« 今日の星空 (富士山の麓で日周運動) | トップページ | 今日の星空 (さそり座アンタレス付近) »

2016年5月 6日 (金)

今日の星空 (北アメリカ星雲(NGC7000))

スカイメモS用に購入したメーカー推奨のモバイルバッテリー「ENERG EM-L544B」ですが、ふとメーカーHPを見たら既に廃番のようです。

購入から4カ月経っていないんですが寂しいかぎりです・・・じゃなくて、初めて充電しました。


購入時の充電状態のまま使い始めたのが1月25日。

バッテリー切れを起こしたのが、先日の遠征中。

対象を変えて撮り始めたら星が急に流れ出したので、そんなつもりはなかったけど三脚を動かしちゃって極軸がズレたかと再セッティングしちゃいましたよ。

それでも変わらなかったので、ふとスカイメモS のスイッチパネルを見ると・・・消灯していました。

あ~バッテリー切れか・・・撮影開始時、残量目盛り2から始めたので、余裕で一晩は持つつもりでした。

撮影地が寒かった事もあるだろうけど、目盛りは均等に減る訳じゃないみたいですね。


自分の使い方は、快晴なら帰宅途中に1~2時間、休日の深夜に2~3時間、といった感じです。

この数カ月、天気が良くない日が続き、1ヶ月くらい撮影できない日が続いたりしましたのでトータルの使用時間は不明です。

星空関連のブログは17回書いてますね。

平均2時間使用したとすれば34時間ぐらい、1.5時間なら25時間半程ですか。

遠征時に使用するなら一晩は余裕で持ちますね。


後は何回くらい繰り返し充電に耐えられるのかが気になるところです。

2年ぐらいは持ってくれないかなぁ・・・。




さて、今日もその遠征時の写真から北アメリカ星雲です。
Northamerica_iso3200_2mx12_
(SONY NEX-5N(改) NIKKOR-Q.C Auto 1:2.8 f=135mm F2.8 ISO3200 120sX12 LPS-D1 Skymemo-S)

光害の影響が少ないと驚くほど露出時間を稼げるんですね。

いつもF4.0&ISO3200で60秒前後の撮影なので、今回の開放で120秒は衝撃でした。

それでもヒストグラムは真ん中ぐらいでしたので、もうちょっと時間を延ばしたいところでしたが、追尾精度も気になってこの設定で撮影しました。


そもそも1枚モノでも充分じゃない?ってぐらい良く写ります。

これは元画像を何もせず現像した1枚モノの画像です。
_dsc5043_org
(SONY NEX-5N(改) NIKKOR-Q.C Auto 1:2.8 f=135mm F2.8 ISO3200 120s LPS-D1 Skymemo-S)

これをフォトショップでレベル補正とカラーバランス調整すると・・・。
_dsc5043

よく写ってるじゃん!

こっちの方が不自然さが無くて自分にはいい感じに見えます。



光害の影響を受ける近所での撮影ではこんなに写りません。

っていうか、DSSやフラットエイド等の使い方が駄目なのかもしれないなぁ。



追尾はもっと時間を延ばしても大丈夫みたいだったので、ヒストグラムがいつも通りの位置になるぐらいに撮影したらもっといい写真になったのかな?

あ~また撮影に行ってみたい!!!

« 今日の星空 (富士山の麓で日周運動) | トップページ | 今日の星空 (さそり座アンタレス付近) »

Skymemo-S(スカイメモS)での作例」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593299/63590668

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の星空 (北アメリカ星雲(NGC7000)):

« 今日の星空 (富士山の麓で日周運動) | トップページ | 今日の星空 (さそり座アンタレス付近) »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
無料ブログはココログ