« 今日の野鳥 (アオバト) | トップページ | 今日の星空 (国際宇宙ステーション・きぼう) »

2015年8月 4日 (火)

双眼鏡 「ミザール SW-422」

ネタがないので、双眼鏡の紹介記事を・・・。

高いものではありません。

特別良い物でもありません(メーカーさんごめんなさい)。

ただ、低倍率で広角な事が特徴なのです。
_dsc6440

ミザールの「SW-422」です。

仕様は

 倍率:4倍
 対物レンズ有効径:22mm
 実視界:17.0度
 瞳径:5.5mm
 明るさ:30.3
 プリズム:Bak4
 コーティング:マルチコート
 重さ:360g
 サイズ:119X100X56mm
 ストラップ、ソフトケース

となっており合焦機構は左右独立となっていますので、センターにピント用のダイヤルなどはありません。


買ったのは1年前で購入動機はそのままですが「低倍率で広角な双眼鏡」が欲しかったんです。

星見も鳥見も詳細が見たい訳では無く、広範囲が見渡してみたかったんです。

とは言っても「WideBino28」までは踏み切れず、もうちょっと普通に使えるモノということでこの仕様を選び、amazonで探したらミザールの製品があったのでポチっとしました。

同じデザイン同じ仕様でほかの会社のモノもありますがamazonで買えるのはこれだけでした。



何故、今頃記事にするのかというと、ちょっと自分で直してみたからです。

というのは、買ってから星が見える天気になるまでしばらくタイムラグがあり、初めて星見に使ったら天頂方向を見る時にだけ不具合がある事に気が付いたんです。

7~80度以上上を見ると、内部で「コト」っと動く感触があり視界がズレるんです。

プリズムか何かが動くみたいでした。

直ぐにメーカーサポートに相談すると、修理か交換対応とのことで、送料も着払いなので自己負担は全く無し、まぁ、当然の対応だろうと思います。

ただ、無精な自分はこれを言ったことでスッキリしてしまい、保証期間もだいぶ残っている事からすっかり油断しました。

使うと目が疲れることから使用頻度も少なくなり、いつでも送れるように箱に仕舞ったまま、気が付けば保証期間が終了していました(^^ゞ




先月末に気が付き、納品書を見て愕然としました。

やっちまった!

じゃぁ、自分で修理してみよう!! ということです。

本体のカバーをめくってみると・・・。
_dsc6441

ネジがありました。

_dsc6442

120度間隔であるみたいなので、これが光軸調整且つ固定をしていそうな感じです。(たぶん対物側のネジが調整ネジっぽいです)

接着剤のカスが付いているのは写真を撮る前に一度調整をしたからで、自分が塗ったモノです。

その調整時に何処かのネジが緩んでいるに違いないとチェックしたところ、案の定、1ヶ所のネジが緩々でした。

夜、部屋の中でやっていましたので、その時は、そのネジだけ締めて固定されたことと部屋の中を見渡してみてちゃんと見える事を確認して接着しちゃったんです。


翌日、遠くを見てみると光軸がズレている事に気が付きました。

上の写真は再調整時に撮ったモノです。

1ヶ所に2本ずつあるネジの役割は分からないまま、ちょっとづつ調整しては景色を見る、を繰り返していたら、以前よりもスッキリ見えるポイントを見つけました。

しかも、見ていても疲れません。

購入時から光軸が少し変だったんですね。


自分で調整してみて良かったです。




使ってみた感想ですが・・・。

双眼鏡の視界は、カシオペア座がスッポリ収まります。

但し、周辺像は結構歪みます。

中心から2/3ぐらいまではまぁまぁです。


鳥を見る時は詳細を見るというよりは、何処に居るかを確認する感じです。

もちろん鳥の判別は出来ます。

10~20mぐらいでピント合わせをしておけば、そこから無限遠までピントが合っていますので、テープなどで接眼部を固定しておけばピント合わせは不要です。

なので、木に留まった鳥を肉眼で発見→双眼鏡で覗く→確認 という流れです。

ピント合わせが不要、且つ、広範囲が見えるので、普通の双眼鏡を覗いてピント調整している間に鳥に動かれて見つからない→また肉眼で見る、なんて事が無くなります。

あと、飛んでいる鳥をピント調整なしにずーっと追っていけます。

ツバメを観察するのにこれは非常に都合が良いです。

素早く動く小鳥たちの観察にも最適だと思います。



ただ、良いことばかりではありません。

ここからは悪口です。

シャープな見え味ではありませんので、なんとなくピントが合っていないような気が付き纏います。(見ているうちに慣れます)

サイズの割に重いです。

ストラップの取り付け部の位置が悪く、使わない時、真下を向いてくれませんのでちょっと傾いたままで収まりが悪いです。

ケース、ストラップ、キャップ、全ての付属品がチャチで使い勝手が全く考慮されていません。(高い物じゃないので仕方ありませんが、ケースだけは使い辛過ぎて納得できません)



なんかまとまりませんでしたが、広角な双眼鏡ということでは、ラインナップの1つとして持っていて損はないと思えるモノです。

調整したことで目の疲れが無くなったので、これからはもっと使ってあげようと思っています。


もしこの製品を持っている方で、目が妙に疲れる・気持ち悪くなるという方がいらっしゃいましたら、たぶん、光軸が自分に合っていないかもしれません。

メーカーに相談して調整してもらうか、リスク覚悟で自分でやってみるといいかもです。

« 今日の野鳥 (アオバト) | トップページ | 今日の星空 (国際宇宙ステーション・きぼう) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

双眼鏡」カテゴリの記事

コメント

そ、双眼鏡ネタ!
こちらも双眼鏡ネタで今夜0時に公開予定です (^o^; 最近仕込んだ記事を0時オープンするパターンでやってるもんで (^_^;
双眼鏡、すっげー高そうなの以外はどれも光軸がズレてて気持ち悪くなる的なクチコミがあります。
そーゆーモノみたいです
光軸はいぢりだすと泥沼化しそうで怖いです...orz

光軸調整は安い物だからやる気になりました(^^ゞ

高い物が良い物であることは全てとは言いませんが間違いないですね。
コジマで見た2万超3万近い双眼鏡はどれもさすがだと思わされました。

ただ、広角というと選択肢は少ないですね。
コジマでケンコーの7×32SWAという広角な双眼鏡(実売15000円ぐらい)を覗きましたが値段に見合わないと思いました。
あれもデモ機だからズレてたのかな?

今、気になっているのはsightmarkのSoli​tude​ 7x36​ XD​ ED双​眼​鏡です。
付属品も充実していていいなぁって思ってます。

けむけむさんの記事、楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 双眼鏡 「ミザール SW-422」:

« 今日の野鳥 (アオバト) | トップページ | 今日の星空 (国際宇宙ステーション・きぼう) »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ