« 今日のぶらり写真 | トップページ | 今日の野鳥 (アオバト) »

2015年7月29日 (水)

ジャンク部屋 (200mm単焦点レンズの周辺像比較)

今日、見慣れないツバメを見ました。

腹が黒く、背中の白色がハッキリしている感じで、他の飛んでいるツバメとは明らかに違う種類でした。

黒もハッキリした黒色で白色とのコントラストがとても綺麗でした。

何とか写真に撮りたかったんですが、自分の腕では太刀打ちできませんでした。

アマツバメ科のうちのどれかだと思うんですが、そのうち何とかしたいと考えています。


先日、「MC TELE ROKKOR-QF 1:3.5 f=200mm」というレンズを見つけ、外観は汚いもののレンズには目立った傷も無くなにより500円だったので持ち帰りました。

口径62mmと大きめでF値も3.5とちょっとだけ明るいのに、過去に買った「KONICA HEXANON AR 200mm F3.5」よりもかなり軽いのでちょっと期待したんです。

HEXANONは周辺像が全く駄目でお蔵入り・・・コイツはどうでしょうか。

分解清掃する前に周辺像をチェックしてみました。

と言いましても、星空はここのところ見えた事が無いので、遠くの明かりを使用しました。

画角一杯に撮れる対象は無いので、中心でピントを合わせて撮影→上下にそのままズラして1枚づつ撮影→計3枚を合成という手順です。

比較対象は手持ちの中ではベストな「OLYMPUS OM-SYSTEM E.ZUIKO AUTO-T 1:4 f=200mm」です。

先ずはROKKORから、絞り開放の3.5です。
_dsc6345

あぁ・・・こりゃ駄目だorz

全く使えねぇ・・・。

ということで、レンズの外観とか紹介も止めます。

OLYMPUS、絞り開放の4.0です。
_dsc6348

周辺像に変な歪み等はほぼありません。

このレンズは素晴らしいですね。

これでF値が2.8とか明るかったら最高なのになぁ・・・そうなると重くなっちゃうかな?

改めて「OLYMPUS OM-SYSTEM E.ZUIKO AUTO-T 1:4 f=200mm」の良さを実感しました。

軽くて小さいし・・・もう200mmは探すのやめようかな?

スッキリとした夜空が待ち遠しいです。

« 今日のぶらり写真 | トップページ | 今日の野鳥 (アオバト) »

ジャンクレンズ」カテゴリの記事

コメント

こちらはやっと梅雨明けらしいですが、相変わらずモヤモヤ天気です。
200mmで天の川の濃い部分とか撮ってみると面白いかも。周辺部の微光星がどんな形になるかもチェックできそうですし。
スカっと晴れて欲しいな~。月が痩せてきてからでいいけど...

梅雨明け、おめでとうございます。

しばらくはこういう天気が続くんでしょうね。
ブログで去年の今頃を振り返ると、9月中旬を過ぎるまで星空はあまり見えていないみたいです。

夜、晴れ間が見えたら撮っておかないと気分もモヤモヤかも!?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャンク部屋 (200mm単焦点レンズの周辺像比較):

« 今日のぶらり写真 | トップページ | 今日の野鳥 (アオバト) »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ