« 今日の港 (豪華客船「シルバー・シャドー」) | トップページ | 今日の野鳥 (ヒヨドリの渡り) »

2016年10月 8日 (土)

番外編 (今更の天体撮影におけるNEX-5N事情について)とオマケ

天気は星撮りには向かない日が続きますねー。

昨日、少しの間だけ月が見えていました。

ネタがないので月の写真でもと思い立ち、帰りがけに数パターン撮ってみました。

結果はダメダメでしたが、そこで、今日のこのネタを思いつきました。

際限がなく資金が必要になりそうな天体写真の趣味。

入り口だけでも楽しめないかな?と始めた当ブログ(ブログの主軸の一つです)。

今の主な機材は・・・

  • カメラ:SONY NEX-5N(改)
  • 望遠鏡:BORG71FL&50
  • 赤道儀:ケンコー・トキナー スカイメモS

というプアな機材で運営していますよ(^^;

天体撮影ではカメラの改造なしにはちょっと寂しいのでNEX-5Nの自己改造に踏み切りましたが、それというのも安いからできることなのです。

もう何世代か前のミラーレス機なので、中古で1万円しないモノが見つかることもあるのですよ。

分解改造は自己責任ですが、やってみればたいして難しい作業ではないので今に至っているわけです。

今でも、検索キーワードが「NEX-5 ローパスフィルター除去」関連でご訪問くださる方がいらっしゃるので少数派ではあると思いますが、天体写真をこの機種で・・・と考えている方がいるはず!



そこで、今日は撮影後の画像編集に使っているソフトをまとめてみました。

   1.星雲・星団向け

撮影形式:RAW形式が前提です。
パソコンには「SONY RAW DRIVER」を入れておけば、サムネイルやフォトビューワーでJPEG画像のように内容確認ができるので便利です。
※2017年1月中旬に買ったLenovoG50(Windows10)ではこのドライバーなしに使えています。

DeepSkyStacker 3.3.4(フリーソフト):これでRAWから直に処理できます。

画像処理ソフト:DeepSkyStacker3.3.4 → FlatAide(疑似フラット処理フリーソフト) →NeatImage(ノイズ軽減用フリーソフト)→ レタッチソフト(自分はPhotoShop7その後フリーで手に入るPhotoshopCS2に替えました)の順に処理しています。
DeepSkyStackerでほとんどの処理を行い、周辺減光などをFlatAideで補正し、ノイズをNeatImageにて軽減させ、レタッチソフトで多少の色合い調整とアップロードのためのリサイズを行っています。レタッチソフトは16ビットTIFF形式が扱えてトーンカーブや色合いの調整が出来ればどんなソフトでもいいと思います。レイヤーの機能などがあって多彩な編集が出来ればよりベターですが、そこまでやるのは正直無理だし、入門レベルのこの機材構成では必要ないと割り切っています。


   2.惑星向け

撮影形式:動画(MP4)orJPEG形式のどちらか。

画像処理ソフト:REGISTAX6(フリーソフト) → レタッチソフトが基本の流れ。動画で撮影した場合REGISTAX6で扱えるAVI形式の動画に変換する作業が必要です。ただ、この変換ソフトが今まで使っていたノートPCが壊れてしまったために、現在、どのソフトがいいのかわかっていません。今までは「FORMAT FACTORY」でOKだったのですが、今、入手できるそのソフトは危険なソフトということでアンチウィルスソフトではねられます。ほかのフリーソフトを試しているのですがどれもREGISTAX6で扱えないみたいで困っています。まぁ、そのうち見つかるでしょ(^^;
JPEGで撮ればそんな苦労はいらないのですが、枚数を稼ぐのが面倒なことと、シャッターショックの影響が出てしまうので動画で録りたいんですよね。
その意味ではNEX5シリーズは惑星とか月などには向いていないのかもしれませんね。最近出番のないコンデジでも使いますか・・・NIKONのP310で問題なく使用できていたはずだから。




どうですか?お金をたくさんかけずに天体写真の入り口が楽しめそうな気がしてきましたか?

機材は多少投資が必要ですが、ソフトは基本フリーソフトでいけますよ。

DeepSkyStackerもREGISTAX6も英語のソフトで立ち上げると???って感じですが、使い方についてはネットを参考に慣れるしかありませんので・・・。

2~3回使ってみれば慣れますよ。

あとは自分なりの使い方を工夫していけば苦にはならないと思います。


ぜひ、チャレンジしてみてくださいね!!







テキストだけでは淋しいのでオマケの写真。
_dsc4641

野良猫の子ネコ(茶虎)です。

いつもの子。



器量はこちらの子(サバ虎?)より確実に悪いと思うのですが・・・。
_dsc4645

性格が可愛いのです。


おやつが欲しくてもサバ虎のようにスリスリ甘えるような器用なことはできませんが、ジーッと待っているのです。

食べ終わってもサッサと行ってしまうこともなく、いつまでも傍に居ようとするのです。


生後一月前後で育児放棄されたからでしょうか、その後、頻繁におやつをくれる自分の事を特別な存在として思っているのかもしれません。

自分の車を音で認識しているみたいで、この海岸に行くといつでも走って寄ってくるのです。

自分が浜に降りたり、水を汲みに行くとその後をずーっとついてくるのです。

サバ虎と遊びたくて必死に誘うのに、サバ虎がその気で近づいてくると怖いのか逃げちゃうんだな、もうちょっと勇気を出せば遊べそうなのに・・・そんなところも可愛いのですよ(^^;

« 今日の港 (豪華客船「シルバー・シャドー」) | トップページ | 今日の野鳥 (ヒヨドリの渡り) »

天体写真用ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593299/64313860

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 (今更の天体撮影におけるNEX-5N事情について)とオマケ:

« 今日の港 (豪華客船「シルバー・シャドー」) | トップページ | 今日の野鳥 (ヒヨドリの渡り) »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ