« 今日の野鳥 (ウミスズメ) | トップページ | 今日の野鳥 (コブハクチョウ) »

2015年2月15日 (日)

今日の星空 (M42付近での流れ星)

流れ星だと思うんですが自信はありません。

先日、自分の中では大口径の200mmF2.8のレンズを使って夜空を撮影したんですが、撮影結果が不満で全てボツにしたんですが、その中にM42と流れ星(だと思う)が並んでいた写真があったので採り上げてみました。
_dsc2070fl
(SONY NEX-5 TOKINA AT-X828af PRO 200mm F2.8 ISO1600 20sec)

このレンズは明るい星の周りに紫のボケが出てしまうので使い辛いんですが、200mmでF2.8という明るさが惜しくて何とかならないかなと常々思っています。

この日は風が強かったので練習のつもりで、絞り開放&短時間露出でIR改造カメラを使うとどうなるのか興味があって撮影したんですが、上に書いたように思わしくなかったです。

もう一度写真を見返していて、人工衛星だと思っていた中に、輝度が途中で変化している写真があったので「流れ星かも」と記事にした次第です。

広角ならともかく望遠で流れ星が入る事は稀なので・・・。

でも、流れ星かなぁ?


※追記

他にも流星が写っていました。
_dsc2066_yimg
(SONY NEX-5 TOKINA AT-X828af PRO 200mm F2.8 ISO1600 20sec)

やはり、上の写真も流星かな。(イリジウム衛星かもしれません)

ちなみに上の写真はダーク補正にDeepSkyStackerを使いその後FlatAideで処理しましたが、下の写真はYIMGのみで処理をしました。

YIMGは自分にとってはちょっととっつきが悪かったので少しやってくじけていましたが、先程、HPの処理入門を見ながら使ってみました。

画像の仕上がりはDSSより遥かに良いみたいですね。

同時にコンポジットできるのは4枚までですが、その画像にまた4枚をコンポジットできるみたいなので、ちょっと手間が掛かりますが多枚数のコンポジットも出来るようです。

画像補正の機能が充実している感じを受けましたので、もう少し使ってみて慣れたいですね。

4枚までの合成で淡い部分も充分に再現できるなら撮影も楽になります。

DSSは操作が簡単なんですが待ち時間はかなりあります、また、画像がザラつきますね。
(使いこなせていないだけですけど)

それに比べてYIMGは待ち時間が少なくザラつき感も少ないのが良いですね。

手順が多いのが難点ですが・・・。

慣れれば楽になるのかな?

« 今日の野鳥 (ウミスズメ) | トップページ | 今日の野鳥 (コブハクチョウ) »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593299/61138583

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の星空 (M42付近での流れ星):

« 今日の野鳥 (ウミスズメ) | トップページ | 今日の野鳥 (コブハクチョウ) »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ