« 工作室 (シーソー式レリーズステー)と今日の月 | トップページ | 今日の港 (豪華客船「セレブリティ・ミレニアム」)とおまけ »

2015年10月22日 (木)

双眼鏡 コーワ SV50-10 その2 と ポロタイプ双眼鏡の光軸調整

オリオン座流星群には見事に肩透かしを喰らいました。

昨晩の0時頃の空は真っ白で、早朝4時半ごろはオリオン座方向だけ霞んではいましたが星が見えました。

なので30分ぐらい見ていたんですが流星は1つも見えず人工衛星の通過だけが見えました。

そして今日の日没後は一面の雲で何も見えず・・・。


ところで、コーワのSV50-10に使うビノホルダーが届いたので三脚に固定してコンデジでコリメート撮影してみました。

これを見ればフリンジが分かると思います。
Dscn5717

前回の紹介記事にも書きましたが、明暗差のある箇所(青矢印のようなところ)に青色と黄色のフリンジが出ます。

上の拡大写真。
Dscn5717tr

月の写真も派手に出る覗き方で撮影し拡大してみました。
Dscn5721

前にも書きましたが、瞳の位置がアイピースの中心からズレているとフリンジが目立つようです。

多分、覗き方に慣れてくると気にならなくなると思います。

まぁこういうのは他の普通のレンズの双眼鏡なら同じように出るし、アクロマートレンズの望遠鏡でも出ますのでこの機種がという訳ではありませんけどね。

この機種は迷光対策がしっかりされているのでよりフリンジが分かりやすいのだと思います。

他の普通の双眼鏡だと、明るい対象物を見ると全体が白っぽくなったり反射光があちこちに出たりして全体が見にくくなるのでフリンジが目立ちにくいだけじゃないかな?


今はこの双眼鏡でいろいろ見るのが楽しくて、車の助手席に置きっ放しにして気になるものを何でも見ています。

いい買い物をしたなぁー!


鳥見用にはEDレンズの双眼鏡を買おうと思います。

というのは逆光や明るいところで(明暗差のあるところ)使う事が多くなるからです。

いつの事になるか分かりませんけど・・・。



ところで、この双眼鏡を買うきっかけになった先代の双眼鏡の不具合ですが・・・。
Dscn5746

真ん中のキャップの様なところに隠れているネジが緩んでしまい、そこに支えられている接眼部を動かす金属パーツがシャフトを軸にシーソーのようにグラグラ動いてしまっていました。

その為に覗く度にあっていたはずのピントが狂ってしまっていたんです。

この双眼鏡はある天文ショップさんのオリジナル商品でしたが、おそらく筐体自体はいろいろなメーカーさんでも使っているモノだと思いますので仕組みは大体同じだと思われます。

で、このキャップの様な部品なんですが、ただ回しても一向に緩まる気配が無く、取ることも出来ない状態で・・・。

新しい双眼鏡を手に入れたので、壊れてもいいやとあれこれやっているうちにようやく外れ対処する事が出来ました。

バラバラになったところの写真を撮り忘れちゃったんですが、この部品は見えているボタンの様なパーツとネジを隠すキャップとネジで構成されており、ネジ自体はΦ2mmぐらい長さ3mmも無いような小さなネジです。

ネジ隠しのキャップが接着されていたので往生したんですね。


外したところに肝心の接眼部を固定するネジがありました。

ところがこのネジ、締める事も緩める事も出来ません。

ここも直す事に夢中で写真を撮り忘れてしまったんですが、前面の三脚固定ネジ部が同じ仕組みですのでそちらで説明します。
Dscn5748

小さいイモネジ(青矢印の先)で緩み止めされていました。

何故、緩み止めされていたのに肝心のネジが緩んでしまったのか?

まぁ、振動などで大きなネジが徐々に緩み、逆にイモネジは締まって行ったとしか思えませんが・・・それはさておき、イモネジを緩めることで肝心のネジを締め付ける事が出来ました。

その後イモネジを締めて完了!接眼部のグラつきは解消されました。


実はもう一つ問題があって、この双眼鏡、使っていると目が疲れるんです。

この症状は他の双眼鏡でも経験しており、光軸が狂っていると判断しました。

なので、ついでに光軸修正もしちゃいました。

夢中になっていると写真撮るの忘れちゃうんですね(^^ゞ

なので、カバーを貼り付けた後の写真ですが・・・。
Dscn5749

カバーをめくると、矢印の先辺りの2ヶ所にイモネジが1本づつあり、それが光軸調整用になっていました。(多分、位置関係から左上が左右、右下が上下の調整用だと思う)

光軸調整には本来専用の平行器という測定器があるようですので、それを使わずに行う事はご法度です。

なのであくまでも自己責任にて光軸調整をしました。

どうせ元々狂っていたんだから・・・それとも自分の目が狂っているのかな?・・・まぁ、とにかく自分が見ても疲れないように、2本のネジを締めたり緩めたりを遠景を見ながら繰り返してバッチリ合わせました!

おかげで、ダハタイプとポロタイプの10倍50mmの双眼鏡が2本、手元にあります。

どうせ売ったって値段は付かないだろうから何とか使い道を考えてやらなきゃな。

« 工作室 (シーソー式レリーズステー)と今日の月 | トップページ | 今日の港 (豪華客船「セレブリティ・ミレニアム」)とおまけ »

機材」カテゴリの記事

双眼鏡」カテゴリの記事

コメント

色々とゴソゴソされてますねぇ (^o^)
ネットオークションに出したら、高値落札...とか
出品するのも面倒くさいんですけどね (^o^;

物を弄り回すのは好きなんですが、オークションにはなかなか手が出ません。
毎月登録料?みたいなのだけ払ってて、もう長いんですが一度も売り買いしたこと無いんですよね。
興味はあるんですが、実際のところ面倒臭そうで・・・。
けむけむさんは売り買い経験も豊富そうで尊敬に値します。
いつかはオークションをやろうと思っているんですが、いつになるか全く分かりません(^-^;

あらら、ここにもオークション難民がw
たまに一緒に撮影してるらっぱさんも先日同じ話をされてました。
たしかに最初の出品はかなり抵抗ありました。
買うのに比べ売るのは10倍くらい気力が必要でした。けど、2回目以降はスチャラカで出してます (^_^;
で、私なんか出品する時だけしか登録料払ってませんぜって暴露しました (^o^)

えっ!?あれってその都度払うってことが出来るんですか?
知りませんでした。
じゃぁ、やめちゃおうかな300円もしなかったと思うけどチリも積もればってヤツですもんね。
って調べたら410円でした。
プレミアム会員費って名目でしたが何で登録したのかすら覚えてません。
当初はもっと安かったと思うんですが410円で計算すると6万円弱も払っていました。
チリが積もって小山になってた!!
さっそく止めました。
あぁ~中古のSWAT200が買えたよorz

プレミアム止めちゃって、出品する時だけ入ればいいです。
さらに、急がないなら、しばらくすると、タダでいいから、また入らない?的なお誘いがくるので
その時入れば、1ヵ月はタダでやりたい放題です(って、そんなに出品したことないけど)

入金終わって、落札者を評価したら止めちゃえばいいです (^o^)

貴重な情報、ありがとうございました。
知らなければこのままいい赤道儀が買えるぐらいまでいってもそのままでいるところでした。
使いもしないのに何となく続けているのは良くないですね。
いい機会なので他のもそんなのがないか見直してみようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 双眼鏡 コーワ SV50-10 その2 と ポロタイプ双眼鏡の光軸調整:

« 工作室 (シーソー式レリーズステー)と今日の月 | トップページ | 今日の港 (豪華客船「セレブリティ・ミレニアム」)とおまけ »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ