« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月29日 (日)

タイヤ交換 冬タイヤ→夏タイヤ

スタッドレスタイヤを使い尽すため、この時期まで引っ張っての交換となりました。

3シーズン履きましたが山が残っていたので勿体無いと・・・貧乏性なんです。
Dscn4865

タイヤ交換といってもホイールごと付け替えるという作業なんですが、この簡単な作業が年々大変になって来ました。

体力の衰えを痛感しています。

パンタジャッキではなくフロアージャッキも欲しくなってきましたよ。


交換の度にタイヤのチェックも怠りません。

パンクには至らないまでも金属の釘状のモノがささっている事があるんです。

今回も、傘のツユ先みたいな金属と、幅1mm程の板状の金属が刺さっているのを発見しました。

それを抜いて洗剤を掛けて空気が抜けてこないか様子を見ましたが大丈夫でした。

前回はカッターの折れ刃みたいなものが刺さっていたし・・・結構、道路にはいろいろなモノが落ちているんですよね。

夏用タイヤもこのシーズン走り終えたら交換だなぁ。

また、オートウェイのお世話になろうっと。

2014年6月26日 (木)

今日の野鳥 (コシアカツバメの泥集め)

今回はコシアカツバメが泥を集める様子を動画で録りました。

口の中いっぱいに頬張っていきますので顔は泥で汚れてしまいます。

泥を頬張る前。
_dsc4512
(SONY NEX-5 BORG71FL トリミング)

頬張った後。
_dsc4526
(SONY NEX-5 BORG71FL トリミング)


頬張る様子。


もはや左官職人ですね。

2014年6月24日 (火)

今日の野鳥 (抱卵中のコチドリ)

先日、発見したコチドリの巣ですが、まだ雛は孵っていませんで雌雄で交代しながら抱卵中でした。

まずは♂(合ってます?)が温めていました。
_dsc4185
(SONY NEX-5 SIGMA100-300mmF4.5-6.7DL トリミング)

暫くすると♀がやって来て交代しました。
_dsc4211
(SONY NEX-5 SIGMA100-300mmF4.5-6.7DL トリミング)

向きを変えてくれましたよ。
_dsc4230
(SONY NEX-5 SIGMA100-300mmF4.5-6.7DL トリミング)

見ていて気が付いたのですが、オスもメスも抱卵中はほぼ口を開いています。

たまたまなのか、そういうモノなのか・・・。

その後、交代が来ないのに飛び去ってしまいました。

卵が見えます。(見辛いですけど中央白い石とすぐ右手の黒い石の間)
_dsc4249_3
(SONY NEX-5 SIGMA100-300mmF4.5-6.7DL トリミング)

やっぱり300mmにこの距離は無理がありましたね。

今度はデジスコ持って行くかな?

2014年6月23日 (月)

今日の野鳥 (イソヒヨドリ)

若鳥たちでしょうか?

人に対する警戒心が少し薄いようです。

それどころか興味があるのか、向こうから寄ってくることもあります。

この子は5mぐらいまで近寄ってもOKでした。
_dsc4175
(SONY NEX-5 SIGMA100-300mmF4.5-6.7DL トリミング)

他の子に気をとられていると、すぐ足元の木や石に留まってこちらをを見てたりします。

気が付かずにシャッターチャンスを逃しました。


こちらの子はちょっと産毛っぽいのが残っているような・・・。

嘴の根元も黄色が残っています。
_dsc4294
(SONY NEX-5 SIGMA100-300mmF4.5-6.7DL トリミング)

テトラポットに隠れて近づいてきましたよ。

トリミングなしです。
_dsc4276
(SONY NEX-5 SIGMA100-300mmF4.5-6.7DL)

3mぐらい先でこちらを見ていました。

成鳥だとなかなか近寄れないですよね。

2014年6月22日 (日)

工作室 NEX-5用レリーズブラケット

レリーズブラケット?レリーズホルダー?何て言うんでしょうか。

先日掲載した「NEX-5で微速度撮影のブログ」で星の日周運動を撮影するにはシャッターを押しっ放しに出来るようにしなければ・・・の件で器具を自作しました。


考慮したポイントは3つ。

・取り付け取り外しが簡単であること。
・リモコン用赤外線受光部を塞がないこと。
・カメラの三脚固定用ネジ部は使わないこと。

以上の点に留意して作成しました。



天気が悪く探鳥には行けないので時間はタップリありましたよ。



こんな感じです。
Dscn4861

材料代は税抜きでおよそ500円でした。


パーツは
・ケーブルレリーズ(リサイクル品)
・レリーズ取り付けステー(ホームセンター扱い品のアルミ材)
・ステー取り付け台座(家に有った切端)
・ネジ各種(ホームセンター扱い品)
の以上です。

Dscn4859

取り外すとこうなります。
Dscn4863

カメラの三脚ネジ穴は三脚やポータブル赤道儀で塞がれるのでそこは使えません。

外装を留めている長さ4mmのネジを2本外し、アルミ台座を別途用意した長さ6mmのネジで固定してます。


普段はこの状態で使用しても特に違和感は感じませんよ。(見てくれは悪いけど)

必要な時だけステーを取り付けてケーブルレリーズをセットすればいい訳です。


ステー固定用のネジも根元側のネジ山をステーの厚み分削ってあるので、取り外しても簡単にはステーから抜け落ちないよう工夫してあります。(ステー側もネジ山切ってあります)

ステーの形状がちょっと気に入りませんが、時間のある時にヤスリで削ろうと思ってます。

サンダーとか便利な工作機械があるといいんですが・・・。


これで星の日周運動も撮れるようになりました。



後はカメラ的に10~30秒ぐらいの連写が何枚まで出来るのか、制限があるのか、メモリーの記録枚数上限まで無制限なのか、マニュアルには特に記載されていないようなのでやってみないと分かりません。(見逃してるかも知れませんが・・・)


何にしても天気が良くならないと何も出来ませんね。


※追記(2015.10.21)
シーソー式レリーズを作りました。

2014年6月21日 (土)

今日の野鳥 (水浴び後のガビチョウ)

梅雨時なので愚痴っても仕方ありませんが、探鳥もパッとしないし、ましてや星空なんていつから見ていないのかもう分かりません。

この日の探鳥も、天気予報に裏切られ曇りの薄暗い中でとなってしまい、写真を諦めて動画に切り換えざるを得なくなってしまいました。

鳴き声からは結構いろいろな鳥を確認できたんですが、全然シャッターチャンスはありませんでした。

イカルも結構近くで鳴いてたんだけどなぁ。

キビタキのメスの写真は撮れるには撮れたんですが・・・
_igp4322

高感度撮影でザラザラ感たっぷり・・・。

これで、写真を諦めデジスコで動画撮影に切り換えました。

狙いは、確実に近くに野鳥が来る水場(何が来るかは分からないけど)。

でも、来てくれたのはシジュウカラとメジロ・・・いつもの鳥じゃん!

その次に来たのはガビチョウでした。
Gabicyo
(動画からスナップショット)

帰ってからPCで見たらピンボケでしたorz

お暇でしたら念入りに毛繕いをするガビチョウの動画も見ていって下さい。


暑いのは大っ嫌いだけど梅雨明けが待ち遠しいです。

2014年6月20日 (金)

今日の野鳥 (コシアカツバメ)

以前、巣材を集めるコシアカツバメを掲載しましたが、あれから、雨上がりに巣材を集めに来るコシアカツバメを何度も見かけています。

巣の補強とか拡張とかなんでしょうか?

ウィキペディアによると、塒は作らず渡りまで巣で暮らすらしいので、雨上がりで泥ができるとこまめに補修とかするんでしょうかね。

何度も口いっぱいに泥を貯えて運んで行きます。
_dsc4120
(SONY NEX-5 BORG71FL トリミング)

_dsc4051
(SONY NEX-5 BORG71FL トリミング)

_dsc4103
(SONY NEX-5 BORG71FL トリミング)

松林の方へ飛び去っていきますが、その先の建物にでも巣を作ってあるのかな?

2014年6月17日 (火)

今日の野鳥 (浜辺で見かけた野鳥)

天気がパッとしませんね、梅雨時ですから仕方ありませんが、そういう時には暗くなってしまう林&森を避けて浜辺を探鳥してみました。

見かけた鳥は、アオサギ・コサギ・カラス・ドバト・ムクドリ・スズメ・カワラヒワ・ヒバリ・トビ・コチドリ・イソヒヨドリ・カワウorウミウでした。

コチドリは3組ぐらい番がいたようです。

まず、出迎えてくれたのはイソヒヨドリの♀。
_dsc3752
(SONY NEX-5 SIGMA100-300mmF4.5-6.7DL トリミング)

子連れかな?2羽で飛び回っていました。

次に会ったのは、普段は撮りませんがトビ。
_dsc3768
(SONY NEX-5 SIGMA100-300mmF4.5-6.7DL トリミング)

ヒバリが鳴き始めましたが、なかなか場所の特定ができません。

腰にぶら下げている三角チェアを広げてじっくり観察しましたら意外と近くにいました。
_dsc3806
(SONY NEX-5 SIGMA100-300mmF4.5-6.7DL トリミング)

段々近寄って来てくれたんですが2~30mが限界でした。

そして、大好きなコチドリ。
_dsc3924
(SONY NEX-5 SIGMA100-300mmF4.5-6.7DL トリミング)

近くに巣があったんでしょうか?

5~10mぐらいのところをこちらの気を引くように、座ったり・立ったり・行ったり・来たりしていました。

ちょっと観察させてもらった後、写真を撮らせてもらって退散しました。


ヒバリを一度はしっかり撮ってみたいなと思いました。

2014年6月16日 (月)

ココログ カードコレクション

ココログのSRカードコレクションです。
Card_collection_2

「砂漠の見える三連窓夜」の合成の為に減っちゃいましたが、現在、イチゴイヌ×6枚、ボウシウサパンダ×4枚、ミカンウサ×7枚、メイサイウサ×4枚、メットチャワレ×5枚あります。

欲しいアイテムが見つかるまで、しばらく、SRカード集めに没頭しまーす。

それにしても、いらないアイテムの整理ができるようにならないかなぁ・・・ゴミ箱が出来ないならフォルダー管理できるようにしてほしいなぁ。

インターポットも同じだけど編集する時、アイテムを選ぶために画面スクロールさせるのが鬱陶しい!

何とかならないかなぁ!!

2014年6月15日 (日)

今日の野鳥 (コチドリの巣)

最近コチドリばかりですが・・・。

今日の9時ごろ、有名な観光スポット前の海岸線を自転車で走っていたら、コチドリらしき鳥が飛んでいるのを見つけました。

休憩がてら防波堤に腰掛けてしばらく様子を伺っていたら・・・また飛んできました。

コチドリです。

近くに下りたので、目を離さずにジーっと待ちます。

段々寄って来ましたよ。

2~30m先のコンクリートの上でジッとしていましたが、こちらがちょっと動いたら急に鳴き始めて目立つような行動を取り始めました。

「ハハァ~ン、近くに巣があるんだな」と直感しました。

生憎、健康のために自転車に乗っていたので、双眼鏡もカメラも持っていません。

とにかく動かないで様子を伺っていましたら、海岸の盛り土の段差を利用して隠れながら歩いていきます。

時折り見え隠れするので何とか目で追うことができました。

その内、2羽の姿が見え、1羽が鳴かずに飛んで行きました。


その場所の目安だけ付けておいて、夕方前にもう一度車で行ってきました。


観光客が海岸に下りているので、親鳥たちはいないようです。

念のためにしばらく様子を見て、親鳥がいないことを確認してから目安の場所を探してみると・・・・・ありました!
_dsc3628
(SONY NEX-5 SIGMA 100-300 F4.5-6.7 DL トリミング)

卵が4つ、ちょっとした窪みに並んでいます。

すぐにこの場所を離れて、防波堤に腰をかけて再び様子を見ます。


初めて見ましたが、随分簡単な巣なんですね。

貝殻が不自然に集められてなければ気が付かなかったと思います。

それにしても、卵、温めなくていいんでしょうか?地面に熱があるからいいのかな?


20分ぐらいすると観光客も海岸から上がり誰もいなくなりました。

すると、どこかで様子を見ていたんでしょう、親鳥が戻って来ました。

午前中に見た場所で辺りの様子を伺っていました。
_dsc3639
(SONY NEX-5 SIGMA 100-300 F4.5-6.7 DL トリミング)

安全だと確認したんでしょうか?巣のある所へ歩いて行きました。
_dsc3650
(SONY NEX-5 SIGMA 100-300 F4.5-6.7 DL トリミング)

邪魔にならないようにするから、また写真撮らせてネ。

2014年6月14日 (土)

NEX-5で微速度撮影

微速度撮影をするには多くの場合、インターバル撮影ができる環境が必要ですが、残念ながらSONY NEX-5にはそのような機能はありません。

PENTAX K-5には本体にインターバル撮影の機能があり、その上で市販のリモコンも対応品があるので、デジタル一眼カメラならミラーレスでも当然出来るだろうと思っていたんですがそうでもなかったみたいです。

以前調べたときには、マルチインターバルリモコンという手頃な値段の商品があったんですが、基板むき出しでボックスや電源は自分で加工しなくてはならず、ちょっと試してみたいという感じではなかったので、今後の課題としておこうなんてしているうちに忘れていました。

昨日、ふとしたことで思い出して、スマホのアプリを検索してみたら「DSLR Remote」というアプリが見つかりSONY製品も対応しているみたいでした。

みたいでしたというのは、海外のアプリで日本語の説明が無いのでやってみなければわからないということです。

そこで、テストしちゃいました。

アプリのメニュー画面は
Screenshot_20140614205414_2

これがメインメニューです。

設定を変えたらSonyという表示になりました。

この中から「Timer」を選択すると
Screenshot_20140614205750

このように設定項目が4つ出てきます。

「Delay」は「Start」してからどのぐらい後に最初のシャッターを切るかの設定。

「Shutter」はBULBと表記されるリモコンもありますね。バルブの時間設定です。

「Interval」はシャッターを切ってから次のシャッターを切るまでの時間設定。

「Shots」は何枚撮るかの設定。

と、こんな感じです。(だと思う)

上の設定はテストで実際に使った設定です。

1回目はインターバルを5秒で設定して150枚撮り、2回目は上の設定を使って150枚撮った結果がこちら。


画面が横に移動しているのはポータブル赤道儀「ナノトラッカー」を使ったからです。

移動している感があまり出なかったのでインターバルを15秒に変えたという訳です。

という訳で、うまく出来ました。

これでリモコンを探す必要が無くなりましたよ。

無料のアプリで使えちゃうなんて素晴らしいね!

ただ、赤外線でのやり取りなのでスマホをカメラの受光部に向けてセットしておかなければなりません。

どうやって置いておくか考えないとな・・・。

あと、有線のリモコンみたいにシャッター押しっ放しということは出来ないので、星の日周運動を撮影するには、物理的にシャッターを押しっ放しに出来るよう大きな洗濯ばさみとか何か器具を用意しなきゃです。(エツミとかで売ってはいますが)

とにかく、微速度撮影がK-5と合わせて2台で出来るようになりました!

2014年6月12日 (木)

今日の野鳥 (雛たち)

今日は雛にスポットを当ててみました。

といっても、コチドリとケリの2種だけですけどね。

まずはケリ。

先日掲載した抱卵していたケリですが無事に孵りました。
Dscn4710

ご覧の通り、巣は空っぽです。

近くの荒れ地で雛が駆け回っていました。
Dscn4727
(NIKON COOLPIX P310   NIKON Fieldscope EDⅢ)

ちょっと遠い&逆光なので鮮明ではありませんが、カワイイ!!

まだ足取りが不確かで、時折り、よろけます。

もうちょっと鮮明に撮りたかったので、他の田んぼのもう少し育っている雛のところへ行きました。
_dsc2976
(SONY NEX-5 SIGMA 100-300mm F4.5-6.7 DL)

こちらはあちこち駆け回って結構近くまで来てくれます。

足取りもしっかりしています。



お次はコチドリです。
Dscn4782
(NIKON COOLPIX P310   NIKON Fieldscope EDⅢ)

チョー可愛い!!

4羽いました。

距離がかなりあったのが残念ですけど撮れただけでも良しとしなきゃね。

動いてくれていると何処に居るか分かるんですが、止まった後は目線を外そうもんなら同じ位置に居ても分からなくなります。

保護色ってうまく出来ていますね。


親鳥の羽の中に隠れる様子を動画で録りました。

強風で画面が揺れますが、雛の動きが可愛いですよ。

BGM:フリー音楽素材 Senses Circuit

外敵が来たようでもなかったんですが、どういう行動なんでしょうか?

体が冷えると温まりに来るんでしょうかね?

2014年6月10日 (火)

今日の野鳥 (コチドリ)

大好きなコチドリに会うことができました。

別に珍しい鳥ではないんですが、見たい時に見られる訳でもありません。

初めて見たのは釣りで忍野に行った時で、駐車場で釣り支度をしている時に近くに飛んできました。

その時は可愛い鳥だなぁと思ったものの、なんていう鳥かは知りませんでした。

今では釣りよりもバードウォッチングにハマっているなんて・・・。
_dsc2966
(SONY NEX-5 SIGMA 100-300mm F4.5-6.7 DL トリミング)

番なのかな?2羽で田んぼの畦道をつかず離れずに歩いていました。
Dscn4682
(NIKON COOLPIX P310  NIKON Fieldscope EDⅢ)

可愛いですよね。
Dscn4692
(NIKON COOLPIX P310  NIKON Fieldscope EDⅢ)

鳴き声も可愛いですよ。

しばらく動き回らずにのんびりしてくれたので動画を録ることができました。


次はいつ会えるかな?

2014年6月 9日 (月)

今日の野鳥 (セイタカシギ♀)

メスだと思うんですが・・・違ってたらごめんなさい。

この前見に行った時には3羽いたんですが、この日は2羽しか見かけませんでした。

たまたまメスの方だけ撮り易い所へ来てくれました。

すべてトリミングなしです。
_igp4245

_igp4263

_igp4291

_igp4300

カメラ:Pentax K-5
レンズ:BORG71FL

綺麗な鳥ですね。

♂♀共に目が赤いんですが、♂と思われる個体は赤い部分の面積が多いです。(黒目が小さいのかな?)

近くて足まで入りませんでした・・・ズームレンズなら全体を入れた構図に出来るんでしょうけど仕方ありません。(縦位置にすれば良かったか!)

しばらく、この地に居てくれれば全体写真のチャンスもあるでしょう。

他にも掲載したい写真が一杯あるんですが同じ個体ですので我慢します。

デジスコで水浴びしているシーンの動画も録りましたが、また、別の機会にアップします。

2014年6月 7日 (土)

今日の野鳥 (抱卵中のケリ)

先日掲載したケリを再度撮りに行ってきました。
Dscn4515
(NIKON COOLPIX P310 NIKON Fieldscope EDⅢ)

確認出来る卵は4つです。
Dscn4516
(NIKON COOLPIX P310 NIKON Fieldscope EDⅢ)

10分前後で体勢をかえます。
Dscn4527
(NIKON COOLPIX P310 NIKON Fieldscope EDⅢ)

この時は頭上をカラスが飛びました。

攻撃的なケリは、何が近づいても夫婦でスクランブル発進を掛けます。

鳴き声が響く響く!

ペアのもう1羽はすぐ近くで様子を見ているようですね。

スクランブル中は巣の守りはおろそかになります。
Dscn4534
(NIKON COOLPIX P310 NIKON Fieldscope EDⅢ)

卵を抱える時は、直接肌が当たるようにするのかな?グリグリするんですが、その仕草が可愛いです。

動画に録りましたのでよかったらご覧ください。



他の田んぼでは既に孵った雛が走り回っていました。
Dscn4506
(NIKON COOLPIX P310 NIKON Fieldscope EDⅢ)

2014年6月 6日 (金)

ジャンク部屋 (KONICA UC HEXANON AR 28mm F1.8 他)

ここのところいい感じのジャンクレンズに出会えてなかったんですが、つい先日、掘り出し物を見つけちゃいました。

今まではペンタックスKマウントのみを探していたんですが、全然いい物に巡り合わないので、ミノルタのSRマウントとAマウント(現ソニー)にも手を拡げました。


ミノルタも一世を風靡したんですけどね。

自分にとって最初の一眼レフであるペンタックスのZ-5を買う時、最後の最後までミノルタと迷っていたんですよね。

懐かしいです。


話がそれましたが、ミノルタのレンズを探している時に、すごく綺麗なコニカのレンズを発見しまして、マウントは違うものの、欲しかった広角の明るいレンズだったので、ネットでマウントアダプターがあるかどうか調べた上で購入しました。

それがこのレンズです。
Dscn4572

見ての通りですが、コニカのUC HEXANON AR 28mm F1.8です。

このレンズ、手に取ってマジマジ見たんですが、驚くことに傷一つありません。

レンズに曇りも無く、まるで新品その物です。
Dscn4573

ジャンクなんて自分で分解清掃が前提なのでカビ・曇りは当たり前で、多少の小傷ぐらいなら良しとするぐらいの気持ちが無いと買えないんですけど、これは、ジャンクと言っては可哀想な状態でした。

家に帰ってからネットで調べてみると幻的な扱いになっていました。

数が少ないようで中古市場を探しても見つかりませんでしたが、終了したオークションを見ると高い物は11万越えもあります。

発売当時の定価に近い6万前後の取引が多いようです。

それが1,000円で手に入っちゃったので思わずニヤッとしてしまいましたよ。
(再販狙いではないんですけどね)


外観が似たレンズで全然程度の悪いミノルタの28mmF2.8のレンズもありましたが、そちらは9,000円近かったので買いませんでした。

マウントアダプター買ってもコニカの方が全然安くて状態もいいんですから当然の結果です。

まぁ、実際写真を撮ってみないと使いものになるのかどうか分かりませんが、とにかく、発注済みのマウントアダプター待ちです。

星景写真に使えたらいいなぁ。

その他に2本買っちゃいました。
Dscn4501

右がMC TELE ROKKOR-PF 135mm F2.8、左は勢いで買っちゃったズームレンズです。

この右のレンズはジャンクらしいカビカビの曇りレンズでしたが、傷が無かったので購入しました。

分解清掃したところとっても綺麗になりました。



天気が悪くて探鳥&星空観望に行けない時の暇つぶしに分解清掃はなかなか乙なモノですよ。

今後も明るい単焦点レンズを探して、いい物があったら手に入れようと考えています。

2014年6月 5日 (木)

今日の野鳥 (セイタカシギ、ケリ)

セイタカシギは初見です。

この日は天気が悪かったので、遮る物が無い水田で探鳥しました。

着いてすぐに見かけたのがセイタカシギでした。
_igp4017
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

3羽いました。

親子でしょうか?
_igp4018
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

カッコいい鳥ですねー。

図鑑で初めて見た時にそう思って脳裏に焼き付いていたので、初見でしたがすぐにセイタカシギだと分かりました。
_igp4038
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

自分もスリムで背が高くて足が長いこの鳥にあやかりたいなぁ・・・。



梅雨に入っちゃったけど、天気がいい日に写真を撮りにまた行きたいな。



その隣の田んぼではケリが営巣していました。
_igp4027
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

更にトリミング。
_igp4028
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

無事に育つといいね。

2014年6月 3日 (火)

今日の野鳥 (サンコウチョウ♂、オオルリ♂、おまけ)

地元の山も侮れませんね。

というのは、サンコウチョウがいたんです。

結構いるものなんでしょうか?知りませんでした。

地元は静岡市ですから南アルプスを抱えていますので山奥へ行けばもちろんいるんでしょうけど、近場は海にすぐ近い低山なので期待はしていませんでした。

今までは、サンコウチョウを見る時は富士市へ行っていたんです。

確実に見られますから・・・。


もっと地元をよく見てみようと思い立って、あちこち、近場を廻ってみたのが前々回のブログだったんです。

その時にサンコウチョウのペアを見たけど写真には撮れず、今回、再チャレンジしに行ってきました。


早速、今回はK-5&BORG71FLをセットして歩き始めます。


前回出て来てくれたオオルリがまた来ないかなぁと思いながら歩いていると、声はするものの距離がありそうです。

進んでいくと他のオオルリが囀っています。

結構いますね、写真には撮れなかったけど。

キビタキも気持ちよさそうに囀っています。


更に行くと、いましたよ、サンコウチョウが!

でも、写真を撮れるような高さじゃありません。

もうちょっと、高い所まで歩いていかないとお腹しか写りませんよ。


前置き長くてすみません・・・。


先を急いで、結局、1時間ぐらい歩いて行くと、山の中腹に来たころ、4羽のサンコウチョウに出会いました。(家族でしょうか?)

まぁ、そうそういい所には出てくれませんね。

何とか撮れた写真です。
_igp3962
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

_igp3963
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

結局、お腹しか撮れなかったけど、ここなら、目線の高さに来ることもあります。

ポイントは判ったので次の機会に期待して、引き続き、探鳥しながら帰りました。


帰る途中にオオルリが近い所で鳴き始めましたが、こちらは背中のみ・・・。
_igp4013
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

_igp4015
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

途中、アオバトにも出会いましたが逃げられました。


オマケは、疲れて休んでいる時に近くに停まったカワトンボです。
_igp3846
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

_igp3889
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ