« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

今日のぶらり写真 (カイト?大凧?)

富士川の河口へ行くと、おじいさんが大きな凧を揚げています。

行くたびに見かけますので結構な頻度で揚げているんではないでしょうか?

凧というのかカイトというのか、昔作ったような和凧ではなく、ちょっと変わった物で自作なのかな?売っているのかな?その世界の事は分かりません。

何人かいらっしゃるのかいろいろなカイトを見かけます。

今回のは3種類。
_dsc0986

_dsc0991

_dsc0998

上2枚の凧は骨があるタイプのヤツですね。

2枚目のはよく見る凧っぽい。

3枚目のは風を入れて膨らんでいるようで、こういうのは横文字でカイトって言うのが合っていそうです。

大きさが伝わりませんが、かなり遠くからでも視認が出来る相当に大きいものです。

で、このおじいさんは1枚目の写真の凧を使って、変わった遊びをしていました。
_dsc1000

滑車の付いた小さな凧に草や何かを取り付けて、上空から落とすんです。

このメインの凧糸(ロープといった方が良いか?)の途中にボール状の物が付いていて、そこに凧が揚がって行って当たるとストッパーが外れて落ちるようになっています。

小さな凧自身はその時に畳まれて風の抵抗が無くなって降りてくる仕組みです。

こんな感じです。
_dsc1013

ストッパーが外れて凧が畳まると同時に物が落ちるところ。

_dsc1019

分かります?


上空から的に向けて落下させるような競技でもあるのかな?

何回もやっていましたよ。


自分ならカイトフォトってのをやってみたいなぁ。

2015年9月29日 (火)

今日の野鳥 (ノビタキ)

ローラースポーツって何?

オリンピック?まさかスケボーとかオリンピックでやっちゃうわけ?えっサーフィンも?

それってスポーツかもしれないけど遊びですよね?(偏見ありかもですが)・・・それを肉体をフルに鍛えて臨むアスリート達と同列に扱うわけ?

なんか違うんじゃないかなぁ・・・ホントにオリンピックって何ですか?


愚痴で始まりましたが、こうも悪い天気が続くとフラストレーションが溜まって愚痴りたくもなりますよ・・・早く快晴になって下さいよー!!

ノビタキをちゃんと撮ろうと思って探鳥してみましたが、やはり天候に恵まれません。

そこそこ近くで撮れたんですが暗かったので何だかなーって感じです。

ノビタキは2~3羽で追いかけっこをしていました。
_dsc1050
(SONY NEX-5N BORG71FL デジタルズーム)

当初は自分もそのノビタキを追いかけてみたんですが、すぐ逃げられちゃうので、付近で一番背の高い障害物の近くで待ち伏せしました。

色気のない標識の様なサビサビの人工物ですが周期的に立ち寄ってくれました。
_igp3232
(PENTAX K-5 BORG71FL)

フンの跡があるのでここにはいろんな子たちが来るみたいですね。

待ち伏せポイントには持って来いです(^^ゞ


虫を咥えて来ました。
_dsc1137_t
(SONY NEX-5N BORG71FL トリミング)

片手を上げてポージング。
_dsc1139_t
(SONY NEX-5N BORG71FL トリミング)

同じ子なのか、違う子も混じっているのか、何度もこのポストに来てくれました。
_dsc1152
(SONY NEX-5N BORG71FL トリミング)

今度は快晴の日に撮りたいなぁ。

2015年9月28日 (月)

今日の星空 (スーパームーン)

去年3回もあったスーパームーンはことごとく悪天候で見られず、今年もちょっと危ないか?と日中は思っていましたがなんとか見る事が出来ました。

ただ、上空には雲があり、低空のみ雲間が階層のようになっていて見えたり見えなかったりという状況でした。

カメラをセットし出した時には、昇りたての満月が見えていたのですが、いざ撮ろうとしたら・・・。
_dsc0926
(SONY NEX-5N BORG71FL レデューサ0.85XDG)

雲の上に出るのを待って・・・。
_dsc0929
(SONY NEX-5N BORG71FL レデューサ0.85XDG プレシジョンデジタルズーム使用)

もっと早く来ればよかったよ。

もっと赤い月が撮れたのになぁ・・・。

この後また雲に隠れてその後に・・・。
_dsc0934
(SONY NEX-5N BORG71FL レデューサ0.85XDG プレシジョンデジタルズーム使用)

普通の色に戻っちゃいました。

明るくなったスーパームーンも撮りたかったんですが、上空の大きな雲に隠れてしまい2時間ぐらい待たなければなりそうなので止めました。

待ったところで、サイズの違いを比較するような過去の写真もないし、満月にピントを合わせるのは案外難しいし、ノッペリとした面白みのない写真になるのがオチだからなぁ。

気が向いたら夜中に撮るかもしれませんが、いや、撮らないか(^^ゞ

2015年9月27日 (日)

物欲 (レデューサー0.85XDG、他)

天気が悪くて悶々としているところ、気付かなければいいのに、ボーグ製品の大決算セールがある事に気付いてしまいました(^^ゞ

前から試したかったレデューサーが対象になっていたので、フラフラと吸い寄せられるように注文してしまいました。

ついでに、送料無料サービスを受けるべく、以前中古購入したパーツに付属していなかったネジも注文したんですが、それが呼び水になって他にも購入してしまいましたよ(^^ゞ



今、BORG71FL(400mm)を手持ち&ナノトラッカーで使うのに「BARI8000S」という怪しいレンズの鏡筒を流用しています。

ただこの鏡筒だとレデューサーを使うにはちょっと長すぎるのです。

今回購入した0.85倍のレデューサーなら問題はないと思うのですが、自作レデューサーでは長過ぎて無限遠が出ない事は過去に経験済みです。

そこで、今後、いろいろ試すことも考えて、「ヘリコイド、ドローチューブ、4cm延長筒」も買ってしまったのです。(4cm延長筒はセール品ではありません)


主な購入品です。
Dscn5703

ちなみにこれらのパーツを組み上げた鏡筒と今使っている流用品の鏡筒の重量ですが、持った感じでは流用品の方が軽いですね。ちゃんと計ってみたところボーグ製品が375gで流用品が385gでした。

持った感じ流用品の方が軽く感じたのはなんだろう?バランスとかの問題かな?

感覚っていい加減ですねってそりゃ自分の問題か(^^ゞ


せっかく買ったフローライトレンズですから、出来るだけボーグ沼にハマらずいろいろ試してみたいのです。

だけど、結局はボーグ沼にハマってしまうんですよね。

今後もセールや中古を中心にバリエーションを増やしていこうと思っています。(パーツで作れるものは作りますけど・・・)


さて、先ずは今回購入したレデューサーを使って周辺まで歪みの無い天体写真を撮りたいのですが、この天気、一体、いつになったらスッキリとした夜空が拝めるんでしょうか・・・。




※土曜早朝の注文に、休日出勤して対応いただいたおかげで日曜日には購入品が届きました。
メールでは3営業日以内の発送との事だったので、クロネコヤマトのドライバーから配達の電話が入った時にはビックリしました。

素早い対応に感謝します。

でも、休日は休んでいただいた方が安心かなぁ・・・しっかり休んで、永くいい仕事をしてもらう方が、最終的にはユーザーにとってもメリットが大きいと思うなぁ。
メーカーブログを見る限りではそんな事を思いました。

2015年9月25日 (金)

今日の野鳥 (コガモ)

近所の内海に冬鳥シーズンの先陣を切ってコガモとスズガモが入ってきました。

まだそれぞれ7羽と2羽という極少数ですが、地元の海もこれから徐々に賑やかになりそうです。

雨の日でしたがほんの少しの間止んだ隙にデジスコで撮りました。

何せ暗い上に距離があるので証拠写真以下レベルですがネタもないのでご容赦ください。
_dsc0850_2

_dsc0844_2

スズガモはコガモ以上に上手く撮れませんでした(^^ゞ

この写真の奥の方で寝てるのがそうだと思います。


コガモって6月ぐらいまで居たような気がするんですが・・・2~3ヶ月で帰ってくるんですね。


同じぐらいまで居たオオバンはまだ見られません。

まぁ、遊水池には渡らなかったオオバンがいましたが(^^ゞ


珍しい鳥が入って来ないかなぁ。

これからが楽しみです。

2015年9月24日 (木)

今日の野鳥 (タシギ、ノビタキ、ケリ)

S.W最終日、某大手回転ずしチェーン店へ久し振りに行ってみたんですが・・・大分味が変わりましたねぇ。

改良したつもりなのかな?

業界トップのチェーン店とは比べ物にはなりませんな。

大敗でしょう・・・もうね、シャリがうまくないんですよ。

それにこれも上手くないネタが乗って、もう何を食べているのか分からなかった。

ホントに寿司か?

そりゃぁ安い寿司屋ですから、そんなものと言われればそうかもしれませんが・・・。

かなりジリ貧な事は聞いていましたが、この店で初めて食べたサラダの軍艦ずしが「へぇ~こんなの変わってるけどイケるじゃん」と感じ結構好きでしたのでショックでした。

こりゃぁジリ貧になるよ、もう行きたくないもの・・・。


市内の田圃もかなり稲刈りが進みました。

水を張った区画が無いのでシギチは来ていませんが、例年だとセイタカシギとかトウネンとか寄ってくれるんですけどね・・・今年はどうかな?


パトロール中に見つけたタシギとノビタキとケリです。

タシギ。
_dsc0631_on
(SONY NEX-5N BORG71FL)

カラスとかが上空を通るとこの姿勢でしばらく固まっています。
_dsc0654
(SONY NEX-5N BORG71FL)

この目には360度全てが写っているんでしょうね。

3~5分くらいジーっとしてから餌採り再開です。
_dsc0716
(SONY NEX-5N BORG71FL)


車で流していると雑草の天辺で見渡している鳥を見つけました。

遠いけどノビタキだろうと思い証拠写真を・・・。
_dsc0795
(SONY NEX-5N BORG71FL)

プレシジョンデジタルズームを5倍にして使ってみました。
_dsc0803
(SONY NEX-5N BORG71FL)

やっぱりノビタキだ!

久し振りに見ました。

近くに来~いと念力を送ってみるも通じず、何処かへ飛び去ってしまいました(^^ゞ

あ~ぁ行っちゃったと脱力しているとケリが着地しました。

自分はケリの後頭部のちょっと天然パーマっぽいのが何故か好きです。
_dsc0783
(SONY NEX-5N BORG71FL)

ほとんどの鳥がピシッと揃った毛並みなのにケリは違うんですよね。

自分はかなりの天パーなので親しみを覚えます。

2015年9月22日 (火)

NEX-5のプレシジョンデジタルズームについて

今更ながらですが、NEX-5Nを買ってマニュアルレンズでもこの機能が使える事に気が付きました。

NEX-5では使えなかったんですよ。

詳しく分かりませんがおそらく電子接点があるレンズのみに使える機能なんだと思います。


たまたま、5Nをいじっている時にプレシジョンデジタルズームが選べる(5では選ぶ事が出来なかった)事に気が付きました。

RAWには使えないんですが、自分のパソコンでは純正の現像ソフトの動作が重くて使う気になれないので普通に撮る用の5NはJPEG(ファイン)に設定していたので気付く事が出来ました。


自分は撮って出し派ではなく撮影後の編集は当たり前だと、いや、それが写真の楽しみでしょぐらいに思っている人なのです。

なので今まではずーっとRAW形式でのみ撮影していたんです。

主に野鳥や風景はK-5で、天体はNEX-5で撮影し、その編集はペンタックスの現像ソフトは動作が軽いので苦にならないし、天体写真はRAWから現像なしに編集が出来るのでRAW形式で何の問題も無かったんです。

ところが、5Nを使うようになって現像が苦になるは、電子先幕シャッターの恩恵もあって撮る枚数が多くなる事とスナップ的な写真が多いので編集する必要が無いんじゃない?と感じて5NだけJPEG設定に変えました。



となると、どんな感じなのか試したくなるのが人情ってもんです。

すべてBORG71FLとの組み合わせです。

スズメ。
_dsc0422

何倍か忘れましたが5倍ぐらい。
_dsc0424

アオゲラ。
_dsc0461

ピント合ってませんね(^^ゞ

これも何倍か忘れたんですがMAXの10倍かな?
_dsc0477

ノスリ。

これは2倍前後だったと思います。
_dsc0527

まぁ、当たり前ですが、元々ピントが合ってなければどうにもなりません。

そこで、ジックリ狙える建造物で・・・4Kmちょっと離れています。
_dsc0221_2

5倍。
_dsc0222

10倍。
_dsc0223

発売当時の記事とかを見るとトリミングした画像よりもプレシジョンデジタルズームの方が格段に綺麗らしいです。

まぁ、JPEGで圧縮済みの画をトリミングするよりも、内部処理でスムージングされた拡大画像の方が綺麗だというのは当たり前のような気がしますが・・・。

試してはいないけれど、RAW画像からトリミングすればプレシジョンデジタルズームと似たような結果になるんじゃないかと思います。



で、感想ですが、5倍ぐらいまでなら証拠写真として充分使える気がします。

だけど、RAWで撮影すればどうにでも出来ることだよなとも思いますが・・・SONYさん「Image Data Converter」をもっと良くして下さいな。

ハッキリ言って使い辛いです。

折角一眼レフを使っているのにJPEGで撮るなんて、大分損をしている気分になります。


もっといいパソコン買えって言われそうですね(^^ゞ

でもSONYさんの現像ソフトは重すぎですよ。

他社のはもっと動作が軽いんですから・・・。

2015年9月21日 (月)

今日のぶらり写真 (天使の梯子、野良猫)

ちょっと前に衝動買いした極小望遠鏡の「PICO-6」ですが、結構アクセスがあるんです。

検索ワードが「PICO-6」になっているのでへんだなぁって思っていたんです。

「PICO-8」は製品があるんですが自分が買ったのはその企画段階での試作品で製品としては無いはずなのに・・・と、気になってメーカーホームページを見ると・・・なんと製品化されていました。

なるほどねぇ。

何か専用オプションでも出てるのかなと思ってみてみたんですが、そこは変わりないみたいでした。

正立プリズムがあったら便利かなぁ?

自分は自作ケースがあるからいいけど、ラインナップに専用ケースか袋があってもいいかなと思いますね。


さて、昼間は天気がそこそこ良いので探鳥に行こうかな?とも考えるんですが、どうせ何処へ行っても混んでるだろうなぁと思うと躊躇します。

結局何も思いつかず、とりあえずミサゴでも見ようといつもの海岸へ行ってみましたが生憎曇ってきちゃいまして、車の中でボーっとしているうちに眠りに落ちました(^^ゞ

涼しくてとっても気持ちよかったんですねー、目が覚めた時、丁度一羽のミサゴが狩りをしていました。

薄暗かったのでカメラは出さずじっくり見させてもらいましたよ。

その内に標題の天使の梯子が現れました。
_dsc0350

薄明光線・天使の階段・レンブラント光線などいろんな呼び方があるようです。
_dsc0347


振り返ると野良猫たちもマッタリと眺めていたので写真に撮らせてもらいました。
_dsc0363

_dsc0371

この2匹は兄弟みたいでよく似ていますが尻尾が違うので見分けは簡単です。
_dsc0388

ベレー帽を被ったようなこの猫。
_dsc0377

白い猫と兄弟のようですが、今日は白ネコは現れませんでした。

なかなかヤンチャなようで見る度に怪我をしています。

沈んでいく太陽を眺めていましたよ。

これから、猫にとって楽しい夜が来るのかな?

2015年9月19日 (土)

今日の港 (豪華客船 飛鳥Ⅱ)

勘違いしていました。

今日入港だと思っていたら出港でした(^^ゞ

昨日も今日も富士山は顔を出してくれなかったので飛鳥越しの富士山という画を期待していたカメラマンは当てが外れたってところでしょうか。

セレモニーの後出港していきました。
_dsc0264
(SONY NEX-5N)

富士山は頂上がほんの少しだけ見えました。
_igp3147_1
(PENTAX K-5)

この30分ぐらい前には綺麗な巻雲が上空に浮かんでいたんですが出港時には消えちゃいました。
_igp3151
(PENTAX K-5)

船首もいいんですが自分は船尾がどの船でも気になります。
_igp3153
(PENTAX K-5)

船尾のデザインが良い船は好きになっちゃいます。


駿河湾沖を航行中。
_igp3158
(PENTAX K-5)

実は、先週も駿河湾上を航行している豪華客船を見たのですが、清水港のHPには情報が無くネット上でも見つからず船名すらも分かりませんでした。

あれはなんだったんだろう・・・。


今まで気が付かなかったんですが、タグボートって豪華客船の補助に着く時にはタイヤにカバーをするんですね。
_dsc0259
(SONY NEX-5N)

綺麗な白い船に気を使ってるんだと思いながら見ていました。

それと、客船の出港前にかなり以前にニュースに載っていた船が出ていきました。

誰も写真には撮っていなかったようですが無人海洋大気観測艇の「かんちゃん」です。
_dsc0253
(SONY NEX-5N)

無人ではなく人が乗っていましたが点検かなんかですかね?

今でも運用されているのかな?

ネットで見ても情報が無いところをみると、現役を退いて普段はマリーナに係留されているのかな?

2015年9月16日 (水)

物欲 (SONY デジタル一眼カメラ α NEX-5N 2台目)

早速いい出物を見つけちゃいました。

ネットで見つけたんですが、午後3時ごろに頼んで翌日午前には届きました。

とっても早いですねー、ビックリしました。


2台並べてみました。
Dscn5691_2

左がジャンク品、右が今回の購入品です。

前回のジャンク品よりだいぶ高かったんですが10,000円しませんでした。

今回も保証はありません。

ですが、専門業者で点検&清掃(センサーも)済みの動作確認機で、2週間の初期不良返品対応がありますので安心です。

2週間の間にハードに使いまくって不具合が出なければいいんですから・・・ちなみにファームウェアも最新版になっていました。

付属品は何も無く、箱すらありませんが、どうせ駄目になるまでしゃぶりつくすのでそんな事は問題ありません。



やっぱりね、一度手にして便利に使えた物が無くなってしまうと、早くその良かった状態まで戻したくなっちゃうんですね。

いずれにしても2台合わせてもそこそこの中古ミラーレス機が買える値段じゃありませんので後悔はありません、いい買い物をしたと思っています。

それにしても以前の自分ならこんな買い方はしなかったな。

納得できるものが出るまで待って、実際に触ってみた上で気に入ったら買うっていう超慎重スタイルだったのに、いつの間にか中古でしかもジャンクにまで手を出すなんて・・・。

天体写真に興味を持ったら、機材が何でも高くて・・・如何に工夫してその世界の入り口でもいいから楽しむことが出来るのか・・・なんてやっているうちにこうなっちゃったんだなぁ。


ところで、NEX-5のシリーズの大きな弱点は三脚に固定する際に露わになります。

特異の形状が災いしてガッチリ固定できないんですね。

それを解決する手段としてクイックリリースプレートがあります。
Dscn5693_2

これはamazonで買った安モノで形状がフィットしません。

その為にコルクシートを貼ってます。
Dscn5694

貼っておかないと底面(ネジのある面)と爪が本体と接触するだけで、何も無いよりはいいんですが、グラつく事に変わりはありません。

この付け方は本来は逆みたいで液晶が閉じなくなるんですが・・・
Dscn5695

アルカスイス等の溝に固定する場合は別として一般の雲台に固定するにはバランスがいいんです。
Dscn5696

ネジ穴の位置の問題です。

本来の付け方(と思われる)だと・・・
Dscn5698

バランスが悪くなります。

軽くて小さいので常時着けておいても邪魔にはならないので、もう1台のNEX-5にも着けっ放しにして利用しています。

さて、このカメラ、2週間のうちにバンバン使いたいのですが天気がねぇ・・・不具合が出ない事を願っています。

2015年9月15日 (火)

今日の野鳥 (スズメ)

今年も稲刈りの季節がやってきました。

去年の今頃も同じくスズメを記事にしましたが、一年ってアッという間ですね(^^ゞ


稲刈り前の頭を垂れた稲穂に潜んでいます。
_dsc0062

何が切っ掛けか分かりませんが一斉に飛び立ちます。
_dsc0068

望遠で。
_igp3136

この時期、ハトやムクドリ達も集まっていますが、稲穂の上に乗れるのはスズメだけ、他の鳥は稲刈りが終わった田圃で落ち穂を探しています。

もう一月もすると冬鳥が来る季節になりますね。

早いもんだ・・・。

2015年9月14日 (月)

備忘録 (NEX-5N分解について)

やっちゃいました・・・orz

ジャンクで買ったNEX-5Nの止めを刺しちゃいました ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~


シャッターが下りたままになっちゃったので「単に何かが引っ掛かってるだけなら何とかなるかも」と駄目元で分解してみたんですが・・・バラしてシャッターを手動で下げる→組み上げて電源入れる、を繰り返す事5回、とうとう、モニター用のフレキシブルケーブルを駄目にしちゃいました(^^ゞ

あそこは挿し難くい上に狭くて見えないので注意深くやってたんですけどね。

ファームウェアを更新してからここにに至るまでに2度直ったんです。

その時にリセットしてみれば良かったんですがそんな事には気が行かずに、3度目を迎えてどうにもならなくなりました。

ファームのせいではなくて寿命かもしれませんが・・・。


分解する前にソニーのサポセンに何か手があるか確認してみると修理しかないようでした。

概算で19,000~28,000円ぐらいとの事でしたので丁重にお断りしました。



おかげでNEX-5Nの分解はチョチョイノチョイで出来るようになりました(表現古い?)

この子は、またいつか、いい出物を見つけたら部品取り用に使ってあげましょう。

で、今回はその時の為の備忘録としてまとめたものです。

けしてこれを見て分解などなさらないように!!
(もし参考にするなら自己責任ですよ!)


先ず、故障の様子。
Photo

Photo_2


分解過程。(分解何回目かに撮影しました)

ちなみに、どういう訳か一番太いネジ2本が余っちゃいましたのでちょっと違うところがあるかもです。

外装の分解について。

上部パネル部。
Photo_3
左向き矢印は上部パネルには関係ありません。

2

側面パネル部。
Photo_4
ここは上部パネルも兼用です。

Photo_5
真ん中の矢印は側面パネルには関係ありません。

これで爪か何かで引っ掛ければ外装が外せます。

上部パネルを外したところ。(他のネジも外してありますが)
Photo_6

コントロールボタン部のパネル等も外します。
Photo_10

2_3

側面パネルを外したらストラップ取り付け部も外しておきます。

樹脂製のカバーとネジ2本、ロックピンがありますので注意!

次はモニターを外します。
Photo_7

Photo_8


次は基板を外します。

それにはフレキシブルケーブルから。
Photo_12

あ、放熱板なのかカバーなのかシルバーの金属板は見れば分かりますがネジ4つで外れます。

最初の基板の裏にコネクターが隠れていますので要注意。
Photo_13



次に補助的なパーツを外します。

上部のマイクやスピーカーの取り付け部にもコネクターがありますので注意。
Photo_14

黒いパーツを外したら、中央にある金属板も外します。

写真を撮り忘れましたがネジ1本で止まっています。

センサー部が取り外せます。

ローパスフィルターは今回外していませんので説明できません。

NEX-5と同じなら、両面テープで貼ってあるだけだと思いますが・・・。

※後日、NEX-5Nのローパスフィルターを除去しました。
NEX-5とは仕組みが違いました(^^ゞ


シャッター部に辿り着きました。

シャッター部は青矢印のネジ1本で止まっています。

それよりも、細かいパーツがバラっと落ちたりしますので位置関係を撮っておきました。
Photo_15

これでバラシ完了です。
Photo_17

省いたところもありますので、バラす時に注意して難しそうなところは写真に残す方がベターですよ。

最後の写真のプラケースの上に写っている薄い金属パーツの位置関係にも注意が必要です。

よーく見ればハマるところは分かりますけどね。

自分が苦労したのは赤丸のパーツ、ストラップ取り付け部のロックピンです。

これがどこのパーツか判明するのに手間取りました(^^ゞ


あとは逆に辿って組み上げれば完了です。

一番難しいのはモニターケーブルを挿すことです。

なんかいい方法が無いかなぁ・・・。

※分解に必要な工具
精密ドライバー +00番

※有った方が良いと思う工具
①ピンセットのセット
フレキシブルケーブルには抜き挿し用か分かりませんが穴があるモノもあるので細い針状のモノがあると安心。
そうでないケーブルには耳が付いていて引っ掛けられるようになっているので自分はピンセットを使いましたが先端とか側面が鋭いところは面取りした方がベターです。
また、モニターケーブルは狭くとても挿し辛いところにあるので安全に挟めるピンセットがあると便利です。

②ネジ皿

2015年9月13日 (日)

今日の星空 (カリフォルニア星雲とM45)

日本○便のCMキャッチコピー「バカまじめ」ですが、あれって社員はやりにくいでしょうねぇ・・・。

以前は、港湾施設の日陰で休憩しているのを見てもなんとも思わなかったんですが、あのCM以来、そういった光景を見ると「バカまじめ」じゃないんじゃん!サボってやんの!って目で見てしまいます。

いろんなところでそう思われてるんだろうなと思うと気の毒な気がします。



さて、昨日の深夜~未明にかけて連夜で北の空を撮りに行ってきました。

家を出る時には雲は出ていないみたいでしたが星は見えませんでした。

現地に着くと北の空には星が良く見えています。

それ以外は霞んでいたのかな?

単に北側の光害が少ないので、霞んでいても光に邪魔されずに見えていただけかもしれません。

今回は「カリフォルニア星雲」を「CANON FD 135mm 1:2.8」のピント合わせをきっちりやってテープで固定するのと、絞り開放と同4.0での比較撮影を目的にしていました。

先ずは50mmレンズで位置とフレーミングの確認です。
_dsc7622
(SONY NEX-5(改) RIKENON P50 F2.8 ISO1600 約120s LPS-D1 nano.tracker レベル補正)

こんな感じで良いかな?

とりあえずこれで撮影しておこうと思っちゃったのが大間違い。

撮影中に雲が出てきてしまって終了です。

8枚は確保できましたので合成してみました。
California_m45_iso1600_8m_f
(SONY NEX-5(改) RIKENON P50 F2.8 ISO1600 約60s×8 LPS-D1 nano.tracker DSS FlatAide)

上の写真は120秒でしたが液晶モニターで見るとやり過ぎな気がしたので、こちらは60秒にしたんですが、帰って来てPCのモニタで見たら120秒の方が良さそうでした。

カメラの液晶モニタの明るさ設定が明る過ぎたのかな?


それと今回、携帯を忘れてきてしまったのでインターバル撮影は普通のリモコンでセルフカウントです。

極軸設定もアプリが見られないので昨晩の位置を思い出して勘でやってます。



雲が移動するのをしばらく待ってみましたが増えるばかりだったので諦めました。

待っている間、この秘密のポイントにテントを張っていた人に少し相手をしていただきました。

ここには何度も来ていますが、テントを張っている人は初めて見ました。

今の季節は寒くもなく丁度良い気温でテント泊も楽しめそうですね。

2015年9月12日 (土)

今日の星空 (カシオペア座~プレアデス星団付近)

今朝?昨晩?午前零時ごろ外を見てみたら低空はともかくとして、夕方空を覆っていた雲がほとんど見えませんでしたので街の北側の撮影ポイントへ行ってみました。

いつもの海岸からでは光害の影響が強そうだったし、なによりそこでは東から南の空しか撮れないので、今回は北側の空を撮るべくこのポイントにしました。


今回は一昨日手に入れたジャンクレンズをテストしたいのが第一です。

「CANON FD 135mm 1:2.8」を500円で手に入れちゃったんです。

この焦点距離は「MINOLTA MC TELE ROKKOR-PF 135mm F2.8」を持っているんですが・・・重いんです。

CANON FDは圧倒的に軽いんですよね。

レンズの径も小っちゃくなっちゃうし良いことではないと思うけど、写りが変わらなければナノトラッカーの負担を考えると軽いものにしたいというのが本音。

このFD、分解は超楽です。

ただ対物レンズが張り合わせてあってその中に一部カビがありました。

写りに影響は無さげでしたので、そこは無視しました(^^ゞ


まず、プレアデス星団(昴、M45)を撮ってみましたが、こちらは薄雲か光害の影響が強いみたいなのでボツ。

と思ったけどピントが気になって処理してみました。
M45_iso1600_12m30s
(SONY NEX-5(改) CANON FD 135mm F2.8 ISO1600 50s×15 LPS-D1 nano.tracker DSS FlatAide)

ピントが甘かったというより絞り開放が影響しているのかな?

次は絞って使ってみようと思います。

次にハート星雲辺りを狙ってみました。
Heartnebura_iso1600_26m15s_
(SONY NEX-5(改) CANON FD 135mm F2.8 ISO1600 1m45s×15 LPS-D1 nano.tracker DSS FlatAide)

あれ?M45でキッチリピント合わせたはずなんだけど、見えないハート星雲を探しているうちにピントリング触っちゃったかな?

まぁ仕方が無い、でも画像は変な歪みもなさそうだしこのレンズ、使えそうな気がします。

ちょっと絞った方が良いかも?


ちなみにハート星雲の位置関係は・・・。
_dsc7616_m
(SONY NEX-5(改) SIGMA-FISHEYE 16mm F4.0 240秒 SOFT LPS-D1 nano.tracker)

左上中頃にカシオペア座、中央下右寄りにM45。

カシオペアから真下に中頃まで下りた辺りにボーっと赤く見えるのがハート星雲と魂星雲、M45の左側に見える赤い星雲がカリフォルニア星雲です。

右下が赤いのは港湾施設のオレンジ色の明かりです。

135mm(35mm換算200mm)ぐらいですと、二重星団が二つ、ファインダーやモニターでは見えませんが双眼鏡ではナントカ見えるので、それを導入すればたぶん画角の何処かに星雲が見切れて入ってくると思います。

この写真で見るとカリフォルニア星雲の方が明るいんですね。

今度はそっちを狙ってみようかな。

2015年9月10日 (木)

今日の野鳥 (セッカ)

台風に続くこの雨、とんでもない事になりましたね。

ニュース映像を見ましたが、水難の被害が最小限になるよう願っております。


セッカって空を「ヒッヒッヒ・・・」とか「チャッチャッチャ」って鳴きながら飛んでいるのばかりで、近くで見たことがありませんでした。

この日のこの子は鳴きもせず、他の鳴きながら飛んでいるセッカにちょっかい出されながらも、ひたすら自分の周りで動き回っていました。
_igp3039
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

何か守りたいものがあったんでしょうか?

ただ人間に興味があったんでしょうか?

威嚇する感じではありませんでした。

コチドリみたいに気を引きながら遠くへ誘導する感じでもありません。

何だったんだろう?


この日は曇りで今にも雨が降り出しそうな感じでしたので、カメラを持たず、双眼鏡だけでパトロールしている時に出会いました。

もう会えないかもと思いながら車に戻り、カメラを持ってもう一度この場に来たんですが、また出てきてくれたのでチャチャッと写真に撮ってこの場を離れました。

_igp3058
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

_igp3061
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

_igp3077
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

_igp3087
(PENTAX K-5 BORG71FL トリミング)

最近、効き目である右目が衰えてきたのかピントの山が掴み難くなりつつあります。

特に曇りとかちょっと暗くなると駄目ですね。

ブルーベリーのサプリとかのお世話になった方が良いのかな?

2015年9月 9日 (水)

今日の星空 (わし座付近を50mmオールドレンズで)

台風一過でようやく星空を見る事が出来ました。

台風により被害を被った方々に、いち早く通常の生活が戻る事を願っております。

快晴とはいきませんが青空を撮っておきました。
_dsc7337
(SONY NEX-5(改) SIGMA-FISHEYE 16mm)

何故かNEX-5(改)で撮ってます・・・何故かというと・・・NEX-5Nのファームウェアをアップデートしたら逝ってしまったのですorz

その辺りの事は、後日、別記事にしますcrying

本題は星空で、わし座付近を新たに300円で手に入れた「CANON LENS FD 50mm 1:1.8」と自分が持っている50mmレンズの中では一番歪みの無い「RIKENON P 1:1.7 50mm」と撮り比べてみました。

「RIKENON P 1:1.7 50mm」から
Aquila_p_iso1600_f28_10m0s_fl
(nano.tracker LPS-D1 ISO1600 F2.8 40sec×15 DSS FlatAide)

さすがに開放の1.7では使えませんがまぁまぁでしょ?

「CANON LENS FD 50mm 1:1.8」は・・・
Aquila_fd_iso1600_f28_10m40_fl
(nano.tracker LPS-D1 ISO1600 F2.8 40sec×16 DSS FlatAide)

こちらもまぁまぁでしょ?

よーく比べてみるとRIKENONのほうがいい感じです。



ちなみにちょっと前に手に入れたNEW FDのレンズではもっと歪んでしまって全然使い物になりません。

旧FDとNEW FDで差が出るとは思っていませんでした。

個体差もあるでしょうからなんとも言えませんけどね。



久し振りに星空を撮ってウズウズしていた感じが少しだけ癒されました。

これから晴天が続いて欲しいんですが、まだしばらく安定しないみたいですね。

早く秋らしいスッキリした星空になって欲しいものです。

2015年9月 4日 (金)

今日の野鳥 (アオバト)

今日は久し振りに青空を見たような気がします。

そのまま夜も晴れてくれたらいいなと思ったんですが・・・そううまくはいきませんね(^^ゞ

薄雲があるようでしたが、時間と共に星が見えてきたので、久し振りに機材をセットして撮影してみましたが20秒も露出が出来ませんでした。

やはり雲が薄く一面にあったようです。

久し振りなんで、機材のセットにもマゴマゴしました。

写真は使い物になりませんでしたが、セッティングのリハビリにはなったかな?


アオバトですが、この日、ポイントについて様子を見ていると、たまに来るアオバトが変な飛び方をしています。

何かを警戒しているような感じでした。

原因はすぐに分かりました。

ハヤブサともう1羽ハヤブサよりも少し大きい猛禽がいました。

ポイントに着いて直ぐでしたので、とりあえず双眼鏡だけ持って様子を見ていたので写真には撮れませんでした。

その猛禽をハヤブサが追い払った直後に狩りが始まりました。

自分の背後からすごいスピードでアオバトをロックオン。

その狩りは失敗でしたがその帰り、今度は自分に向かってものすごいスピードで突っ込んできて背後の林の陰に消えました。(双眼鏡で見ていると自分に向って突っ込んでくるように見えました)

ほんの数秒後、アオバトを抱えて自分の頭上に現れました。

哀れアオバト!捕まっちゃいました。

ハヤブサがグルっと廻って背後の林の中に入った後、上空からフワフワと降ってきたのがコレ。
Dsc00084

車に戻ってカメラを持ってきました。

もう一羽の猛禽が狩りを始めないかなぁと待ってみましたが、その後は何も起らず、アオバトも来ませんでした。

諦めて車に戻ったところでまたフワフワと降ってきたのがコレ。
Dsc00087

合掌!

オマケは他のポイントで撮ったアオバトです。
_igp2967

_igp2994

2015年9月 3日 (木)

物欲 (SONY デジタル一眼カメラ α NEX-5N)

ミラーレス一眼、2台目を買っちゃいました。

衝動買いです。

たまたま立ち寄ったリサイクルショップにジャンク品として置いてありました。

「NEX-5N」です。

「NEX-5」よりちょっとだけ新しくなりましたよ(^^ゞ
_dsc7224

ダブルズームキットの本体のみで、完動品ですがバッテリーや充電器などが欠品している為ジャンク扱いだそうです。

ホントにちゃんと動作するのか「NEX-5」からバッテリーやメモリーカードを外し、レンズを持ち込んでテストしてみましたが、全く問題ありませんでした。

1万円を大きく下回る価格でしたので即購入!

前回の「NEX-5」と違い、目立った傷もありません。
_dsc7226

_dsc7227

ちょっと弄ってみたところ、「NEX-5」との違いは・・・。

・ISO値が100から25600まで(NEX-5は200から12800)
・連続撮影枚数が10コマ/秒(NEX-5は7コマ/秒)
・電子先幕シャッターがある

辺りが実感できました。

「NEX-5」はローパスフィルターを除去してしまったので、「ちょっと何かを撮りたい」という時のホワイトバランス調整が面倒でした。

また、ローパスフィルター除去によるモアレが気になる時もあって、「もう一台普通に撮れるカメラが欲しいなぁ」と常々思っていたんです。

「PENTAX K-5」を使えばいいじゃんという思いもあるんですが、いつもボーグを着けてあるのでレンズを替える手間とか埃混入のリスクとか考えると、理想は「もう1台」だったんです。


少し前は、カメラ売り場を覗くと「オリンパス E-PL6」が安売りされていて、リサイクル店では「E-PL3」が1万前後となって来ていて気になっていたんですが、「マウントアダプターとかまた別な投資が必要になるから・・・」と見ない振りをしていたんです。

そんな時に激安のコレを見つけちゃったので・・・(^^ゞ

天体改造は今のところするつもりはありません。

天体撮影でいつも使う設定は「NEX-5」の実用範囲なので何の問題もないのでね。

ただ、レリーズブラケットだけは作り直そうと思っています。

レリーズステーをシーソー式とし、ケーブルレリーズを上向きに取り付けられるようにし、ブラケット自体はアクセサリーシューを利用しようと思っています。

今までの取り付け方だとケーブルレリーズがぶらぶらするのが気になっていたんですよね。

実害はないですけどね・・・かっこ悪かったんだなぁ。

ISSを撮るにも普通の仕様のカメラの方が都合もいいしね!

2015年9月 2日 (水)

今日のぶらり写真 (田圃の風景)

実るほど頭を垂れる稲穂かな。
_dsc7216

ん?

ちゃっかりさんが写っていました。

倒れた稲をちゃっかり頂いていますね。
_igp2886

反対側の田圃には見張り番がいるんですが、こっち側にはいなかったから・・・どっちみち死角か。
_igp2859

_igp2861_2

この案山子は家族なのか、二人の間には小さい案山子がいるんですが(たぶん子供の案山子)帽子も服も何も着せてもらえて無く、クオリティが低いモノでした。

風で飛ばされちゃったのかな?

オマケにピントも合って無かったのでボツです。

2015年9月 1日 (火)

今日のぶらり写真 (豪雨、ボラ)

一体、今度の東京オリンピックはどうなっているんでしょうか?

これじゃ「おもてなし」なんて出来そうもないですね。

パクリに統制の執れない運営側、ひょっとして今の日本は深刻な人材不足なんですか?

なんかもっとましな人材は大勢居そうな気がするんですが、もしかしたら、オリンピック予算を蝕む利権絡みでそういった人材が活かせる余地が無いのかもしれないなぁ。

ごっそり体制を変えて、まともな運営をしてほしいですね。


今日は朝から凄い雷が鳴りました。

ピカッ!ドーーン!!バリバリッ!!!どころじゃないんです。

ドーン!!がいくつもいくつも重なったような、過去に聞いたことが無い雷鳴でした。

ビックリしたなぁ・・・。


その後、一気に雨が落ちてきました。

ある屋根付き駐車場の雨樋から勢いよく雨水が飛び散っていたので写真に撮りましたよ。
_dsc7129

この雨樋は普通のサイズではなく30cm位あるとても太いものです。

その後、たまたま通りかかった下水処理場の放水路で、集まっていたボラの大群を見つけました。
_dsc7176

いつも居る訳じゃなく、何かのタイミングで寄ってくるみたい。

こんな時にミサゴが来れば、狩りの成功率は100%なんじゃないかと思いながら見ていました。


流れ出る処理水?の中に餌になるモノがあるようです。
_dsc7181

口を大きく開けてパクパクしていましたよ(^^ゞ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ