をアップしました。

30秒ちょっとの動画から990枚のフレームを作成し、その内の、330枚を使って合成してあります。

当日は、目で見る分には揺れてはいましたがそこそこ良く見えていました。

が、写真にすると大気の影響かボヤっとした感じに写っていてガッカリしていたんですが、このソフトは凄いですね。

霞が取れたかのように写っています。

大気の影響が少ない時期に撮ったらもっといい感じになるのかな?


もうしばらく月で練習してから木星や土星の写真を撮ろうと思ってます。


それにしても難解なソフトで、最終的に調整する際にレイヤーが6枚あるんですが、その使い分けが全く判りません。

何か解説本とかあるのかな?

探してみようっと!

2014年4月 9日 (水)

今日の野鳥 (キレンジャク、ヒレンジャク、ウグイス、ツバメ)

先日のヒレンジャク&キレンジャクの群れですが、残念ながら、ほとんどいませんでした。

10羽ぐらいしか残っていませんでしたがキレンジャクも混ざっていました。
_igp1704
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

キレンジャクとヒレンジャクでペアのように仲良くしていましたよ。

水を飲むのも一緒です。
_igp1710
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

群れが戻ってくるかもしれないと時間差で様子を見に行きましたが駄目でした。

大群でどのくらい滞在していたのか分かりませんが、自分が見たのは最終日だったようです。

この小さな群れもすぐいなくなっちゃうんだろうなぁ。

まぁ、見られただけでラッキーでした。


この水路で巣材の泥を集めているツバメも見ましたよ。
_igp1769
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

別の場所でもヒレンジャクの小さな群れを見たんですが、そのすぐ近くで綺麗な声で囀るウグイスがいたので追いかけてみました。
_igp1669
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

開けたところへは来てくれなかったので上下の太い枝をカットして切り出しました。

足環が付いていますね。

シーズンに一度は開けた枝で囀るウグイスを撮りたいものです。

しばらくはウグイスを追いかけてみようかな?

2014年4月 7日 (月)

今日の野鳥 (初見! ヒレンジャク&キレンジャク)

初見ですよ!見られるとは思っていませんでした。

住宅街を運転中にバーダーと思しきカメラマン二人を見かけました。

何やら上の方を見ているので何かいるみたいと思って引き返してみると・・・。
_igp1550
(PENTAX K-5 BORG71FL)

オォ~!ヒレンジャクとキレンジャクではありませんか。

車の往来がそこそこある駐禁の道路なので、とりあえずこの写真だけ撮ってその場から離れました。

しかし、もうちょっと撮りたかったので、駐車できる場所を探して車を置いてから徒歩でこの場所に戻りましたよ。

7~8分ぐらい歩きました。

街路樹の実を食べるために、車通りが無くなるのを待っているようでした。


自分もそこで待って撮らせてもらいましたよ。

住宅街で望遠レンズを構えるのはなんか恥ずかしいですね。

ヒレンジャク
_igp1568
(PENTAX K-5 BORG71FL)

_igp1615
(PENTAX K-5 BORG71FL)

_igp1640
(PENTAX K-5 BORG71FL)


オマケのツグミ
_igp1578
(PENTAX K-5 BORG71FL)

キレンジャクは電線に止まっているところしか撮れなかったんで、また撮りに行こうと思っています。

ザックリ勘定したところ100羽以上いるようでしたが、いつまでここにいてくれるのかなぁ?

スカイポッド経緯台&R130Sfについて

先日中古購入しましたスカイポッド経緯台&R130Sfですが、とってもいい感じです。

先程、21時過ぎから23時手前まで近所の海辺へ行って惑星観望してきました。

セッティングは簡単だし自動導入のアライメントも大して手間がかかりません。

実は一部だけパーツを変えました。

それは接眼部。

もっとスムーズにピントを合わせたかったんです。

どうしたかというと・・・
_dsc1163_dxo

延長筒を外してボーグの直進ヘリコイドSを付けたんです。

ネットで中古を買いました。

ホントは接眼部そのものを変えたいんですけど、合うサイズのは無さげだし、流用しても高くつくのでこれがベストかなと・・・。

大まかには元々のフォーカスノブで合わせて、そこから接眼ヘリコイドSで追い込みます。

非常にスムーズに動くのでフォーカスノブで合わせる時みたいに激しく像がブレる事が無くなりました。

目盛りの数字はミリ単位、最少メモリは0.05ミリで書かれていて、繰り出し量は1センチあります。

こちらが最大に繰り出した写真。
_dsc1162_dxo

ガッカリなところは、アイピースの差し込み部に脱落防止の溝が切ってあるタイプの物は使えません。

溝なしのアイピースのみ使用可です。

これさえなければ最高なんですけどね。

差し込み部が交換できるものは交換して使っていますが、結構使っている広角の40mmのアイピースと9mmのアイピースは形状が違うので使用できず・・・です。

まぁ、一番使う8-24mmズームアイピースはOKなので良しとしています。


今日は、月-木星-火星-土星と堪能してから、メシエ天体もいくつか見ましたがシーイングが悪かったです。

写真も撮ろうかなと思ったんですが、時間が無かったのとシーイングの悪さで諦めました。



しかし、自動導入って楽でいいですね。

精度はそれほど良くはありませんが20mmぐらいのアイピースなら大体視界に入ります。

最悪でもファインダーには入っているので、お気楽観望にはもってこいの道具です。

これが2万円しなかったなんて・・・いい買い物でした。

2014年4月 1日 (火)

今日の野鳥 (カンムリカイツブリ)

とうとう近所の海からカンムリカイツブリも旅立ってしまいました。

14~5羽ぐらいいたのに、ポイントをいくつか回っても1羽もいません。

残っているのは、オオバン・キンクロハジロ・ホシハジロ・ヒドリガモですが、数は減っています。


旅立つ前にはすっかり夏羽に換羽していました。


ポイント1にて
_dsc0924_dxo
(SONY NEX-5 NIKON Fieldscope EDⅢ)

ポイント2にて
_igp1433
(PENTAX K-5 BORG71FL)

ポイント3にて
_igp1445
(PENTAX K-5 BORG71FL)

またのお越しをお待ちしております。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ