« 今日の夜空 (月齢11.6の月の月面拡大写真) | トップページ | 今日の野鳥 (トビ) »

2014年4月13日 (日)

VIXEN VMC95L 光軸調整

もう古い製品なのでこの記事が参考になる方なんていないでしょうけれど、あらかじめお断りを・・・。

光軸調整はメーカーで行うことが前提となっています。
自分ではやらないでください。

それでも、自分でやる人もいるんだなぁ・・・ぐらいの軽い気持ちで見て下さい。

光軸調整といっても、特別な調整機器も持っていませんし、この望遠鏡自体調整できるところは主鏡の傾きのみのようなので、使う工具はドライバーの+と-だけです。

調整は取説にも記載がありますが、星を導入しピントをズラすと見える模様みたいなものを参考にします。

段ボールか何か被せて小さな穴をあけても出来るのかもしれませんが、自分は夜に遠くの灯りを見ながら調整しました。

まずは、望遠鏡の仕組みですが全体像は
Dscn4074

 

 


以前アップした画像の再掲載です。

この望遠鏡は、先端の黒い部分、白い鏡筒、後端の白い金属部に分かれます。

それぞれがネジ溝が切ってありますので時計と反対方向に回せば切り離せます。

光軸調整にはこの部分を切り離さなくてよいのですが、調整部の確認でバラしてみました。



鏡筒を外します。
1
矢印部分がネジになってます。


主鏡などが確認できます。(ついでに清掃しておきました)
3
矢印が傾きを調整するネジです。

120度の間隔で3ヶ所あります。

このネジは後ろ(接眼部側)から回せるようになっています。
2
1ヶ所隠れていますが、フリップミラーのノブと黒い蓋が2ヶ所ありますので、-ネジでコジコジして外します。

するとネジが出てきます。
4
青矢印が押しネジ、赤矢印が引きネジとなっていて、これらを調整することで主鏡の傾きを調整します。

ただ、自分の物は1ヶ所ネジ山が潰れていました。

組み付け時に潰したんでしょうね・・・。
5
まぁ、何とか調整は出来ましたのでいいですけどね。

普通のネジみたいですのでホームセンターで合うモノ探して交換しちゃおうかな・・・。


昨日というか今朝の月が沈む頃に、この調整をしてから土星を見てました。

薄雲があったのでダメもとで撮影してみましたが、暗過ぎてちゃんと写りませんでした。

もしかしたら、この口径の望遠鏡では雲が無くても暗過ぎて撮影は無理かもしれないなと気付かされましたが、また条件の良い日にテストしてみたいと思っています。


※20190621追記
トライバーティノフマスクを作って光軸の確認をしました
ほぼ合っていましたよ。
厳密に見ればズレていたんですが、眼視メインなんで問題ないと思います。
5年以上前に光軸調整をして、それを今頃確認したのに当時から調整結果に変化が無かったみたいですよ。
安定した製品なんじゃないですか。
車に積みっ放しなので相当に振動とかは受けていると思うんですけど。
あ、それとデュアルスピードフォーカサーを装着しましたのでピント操作も快適になりました。
更に使い倒してやろうと思っています。

« 今日の夜空 (月齢11.6の月の月面拡大写真) | トップページ | 今日の野鳥 (トビ) »

機材メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VIXEN VMC95L 光軸調整:

« 今日の夜空 (月齢11.6の月の月面拡大写真) | トップページ | 今日の野鳥 (トビ) »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ