« 今日の野鳥 (水浴び後のガビチョウ) | トップページ | 今日の野鳥 (イソヒヨドリ) »

2014年6月22日 (日)

工作室 NEX-5用レリーズブラケット

レリーズブラケット?レリーズホルダー?何て言うんでしょうか。

先日掲載した「NEX-5で微速度撮影のブログ」で星の日周運動を撮影するにはシャッターを押しっ放しに出来るようにしなければ・・・の件で器具を自作しました。


考慮したポイントは3つ。

・取り付け取り外しが簡単であること。
・リモコン用赤外線受光部を塞がないこと。
・カメラの三脚固定用ネジ部は使わないこと。

以上の点に留意して作成しました。



天気が悪く探鳥には行けないので時間はタップリありましたよ。



こんな感じです。
Dscn4861

材料代は税抜きでおよそ500円でした。


パーツは
・ケーブルレリーズ(リサイクル品)
・レリーズ取り付けステー(ホームセンター扱い品のアルミ材)
・ステー取り付け台座(家に有った切端)
・ネジ各種(ホームセンター扱い品)
の以上です。

Dscn4859

取り外すとこうなります。
Dscn4863

カメラの三脚ネジ穴は三脚やポータブル赤道儀で塞がれるのでそこは使えません。

外装を留めている長さ4mmのネジを2本外し、アルミ台座を別途用意した長さ6mmのネジで固定してます。


普段はこの状態で使用しても特に違和感は感じませんよ。(見てくれは悪いけど)

必要な時だけステーを取り付けてケーブルレリーズをセットすればいい訳です。


ステー固定用のネジも根元側のネジ山をステーの厚み分削ってあるので、取り外しても簡単にはステーから抜け落ちないよう工夫してあります。(ステー側もネジ山切ってあります)

ステーの形状がちょっと気に入りませんが、時間のある時にヤスリで削ろうと思ってます。

サンダーとか便利な工作機械があるといいんですが・・・。


これで星の日周運動も撮れるようになりました。



後はカメラ的に10~30秒ぐらいの連写が何枚まで出来るのか、制限があるのか、メモリーの記録枚数上限まで無制限なのか、マニュアルには特に記載されていないようなのでやってみないと分かりません。(見逃してるかも知れませんが・・・)


何にしても天気が良くならないと何も出来ませんね。


※追記(2015.10.21)
シーソー式レリーズを作りました。

« 今日の野鳥 (水浴び後のガビチョウ) | トップページ | 今日の野鳥 (イソヒヨドリ) »

カメラ改造」カテゴリの記事

工作関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593299/59859910

この記事へのトラックバック一覧です: 工作室 NEX-5用レリーズブラケット:

« 今日の野鳥 (水浴び後のガビチョウ) | トップページ | 今日の野鳥 (イソヒヨドリ) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ