« 今日の野鳥 (ツグミ) | トップページ | 今日の野鳥 (初見! ミヤマホオジロ♀) »

2016年2月15日 (月)

工作室 (ソフトフィルターの自作)

強風下でしたが雲の切れ間からオリオン座が見えていたので、自作ソフトフィルターの効果の確認をしてみました。

撮影条件は全て同じです。
カメラ:SONY NEX-5(改)
レンズ:CANON FD 50mm 1:1.4 S.S.C
ポータブル赤道儀:ナノ・トラッカー
露出条件:F2.8,ISO800,15秒
ファイル形式:JPEG、撮って出しの1枚モノ

まずは普通に撮影したモノ。
_dsc9644

自作フィルター。
_dsc9645
なんか、いい感じじゃないですか!
効果が強過ぎず星座の形も分かります。

amazonでポチったハンファ製品。
_dsc9646
クロスフィルターのような効果もあるところが、いいと感じる時と、余分と感じる時があります。
ソフト効果はちょっと強め。

MARUMIのディフュージョン。
_dsc9647
星全体がボテッと太り、全く見栄えがしません。
星用途には向かないようです。

ケンコーのMC PRO SOFTON(A)。
_dsc9648
星座の形がよく分かり、ボケ方も芯があるのでいい感じです。
ただ、ちょっと効果が強いのと、58mmのフィルターしかもっていないので使うレンズが限られます。
ケンコーのSOFTON(A)のみレンズの前に装着していますので同条件ではありません。
「カメラセンサー前にフィルターを置いた方が効果が強くなる」と何処かのサイトで書いてありましたので、37mmサイズのSOFTON(A)があればもっと強い効果が掛かったのかもしれません。

全てを1枚にまとめてみました。
Compare


今のところ、自作フィルターの効果が丁度良いような気がしていますが、しばらく使ってみないと分かりませんね。

MARUMIのフィルターは別として使い分ける感じかな?


最後に、作り方についてちょこっと。

詳細はググっていただくと、いろいろなサイトがヒットしますので、そちらでご確認ください。

要らない保護フィルターにホビー用の透明なラッカーを、ほんのひと吹きするだけで出来ちゃうんです。

自分は1度やり直しています。

最初は30cm位離して肩幅ぐらいを0.5秒ぐらいで横切るスピードにて2度吹き付けたんですが、表面が滑らかな感じに仕上がり殆ど効果が得られませんでした。

一度、クリーナーでふき取り、改めて、50㎝位離して肩幅ぐらいを1秒ぐらいで横切るスピードで1度だけ吹き付けたら、表面がブツブツっとした感じに仕上がり、それが、上の写真のような効果になりました。

使用するラッカーによって、また、その日の気象条件などにもよって違いがあるかもしれませんが、簡単な作業なので、興味のある方はお試しあれ!

« 今日の野鳥 (ツグミ) | トップページ | 今日の野鳥 (初見! ミヤマホオジロ♀) »

天体写真」カテゴリの記事

工作関連」カテゴリの記事

コメント

フィルターの前に糸を十字に張ったりすると、反射望遠鏡で撮影したような効果があるのでしょうか...
ちょっと試してみたい (^o^)

フィルター枠に切れ目を入れて十字にワイヤーを張るだけで出来そうですね。
太さをどのくらいにするかがカギになりそうです。
ぜひやってみて下さい

ボール紙を組み合わせてフィルターに嵌め込むだけでも良さそうですね。
テストにはこの方が楽そうです。
今度やってみようかな?

是非、実験してみてください。

他力本願ヽ(´▽`)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593299/63217916

この記事へのトラックバック一覧です: 工作室 (ソフトフィルターの自作):

« 今日の野鳥 (ツグミ) | トップページ | 今日の野鳥 (初見! ミヤマホオジロ♀) »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ