« 今日の星空 (アンドロメダ銀河M31、二重星団NGC884/NGC869) | トップページ | 今日の港 (豪華客船 サファイア・プリンセス) »

2015年10月 4日 (日)

今日の星空 (2日連続のアンドロメダ銀河M31)

昨日よりも今日の方が大気の透明度が良さそうだったので昨日の撮影場所へ再び行ってみました。

月が出るまでの勝負です。

着いてすぐは大きな雲が北極星~おひつじ座辺りまで隠してしまっていたので極軸合わせも出来ませんでしたが、雲が流れているのでしばらく待ってセッティングを終えました。

風は微風です。

ハート星雲を撮ろうかなと思っていたんですが薄雲がその辺りに居座っていたので、撮り難い天頂方向へ行ってしまう前にM31から撮影を始めました。

今日は露出条件を3パターンぐらい変えて撮るつもり。

ISO3200でバルブ70秒から始めました。
_dsc7854
(SONY NEX-5(改) BORG71FL レデューサー0.85xDG ISO3200 70秒 LPS-D1 nano.tracker)

未編集の画像です(リサイズのみ)。

もうちょっと露出時間を延ばした方が良さげですね。

暗いところでモニターで見るともっと真っ白く見えるんで現場ではこれでいいと思ったんですが・・・。


上記の設定を基準にISO値や露出時間を調整して10枚づつ3パターン撮影して合成したM31。
M31_isomix_25m50s_2_fl
(SONY NEX-5(改) BORG71FL レデューサー0.85xDG ISOMIX Total25m50s LPS-D1 nano.tracker)

途中、大きな雲に阻まれて中断、薄雲ぐらいはそのまま撮影した結果ですが、昨日よりは良く撮れている印象です。

結果的に他の天体を狙う事が出来ずに月が昇って来ちゃいました。


月が無ければこの後プレアデス星団やオリオン座の星雲等がそろそろターゲットになる季節になってきました。

安定した天気になって欲しーなー!!

« 今日の星空 (アンドロメダ銀河M31、二重星団NGC884/NGC869) | トップページ | 今日の港 (豪華客船 サファイア・プリンセス) »

miniBORG71FL関連」カテゴリの記事

nano.tracker(ナノトラッカー)での作例」カテゴリの記事

メシエカタログ」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

非常に良く撮れていると思いますよ。
異なる露出時間の合成技まで体得しちゃいましたか!

そうっすか!実は自分でも良いんじゃないかって思ってたんですよ(^-^)

この手法は去年の今頃けむけむさんに教えてもらったんですよm(__)m

彩度を上げすぎかな?というのと流れた写真も全て使っちゃったという2点が気になっているんですが・・・。

流れた写真を入れておいても結果にはあまり関係ないみたいなのが不思議です。

DSSには設定値で判定してくれる機能があるのですが、その過程は使わず全て合成に使用しているのに・・・。

あと、点像の写真だけをコピーして枚数稼いだら、それは結果にはどう反映するのかとか気になっています。

合成の手法というのか仕組みってどうなっているんですかね?

天候不順が続いてやることがない時に試してみようといつも思っているんですが忘れちゃうんですよ(^-^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593299/62405404

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の星空 (2日連続のアンドロメダ銀河M31):

« 今日の星空 (アンドロメダ銀河M31、二重星団NGC884/NGC869) | トップページ | 今日の港 (豪華客船 サファイア・プリンセス) »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ