« 今日の港 (LNG船 「PACIFIC ARCADIA」) | トップページ | 今日の野鳥 (ハジロカイツブリ) »

2016年3月 8日 (火)

スカイメモSの極軸修正方法と極軸の合わせ方について

先日作りましたスカイメモS用の目盛環ですが、本日、霞み過ぎの空の中、試してみました。

家の近所で試したので光害の影響で北の空は星が見えません。

極軸望遠鏡でも北極星が何とか見えるぐらいの状態でした。

光害の影響が少ない南東から南にかけての高い空のみ肉眼で星がみえていたので、明るいシリウスに135mmのレンズを向けて画角中央に導入します。

スマホのアプリでシリウスの時角を確認し目盛環をその通りにセットします。

次に、全く星が見えない北側の空にあるはずの二重星団の時角をアプリで確認し、赤緯&赤経の両軸を目盛環を見ながら回して試し撮り・・・オォッ!一発で画角内に二重星団が入りました!

少しずれていたので微調整は必要です。

快晴下ならモニターには多少の星が見えているでしょうから、それを参考に位置を直せばいいだけなので、今までの苦労を考えれば、なぜもっと早く目盛環の作成に取り掛からなかったんだろうと後悔しましたよ。

これで、もう一度カタリナ彗星にチャレンジしたいなぁ!




えーと、今日はネタがないので、「スカイメモS」、「極軸合わせ」のキーワードでご訪問される方向けに自分のやり方をまとめてみました。

極軸合わせという意味は、調整方法なのか、北極星の導入の仕方なのか、どちらか分かりませんので、両方についてまとめました。

先ず、極軸望遠鏡の極軸修正方法です。

これは購入後、余程の事がない限り1回やればいいと思います。

どう撮影しても30秒程で星が流れる場合はイモネジがちゃんと締まっていないためにズレてしまった可能性があるので、その場合はもう一度やり直します。

「極軸望遠鏡」、「使い方」というキーワードで訪問される方がいらっしゃいますので念のために補足しておきます。
この作業は赤経軸(回転軸)と極軸望遠鏡の光軸を一致させるために行います。
これが合っていないと、いくら極軸望遠鏡のスケールを極軸と思われるところに合わせても無意味です。
何のためにやるのか分かっていれば、何もこの方法でなくてもいいと思います。
高速回転が可能な赤道儀ならDPPA法で極軸望遠鏡にも頼らずに高精度に合わせられるそうですから、いろいろ考えてみるのも面白いかもです。
(二軸モーターの赤道儀でオートガイダーなど補正機器を使われる方は神経質に合わせなくてもいいと思います)

なるべく遠くでハッキリ見えて、なおかつ、直角の出ているビル等があると便利です。

それを極軸望遠鏡でとらえます。
Set11

(後で気付いたのですが、景色が正立でした、本来は倒立像です、気にしないでください(^^ゞ)


次に微動雲台の調整機能を使って、対象の角に極軸を合わせます。※1
Set12

クランプはユルユルではなく、でも赤経軸が回せる程度にしておく方がいいかな?

きつく締めておいて緩めるときに本体ごと動いてしまうことが無いようにしておいて下さい。

次は赤経軸を180度回します。※2

修正の必要がない場合は回転後も対象の角に交点が合っています。

普通はズレていますので、例えば、こんな感じになります。
Set13

このズレの量によって極軸を固定しているイモネジで軸の調整をします。

ズレの量の半分の位置に交点が来るように、120度間隔のイモネジを緩めたり締めたりして下さい。(何回か繰り返しますので大体で良いです)

この写真では赤矢印に合わせます。
Set14

イモネジでの修正後。
Set16

そうしたら、赤経軸を元に戻し(180度回転)、微動雲台の機能で再び対象の角に合わせます。

上の※1の状態です。
Set17

そして再び※2以下と同じことをして、この工程を繰り返しますと、※2の状態でも対象の角に交点が合う時が来ますので、辛抱強く調整して下さい。

ノータッチで撮影するには、ここが肝になります。



さて、次は北極星の導入(極軸セッティング)。

自分は、マニュアル通りの目盛りリングを使用した導入はしていません。

スマホのアプリ「PolarisScope」を使用した導入方法を使っています。

というのは、目盛りでやるよりもGPS機能を使っているアプリの方が、根拠があるというか納得が出来るからです。(目盛では読み間違いなど不確定要素が多いと思うんですよね。)

先ず前提条件ですが、三脚に微動雲台をセットし、水準器を見ながら水平出しをしっかり済ませて下さい。

それから機材をセットし軸周りのバランスを取り終えたら、赤経軸クランプは締めず緩めずの状態で微動雲台の機能を使用して北極星をとらえます。
Set1



白丸が北極星と仮定します。(実際はこんなに大きくはないです)

交点に北極星を合わせます。
Set2

赤経軸を回して大体水平に合わせます。
Set3

微動雲台の高度調整ネジでこのようにします。
Set4

垂直の軸を合わせれば水平垂直になるという訳です。
Set5

次にアプリで撮影場所での北極星の位置を確認します。
(スケールチャートは自分が分かり易いものに替えて使って下さい)
Screenshot_201612140651

(蛇足ですがこのスケールはスカイメモS用ではありませんので、導入時はスカイメモSの歳差補正に則って読み替えて下さいね。2016年は外側の円と真ん中の円の中間に北極星を導入します。)
※スケールパターンに「SkyMemo S」が追加されました。
これで読み間違える心配もないですね。
作者のNekomeshiさん、対応してくれてありがとうございます。



微動雲台の調整機能を使用してアプリで確認した位置に北極星を導入すればバッチリです!
Setfinish

ちなみに、微動雲台の方位調整ネジですが、自分のは出来が悪くネジ頭が偏心していたようで、ネジを回すと北極星がグルグル回る感じで大変使い辛いものでした。

なので、ネジ頭をサンドペーパーで滑らかな山に調整したところ、大変合わせやすくなりました。

ネジ頭の調整がかえって悪くすることもあるのでお薦めはしませんが、どうせ使い辛いならやってみたいという方は挑戦してみて下さい。

自分の場合、1回目は失敗し、2回目で成功しました。

長くて読み辛かったとは思いますが、どなたかの参考になれば幸いです。

« 今日の港 (LNG船 「PACIFIC ARCADIA」) | トップページ | 今日の野鳥 (ハジロカイツブリ) »

Skymemo-S(スカイメモS)使用記」カテゴリの記事

Skymemo-Sの目盛環」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

コメント

スカイメモsの極軸合わせですが水平出しは水準器だけで合わせていました。ご紹介いただいた方法でセンターにポラリスを入れ高度調整ネジで下に移動させあわせれば垂直がでますね。目からウロコでした。有難うございました。

コメントありがとうございました。
お役に立てたようで何よりです。

最近の記事だけブログを拝見させていただきましたが、手軽なスカイメモSを使い始めると本来の赤道儀の稼働率が下がっちゃうかも?・・・なんてことは無いですね(^^;)

自分もいつの日か赤道儀から何からアップグレードして、作品と呼べるような写真を撮りたいと思っていますがいつのことになるかわかりません。
ですが、今、いろいろ工夫していることが、その時に何らかの形で役に立つかもしれないと思って励んでいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593299/63318128

この記事へのトラックバック一覧です: スカイメモSの極軸修正方法と極軸の合わせ方について:

« 今日の港 (LNG船 「PACIFIC ARCADIA」) | トップページ | 今日の野鳥 (ハジロカイツブリ) »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ