« 今日の野鳥 (コアジサシ) | トップページ | 今日のぶらり写真 (スヌーピーJ号) »

2016年4月23日 (土)

物欲 全周魚眼レンズ(安原製作所 MADOKA180)

届きました「MADOKA180」。
Dscn5902

本来の製品名は「MADOKA」かな?

絞りは開放が4で最大絞りは22、最短撮影距離は10センチ。
Dscn5900

レンズマウントからレンズ先端までが42.62mmでEマウントのフランジバックが18mmなので、レンズ先端から4センチ弱の位置で合焦します。

自分の所有レンズの今までの最短撮影距離が18センチでしたので、更に接写が出来るようになります。

ピントリングはちょっとしか回りません。

写真を見ていただければ分かるように、無限遠から0.1までの間しか動きませんので。

メーカーさんによると絞っても開放でも解像感は変わらないようです。

というか開放の方がシャープらしいです。

とってもコンパクトです。
Dscn5899

油断すると自分の指が写り込みます。

もうちょっと筒が長い方が扱いは楽かな?

もちろん足(自分の足も三脚の脚も)にも気をつけないと写っちゃいますよ。


案の定、フランジ内には余裕が無いので光害カットフィルターをセットしているNEX-5N(改)には使えません。

天の川を強調したい時には他の方法を考えなければいけませんね。

ちょいとテスト撮影してみました。
_dsc0418

灯台を撮ってみましたが、正面?というか窓のある側のコンクリート塀ギリギリに立っても、高さ18Mの灯台が余裕で写ります。

ただ、太陽光の影響が出ちゃうので松の影に入って撮影しました。

ちなみにメーカーさんでこの画像を広角レンズ風に変換する「WALP」というソフトも用意しています。

2,000円ですけどね。

こんな風になります。
_dsc0418_mod

他に、その場に立ってみているような感覚になれるVRパノラマを作るソフトを使うと、もっといろいろな事が出来るようですが、複雑過ぎてちょっと触っただけではよく分かりません。

自分はPTGuiというソフトのお試し版を使ってみました。
_dsc0418panorama

本来は360°ぐるりを体験できるように何カットか撮影してくっつけるんですが、そんな知識は今の自分にはありません(^^ゞ


他には・・・こんなのが。
_dsc0429

こうなりました。
_dsc0429panorama

いろいろ遊べそうですが、いろいろ知識も必要になりそうですな。

まぁ、じっくりと楽しもうと思っていますよ。


追記
ロゴの透かしが入るお試し版ではなく、フリーソフトでVRパノラマが作れるソフトがありました。
精度を問わずソフト任せでテストしてみました。

ただ、ファイルの貼り方が分かりません。
今のところ、クイックタイムムービー形式で個々にダウンロードしてもらう方式しか思いつきませんのでとりあえず貼っておきますが、ココログのファイル容量1Mまでに合わせて品質を落としています。

簡単に貼れる方法が無いのかなぁ?

クイックタイムプレーヤーをお持ちの方はクリックしてみて下さい。

ダウンロード test2.MOV (870.2K)

« 今日の野鳥 (コアジサシ) | トップページ | 今日のぶらり写真 (スヌーピーJ号) »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物欲 全周魚眼レンズ(安原製作所 MADOKA180):

« 今日の野鳥 (コアジサシ) | トップページ | 今日のぶらり写真 (スヌーピーJ号) »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ