« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

今日の星空 (メシエ天体 M5、M13、M104)

意外とスッキリした快晴の夜空にはなりませんねぇ・・・冬の夜空ってこんなんでしたか?

ラブジョイ彗星を撮りたいなぁと思っているんですが、天気がよくありません。

今は月明かりがあるので撮影には向かないんですけど、天気さえ良ければ撮りたいなぁとスタンバッているんですが・・・。

昨晩は月明かりを除けば雲は無かったんですが、なんか霞んだ夜空でした。

月が沈んでからの今朝はやはり霞んでいるようで星がスッキリ見えません。

ですが、風もなく、一応星は見えているので、3:30am過ぎに近所の海岸へ行ってみました。

30度付近から下の空は星が見えません。

高度が上がるにつれて星が見えてくる状態で、全体的にはやはり霞んでいるみたいでした。

光害を避けて南東から東あたりまでの空を狙います。

先ずはM104ソンブレロ銀河です。
M104_1231_4min15s_8frames_4
(SONY NEX-5 BORG71FL LPR-Nフィルタ nano.tracker Total:4min15sec)

ちょっと彩度を上げ過ぎたかなぁ?

ちなみにこの天体は双眼鏡でも見えません。

スマホのアプリで位置関係だけを見て勘での導入です。

撮れただけでもうれしいですよ。


お次は球状星団のM5です。
M5_1231_3min30s_2_flat
(SONY NEX-5 BORG71FL LPR-Nフィルタ nano.tracker Total:3min30sec)

ホントはこれを撮ろうと思って出掛けたんですが、現場に着いた時点では双眼鏡でも見えない程の状態の空だったんです。

スッキリ晴れていればハッキリ見える明るい天体なのに・・・。

高度が30度に近くなった頃、なんとかボーっと見えるようになりました。



次も同じく球状星団です。

ヘルクレス座大球状星団 M13。
M13_1231_2min_4_flat
(SONY NEX-5 BORG71FL LPR-Nフィルタ nano.tracker Total:2min)

空が明るくなってきたのでここで撤収しました。

ホントはもうちょっと枚数撮りたかったんですけど・・・明るくなってくると空が薄ボンヤリとしているのがハッキリわかりました。


明日の初日の出は拝めそうな天気予報ですが、今日みたいに低空に雲や霞があるんじゃないかなぁ。

去年は見に行かなかったけど、今年はどうしようかなぁ?

では、皆さん、良いお年を!

2014年12月28日 (日)

今日の野鳥 (コガモ♀)

大掃除、してますか?

今日は窓・網戸・雨戸から玄関周りを経てエアコンの手入れ等をしていましたよ。

で、和室の方の雨戸を外しに行くと、そこにある椿の中からメジロが2羽落ちてきました。

メジロはこの椿の蜜をよく吸いに来るんですが、ずーっと作業していたのでもう逃げてしまっていると思っていたんですが、潜んでいたようです。

そこへ人間が近づいてきて、急に大きな物を動かしたのでパニックになったのでしょうか?

1羽はすぐに飛び去ったのですが、もう1羽が飛んでは落ちてを2度繰り返したので、怪我でもしていて茂みに隠れていたのかと考え、助けてやろうとしたらようやく飛んで行きました。

怪我していた訳じゃないようです。

なんか、悪い事しちゃったなぁ・・・。



タイトルのコガモの♀なんですが、マリーナの船の係留ロープに留まってジッとしていたんです。

オオバンならまだしも、コガモは普段は車が来てもすぐに逃げていくのに珍しい事もあるもんだと・・・折角だから撮らせてもらえたら写真も撮っちゃおうっということで、逃げられる事を覚悟して窓を開けてみました。

逃げません。

では、ゆーっくりレンズを向けてみようか・・・。

これでも逃げません。

では!
_igp4646
(PENTAX K-5 BORG71FL)

横位置では足まで入りません(まぁ、足にはピントは合いませんけどね)。

縦位置に構え直して・・・。
_igp4653
(PENTAX K-5 BORG71FL)

可愛いですね。
_igp4664
(PENTAX K-5 BORG71FL)

この後、黒鯛師が近づいて来て泳ぎ去ったので分かったんですが、上げていた方の左足を怪我していたようです。

泳ぎ方がヒョコヒョコって感じで体を揺らしながらのぎこちないものでした。

人が来てビックリしたら普通は飛んで逃げるのに、足が痛くて飛ぶのも億劫なのかな?

そんなんで、生き抜けるのか心配です。

がんばれよ!

2014年12月27日 (土)

今日の星空 (ラブジョイ彗星(C/2014 Q2))

昨日の23時ごろから彗星を見に行ってきました。

行ってきたと言っても近くの海岸なんですが、双眼鏡でもいい感じで見えましたよ。

23時頃が南中の時間で一番高度が上がるのでその頃に行ったんですが、近所の海岸から南の空と言うと、すぐ右下に静岡市やその向こうには焼津市等の街があるため、光害の影響をかなり受けているようでした。

もうちょっと早い時間の方がよかったかな?

まぁ、肉眼では無理でも双眼鏡ならハッキリわかるくらいの明るさでしたのでそそくさと撮影に入りました。

今回は400mmと200mmの望遠レンズを使って2台で狙ってみました。

先ず200mmから。
_dsc0967
(SONY NEX-5 OLYMPUS E.ZUIKO200mm ISO3200 30秒 nano.tracker)

この設定で20枚撮った内の19枚を核基準&恒星基準で合成しました。
Lovejoy_iso3200_19min_19fra
(SONY NEX-5 OLYMPUS E.ZUIKO200mm ISO3200 nano.tracker Total:19min)

19minと書きましたが元になった画像は30秒×19枚なのでどういう具合になっているんでしょうか?

核基準&恒星基準の場合は単純に枚数×露出時間ではないんですね。

それはさておき、多少彗星の尾が写っているような気が・・・気のせいかな?


こっちは400mm。
_igp4877
(PENTAX K-5 BORG71FL ISO3200 40秒 ASTRO_TRACER LPR-Nフィルタ)

ISO6400で撮影した14枚を同じく合成しました。

Lovejoy_iso6400_18min40s_14
(PENTAX K-5 BORG71FL ISO6400 ASTRO_TRACER LPR-Nフィルタ Total:18min40sec)

こっちなら尾が写っているかな?って思ったんですが、やはり光害地では無理っぽいです。

これ以上露出時間を延ばすと真っ白になっちゃうし・・・あぁ、合成した写真の方が大きく写っているのは、赤道儀を使っていないので同じ構図を撮れない事が影響しています。

ちなみに、双眼鏡ではこんなにハッキリ見えませんが、緑色の光がボーっと見えますよ。

2014年12月26日 (金)

今日の野鳥 (クロガモ♂)

今日の昼、何か来ていないかなぁと昼食を摂った所の近くの海に行ってみたら、クロガモがいました。

初見です。

パーっと見回した時に、キンクロとホシハジロとオオバンかぁ・・・変わり映えしないなぁって思いました。

その中のオオバンだと思っていた鳥が顔を上げたんですが、なんと!嘴の色が黄色いじゃありませんか!

すぐカメラを用意して撮ってみたんですが、逆光が強いし距離があってガッカリな写真ばかり。

「こりゃだめだ、時間をおいて来れたら来よう」と思い直してその場を離れたんですが、戻ってこれたのは日没寸前・・・でも感度を上げて撮影しましたよ。

まだ居てくれてよかった( ̄ー ̄)ニヤリ
_igp4805
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

光量が落ちて警戒心も薄くなったのか昼よりも岸よりに来てくれていました。
_igp4833
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

潜水しての餌獲りと休憩を繰り返していましたよ。
_igp4817
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

写っているのは尻尾です。

嘴の黄色いコブがアクセントになっていて可愛いですね。

しばらくここに居てくれるといいなぁ。

2014年12月25日 (木)

今日の星空 (国際宇宙ステーション(ISS))

またISSが見られるタイミングが来ました。

今日は17:52から17:55までの3分2秒間、北の空に見えていました。

青森・秋田~岩手の真上を通過したISSがこんな風に見えましたよ。
Iss_1225_5_1
(SONY NEX-5 SAMYANG 14mm F2.8)

白く明るい航跡がISSです。

他の人工衛星も通過していたようでISSの航跡と交わっていますね。

ISSは大変明るいので肉眼でも問題無く分かりますが、交わっている人工衛星は比較明合成後に気が付きました。

当初はSirius_CompでJPEG画像52枚を比較明合成したんですが、工場の明かりの影響が強くかなり茶色っぽくなっちゃったので、RAW画像を使ってDeepSkyStackerで比較明合成して色合いを細かく調整しました。

空をメインに調整したので海の色が変になっちゃいましたが・・・。



天気さえ良ければこの地方では12月27日の方が見頃です。

17:46から17:52までの長い時間、北西から南東にかけて真上に近い所を通過します。

ただ、写真に航跡の全てを写すには全周魚眼レンズが必要でしょうね。

今日の角度が28度でしたが、このぐらいが自分の持っている機材では丁度良いみたいです。

次は望遠レンズで狙ってみたいけど、難しいだろうなぁ・・・。

2014年12月24日 (水)

今日の野鳥 (ノスリ)

あはは、今日は寝坊してしまいました。

まぁ、支障はなかったんですが、いつもより45分以上遅く起きてしまい焦りましたよ(^^ゞ

先日、ベニマシコに会いたいなぁと探鳥に出かけたんですが、全くの不調に終わり途方に暮れている時に出会ったノスリです。
_igp4607_1
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

鳴きながら旋回してきました。

ターゲットに気付かれちゃうんじゃないの?と思いながらファインダーを覗いているとホバリング体制に!
_igp4610_1
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

何か見つけたようで急降下体勢に移行し始めました。
_igp4613_1
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

急降下!
_igp4616_1
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

捕獲体制に!
_igp4618_1
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

残念、木の陰で見えなくなってしまいました。

でも、狩りは失敗したみたいでしたよ。

その後、見える高さに上昇してきた時に何も掴んでいませんでしたから。

2014年12月23日 (火)

今日の野鳥 (ハシビロガモ♀)

初見です。

風が大変強い日で、双眼鏡やカメラのファインダーを、いや、普通に歩いているだけでも風が当たると涙が出てきてしまうほどでした。

そんな中、探鳥を始めて直ぐに見つけた鳥なんですが、1羽で忙しなく餌を探していて顔を上げないし、距離があり過ぎて涙目では双眼鏡でも写真を撮ってモニターで見ても、種類はよく分からなかったんです。

ただ、違和感だけはありました。
_igp4444
(PENTAX K-5 BORG71FL)

その時は、なんかバランスが変だなって思ったんですが、距離があったのでそっちへ廻ってからにしようと、他の鳥を探しにいきました。

探鳥は不調に終わり車に戻ってから、「あっあの鳥忘れてた」と戻って対岸側へ廻り込んで待ちました。

来ましたよ。
_igp4510
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

今度は先ほどよりも半分ぐらいの距離なので、違和感の原因がモニターで見てもよく分かりました。

いやぁー、大きな嘴ですね!
_igp4514
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

頭の毛はボッサボサです。

wikiによると越冬地では数羽から数十羽で群れを作るらしいので、ここは越冬地でなく通過点なのかな?

こんな感じでずーっと餌を獲っているのでシャッターチャンスは少ないのです。
_igp4543
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

栄養をつけて無事越冬地へ行って欲しいですね。

毛繕いはしやすいのかorしづらいのかどっちなんでしょうね?
_igp4546
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

♂も見たいなぁ。

何処かに隠れているんじゃないかと探してみましたが、やっぱ居なかったみたいでした。

2014年12月22日 (月)

今日の星空 (オリオン座)

不調だったメモリーカード、無水アルコール&綿棒で接点を念入りに清掃したら復活しました。

良かった良かった!

カメラが認識し辛くなってきてから一度清掃してみたんですが改善せず、買い替えが必要なのかなぁ?って考えてたんですが、もう一度清掃してみてからにしようと・・・。

前回は無水アルコールを使ってサッと拭いただけだったので、今回はしっかりゴシゴシと拭いてみました。

駄目なら買えばいいやと・・・結果、すんなり認識するようになって気持ちもスッキリしました。

永久保証のカードを4~5年で買い替えなきゃならないのかと、なんかモヤモヤしていたんですよ。

まぁね、接点は擦れる訳だからいつかは消耗しちゃうだろうけど、見た目そんなんでもないのにどういうこと?って・・・あぁ良かった!



で、快調になったメモリーカードをセットして東の空・伊豆半島上に昇って来たオリオン座を撮影してみました。

今回はKenkoのソフトフィルター「MC PRO SOFTON [A] Φ58mm」の効果の検証です。

ちょっと前にジャンク箱の中に100円で埋もれていた物を救ってきたのですが、いつか使おうと思って忘れていました。

こういう補助的なモノってあればいいなと思っても、用途によってはソフトで補えちゃったりするので買ってまで使いたいとはなかなか思えないんですよね。

だけど、100円なら文句無しの買いです。

オリオン座(ソフトフィルター有り)
Orion_soft
(PENTAX K-5 RIKENON P50 F2 ISO200 50秒 ASTRO_TRACER)

オリオン座(フィルター無し)
Orion
(PENTAX K-5 RIKENON P50 F2 ISO200 50秒 ASTRO_TRACER)

輝星が強調されて星座が分かり易いですね。

光害が無く、もっと星が綺麗に見える夜空で、天の川や星座を狙ってみたいです。



※追記

以前の写真ですが、薄雲がフィルター効果になった写真もあります。

自然のフィルターの方が綺麗かなぁ?撮り方等その日の条件の違いかなぁ?

http://camera-de-youing.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-64de.html

2014年12月21日 (日)

今日の野鳥 (シロハラ)

久し振りに一晩漬け込んだ鳥の唐揚げを作りました。

あ、結構料理も好きでやるんですけど後片付けが嫌いです(^^ゞ

いつもはチャチャッと市販の唐揚げ粉を使っちゃうんですが、やはり、しっかり漬け込んだ方が当然ですが美味しいですね。

またやろうっと。

先日、区内の公園での事。

園内の人通りを避けて、誰も歩いていない小山の中の細道を歩いているとシロハラが飛んできました。
_igp4352
(PENTAX K-5 BORG71FL)

近いよ!

大股で3歩ぐらいの距離に来ました。

そんなに近いと鏡筒伸ばさなきゃならないから直ぐには撮れないのさ!

しかもそこからこっちへ近づいてきます。

目一杯に鏡筒を延ばしてピントリングをグルグル回して後ずさります。
_igp4359
(PENTAX K-5 BORG71FL)

もはや全身入れられません。

フレーミングに四苦八苦している間も、この子はガサガサやりながら木の実を探して近づいてきます。

写真を撮るのを諦めてしばらく見ていました。

手を延ばせば触れそうなほど。

なんて人慣れした個体なんでしょうか!

やがて、逆方向に餌を求めてガサ入れが始まりましたので、遠ざかるのを待って撮影しました。
_igp4386
(PENTAX K-5 BORG71FL)

やっと、全身写せました。

なんの実かな?
_igp4392
(PENTAX K-5 BORG71FL)

泥で汚れた顔、あとで綺麗にするんだよ。

2014年12月20日 (土)

今日の港 (LNG船 「越州丸」)

先日物凄く大きなLNG船が入港していました。

その時は見たこと無い船だなぁとしか思っていなかったんですが、夜になるとライトアップされていたのでビックリしました。
_dsc9442

こんなことは今までありませんでした。

その後、何日か経っても出港しません。

随分と長い入港だなぁなんて思っていたんですが・・・船の名前で検索してみたら、新造船だそうです。

中部電力向けに三菱重工の長崎造船所で新造した船らしいです。

大きいはずです。

普段入港するLNG船は10万トンぐらいなんですが、この船は14万トン弱あります。


命名式が12月5日に行われたばかりとの事なので、もしかしたら清水のLNG基地での検査の為に入港していたんでしょうか?

いつ入港したのか分かりませんが、気が付いてから5日目に出港して行きました。
_dsc0645

地球深部探査船「ちきゅう」をバックに出向中。

船首。
_dsc0646

ファンネルマークはありません、赤く塗られているだけ。
_dsc0649

船尾。
_dsc0656

パイロットが降りてきた・・・と思ったら、あれ?3人もいる!
_dsc0654

制服がパイロットのとは違うので、この方達は検査の方達かな?

越州丸で検索しても他の方のブログがヒットしませんので、結構貴重な体験をしたのかも知れませんupup

天気がよければもっと良かったのに・・・。

2014年12月19日 (金)

今日の星空 (メシエ天体 M45)

気温は相変わらず低い毎日ですが、今日の日没後は風が弱まりましてスバル六連星がいい感じで見えていました。

空気の透明度はそれほどでもなかったようですが、せっかくの機会ですので撮影しました。
M45_1218_29min20sec
(SONY NEX-5 OLYMPUS E.ZUIKO 200mm LPR-N nano.tracker Total:29min20sec)

いつものようにDeepSkyStackerとFlatAide使用して28枚を合成しています。

星間ガスもそれなりに写りました。

自分のLPR-Nフィルターは48mmのサイズです。

キャノンレンズ用のマウントアダプターの中には48mmのフィルターを中に仕込めるものもあるようですが、オリンパス用のマウントアダプターでは径が小さいのでそこまでの余裕はありません。

仕方なく前面に55mmからのステップダウンリングを介して着けています。

なので、周辺像とフィルターの影響が及んでいる範囲の像とでは色味が全然違うのですが補正して誤魔化しています。

また、前面に着けることでレンズと干渉してゴーストが発生しちゃうんですが、光害の影響を軽減するためには仕方なしです。

トリミングしてみました。
M45_1218_2_trim

70秒と50秒の露出でISO値3パターン計35枚のライトフレームを元に80%の設定で評価し、28フレームを合成しましたがちょっと流れているフレームも入っちゃってますね。

50%ぐらいにすれば良かったかなぁ・・・まぁ、いいか。

口径が大きく明るいTOKINAの200mm単焦点レンズが使えれば、もっと短時間の露出でイケるんだけどなぁ、パープルフリンジが激しいしLPR-Nフィルターも使い様が無いんだよなぁ、しかも重いし。

うまい事マウントアダプターに仕込む方法が無いかなぁ・・・。

2014年12月17日 (水)

今日の野鳥 (タゲリ)

いや~寒いですね。

暖かい静岡の中でも更に温暖な清水でも、今朝は氷が張っていたし一時は風花が飛びました。(子供の頃は冬は毎日氷が張っていたんですけど、今では珍しくなりました。)

山の方は白く煙っていたので雪が降っていたのかなぁ。

日が暮れると個人宅でもイルミネーションが目立つようになってきました。

反対する気はありませんが、星見をするようになってから、イルミネーションが綺麗だという感覚は無くなりました。

飾るよりも街の明かりも含めて早く消灯し、双眼鏡を持って夜空を見上げましょうよって・・・以前は人工物でも綺麗だなって思っていたのに、勝手なモノですね(^^ゞ

そんな訳で(どんな訳?)、近頃、いい双眼鏡が欲しくてたまりません。

自分の持っている双眼鏡は高くても1万円ぐらいの物しかないんです。

田舎の静岡でもコジマがビックカメラと提携してくれたおかげで、以前よりも多くの光学製品を実際に見る事が出来るようになり、ミドルクラスの双眼鏡をテストする機会も数は多くないもののあります。

先日ビクセンの「ニューフォレスタHR8X32WP」という製品を覗いてみて衝撃を受けました。

何て明るく平坦な像なんだろうと・・・どんなものでもピンキリなんですよね・・・分かってはいるんですが始めからいい物を買う事って出来ないですよね。

これがハイクラスの物だったらどうなんだろうと考えたらもう・・・あぁ、ムリムリ、今は無理。

しばらく、無かった事にしよう・・・で、ようやっと本題です。

タゲリ、また撮影に行ってきました。

今回は車の中から撮影です。(でないと逃げられちゃうからね)

水田地帯をゆっくりしたスピードで探します。

居たっと思ったらケリでした・・・そこへ1羽だけでしたがタゲリが飛んできてくれました。
_igp4193

ケリとは反対側の田んぼで自分からは西側(逆光)です。

この田んぼの向こうには道が無いので順光側に回り込めません。

露出を+に補正しての撮影です。

曇り空だったのが幸いしましたかね、太陽が出ていたらもっと補正しなければならなかったかな。

タゲリはだんだん近づいて来て、その後、反転して行きました。
_igp4203

_igp4214

_igp4222

ケリって名前が付いていても「ケリ」とは全然違って優しいというか可愛い顔つきですね。

目が可愛いし、ピョンと伸びた冠羽が素敵です。

鳴き声も可愛いし、色合いもいいですね。

好きな鳥になりました。

2014年12月16日 (火)

今日の野鳥 (カワセミ♀)

先日、海岸で新着冬鳥を探していると、狩りをしていたミサゴが妙な動きをしていました。

何か掴んだようなんですが、飛び立てずに、いや、飛び立ってもまた水面に戻されてしまうんです。

近くにはロッドが撓っている釣り人が・・・ハハァ~ン、釣られたな、と理解しました。

実は自分も過去にカモメをルアーで釣った事がありまして、似たようなシチュエーションだったのでピンときました。

自分の場合は、キャスト後のまだ空中に有るラインにカモメが突っ込んで来て絡まったんですが、今回はルアーを魚と間違えて掴んだためにフックに足が掛かってしまったようです。

こういう時、鳥って意外と大人しくなりますね。

あの時、自分はカモメに相当突っ突かれる事を覚悟したんですが、大人しくしてくれていたので羽根に絡まったラインを無事に外すことができたんです。

今回も、近くにいたバードウォッチャーが釣り人と連携してタオルをミサゴの頭部にかけてケアしようとしたみたいなんですが、タオルを掛ける前に無事ルアーが外れました。

自分からは200mぐらい距離があったんですが、近くに行く前に事は終わりました。


また前置きが長くなりました(^^ゞ


カワセミを撮るのは久し振りです。

本来、撮りたいなぁと思っていた冬鳥にすっぽかされたところへこの子が来てくれました。

何度か逃げられたんですが、また戻って来てくれて最終的にはトリミングしなくてもいい距離まで来てくれたんですが、周りの葦がちょっと邪魔かなと思ったので少しトリミングしてあります。

ちょっと奥まった所へ飛んできて餌を探しています。
_igp4074
(PENTAX K-5 BORG71FL)

こちらがジッとしていると、気にはしているんでしょうけど餌探しが優先になり、葦の外側へ出て来てくれます。
_igp4043

_igp4049

_igp4090

_igp4108

頭の毛がボッサボサ(^^ゞ
_igp4139

_igp4157

曇天&逆光で高感度撮影なのが残念ですが、距離にして4~7mぐらいでした。

双眼鏡でもジックリ観察させていただきました。

ありがとねー!

今日の星空 (ふたご座流星群 その2)

前回に引き続いてふたご座流星群を撮影しました。

今回は2台体制で①19:48~21:45のオリオン座付近と②南の空を撮影しています。

というのはそれ以外は薄雲と光害の為に星が見えなかったからです。

でも流星はカメラを向けた方向を避けるように流れるんですね・・・まぁ、肉眼で見られた明るい流星は別としても、強調編集してみたら結構写っていました。

先ずは①からですが、ポータブル赤道儀に28mmレンズのNEX-5を載せています。
肉眼ではほとんど分かりませんでしたが、DeepSkyStackerで比較明合成して強調編集したところ11個は写っているようです。
Gemini_1214_1

左下が光害で真っ白かったのを補正していますので色味が変なのはご容赦ください。

元画像をタイムラプス動画にしました。


編集時いくつかフィルターを掛けてオリオン座を分かりやすくしてあります。

流星は分かりにくいので出来るならYoutubeにて全画面でご覧ください。

次は②です。

明るく尾を引く流星は低空にでますので光害の少ない南の山沿いを撮影しました。
Gemini_1214_1_2

こちらは固定撮影です。

普通に比較明合成してしまうと、流星が星の日周運動に隠れてしまうので、手動合成してあります。

見ていた限りでは、薄雲で星は見えなかったこれより右側の低空で、明るく長い尾を引く流星が多く見られました。

薄雲があった為にそちらにレンズを向ける勇気がありませんでした(^^ゞ

本当は街の夜景越しの富士山と放射点を入れたアングルで撮影しようと思っていたんですが、生憎、雲に邪魔されてしまいました、残念。

まぁ、夜景越しでは無理だったでしょうね(^^ゞ

2014年12月14日 (日)

今日の星空 (ふたご座流星群)

今朝、早く目が覚めてしまいまして、とりあえず星空カテゴリーのブログを徘徊していたら、なんだか無性に星を撮りたくなってしまいました。

気が付けばふたご座流星群の極大が今日の夜ではありませんか!

夜空を見上げると雲ひとつない快晴。

ちょっと早いですけど本番前に今朝撮ってみました。
Geminids_1214_0400
(SONY NEX-5 SIGMA-FISHEYE 16mm)

4:30~5:30頃の様子です。

写真内では4つ、流星が確認できます。

他に変な光が写っていますが、恐らくウォーキングの方のライトが入り込んだモノかと思います。

って、よく分からないですよね(^^ゞ

ちょっと、工夫してみました。
Geminids_1214_2

月明かりが写り込まない方向を撮ったんですが、月方向の方が数多く流れていましたね(^^ゞ

今日の月の出は24時前なので、それまでの時間がおいしい時間となります。

晴れてくれたらまた撮りに行ってきま~す!


それにしても寒かったー!

暖かい静岡とはいっても、気温4度下での強風は体に堪えました。

2014年12月12日 (金)

今日の野鳥 (メジロ)

バードフィーダーに来るメジロですが、今は4羽くらい来ているようです。

自宅と近所の家の庭木の椿の花を目当てに家々を飛び回って、箸休め的にミカンを食べに来ているみたい。

たまに南天の実も食べていますね。

バードフィーダーにはバードケーキも置いてあるんですがまだ認識されていないようで、下にぶら下げているミカンだけ食べていきます。
_dsc9422

ヒヨドリが食べ難い様に作りましたが、それでもホバリングして食べていくので、今年はグリーンカーテン用の網を取り外さずにいたらこれには観念したようです。

綺麗に且つ分け合って食べてくれるんならこんな意地悪しないんですが、ヒヨドリは独占&散らかしちゃうから・・・。

メジロにもいろいろ個性があるようで、ペアで仲良く食べる子達もいれば、他を威嚇して独占するように食べる子もいます。

この子は独占欲が強い様で・・・。
_dsc9410

支えの針金に留まって2つのミカンを交互に食べます。

_dsc9417

_dsc9418


この子はお一人様で食べに来ては上の写真の子に追いまわされたりします。
_dsc9432

_dsc9433

シジュウカラも来ないかなぁ・・・。

2014年12月10日 (水)

今日の野鳥 (タゲリ)

タゲリは見た事がなかったんですが、ケリと同じような所にいるようなので、水田地帯へ探しに行ってみました。

歩き始めて10分くらいで見つけました。

なんだ、車を止めたところのすぐ近くじゃん、逆方向へ探しに行っちゃったんだ。

とりあえず、遠くから証拠写真を撮っておきます。
_igp2738
(PENTAX K-5 BORG71FL)

この距離ではピントなんてわかりゃしません。

もうちょっと近寄りたいなと・・・10歩くらい前に出て撮った写真をトリミング。
_igp2742
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

まだ、ピントが分かるような距離ではありません。

もうちょっとと思ったら・・・。
_igp2749
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

飛ばれちゃいました。

_igp2746
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

次はピントのビシッと合った写真が撮りたいなぁ!

2014年12月 9日 (火)

今日の星空 (国際宇宙ステーション ISS その2)

昨日は雲に阻まれてしまったのでリベンジしてきました。
1209_iss
(SONY NEX-5 KONICA UC HEXANON AR 28mm SiriusComp:35枚合成)

18:24から18:27までのおよそ2分40秒間見えていました。

28mmの画角で納まるかなと思ったんですが20秒分程足りませんでした。
(APS-Cセンサーだから実際は28mmではないですけど。)

14mmの広角レンズを使えば良かったな。

他の航跡は飛行機です。

ジェット機の航跡と比較すれば、スピードの違いがなんとなくでも分かりますね。

2014年12月 8日 (月)

今日の星空 (国際宇宙ステーション(ISS))

これまで使っていたスマホのアプリ「Satellite AR」が、いつの頃からか、文字が小さくなり過ぎて使い辛くなりしばらく使用していませんでした。

先日、その事をフッと思い出して、何かほかにいいアプリがないかなぁとPlayストアを彷徨ってみると・・・ありました。

「ISSディテクター」というアプリが見つかりました。

インストールしてしばらく様子を見てみましたが、このアプリは設定が日本語なのでどういう機能かな?というのがなんとなく分かります。

通知設定があるのもいいですね。

その通知により今日の17:30頃から、ISSが頭上を通過することが分かっていたので魚眼レンズで狙ってみました。

このアプリではISSが現れる方向と高さが予め分かります。

三脚をセットして雲台にスマホを載せて方向と角度をセットしてからカメラを雲台に乗せて待ちます。

アプリのカウントダウンが始まります。

カウントがゼロになるのとほぼ同じくらいに・・・。
_dsc9224
(以下全てSONY NEX-5 SIGMA-FISHEYE16mm)

現れました!よく出来たアプリですね。

多少ずれてもISSは明るく、肉眼でもハッキリ分かるので問題ありません。

およそ3分半、南西方向から北東方向にかけて、その雄姿を見せてくれました。
_dsc9233_1

この直後、暗くなり始め見えなくなりました。

生憎の天気で途中雲に阻まれてしまいましたが、見え始めから雲に消えるまでを比較明合成しました。
Output_comp

雲があると港湾施設のオレンジ色の光が強く、写真が赤くなっちゃうんですよ。

トーンカーブを弄って赤色を弱めていますが、うまく補正出来ていません。


明日は18時半ごろに天気がよかったら西の低空に見えますよ。

興味のある方はぜひご覧になって下さい。

ISSがどのくらいのスピードで地球を回っているのかよく分かりますよ。

2014年12月 7日 (日)

今日の野鳥 (おっさんぽいクロハラアジサシ)

今日は静岡県はこの寒空に防災訓練でした。

全国的には9月1日にやるんでしょ?

なんで寒い時期にやるのさ!もっと暖かい時期にやった方がいいんじゃないの?と毎年思います。

本題です。

まだ若鳥でしょうになんかおっさんぽい仕草のクロハラアジサシがいました。
_igp2214
(以下すべて PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

あなた、下っ腹が出てますよ!

あれ?ホントだ!
_igp2213

なんか・・・さっきから気持ちが悪いんですよ・・・オェッ!
_igp2252

オォエェェッ・・・!
_igp2308

ホントに何か悪い物でも食べたんでしょうか?

しばらくの間、何度も何度も嘔吐いていました。

泣いてんじゃないの?
_igp2301


結局、何も吐き出さずに飛び去りましたが、なんか心配です。

2014年12月 4日 (木)

今日の野鳥 水溜りに集まる野鳥(ユリカモメ)

今回はユリカモメです。

ここに集まるユリカモメには餌をあげる方がいて、その時が来るのを沖で待っています。

その方が姿を見せると沖から一斉に砂浜に集まって来ます。

餌をもらうとどういうタイミングなのか分かりませんが、大小さまざまな群れで代わる代わる水溜りにやってきます。
_igp2191_2
(PENTAX K-5 SIGMA APO 135-400mm)

群れではどの子にピントを合わせるのかこちらが迷ってしまうので小さな群れを狙って撮りました。
_igp2186
(PENTAX K-5 SIGMA APO 135-400mm)

_igp2187
(PENTAX K-5 SIGMA APO 135-400mm)

_igp2189
(PENTAX K-5 SIGMA APO 135-400mm)

ボーグの長い鏡筒を動かすとすぐに飛び立ってしまうので撮影にはシグマのズームレンズを使いました。

着水後、大体2~3口前後飲むと直ぐに飛び立ちます。

水浴びをしていくこともあるのですが、警戒心が強く、あまりその姿は見られません。

ここにはノラ猫が多いからかな?それとも上空を飛ぶトビが怖いのかな?

砂浜にいる時にはトビが上空を飛んでいてものんびりしているように見えるので、水を飲むという行為がかなり無防備な状態ということなんでしょうか?

水溜りはユリカモメで一杯になります。
_igp2144
(PENTAX K-5 SIGMA APO 135-400mm)

観光地の夕方の温泉施設のように芋洗い状態です(^^ゞ

他に、ムクドリ・アオジ・イソシギ・カワラヒワ・セグロセキレイ・イソヒヨドリ・スズメ・カラスが来ますが単独か多くても2~3羽で、ユリカモメのように来始めると代わる代わる来る なんてことは無いので、撮るのは難しいですね。

そう言えば、ここではヒヨドリは見たこと無いなぁ。

ヒヨドリはたくさんいるのに水溜りでは嫌なのかな?

山の水場ではヒヨドリはよく水浴びに来るのに、不思議だ。

2014年12月 3日 (水)

今日の野鳥 水溜りに集まる野鳥(トビ)

野鳥にとって水溜りは貴重な水場なんですね。

海辺の水溜りで水を飲むトビを見かけました。
_igp1986
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

いい飲みっぷりです。
_igp1987
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

飲んでは周りの安全を確認する、この繰り返し。
_igp1988
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

風が強い日だったので背後を確認すると・・・。
_igp1990
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

風に煽られて地肌が見えます。

水浴びはしないのかな?

喉を潤し終えて飛び立ちました。
_igp1992
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

_igp1993
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

雨が降らず水溜りが無い時はどこで水を飲んでいるんでしょうか?

河原とかへ行くのかな?

川・湧水・貯水槽等、そういうポイントがあるんでしょうね。

2014年12月 2日 (火)

今日の野鳥 (ウミアイサ、ミコアイサ)

今日は寒くなりましたねー。

昨日と寒暖の差が激しく、ギャップあり過ぎ!

ウミアイサ&ミコアイサとの出会いがありました。

ウミアイサは毎年1回は見かけますが、ミコアイサは初めてかな?たぶん初見です。

まぁね、どちらも全然近寄れないので証拠写真です。

ウミアイサ。
_igp1961
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

飛んでくるところは気が付きませんで、いつも突然現れる感じです。

それはハジロカイツブリも同じだな。

見回していないことを確認しているので、飛んで来ていると思うんですが・・・。
_igp1953
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

例年ですと、それほど長くはいない感じ。

居ついてくれれば釣り人も多いので、人慣れして近寄れるようになると思うんですが、去年も証拠写真を撮っただけでその日以降見かけませんでした。

ミコアイサ。
_igp2042
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

1羽だけで他のカモたちの群れの中に紛れていました。

雌なのかまだエクリプスなのか・・・。

雄の生殖羽を見てみたいなぁ。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ