« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

今日の港 (豪華客船セレブリティミレニアム)

朝、入港し、夕方、出港して行きました。

近代的な客船ですね。

朝は時間的に見られなかったけど、停泊中と出港時は見る事が出来ました。

停泊中。
_igp8396

大きな船ですね。

清水港に入港した客船の中では最大級かな?

出港時、地球深部探査船「ちきゅう」とツーショット。
_dsc6885

前部。
_dsc6901


ファンネルマークは科学特捜隊風。
_dsc6897_2

後部。
_dsc6902

微速度撮影もしておきました。



来月も入港するそうです。

その時は富士山バックに撮れるといいなぁ。

2014年9月29日 (月)

今日の星空 (月齢5.2の月とオマケ)

どうも。

ひっつき虫の繁殖に一役買っているブログ主です(^^ゞ

これからの季節、探鳥を終わって車に戻ると、いつの間にかズボンがひっつき虫だらけになっているので要注意ですね。

ズボンを脱いでくっついた種子を取っていますが、なんか簡単に取れる方法は無いんですかね?

ちなみにコロコロは効果ありませんでした(^^ゞ

今の季節はコイツにやられます。
_igp8239

アレチヌスビトハギっていうらしいです。

困ったもんだ。




本題です。

このぐらいの月齢の月はピントが確認し易いですね。
_igp8324

とは言っても、K-5のライブビューの画面はNEX-5のMFアシストの画面より大分劣ります。

ファインダーでピント合わせがメインの機種だから仕方ないですけど、ミラーレスはファインダーが無い分そのあたりの機能は充実していますね。

10月8日は皆既月食ですね。

いい天気になるといいなぁ。


さて、オマケですが、このシルエット、何だか分かりますか?

_igp8210















答え。
_igp8224

ハリスホークでした。

飼い主さんが調教中だったようです。


探鳥中に何かが飛んできたので、思わず撮りましたが・・・心成しか、この日は野鳥の出がよくないような気がしました。

野鳥にとっては怖い存在でしょうけど、カッコいいねぇ!

2014年9月28日 (日)

今日の星空 (オリオン大星雲M42、プレアデス星団M45)

昨日は久し振りにほぼ雲の無い夜空が見えました。

ただ風が強く撮影には向かないなぁと思っていたんですが、10時過ぎには多少風が弱くなってきたのでノコノコ近くの造成地へ出掛けてみました。

先ず、丁度狙い易い角度に来ていたのがプレアデス星団でした。
_dsc6805_org
(SONY NEX-5  BORG71FL 400mm ISO1600 SS50秒 JPEG撮って出しリサイズのみ nano.tracker使用)

風が止む時もあるのでスマホのアプリでインターバル撮影を仕掛けて待ちました。

30枚ほど撮って一番風の影響が無さそうな画像です。

前回の記事の検証も兼ねていましたが、回転ステージに直接極軸望遠鏡をセットする方法はバッチリでした。

写真の構図が微妙に変わることも無く、途中途中で北極星の位置を確認してみましたが、自分の作った極軸設定用のパターン上を北極星が綺麗になぞって動いていました。

ただ、電池の電圧だけはどうにも出来ませんね。

弱くなるとズレていきますし、電池を替えて暫くはやはりズレます。

それと、マニュアルの「スイッチオン後5分ほど待って」というのはなるほどって感じです。


午前1時ごろになるとオリオン座がいい角度に上がってきました。

ただ、大気の状態か、港湾施設がフル稼働だったのか、光害がいつもより強烈でした。

こんな感じ。
_dsc6830

今回、画像処理せずに撮って出しにしているのは、この光害の影響が強く処理がまとまらなかったからです。

M42も撮って出しです。(リサイズはしていますけど)
_dsc6872
(SONY NEX-5 BORG71FL 400mm ISO3200 SS30秒 JPEG撮って出しリサイズのみ nano.tracker使用)

また風が強くなってきたので露光時間を短くISO値を上げての撮影にしました。

同じく、スマホのアプリで30枚インターバル撮影してます。

その間、自分の体を風よけにしてました(^^ゞ

静岡はあまり影響なさそうですが、地域によっては御嶽山の噴煙が影響することもあるんでしょうかね?



御嶽山登山客の方&救助に携わる方々のご無事を祈っております。

2014年9月26日 (金)

今日の星空 (散開星団NGC6716)

極軸をなるべく正確にとらえたくてポータブル赤道儀のナノ・トラッカーにファインダーを改造した極軸望遠鏡をセットして使っています。

今まではこんな感じで(過去ブログ参照3枚目の写真)アングルプレートの背面にセットしていましたが、ふと、思うところがあって台座の部分(回転ステージですか?)に直接セットするように変えました。

前の状態では機材を載せた後も極軸を確認できたんですが、「まてよ?、アングルプレートとナノ・トラッカーの軸(鉛直?)は本当に合っているのか?」という疑問がズーッと付き纏っていました。

それならば直接台座(回転ステージ)に乗せてセットすればいいじゃん、って訳です。

ただ、機材を載せた後三脚他の部品の撓みによるズレを確認することは出来なくなりました。

大して重い物を載せる訳ではないので、それ程気にしなくていいと思うんですが・・・なんか重りを付けて(負荷を掛けた状態で)極軸セットすればいいのかな?



日曜日にアルミ材を加工して作り、台座(回転ステージ)と極軸望遠鏡の鉛直が合うように照準調整を済ませておいたんですが、その後、使う機会が無くて・・・。



昨日の夜、しばらくは星が見えていたのでテストしようと極軸セットまで済ませたら・・・雲が出てきちゃいました。

アンドロメダ銀河でも撮ろうと思ったんですが、南西方向以外雲に隠れてしまいました。

しかも微風だったのが、そこそこの風になって・・・400mmのボーグではブレちゃいますよ。

仕方なく、200mmの望遠ズームで適当に雲の無い所を撮ってみたら表題の散開星団が写っていたんです。

前置き、長すぎましたね(^^ゞ
092503
(SONY NEX-5  TOKINA AT-X828afPRO)

200mm/F=2.8/25秒露出で10枚撮ってコンポジットしてあります。

今思えばテストなんだから絞って、もっと長い時間の追尾テストすれば良かったな。

以前は、写真ごとに微妙に星の位置がズレて行く(つまり極軸があっていない)ことがあったんですが、今回はその症状はありませんでした。

400mmのボーグでテストしなけりゃ確認できないか・・・。

2014年9月21日 (日)

今日の野鳥 (キアシシギ その2)

今朝3:30に、たまたま目が覚め、夜空を見てみると晴れているじゃありませんか。

オリオン座がいい感じで見えていました。

チャチャッと支度して小高い造成地へ、何か撮れるもの撮ってやろうと出掛けてみました。

セッティングを終えて、さぁ何を撮ろうかと空を見上げると・・・意外と夜明けが早いですね・・・4:00にはもう明るくなり始めてました・・・orz

パンスターズ彗星は月と共に昇って来ているから無理っぽいし、とりあえずオリオン座のM42を撮影しましたが、帰って画像処理をしてみると明るさが邪魔をしてまとまりませんでした。

偶然の早起きは徒労に終わりました(^^ゞ

午前中はのんびりして、14:00過ぎにキアシシギの居た海岸へ行ってみました。

まだ居てくれましたよ。
_igp8000

今日は先日のようにイワシが打ち上げられてはいませんでしたが、何かを捕まえていましたよ。

川から流れてきた草or藻に何か付いているみたいでしきりに突いていました。
_igp7802

暫くすると、自分のすぐ目の前、3~4mのところで水浴び&毛繕いを始めました。
_igp7815

_igp7858

_igp7888

それが終わるとおすまし顔で餌を求めて行ったり来たりしていました。
_igp7821


可愛いですね。

2014年9月19日 (金)

今日の野鳥 (キアシシギの若鳥)

初めて見たので合っているのかどうか分かりませんがキアシシギの若鳥でしょうか?
_igp7660

曇天の夕方で暗かったので鮮明に撮れませんでした。

河口に何か居ないかなと、カメラを持たずに偵察に行って見つけたんですが、1羽だけで餌を採っていました。

打ち上げられたカタクチイワシを食べていましたよ。
_igp7682_2

この写真のイワシは5センチくらい、見つけた時にはもっと大きなイワシを頬張って、飲み込めずに苦労しているところでした。

暫く双眼鏡で見ていたら、満腹になったのか眠りに落ちそうだったので、カメラを取りに戻っても間に合いそうだなと。

戻って来て撮ったのが1枚目の写真というわけです。

見つけた時は「イソシギかな?」 と思ったんですが、ちょっと大きいし脇に喰い込む白い羽毛が無く、これはイソシギじゃないということは判断が付きました。

若鳥だからか、釣り人が多く人慣れしているのか、トリミングの要らない距離まで近寄ることができました。

アジサシの狩りも見られたので、天気のいい日にまた来ようと思います。

その時まで居てくれるといいなぁ。

2014年9月17日 (水)

今日の野鳥 (モズ♀)

暑い時期には姿を晦ましていたモズが、あちこちで目立つようになってきました。

そういえば近所の海に同じように姿を見せなかったミサゴが帰ってきましたよ。

秋ですねぇ。

そろそろ文化遺産の松原に渡りの野鳥が入ってくるかな?
楽しみです。



モズの♀が何かを夢中で食べていました。
_igp7574

トリミングしても良く分かりませんね。

殻の様な物をバリバリ剥いて食べていましたよ。

向きを変えてくれました。
_igp7587

なるほど、セミですね。

クマゼミっぽいですね。


コガモも渡って来ていました。
(それはまた別途で)

季節は確実に移り変わっていますね。

2014年9月16日 (火)

今日の星空 (ジャック彗星、コートハンガー星団)

今日の19:30頃、天頂方向だけ星が見えていました。

北極星は準備を始めた頃だけ見えていて、ザックリ、極軸を合わせたところで見えなくなりました。

まぁ、なんとかナノトラッカーを使う準備は出来たので、今回は200mmのズームレンズでジャック彗星にチャレンジしてみました。

雲の動きを見ながら星が見えている時にシャッターを切りました。
C_2014_e2_1
(SONY NEX-5 TOKINA AT-X828afPRO 20秒 DSSにてダーク&フラット処理)

薄雲があったみたいです。

ホントに彗星?これでは分からないですよね(^^ゞ

雲に度々遮られるのでジックリ位置の設定が出来ず、左上に何とか捉える事が出来た後は見えなくなっちゃいました。

良い条件下でジックリ撮ってみたいなぁ。


彗星は、今は、こぎつね座付近にあります。

探す過程でコートハンガー星団が入っていたのでこっちもDeepSkyStakerで同じように処理しました。
Coathanger
(SONY NEX-5 TOKINA AT-X828afPRO 20秒 DSSにてダーク&フラット処理)

分かりやすいようにラインを入れてみました。
Coathanger_1

ひっくり返したらハンガーみたいでしょ?


星に名前を付ける人は想像力が豊かですね。

どう見たらそういう風に見えるの?って思うようなのが多いですよね。

2014年9月14日 (日)

今日の星空 (ジャック彗星 練習です)

昼間は何とか晴れ間があっても、夕方に近づくにつれ雲が湧き始め、夜には一面曇ってしまう・・・という天気が続いています。

しかし、昨日、寝る前に夜空を確認してみると天頂方向は星が見えていました。

ちょっと迷いましたが、駄目元で近くの造成中の農地へ行ってみました。

着いた時には一面雲りに変わっていましたが、準備しているうちに西の空に星が見えてきました。

家を出る時にはアンドロメダ銀河狙いでしたが、これは、ジャック彗星にチャレンジ出来るかもと・・・。

一応、家を出る前にジャック彗星の位置もフリーソフトのステラリウムで確認済みです。


駄目元でお気楽撮影態勢でしたのでタクマーの105mmで撮りました。
C_2014_e2_1

月明かりと静岡市の光害の中、105mmでは太刀打ち出来ませんでしたね(^^ゞ

でも、ボーっと写っているのでアップしちゃいました。

撮影環境は。
_dsc6658

この写真では、中央右に見えるベガと、左上に見えるいるか座を結ぶ線上の真ん中ぐらいのところにジャック彗星がありました。

林の向こうは静岡市街です。

月明かりは。
_dsc6665

薄雲がかかっていました。

早くスッキリした条件のいい夜が来ないかなぁ・・・。

2014年9月12日 (金)

今日の野鳥 (水田のハンター スズメ)

この時期、米作農家の方はスズメの事をどう思っているんでしょうか。
_dsc6603

区画によっては網を張ってあるところもありますね。

大事な収穫を狙うハンターですからね。

アップで見ると・・・。
_igp6850

稲穂の上に留まって一粒づつ大事そうに食べています。

鳥って、見た目には羽毛がふっくらしているので分かり辛いんですがとっても細いんですよね。

スズメの体重が18-27グラムなんだそうです。

稲穂の上に乗れるぐらいだからどのぐらい軽いか想像できますよね。



写真から察すると、一粒口に入れて・・・。
_igp6838

口の中で回しながら器用に殻を取って食べているようです。

アップ写真の2羽ともに嘴に黄色味が残っているので若鳥ですかね。



本で読んだところによると1年目で大半(7~8割)の若鳥が死んでしまうようです。

そこを乗り越えると3~4年生きる個体もいるとか。



~とか、~ようです、ばっかりで申し訳ありません。


人や乗用車が通るぐらいでは逃げませんけど、大型車や2人以上の人が通ると一斉に飛び立ちます。

ぶつかったりしないのかな?と思って撮影してみましたが・・・。
_igp6907

ハッキリしませんでした。


農家の人に迷惑をかけないようにね。

2014年9月10日 (水)

今日の野鳥 (タシギ)

昨日はアストロ超人(球児)の誕生日(古っ!)・・・じゃなかった、スーパームーンでしたね。

地元では残念ながら見られませんでした。

というか、3回のスーパームーン全てが見られませんでした。

これほど天気が悪い年も珍しいんじゃないかな?

でも、体感することは出来ました、というのも、近所のマリーナの路面スレスレまで潮が上がって来ていたんです。

一部は冠水していました。

月の引力って凄いなと思いましたよ。

表題のタシギですが、一心不乱に餌を採っていました。
_dsc6280
(3枚ともに SONY NEX-5 NIKON FIELDSCOPE EDⅢ)

長ーい嘴で。
_dsc6330

時々、深みにハマってよろけます。
_dsc6352

なんだか不思議なバランスの顔ですね。

タシギって漫画のワンピースでは可愛い海兵さんなんですが、鳥の方はユーモラスな感じです。

2014年9月 9日 (火)

久し振りの晴れ間

久し振りに雲の少ない空を見ました。
_dsc6172

これからはこんな天気が続くのかなぁって期待したんですが、わずか半日で曇ってしまいました。

暑くないのはいいんですが、あ~ツマラナイ!!

2014年9月 8日 (月)

今日の港 (練習潜水艦 あさしお型)

何日か清水港に入っていたようです。

出港して行くところに偶然出くわしました。
_igp6637

フラップって言うんでしょうか?二人立っていますが艦橋には梯子など見当たりません。
(甲板から上がってくる梯子は見えますが)

よく見ると二人の背後に入口があるようで、向こう側が見えています。

内部はどうなっているんでしょうね?

秘密が一杯なんでしょうね。

潜水艦乗りっていうのはエリートの人たちなんでしょうか?

まぁ、こういうモノが不要な未来になってほしいですね。

でも、構造物としての潜水艦には興味がつきませんね。


地球深部探査船「ちきゅう」をバックに。
_dsc6166

暫くスッキリとした姿を見たことが無い富士山をバックに。
_dsc6168

2014年9月 6日 (土)

今日の夜空 (月齢10.8の月)

天気、安定しませんねぇ・・・あーじれったい!

そんな中、月が時折り見え隠れします。

昨日も全く同じ状況でしたね。

一応、カメラを出して待ってみました。

見えても雲が無くなることは無く、薄雲がかかっている状態でしたが、せっかくなので撮ってみました。
20140905_moon2

ライブビューではそこそこ見えていたのに撮ってみると雲の影響なのかぼやけた感じだったので、動画に切り換えてREGISTAXで処理しました。

なんかREGISTAXが安定しなくて途中で止まっちゃうんで何回もやりなおしました。

どうしちゃったのかな?

PCが調子悪いのかな?

とにかく天気が良くなって欲しいです!

2014年9月 4日 (木)

今日の野鳥 (ケリの眉毛&睫毛)

タマシギを久し振りに発見しました。

でも、距離があり過ぎてデジスコでも証拠写真にすらなりません。

近づいてくるのを待っている間にケリが近くまで来たので遊んでもらいました。

ケリのようにゆっくり餌を探す鳥はデジスコ向きですね。

撮った写真を見ていると眉毛と睫毛(正式には何と言うのか分かりません)がある事に気が付きました。

個体によっては眉毛が目の上に蔽うように出張っている子もいます。

正面から。
Dscn4988

右から。
Dscn4994

左から。(この子だけ他の3枚と違う子かな?)
Dscn4999

後ろから。
Dscn4992

眼力が凄いですね。

可愛いというのとは違う精悍さがあります。


そして、タマシギは近寄ってくる事はありませんでした・・・残念。

2014年9月 3日 (水)

今日の野鳥 (ヒバリ)

草むらの中をガサガサ進んでくる野鳥を見つけました。
_igp6415

ちょっと開けたところでようやく写真が撮れました。

ヒバリの若鳥でしょうか?

警戒心が薄く、窓全開の車からボーグの長いレンズを突き出しての撮影でしたが、そこそこの時間付き合ってくれました。

出来るだけ背を屈めて進みますが、時折り周りを見渡します。
_igp6466


こんな感じでガサガサ移動します。
_igp6476


草の種子を食べているようです。
_igp6521

おいしそうな種子が見えてるのかな?
_igp6534


最後に石の上で全身を見せてくれましたが手前の草が被りました。
_igp6572


ヒバリを間近で撮ったことが無かったので有り難かったですよ。

2014年9月 1日 (月)

今日の野鳥 (水田の野鳥)

天気が悪いので車中から撮れる水田地帯へ出掛けてみました。

今時は稲穂が育っているので、そういう所では鳥を探すのは大変です。

なので、一足早く刈り終わった所を探しました。

いましたいました、コチドリ・イソシギ・タカブシギ・トウネン・ケリ・コサギ等が争うこと無く餌を捕っています。

コチドリの若鳥
_igp5949_2

トウネン
_igp6004

イソシギ
_igp6014

ケリの若鳥?
_igp6026

ケリ(↑の親かな?)
_igp6033

コサギ
_igp6036

タカブシギ
_igp6043

天気が良くならないかなぁ・・・ツマラナイよ!!

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ