« 工作室 (NEX-5シリーズのスマートアクセサリーターミナル用アダプター) | トップページ | 今日の星空 (月齢3.3の月) »

2015年10月13日 (火)

今日の星空 (らせん状星雲NGC7293-C63とおまけ)

「らせん状星雲」の導入ですが、前回作ったアダプターにドットサイトを載せたおかげで楽になりました。

導入の目印にしているみずがめ座のスカットにドットサイト(照準)を向けて、そこから少し右にズラすとへの字に並ぶ明るめの星が液晶モニターでも見えるんです。

「らせん状星雲」はこの時期への字の右斜め上にあるので、への字の右端の星をモニターの左下辺りに配置すればらせん状星雲がモニタ中央付近に入るって寸法。(この説明じゃ自分以外には分かりませんよね(^^ゞ)

全く見えない「らせん状星雲」もBORG71FL+レデューサーの画角に一発で導入できるようになりました!

まぁ、そこから位置の微調整をする訳ですが・・・。

そうして撮った「らせん状星雲」です。
Helix_1h34m56s_2_fl
(SONY NEX-5(改) BORG71FL レデューサー0.85xDG ISO6400-12800mix Total:23m40s LPS-D1 nano.tracker)(FlatAideの処理方法を変えてみました)

今までこの方角はあまり撮った事がありません。

自分の住む環境では南~西と北東方向は街の明かりの影響が強過ぎるのです。

なので分からなかったのですが、南中付近はナノトラッカーはバランスを崩すんでしょうか?追尾精度が何時にも増して落ちるようです。

という事は、北もダメなのかな?

そっちもあまり撮る対象が無いので狙った事がありません。

赤道儀全般がこの向きが苦手なのかもしれないですね。


話がそれましたが、そういう理由でISO値12800という超高感度で短時間露出をする羽目になりました。

ISO6400は60秒露出しています。


まぁ、ナノトラッカーで焦点距離340mm(35mm換算510mm)の追尾をしている事自体が無理有り過ぎですけど(^^ゞ



最後にオマケです。

初冠雪した富士山のBefore&Afterです。

Before
_dsc1621

After
_dsc1678

初冠雪写真は2日遅れで今日撮りました。

ついでに赤外線写真です。
_dsc8147

« 工作室 (NEX-5シリーズのスマートアクセサリーターミナル用アダプター) | トップページ | 今日の星空 (月齢3.3の月) »

nano.tracker(ナノトラッカー)での作例」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

散歩写真」カテゴリの記事

コメント

おややや、ここにも、超好感度短時間多数合成派を発見!
意外とイケちゃったでしょ? (^o^)

字間違えちゃいました...orz ま、いっか~
で、らせん星雲ですが、秘儀超フラット処理すると綺麗になったりします。
向いてる対象とそうでないのがあると思いますが...
方法はフラットエイドでぼかし無し補正です(うわ)

アハハ!そんなところが好感度upです。

フラットエイドでボカシ無しというのは、フォトショップでぼかし処理をしないという事でいいんでしょうか?
編集ボタン→フォトショップ→何もせず保存して終了→補正実行ボタンという流れで良いのかな?

さっそくやってみます。

らせん状星雲のTIF画像は消しちゃったので再処理前に他の画像を使ってやってみました。

編集ボタンは押さなくても補正実行ボタンは押せるんですね。

DSSで再処理してやってみます!

あれ?違ったかな・・・らせんの中の青い星雲が消えちゃった・・・フラットエイド自体のぼかし機能の方かな?

というか、フラットエイドの機能はあまり使えていないないんです。

ちゃんと理解して使っていないので、検出→消去も適当な値で実施してフォトショップでぼかしを掛けたらフラットエイドに戻って補正実行という流れであまり細かい値の調整とかフラットエイドのメニューから選べる機能とかは使った事が無いんです。

ちゃんと使い方読んでみます(^^ゞ

なんとなく分かったような・・・何もしないで補正実行するのではなく、星雲自体にはマスクをかけて星像消去し直してそのまま補正実行するんですかね?
(今まではマスクを掛けるとかのフラットエイドの機能は使わず、フォトショップで処理してぼかしを掛けた画像をフラットエイドに戻していたんです。)

そうすると背景のノイズが平坦になって目立たないみたいです。

その画像を追加アップしておきました(^^ゞ

星雲はぐにぐに塗りつぶしてマスクしてください。
で、星を消して、ザラザラしたバックが残ったら、そのまま(ここでフラットエイドのぼかしをしないで)処理しちゃうと出来上がりです。
うまくマスクしないと取って付けたような写真になりますw

以前からやってみようと思っていた撮影画像をコピーして単純に枚数を倍にして合成ってのも一緒にやってみました。
星雲像が多少ハッキリしたように思いますが・・・。

マスクもただ大きさを大きくしてワンクリックで掛けるのと、同じところで何度かクリックリしてやるのでは効果が違うんですね。
今回のはちょっとマスク範囲が大きかったみたいで星雲の周りも赤みが付いちゃいましたが、ザラザラ感は無くなっていい感じになりました。

アドバイスありがとうございますm(__)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593299/62469915

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の星空 (らせん状星雲NGC7293-C63とおまけ):

« 工作室 (NEX-5シリーズのスマートアクセサリーターミナル用アダプター) | トップページ | 今日の星空 (月齢3.3の月) »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
無料ブログはココログ