« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

今日の野鳥 (オシドリ♀)

お一人様ご案内~!
_igp9952

この池で見られるオシドリは何故かいつもお一人様です。
_igp9967

でも、寂しくは無いようです。

お一人様同士、仲のいい仲間がいるからです。
_igp9975

♂も見たいなぁ。

2014年10月30日 (木)

今日の野鳥 (アオジ♂)

シーズン初コンタクトです。
_igp0022

トリミングしてみました。
_igp0022_t

派手な色合いではありませんが、綺麗な色の羽毛ですよね。

そういえば、昨シーズンはクロジに会えなかったな。

今シーズンはどうだろうか・・・。

2014年10月29日 (水)

今日の星空 (またまたアンドロメダ銀河M31)

またまたの登場、M31です。

今回は同じ区内でも中心地の北側で撮影しました。

いつもは近所の造成地なので中心地の光害を跨いで撮影していたんですが、今回はその光害を背にしながらの撮影をしてみました。

多少は光害の影響が変わる事を期待しました。

ついでに総露光時間も倍近い時間にしてみました。
M31_1029_iso1600_15m10s
(SONY NEX-5 OLYMPUS E.ZUIKO 200mm ISO1600 15min10sec LPR-N nano.tracker)

なるほど、露光時間を延ばせば星雲が浮かび上がってくるんですね。

いつもはやらないんですが風の強弱に合わせてバルブ時間を変えて枚数を稼いでいます。

基本50秒で撮影し、風が強くなったら30秒、弱くなったら70秒で撮影し、ブレていた画像は除いて合計15分10秒を合成しました。

意味無いのかな?

ISO3200で30秒を何枚も撮った方がいいのかな?

そのあたりの理屈はさっぱり分かりませんが、今迄で一番星雲が浮かび上がった写真になりました。

またいろいろ設定を変えて撮ってみよう!

やって見れば分かるよね。

今日の野鳥 (ジョウビタキ♀とオマケ)

近所のマリーナにカワセミ・スズガモが加わり、区内の池にはオシドリ・オナガガモが訪れました。

最初に訪れたコガモも生殖羽に冠羽し始めました。

冬はそこまで来ているようです。

来た当初は近づけなかったジョウビタキ♀も、今では人に慣れたようです。
_igp9807

稀に寝ぐせみたいになっている鳥を見かけますが、これはこれで可愛いですね。

真ん丸く羽毛を膨らめている姿が可愛いです。

_igp9808


_igp9817

しばらくファインダー越しに見ていたらペリットを吐き出しました。

カワセミだともっと大きなペリットを首を大きく振って振り飛ばしたりしますけど、この子のは小さく、噛み砕いてから捨てていました。
_igp9819

アッ!萎んじゃった。
_igp9826


真ん丸の方が可愛いな。


オマケは狸です。

たまに茂みにいるのを見つけてはいたんですが、この日はすぐ近くまで出てきました。
_igp9899

ジッとしていたら2~3mまで近寄って来ました。

以前はすぐに逃げられたんですが、もしかして写真が撮れるかもとそーっと動いても警戒はしているようですが逃げなかったので、カメラを車に取りに戻りました。

ここはバーベキューをする人が陣取ることが多いので、餌をもらっているのかもしれないですね。
_igp9915

食べ物の匂いが付いているのかな?

別の子も出てきました。
_igp9932

ここでよく日向ぼっこをする三毛猫とニアミス。
Dscn5090

何事も起きませんでした。

2014年10月27日 (月)

今日の星空 (アンドロメダ銀河M31、オマケ)

何度もM31で申し訳ないのですが、光害と雲の為に撮れる方向はほぼ決まっていますので・・・。

今日は何日か振りに日没後、雲間が切れて低空を除いて星が見えました。

自作極軸望遠鏡の照準がズレたような気がして、先日、再度照準調整をしていたのでテストしたくてウズウズしていたんです。

空気は澄んでいないようでしたが18:12~19:18の約一時間M31を狙ってみました。

無謀にも200mmで100秒露出のチャレンジです。

1時間の間に微風から強風に変わっていき、ブレ無く撮れたのは20枚中5枚だけでした。
M31_1027_iso800_ss100x5
(SONY NEX-5 OLYMPUS E.ZUIKO 200mm ISO800 SS100×5 LPR-N nano.tracker)

いつものようにDeepSkyStackerとFlatAideを使って画像処理してあります。

光害地で効率よく撮るならISO1600で50秒前後の設定がいいみたいです。

今日もかなり明るい流れ星を見ることができ、いい気分になれましたよ。


オマケは何とか間に合った黒点の大きめな太陽です。

15時過ぎにようやく太陽が顔を出しましたので、車を止めて5分ほどでサクッと撮りました。
_dsc7510
(SONY NEX-5 NIKON FieldScope EDⅢ 24xWDS)

他の方が2~3日前に撮った時より小さくなったかな?

端に有るからそう見えるのかな?

もっと真ん中寄りに有る時に撮りたかったな。

2014年10月26日 (日)

工作室 (ナノ・トラッカー用収納ケース)

なかなか天気が安定しませんねぇ・・・結局、オリオン座流星群も関係の無いイベントとなってしまいましたよ。

今日も曇りのち雨だったし。


そんな訳で空き時間ができましたから、ずーっと後回しになっていたナノ・トラッカー用の収納ケースの緩衝材を作りました。

それまでナノ・トラッカー購入時に仮に作った発泡スチロールの緩衝材のままになっていました。

先ずは、現物をノギスで測定して型紙を作ります。

一応、JW-CADで図面を引いて、印刷後、厚紙に張り付けてからカッターで切り出しましたよ。

配置は一部を除いて変えずに作りました。

緩衝材には、ダイソーで調達したスポンジシート(300×300×4mm)を4枚使いました。

1枚で2枚分取れます。

切り抜いたモノがコレ。
Cimg7767

同じ色の在庫が無く2色混ぜて買いました。

さて、現物を嵌めて確認しようか・・・!?
Cimg7766

あれ?やっちまった!

角度間違えてるじゃん・・・orz

35度のアングルプレート、水平方向から35度にしてました(^^ゞ


勿体無いので、そのまま使います。
Cimg7765

切り出し直してこんな感じ。
Cimg7768

間違えて切ったところに電池ボックスからのケーブルを刺すように収納しましょうか。

仮作成の頃は、バル自由雲台を収納していましたが、今はSIRUIのしっかりした雲台を使っていて、それには専用収納ケースが付いていましたので同梱はしません。

代わりに、自作極軸望遠鏡の照準調整用の小物を収納します。
Cimg7771

キッチリ収納できました。

製作費は以前購入分と合わせて

 ・仮作成用発泡スチロール・・・\100
 ・収納ケース・・・\100
 ・ヒート式スチロールカッター・・・\100
 ・スポンジシート×4枚・・・\400

の\700です。(税別)

スチロールカッターが使えると思ってしっかりした型紙を作りましたが、スポンジシートを切るには時間が掛かり過ぎて断念しました。

あ~いい暇つぶしになりましたよ。

2014年10月25日 (土)

今日の野鳥 (キビタキ)

近所の世界文化遺産の松林にビンズイが帰ってきました。

まだ数は少ないですけど、冬の到来を実感しますね。

そんなタイミングですが、まだキビタキがいます。

もう間もなく旅立って行くんでしょうね。
_igp9746

若鳥でしょうか?

この前は2羽いたんですが、この日は1羽しか見かけませんでした。

オオルリとセンダイムシクイはサッサと旅立っていったのにね。
_igp9774

渡りに備えて餌を捕る事に夢中で、怪しげなカメラマンが追っかけていても気にしていられません。
_igp9777

しっかり栄養を摂っていってね。
_igp9802

興味は無いだろうけどこういう毒キノコには近づくんじゃないよ。
_igp9715

_igp9726

来春も来てね!

2014年10月24日 (金)

今日の港 (豪華客船セレブリティミレニアム)

最近ちょっと驚いたことが・・・まぁ、小さいことなんですけどね。

自分は結構カップ麺にお世話になることがあるんですが、中でも好きなのはカップスター醤油なんです。

その次がカップヌードル醤油かな。

近所のスーパーやいろいろなところで安い時に買うんですが、一番安かったのがヤマダ電機だったんです。

たしか83円だったと思うんですが、先日、別件もあってついでに買っていこうと思ったらナント!!170円になっていたんです!!

確かに麺類全般値上げになる事は知っていましたが、これには驚きましたね。

倍以上です。

これで、自分の「安い所リスト」からヤマダ電機は外れました。

全然関係有りませんが、王将の焼きそばも大好きです!!


本題に戻ります。

豪華客船「セレブリティ・ミレニアム」が入港しました。

前回とは違い昼頃の入港で夜8時に出港らしいです。

今回は夜景です。
_dsc7504
(SONY NEX-5 OLYMPUS E.ZUIKO 200mm)

ちょっと絞りの光芒がうるさいでしょうか。

絞りの無いボーグ+クローズアップレンズをレデューサ的に使って撮りました。
_dsc7478

400mmではギリギリ収まらないんです。

他に近くて良い撮影場所があるんですが・・・。
_dsc7471

そこは、企業の敷地内なので入れません。

金網の向こうがベストポジションだと思うんですが、仕方ないですね。

それにしても大きい船だなぁ。

2014年10月22日 (水)

今日の野鳥 (ミサゴ)

先日、冬鳥の来訪パトロール中に溺れかけのミサゴを見ました。

正確に言うと、海に飛び込んだ後、水面で何かをしているようで、飛び立つわけでもなく時折り羽根をバタっと動かしていたんです。(バタバタではなくバタっとね)
Dscn5023

デジスコなので飛びこむところは追えず、シャッタースピードも上げられない天気でしたので粗い画像ですけど。

羽根に隠れている部分に何か見えるのですが、何なのか分かりません。

目があるようにも見えます。

時間にして20秒前後、こんな感じの後飛び立ちましたが、何も掴んではいませんでした。
Dscn5024

掴み損ねた魚と格闘していたのか、鵜のようにも見えなくは無いんですが・・・。

海水に浸かって「あぁ~良い気持ち」ではないでしょうが、何をしていたのかなぁ?


口直しに別の日に撮ったミサゴのハッキリした画像です。
_igp9484

カッコイイ鳥ですね。

2014年10月21日 (火)

今日の野鳥 (ムナグロ)

初見です。

ムナグロで合ってますかね?
_igp9409

6羽の群れでした。

全く近寄れないので全てトリミングしています。

しかもこっちを向いてもらえませんでした。

可愛い系の鳥ですね。
_igp9419

渡りの途中なのかな?
_igp9428

夏羽も見てみたいなぁ!

2014年10月20日 (月)

今日の野鳥 (クロハラアジサシ幼鳥?)

あまり水鳥は見に行かないので初めて見ました。

クロハラアジサシの幼鳥でしょうか?
Dscn5066

1羽しかいませんでした。

ネットで画像検索する限りではクロハラアジサシの幼鳥に一番似ているようですが・・・。
Dscn5070

はぐれちゃったのかな?

種類が違うようでしたらバンバン突っ込んで下さい(^^ゞ

2014年10月19日 (日)

今日の野鳥 (ジョウビタキ)

先週末に鳴き声を聞いたものの見つけられず、台風19号一過の14日に姿を見るも写真を撮れず、16日になってようやく写真を撮る事が出来ました。

冬鳥が来てますねー。

港にはユリカモメ・ヒドリガモも新たに加わり、キンクロハジロ&ホシハジロの群れは徐々に数を増しています。

今シーズン初コンタクト。(全部トリミングしてます)
_igp9524

なかなか近づけませんね。

♂が2羽、♀が1羽入ってました。
_igp9536

地面に降りて幼虫を捕食しているようです。(ピンボケ(^^ゞ)
_igp9543

キビタキ若もいたんですが、キビタキは飛んでいる蛾?を捕食していました。

それにしても、枝等が被った写真ばかり・・・。

この子は寝ぐせ付き。
_igp9557

♀は♂よりも神経質でほんの一瞬しかシャッターチャンスに恵まれませんでした。
_igp9590

もうしばらくするといろいろなところで見かけるようになって、レンズを向けなくなっちゃうのかな?

でもやっぱり可愛いな。

2014年10月17日 (金)

今日の星空 (ジャンクレンズのテスト アンドロメダ銀河M31)

先日購入したジャンクレンズ「OLYMPUS OM-SYSTEM E.ZUIKO AUTO-T 1:4 f=200mm」に夜な夜な作成した「バーティノフマスク」 を着けてアンドロメダ銀河を狙ってみました。

ようやく、星空が撮れるような天気になってきました。

昨日もテストしたんですが、今日の方が条件が良かったので19時~20時頃の間、M31を撮影してきました。


もうすぐオリオン座流星群なんですが、その前兆でしょうか?今日は流れ星を6個見ました。

随分明るく長く尾を引いたものも見られて得した気分になりました。


昨日は肉眼で見える星は余り無かったのですが、今日は北から東の高度の高い空は比較的星が見えましたよ。

M31狙いなので近くで明るいアルフェラッツでピント合わせをしました。
_dsc7221_trim

トリミング画像ですが、撮影した画像は液晶モニターで見るともっとハッキリスッキリ見えています。

現像するとなんか潰れちゃうんです。

現像の設定が原因でした。

ノイズリダクションが「オート」になっていたので「切」で現像し直しました。

撮影せずにMFアシストの14倍拡大画面で見ると、星の光条は見えず、芋虫みたい(上の写真の他の星像みたいな感じ)なモノが見えます。

それを細くハッキリ見えるようにピント調整し10秒程撮影すると、光条が綺麗に伸びた写真になります。

その結果を見ながらレンズのピントリングを微調整すれば、勘に頼ったピント合わせではなく根拠のあるピント合わせになるので納得が出来ます。

そうして撮ったM31です。

M31_20141017_2_flat2_2
(SONY NEX-5 OLYMPUS E.ZUIKO 200mm LPR-Nフィルター 50秒×10枚 nano.tracker)

光害の中ジャンクのオールドレンズで撮ったモノとしては良いんじゃないでしょうか、と、勝手に思っています。

合成にはDeepSkyStackerとFlatAideのお世話になっています。

この写真は人工衛星×2と航空機×1が横切っていますがDSSの処理で消えてくれるんですね。 

今まで、そういう写真は除いていたんですが今回は軌跡が残ってもいいと思ってそのまま処理しました。

静岡は航路下になっているので頻繁に写り込むんですが、気にしなくていいことが分かって良かったです。

このレンズのセットなら軽いしナノトラッカーへの負担も少なく、多少風が強くても使用できるので撮影チャンスが増えそうです♪

2014年10月16日 (木)

今日の富士山 (初冠雪)

今朝のニュースでも報じていましたね。

富士山の初冠雪です。
_dsc7149

元画像が見た目とは違い青味が強かったのでちょっと編集しました。

頂上付近。
_dsc7150

空気は澄んでいたみたいなんだけど、なんで青味が強くなっちゃったのかな?

液晶モニターで見ていた時には気が付きませんでした。

今日、三保の松原に観光に来た方はラッキーでしたね。

こんなにスッキリとした、しかも、雪化粧をした富士山を見られて来た甲斐があるってもんです。

2~3ヶ月は霞が掛かってボーっとした富士山しか見られませんでしたからね。


そうそう、近所にジョウビタキが現れました。

富士山初冠雪のニュースと共に冬が来たなぁって感じです。

2014年10月15日 (水)

工作室 (ピント合わせツール バーティノフマスク その2)

家の近所の海に、キンクロハジロ・ホシハジロ・コガモと1羽種類不明のカモ類が渡ってきました。

まだ数羽というレベルですけど、一足早く冬を感じました。


それと、ミサゴの鳴き声を初めて聞きました。

風体に似合わない可愛い感じの鳴き方をするんですね。

もっと威圧感のある鳴き声を想像していました。

まぁ、バリエーションの1つを聞いただけでしょうけどね。


本題に戻ります。

先日ジャンクで手に入れた「OLYMPUS OM-SYSTEM E.ZUIKO AUTO-T 1:4 f=200mm」と「TOKINA AT-X828afPRO(80-200mm)」用にもバーティノフマスクを作っちゃいました。

しかし、星空は全く顔を出しませんので夜景でテストしましたよ。

オリンパスのレンズの方はΦ55mmと小さいので、要らない保護フィルターに作ったマスクをはめちゃいました。

このことがあって、先日レンズ紹介時に発生していたゴーストが保護フィルターとの干渉だということに気が付きました。

マスクを外すのにフィルターごと外して撮影したらゴーストは無かったんです。

これって良くあることなんだけど忘れていました(^^ゞ


マスクを付けピント合わせを済ませた状態で撮影。
_dsc7144
(OLYMPUS OM-SYSTEM E.ZUIKO AUTO-T 1:4 f=200mm 開放)

中央のライトにピントを合わせています。

マスクを外して撮影。
_dsc7145
(OLYMPUS OM-SYSTEM E.ZUIKO AUTO-T 1:4 f=200mm 開放)

別の光源でもテスト。
_dsc7142
(OLYMPUS OM-SYSTEM E.ZUIKO AUTO-T 1:4 f=200mm 開放)

前の写真に写っていた地球深部探査船ちきゅうは、駿河湾沖で何かの作業中です。


AT-X828も同じ構図、絞り4でテスト。(開放は2.8、ピント合わせは2.8で実施)
_dsc7137

_dsc7139

_dsc7135

青ハロはAT-X828より目立たないけどそれなりに有りますね。

あぁ、星空を撮ってみたいなぁ。

望遠鏡以外でも効果はあるのかなぁ?

2014年10月12日 (日)

今日の野鳥 (イソヒヨドリ♂)

イソヒヨドリの♂ってあまり縁が無く、シャッターチャンスにはなかなか恵まれなかったんですが、ついに!
_igp9260
(PENTAX K-5 BORG71FL ノートリ)

港に冬鳥でも来ていないかなぁとパトロールに行った時、車の後方30mぐらいに居るのをドアミラーで発見しました。

上の写真は逃げられるのを覚悟で車外に出て、遠目から撮影しながら近づいて行った時の物。

車外に出ても逃げられなかったので、カメラを構えてファインダーを覗き込んだまま近づいていきました。

大概、カメラを構え直すと逃げられることが多いので、そのままの恰好で近づきます。

あっ!逃げられた!と思ったら下の岸壁に降りていました。
_igp9273
(PENTAX K-5 BORG71FL ノートリ)

セミの抜け殻を咥えていました。

中身ありませんよ!

なんか変だなって感じで見つめています。
_igp9279
(PENTAX K-5 BORG71FL ノートリ)

もう一回咥えて見る。
_igp9281
(PENTAX K-5 BORG71FL ノートリ)

結局、食べられそうにない事を理解したようです。

ちょっと悲しそうに見えます。
_igp9290_cus
(PENTAX K-5 BORG71FL ノートリ)

↑の顔をアップにしてみました。
_igp9290_trm

いつも思うんですが、何処がヒヨドリに似ているんでしょうか?

全然似てないじゃん。

ちゃんとツグミ科っぽい顔してますよね。

鳴き声だって綺麗だし、名前を変えてあげられないのかな?

ここはクロダイ狙いの釣り人が多い所なので、きっと人に慣れていたんでしょうね。

また、いつか遊んでもらうとしましょう。

2014年10月11日 (土)

今日の港 (夕焼け)

昨日の夕方、広い範囲で見事な夕焼けになったようです。

いろんな方のブログを拝見し綺麗な写真を見て、自分の撮った手振れやピンぼけなどの写真を載せる事にためらいはあるものの、色合いが綺麗だったので多少のことには目をつぶってアップしました。

夕日に背を向けて運転していたので夕焼けに気が付くのが遅れました。

もうちょっと早ければもっといい場面に出会えたのではと思っています。

最初に撮った写真。
_dsc7085

とりあえず、一枚撮ったので三脚を出そうかどうか迷ったんですが、どんどん紅色が失せていくので手持ち撮影を強行しました。
_dsc7087_2

あぁ~紅色がしぼんでゆく~・・・。

魚眼レンズだったので細かい所は誤魔化せているかな?

一番いい時間はもっとすごかったんだろうな~。

2014年10月10日 (金)

今日の野鳥 (ヒヨドリの渡りとオマケ)

この時期、海を渡っていくヒヨドリの群れをいくつも見る事が出来ます。

20羽ぐらいの小さい群れもあれば、100羽以上の群れになることもあります。

不思議に思うのは、ここでは、南へ渡っていくのではなく北へ渡っていくんですよ。

この時期って暖かい方へ行くんじゃないの?


渡るまでには何度かリハーサルみたいに行っては戻るを繰り返します。

比較的大きな群れが行った!
_igp9155

と思ったら戻ってきた。
_igp9157

特に外敵がいるようではないんですが・・・と思いきや、やっぱり渡りはじめました。
_igp9162

対岸まではおよそ2キロ、山までは3.5キロほどの道中です。
_igp9165

ハヤブサの来襲を受けた時には海面スレスレを飛びますよ。

こちら側の松林は順番待ちのヒヨドリの鳴き声で賑やかです。


オマケは、そんな喧騒も関係なく日向ぼっこのノラ猫の三毛ちゃん。
_dsc7056

2014年10月 9日 (木)

ジャンク部屋 (OLYMPUS OM-SYSTEM E.ZUIKO AUTO-T 1:4 f=200mm )

秋になっても天気がパッとしませんねぇ。

最近の天気はどうなっているんでしょうか?



以前から欲しいと思っていた単焦点200mmの望遠レンズを手に入れました。

1,080円でした。
Dscn5034

ホントはコ・ボーグとか買えば一番いいんでしょうけど・・・金額の壁は高いのです。

ただ、ジャンク・中古を問わず単焦点200mmのレンズはあまり見かけません。

このレンズは前からジャンク箱に入っているのを見ていたんですが、マウントアダプターを買い足さないと使えないので購入を見送っていました。

ペンタックスとかミノルタ辺りでその内見つかるだろうと思っていましたが、なかなか出会えないので買っちゃいました。

状態はレンズ内がカビカビですが、外観は綺麗なのでずーっと気にはなっていたんです。
Dscn5037

伸縮式のフードが付いています。
Dscn5038

外観は清掃等していません、なかなか綺麗でしょ?

ただ、レンズは凄いカビ状態でしたが、幸い、分解は楽なレンズでしたのでオキシドール・クリーナー・無水アルコールを使用して清掃しました。

見た目には気が付かなかったんですが、拭き残しか傷を付けちゃったのか元々傷があったのかこんな感じです。
Dscn5051

またバラしてチェックしてみようと思いますが写りで気になる感じではないです。


NEX-5に付けてみました。
Dscn5053

マウントアダプターは三脚座付きにしました。

NEX-5の三脚ネジ穴は形状の問題から当てにならないんですよ。


ジャンクレンズは撮って見ると結構ハズレも多いんですが、このレンズは当たりだと思っています。

結局見られなかった月食待ちの間に夜景を撮ってみたら、四隅までシャープな写りでビックリしました。

_dsc7037

ゴーストは別として、青ハロも少なくいい感じです。

※ゴーストはレンズの保護フィルターの影響でした。また、撮り直しておきます。


こちらはTOKINA AT-X828afPRO(80-200mmズーム)の200mmで撮りました。
_dsc7041
これも古いレンズですが、それでもSDガラスを使用したソコソコのレンズです。

開放は2.8と明るいのですが条件を揃えるために4まで絞っていても派手に青ハロが出ています。


このレンズの重さと青ハロが気になって、別途200mmの単焦点レンズが欲しかったんですけど当たりでしょ?

早く、ナノトラッカーに載せて撮ってみたいなぁ。



オリンパスのこのシリーズのレンズはひょっとして良いレンズなのでしょうか?

他の焦点距離のレンズも手に入れたくなってきました。

2014年10月 8日 (水)

工作室 (ピント合わせツール バーティノフマスク作成)

今年の天文ショーの殆どは縁のない物となっています。

今日の皆既月食もそう、一面雲に覆われて、月が雲間から顔を出すことすらもありませんでした。

皆さんのところでは見られましたか?


本題は前から気になっていた天体写真に使われるピント合わせツール「バーティノフマスク」です。

買ってもそんなに高い物じゃないんですが、自作用のパターンを作ってくれるサイトもあるんです。

そうなると作らない手は無いですよね。

問題はどんな材料で作るか、です。

幸い、以前に太陽を見る&撮るためのフィルターを望遠鏡&ボーグ用に自作してあったので、その枠を利用すれば取り付け方は考慮しなくて済みます。

なので、パターン作成サイトで欲しいサイズを指定してパターンを作りダウンロードしました。

今回はこれを印刷したモノを使って、黒いボール紙に貼り付け、時間をかけてカッターで切り出します。

そうして出来たのがコレ!
_dsc7021

黒いスリットだらけの物がバーティノフマスク。

フィルター面を取り変えて使えます。

取り付けるとこうなります。

_dsc7019

_dsc7020

ピント合わせは光条の重なり方で判断します。

ジャスピン手前
_dsc7051

行き過ぎました。
_dsc7052


ここがジャスピン位置。
_dsc7053

真ん中の光条が行ったり来たりしますので、ど真ん中且つ3本の光条が細く長くなる位置がジャストピントとなります。

分かり易いでしょ?

ただ、明るい星にしか通用しません。

どのぐらいの明るさの星まで使えるか使ってみないと分からない。

この画像は数キロ先の明るめのライトで試し撮りしたモノです。



製作費はボール紙を買っただけなので108円です。

二つ作るのに2時間弱掛かりました。(サイトの使い方→サイズ測定→印刷→切り出しの全工程に掛かった時間)

始めに使った細かい工作用のカッターだと使い辛かったんです。

刃の厚いしっかりしたカッターに換えたらスイスイ切れて効率が良かったですよ。

多少、切り口にヒゲが残ってますけど実用上問題なさそうです。

実際使ってみるのが楽しみです。



あと、一枚目の写真に写っている椅子、これ、優れモノですよ。

リリーチェアっていうんですけど、とっても使い勝手が良いです。

何処かの天文ショップサイトで紹介されていたのを見たんですが、リサイクルショップで同じメーカーの椅子を見かけて2,500円ぐらいで購入しました。

紹介されていた椅子よりも調整できる段数は少ないんですが困ることはありません。

丈夫だし、良く出来ています。

しっかりしている分ちょっと重いですが、安心して座れます。

2014年10月 6日 (月)

台風一過

台風がほぼ真上を通過しました。

一時、圧倒されるぐらいに風雨が強くなりましたが、あっという間に通り過ぎて行きました。

通過に従って風向きが南→東→北→西と変わっていくのが分かりましたよ。

市内では冠水箇所が多く、加えて、主要道路の通行止めの為、交通網があちこちで寸断されてしまいました。

通り過ぎた後は、スッキリとした富士山が姿を現しました。

これだけスッキリ見えたのは何時以来か分かりません。
_dsc6954

海上に茶色の帯がありますが、その向こう側、山の陰の見えない部分の斜面が崩れ東海道線と国道一号上り線が寸断されました。

大気中の水分が多いのかMFアシストで見る富士山がユラユラ揺れていました。
_dsc6955

夕方は凄く綺麗な夕焼けになりましたが、写真が撮れるような場所に居なかったので残念な思いでした。

次の台風が来ていますが、8日の皆既月食は見られそうかな、見られるといいな。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ