« 今日の星空 (月面X(月齢6.9の月)) | トップページ | 今日の星空 (国際宇宙ステーション(ISS)とオマケ) »

2015年12月19日 (土)

今日の星空 (カタリナ彗星 C/2013 US10)

今朝3時に起きてカタリナ彗星を撮影すべく、近所の海岸に行ってきました。

こんな天気でこんなところで撮ってました。
_dsc2353
(SONY NEX-5N SIGMA SUPER-WIDEⅡ24mm)

上の写真でいうと画角中央上から1/3~1/4ぐらいのところにあるはずですが、高々10秒程の露出では彗星は写りません(^^ゞ

彗星には関係ないですが、金星の明かりでも海に光の道が写るんですね。

そもそも近所の環境で彗星が見えるのか不安でしたが、双眼鏡でボーっと淡く且つ鈍く見えました(^^ゞ
C2013us10_1_fl
(SONY NEX-5(改) BORG71FL レデューサ0.85xDG LPS-D1 nano.tracker 恒星基準にて18フレームコンポジット)

いつもはファイル名を撮影データを入れて付けるのですが、うっかり忘れてしまいフレーム数しか分かりません。

ISO6400で45秒/50秒/55秒を各10枚づつ撮影して比較して4割のフレームを外すように設定しましたので、たぶんトータル15分の露出時間だと思います。

こちらは彗星の核基準でコンポジットしました。
C2013us10_3_fl
(SONY NEX-5(改) BORG71FL レデューサ0.85xDG LPS-D1 nano.tracker 彗星核基準にて18フレームコンポジット)

次は核&恒星基準でコンポジット。
C2013us10_2_fl
(SONY NEX-5(改) BORG71FL レデューサ0.85xDG LPS-D1 nano.tracker 核&星基準にて18フレームコンポジット)

これだと背景がエンボス加工された合成皮革みたいにシワシワになっちゃって変だし、彗星の尻尾も紛れちゃうみたい。

DSSの設定次第ではもっとクッキリさせる事が出来るのかな?

とりあえず、彗星の尻尾が一番よく見えるのは彗星核基準みたいなので、これをメインにしていこうかな?

なんせ、彗星は今年2月のラブジョイ彗星以来、かなりご無沙汰なので勝手が分かりません(^^ゞ

振り返ると、その時には核&恒星基準でそこそこうまくコンポジット出来ているようなんだけど、なんかコツがあったのかな?忘れちゃったよ。

しかし、早起きは辛いです。

« 今日の星空 (月面X(月齢6.9の月)) | トップページ | 今日の星空 (国際宇宙ステーション(ISS)とオマケ) »

nano.tracker(ナノトラッカー)での作例」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

彗星基準コンポジットが一番綺麗だと思います。シッポを炙り出すには。

で、カタリナ彗星、数時間ほど前にバーストしたようで1等級程増光したようですが、こちらは曇り...orz

今、起きました。昨晩は睡魔が早く襲ってきて知らぬ間に寝落ちしてました。

流石!コメットハンター!!情報が早いですね。
明るくなったという事は有り難いっす。

で、こちらも雲っていましたよ。
晴れていたとしても2日連続で撮影できる体力はありませんでしたが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593299/62900587

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の星空 (カタリナ彗星 C/2013 US10):

« 今日の星空 (月面X(月齢6.9の月)) | トップページ | 今日の星空 (国際宇宙ステーション(ISS)とオマケ) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ