« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月29日 (火)

番外編 (謎の斑点に悶絶)

以前から気になっていた天体写真の画像処理後に見られる斑点、徹底的に消してやろうと怒涛のセンサークリーニングを行いました。

どんなヤツかというと・・・。
Dust_chek_1_fl

いくつも見えるでしょ?

これって何ですか?


普通に夜空を撮っている時は気になりません。

そこへ千切れ雲などが流れてきた時や光害にやられた時などにこれが現れるのです。

現れ方が何か適当に間隔をあけて出ているので、一つ考えたことはペッタン棒の何かの成分がセンサーに付着したのかな?ということです。

もうね、意地になってレンズからレデューサそしてセンサーと何度もクリーニングし倒しました(^^;


結果、無くならないのです ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

しかも、毎回位置が違うという離れ技をこいつらはしやがるのですよ・・・。


こちらは本日雲の空を利用して撮影した4回目のクリーニング後のチェック写真。
Dust_chek_4_fl

同じ条件で画像処理はしているのですが雲が移動していっちゃうので同じような写真にならないところが残念ですが。

3回目の時は途中雲がなくなっちゃったのでちょっとカメラを動かしました。
Dust_chek_3_fl

よく見ると奴らは潜んでいるのですが、まともな空ではこんな感じで気にならないのです。


クリーニングペーパーを4~50枚使いまくりましたが退治できませんでした。

なので今日のところは「これで勘弁しといてやる!」とばかりに無理やり決着をつけました。

だけど・・・気~に~な~る~!!!

2016年11月27日 (日)

今日の星空 (ぎょしゃ座の星雲、オリオン座の星雲)partⅢ

ようやく月のない暗い星空が来ました。

透明度はどうだったのかわからないけれど、ここしばらくの中ではいい条件だったと思います。

8倍32mmの双眼鏡でもM36~M38がよく見えました。


ということでこの領域の第三弾。

勾玉星雲とM38。
Gyosya_isomix_48m0s_fl
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO1600-3200 Total:48m0s LPS-D1 Skymemo-S)

時間をかけたので前よりも勾玉星雲がハッキリしてきました。

だけどまだ足りていないみたい・・・もっと時間をかけて撮ってみようと思います。



こっちも撮りましたよ。

燃える木星雲・馬頭星雲・オリオン大星雲など。
Orion_isomix_48m0s_fl
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO1600-3200 Total:48m0s LPS-D1 Skymemo-S)

途中から風が強くなっちゃいまして、少しブレている写真が多かったのですがそのまま使っちゃいました。



前回の反省を踏まえてセンサーのクリーニングを実施したのですが、暗黒星が逆に増えてました・・・。

これはレンズの方かな?と考えチェックしてみると確かにかなり汚れていました。

対物レンズもレデューサもしっかりクリーニングし、空をテスト撮影して汚れの確認をしました。

目立つようなゴミは写っていなかったので、後は実写で確認するしかないですね。

次はいつ晴れるのかな?

今年はホントに天気の悪い日が多いですね、嫌になっちゃうよ。

2016年11月26日 (土)

今日の星空 (宵の明星PART2)とおまけ

ここ数日、日没後の金星の高さが丁度いい感じになってきています。

丁度いい高さというのは・・・。
_dsc6619

海面に反射する金星と空の金星を一緒に撮れるということです。

まぁね、広角レンズを使えばこの高さでなくてもいいんですが、所有するレンズではゴーストがいっぱい出ちゃうので、オールドレンズ主体で使っている自分としては選択の幅が狭いのです。

この写真、ちょっと地面が傾いていると思うんですが、カメラを水平に直すと水面に映る金星の光芒がカーブを描くのです。

金星の位置をレンズの中心線に置いているつもりなのですが、なんだかいい感じに出来ませんでした。

まだまだ甘いね┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~




この日は夜もいい天気でした。

もちろん、撮影に出かけましたよ。

スカイメモSとナノトラッカーの2台体制で撮影していました。

でもね、ナノトラッカー側のカメラの設定を間違えまして、JPEGで撮っていましたweep

画像編集であれこれしようと目論んでいたんですが何もできませんでしたよ。

勿体無いので撮って出しをレベル補正したモノを載せちゃいます。

撮影データ:SONY NEX-5(改) CANON FD50mmS.S.C F2.8 ISO800 180sec SOFT LPR-Type1 nano.traker
すべてこの設定で撮影しています。

ぎょしゃ座。
_dsc0190

オリオン座。
_dsc0188

カシオペヤ座。
_dsc0191

ホントは赤い星雲を炙り出そうと思っていたんですけどね・・・。

2016年11月22日 (火)

今日の野鳥 (ミサゴ、チョウゲンボウ、ハジロカイツブリ)とオマケ

サンデーメカニックをしたツケが出まして老いを感じています。

慣れない姿勢で車弄りをしたその日の晩から太ももに違和感があったのですが、翌日にはしっかり筋肉痛となって苦しみました。

今もその余韻を引きずっています。

若い頃は運動のし過ぎで筋肉痛になりましたが、今では普段と違うことをしただけで即筋肉痛になります。

だいぶ回復しましたので、明日には違和感なく歩けるようになると思います(^^;




さて、最近は野鳥ネタがかなり減ってしまっています。

地道に探鳥していないんですね・・・天候にも要因がありますが・・・。

HDDの肥やしにしておいても何にもならないので、少ないながらもちょこちょこ撮ったモノを出しちゃいます。

獲物を抱えて意気揚々と帰っていくミサゴ。(ピント甘目)
_igp1167


電柱の上から獲物を探すチョウゲンボウ。
_igp1244


12羽の群れでキター!!ハジロカイツブリ。
_igp1099

キター!と思ったら翌日にはいませんでした・・・。




オマケ。

探鳥を妨げるもう一つの要因。

それはこの子達。
_dsc5762

おやつをあげ終わって、「さぁ、これからは探鳥の時間」と海を見ているとこの子達がドアをたたくのです。

遊んでおねだりのようです。
_dsc5764

爪が・・・まぁ、このぐらいではキズにはなりませんが・・・それはさておきカワイイね(^^;

こんな感じでついつい遊んじゃうので海に何かが来たとしても気付かないのですよ。

ハヤブサやアオバトやアオゲラなんかが頭の上を飛んで行っても見送るだけなのです。

この子達もその内に自分の世界をもって遊んでなんかくれなくなるでしょうから、こちらとしても今のうちに遊んでもらうのです。

2016年11月20日 (日)

車の事 (ディスクブレーキパッドの交換)

「バナナマンのせっかくグルメ!」って番組、いいですねぇ!

サザエさん症候群なんて言葉がありましたが、この番組を見るならそんなことは起きませんね。

なんかね、幸せな気分になれます。

毎週末、この時間が楽しみになってます。


ところで、延ばし延ばしになっていた車のブレーキパッドの交換をとうとう実施しました。

天気が悪いとかなんとか自分の中で何かの理由を見つけて後回しにしていたんですが、スッキリ晴れた今日、気温もバッチリ、蚊も日が当たっていれば出なくなったので、やらない理由がなくなっちゃったんです。

年々体力の衰えを感じているので、今回は新たにツールを買いました。

それはフロアジャッキ(エマーソンEM-501)とジャッキスタンドです。

ただ、いいものは勿体無いので安いヤツを探しての購入です。

結果から言うとフロアジャッキはもうちょっとしっかりしたモノを買えばよかったと後悔しました。

それはまた後で・・・。


最近は何が大変かというと車載工具のパンタジャッキでの上げ下げがほんとに辛くなって来ちゃったんですよ。

それが憂鬱で・・・そこさえクリアできればほかの作業は楽しめるんです。

ということで、前と後ろ2度の上げ下げだけで4輪全部の作業が出来ました。


フロントのジャッキアップ。
_dsc5720


サクッとホイールを外して交換作業に入りました。

ブレーキパッドはここまで減っていましたよ。
_dsc5713

_dsc5714

まだシャリシャリ音がするところまでは来ていませんが、まぁ、ギリギリですね。

蛇足ですが重ねてある上が新品、下が使用済みです。

使用済みのは87,000㎞程走った結果です。

4年前の車検時、ついでにディーラーにお願いしましたが、今回は自分でやることで差額はジャッキなどのパーツを購入する代金と考えました。

そう考えるとジャッキに掛ける予算は今回の物を2台買っても余る金額だったのでケチり過ぎました(^^;


久し振りにパッドの交換をしましたが、昔に比べて作業は楽になっていますね。

初めてバイクのパッドを替えた時にはピンを抜いたりしていましたがそんなチマチマした作業は無しに、抑えのカバー(キャリパーのユニット)をカパッと開いてパッドを交換するだけです。

鳴き止めのグリスを塗布したり、ブレーキオイルの油面を調整したりするのは変わらずやらなければなりませんが。


ディスクを交換したらキャリパーのピストンを押し戻さねばならないのです。

薄くなったパッドに合わせてピストンは出ちゃってますからね。

そして、こんなに薄くなったパッドを厚みのあるパッドに交換したわけですから、そのままではブレーキオイルが溢れてしまうことになります。

なので、こんな感じで・・・。
_dsc5717_2

専用の道具があるのですが、お安く百円ショップの水差しで済ませました。

凹ませといてチューっと吸わせるだけです(^^;

作業自体は1時間かからないぐらいで終わっちゃうのですが、今回は楽になったはずのジャッキアップで苦戦しました。

フロアージャッキがやはり非力&全長足らず&高さ(最低高)があり過ぎだったのです。

つまりレガシーツーリングワゴンには向かなかった訳です。



非力なのには一番参りました。

駐車スペースの水勾配に逆らえる力がなかったんです。

なので、ちょっと工夫が必要でした。

持ち上げられる高さも不足でした。
_dsc5721

分かります?ジャッキスタンド収納時(本来は最低でも1段目から使うんだと思うんですが)の高さまでしか上げられなかったんです(´Д⊂グスン

ホントはもっと上げて下回りの点検をしたかったんだけどなぁ・・・。

まぁ、これはジャッキポイントにアダプターを作って噛ませば何とかなりますね、きっと。(危ないかな?)

いや、そもそもアダプターを載せる余裕がなかったんだっけ・・・やっぱ、ローダウンジャッキか?

だけど、ローダウンジャッキでももっと大きなモノが良かったかなぁ・・・仕舞うところに困っちゃうな・・・。



何故上がらないのか・・・それは、ジャッキが上がるにつれてジャッキ自体が少し前へ移動するようになっているのですが、ジャッキのパワー不足で水勾配に負けてしまって移動できないのです。

そこで限界を迎えて安全弁が働いてしまう感じでした。

水勾配の上側からジャッキを入れる車後部のジャッキアップはすんなり出来ました。

なので検証のため、車の前後を入れ替えて試してみたら問題なく上がりました(でも、思っていた高さは確保できません)

ホイールの交換などには十分な高さですが、ちょっと下に潜ってみたい・・・は無理なジャッキでした。

二度手間を惜しまなければ、ジャッキスタンドを入れた後にジャッキの下に何かを敷いて(orアダプターを入れて)さらに上げるって事も考えられますが・・・。

置き場所を考慮して一番小さいものを選んだのですが、大きなものが置けるのなら高くても大きなものを買った方がストレスは溜まりませんよ(^^;

2016年11月19日 (土)

今日の星空 (ぎょしゃ座の星雲、オリオン座の星雲)partⅡ

20時過ぎに空を見上げましたら星が見えていたので、月が昇ってくるまでの間miniBORG50の濡れ衣を晴らしに近くの海岸へ行ってきました。

凄い湿気でした。

ヘッドランプを付けると地表が靄っているらしく煙幕のようでした。

だけど駿河湾上空は雲が邪魔をしない限り星が見えていましたよ。


撮影を始めるとすぐにレンズが曇ってしまったので自作ヒーターを久し振りに使いました。

そんな状況なので気合はあまり入っていません。

とにかくソフトフィルターがない場合のminiBORG50の写りを見たかったのです。


曇ったレンズの回復を待ちながら低空のオリオン座を。
Orion_iso6400_60x4
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO6400 60secX4 LPS-D1 Skymemo-S)


レンズの曇りが取れてからぎょしゃ座を。
M38_iso6400_60x4
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO6400 60secX4 LPS-D1 Skymemo-S)

この直後、月が昇ってきました。
_dsc6601

なので、ここまでで終了。

自分の機材の中で焦点距離200mm前後のレンズとしては青ハロが目立ちすぎず一番良い感じです。

このぐらい写ってくれれば今のところは十分です。

欲を言えばそりゃぁ55FLが欲しいけど、中古で安く手に入れられたうえにこの写りならお得感一杯です。

重量的にもスカイメモSに負担にならず、3分ぐらいはノータッチでガンガン撮れるので、自分と同じような天文初心者の方、このレンズお薦めしますよ。

たぶん将来的にガイド鏡にも使えると思いますので持っていてもいいかと・・・。

2016年11月18日 (金)

今日の星空 (宵の明星)とminiBORG50の汚名返上

タイトル、名誉挽回の方が良かったかな?

今日の日没後、西の空に輝く宵の明星を撮影しようと思いました。

そしてその撮影にはノーマルカメラではなく自作ソフトフィルターが使える改造カメラにしようと準備を始めました。

ここのところ星空を撮るチャンスがなかったので、どこへ行ったのかソフトフィルターが見つかりません。

はて?どこへ仕舞っちゃったのかな・・・まぁ、いいか、とにかく撮影を始めよう・・・とカメラにセットしたままの24mmと別途50mmのレンズを持って現場へ歩き出しました。

そして海越しに撮れるマリーナの突堤に陣取って50mmのレンズに付け替える時に気が付いてしまったのです。

カメラセンサーの前にソフトフィルターが付けっ放しになっていたことに・・・。


変だとは思っていたんですよ。

天気が悪かったとは言え、最近撮った天体写真の輝星周りに拡がるハロがまるでソフトフィルターを使った時の効果のようになっていたことが・・・。

大気中の水分が多いのかなぁって、それか、目には見えないけど薄ーい雲がかかっているのかな?なんてね。


なので、新月期になっていい天気の夜空になりましたら、ここ数回ミニボーグ50で撮影した写真を撮り直します。

ずーっとソフトフィルターを付けたままの撮影になっていました(^^;
(どうやら8/31から付けっ放しになっていたようです)

本来、ミニボーグ50ではあのようなハロは起きません。

ごめんなさい🙇


えー、先ずは宵の明星です。
_dsc6538_2

こちらは自作ソフトフィルター使用。
_dsc6536_2

ソフトフィルターを使わなくても、これだけ明るければ金星がどこにあるのか一目瞭然ですね。


そして、その足で空の状況はよくありませんでしたが、試しにカシオペヤ座α星の周辺を撮り直しました。

JPEG画像撮って出しをレベル&トーンカーブ補正しリサイズしています。
_dsc6553
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO1600 165sec LPS-D1 Skymemo-S)

以前撮った写真とは全く結果が違います。
(左側中ほどの暗黒星はセンサーゴミです、ほかにもいっぱい付き始めたようなので掃除しなきゃ)

天気は今日の方が悪くて薄ーい雲が掛かっていました。

ずーっと天気が良くなかったので、自然にソフトフィルター効果が掛かっているモノと思っていました。

BORG71FLとの比較で撮ったオリオン座の燃える木星雲あたりも71FL&50共にソフトフィルターを知らずに使っていました(^^;

あー恥ずかしいったらありゃぁしない・・・。

2016年11月16日 (水)

今日の星空 (スーパームーンその2)

いいなぁって思うコンビニ店って何か基準がありますか?

自分にとっていいコンビニ店の基準の一つはトイレの「ハンドドライヤー」なのです。

あの風量をケチっている店ってなんか嫌じゃないですか?

後、それ自体が汚い店。

この2つの条件が揃うとその店は2度と行きません。

マシンが綺麗な場合は風量スイッチを最強にしてきちゃいます(^^;

やな客だね・・・。

でもさ、折角備え付けてあるのにスッキリ使えない設定にしておくのは勿体無いと思うんですよ。

そういう設定にしてあるのには何か理由があるとは思うのですが、勿体無い・・・だったらほかの手段を考えた方が使う側にとっては好感が持てると思いますよ。


一日遅れのスーパームーン、南中前後を狙って家の前で撮りました。
_dsc5708
(SONY NEX-5N BORG71FL UW20(SD-1Xは最短) ISO200 1/320sec)

0時頃、空の様子を見るとちぎれた雲が流れてはいるものの十六夜の月は煌々と輝いていました。

「これならいいぞ!」と思って準備を始めて、「さぁ、ピント合わせだ」と見上げると・・・分厚い雲が空一面を覆っていました。


危うく暴れちゃうところでしたよ(^^;


それでも、雲のスピードは速いようなので気長に待ってみました。

時々分厚い雲の切れ間から薄雲越しに見える月を相手にピント合わせをしながらね。

ほんの10秒ぐらいしか見えないことが多いので雲の状況に合わせて露出を変えてピントを確認・・・なんて状況です。

ピントなんか合うはずありません(^^;


南中を過ぎた1時前になると雲が退き始めたので何とか準備が完了しました。


これで一番大きな月は押さえました。

あとはミニマムムーンとかその時々の満月と比較すれば、それがまたブログネタになる訳です。

満月期はあまりやることがなくなっちゃうのですが、これでネタ切れ解消策の一つにはなるでしょう(^^;

2016年11月15日 (火)

今日の星空 (スーパームーン)

満月の昨日は全く見られませんでしたので、天気予報通りに今日は見られるのかと期待していましたが・・・。
_dsc5659

晴れませんでした。

十六夜月でも大きさが分かるかなぁと思っていたのですが。

タイミングよく雲が薄いところに来た時に撮りました。
_dsc5655

記録しておいていつの日か小さい月と比較でもしようと長期計画を目論んでいましたが、そんな気は消え去りましたよ。

比較するにはどうするのかな?

南中する時間に決めておいた構成で撮影するのかな?

大気の影響を極力排除するにはそんな感じですかね。

こちらでは0時37分ごろなので一応スタンバっておこうかな・・・GPVによると天気は良さそうなんだけど・・・あまりあてにはできませんしね。

2016年11月14日 (月)

番外編 (富士山を見て思う事)

スーパームーンは見られませんね、残念。

最接近のスーパームーンは68年ぶりになるそうです。

次は18年後だとか・・・。

でもね、満月ではないけれど明日はほぼ同じ大きさの月が見られるそうですよ。

晴れるらしいので双眼装置を使って堪能しようかな?



ネタがないので今日は以前からずーっと思っていたことを書いてみます。

どーでもいいネタですよ(^^;

それはね、海岸から富士山を見ているといつも考えることなのですが・・・。
Mt_fuji1

写真では沖堤の背景にある愛鷹連峰のことなんです。


これって富士山のような大きな単独峰があった跡なんじゃないかって事です。

つまりこういう事。
Mt_fuji2

富士山の5合目辺りから上をそのままスライドして合成してみたんですが、偶然にもほぼ裾野はピッタリ。

同じことを思う人はやはりいらっしゃるようで、富士山に纏わる言い伝えでそれを思わせるような話が残っていると書いてありました。

実際、愛鷹山ではないのですが古富士という山があったことはテレビでもやっていました。

でも、その番組で言っていた古富士の位置は愛鷹山の事ではなく、今の富士山に寄り添うようにあったそうです。(古富士が先に有ったのだから寄り添っているのは新富士か・・・)

こんな感じ。
Mt_fuji3

画像は縦に伸ばしたので不自然ですが、今の富士山はもっと低かったそうですよ。

宝永山の一部に古富士の地層が露出しているとのことです。

古富士は富士山に押されて山体崩壊し御殿場側に崩れたと言っていました。


富士市のHPにも愛鷹山は大きな活火山だったとあります。

その頃は富士山はなく、古富士と愛鷹山が並んでいたそうですよ。


この景色を眺めながら大きな山があったんだろうと考えていたことは、強ち外れてもいないのかも知れません。

2016年11月11日 (金)

今日の野鳥 (迷い鳩、カンムリカイツブリ)

車の修理が終わりました。

快適なハンドリングが戻ってきましたよ。

ポンプの異音も無くなり気分が晴れました。

パワーステアリングポンプだけのつもりでいましたが、オイルタンクと低圧側のパイプなども交換しておきました。

保証もついていますので安心です。


オマケも付いてきました。

修理のためにバッテリーのターミナルを外しコンピュータがリセットされたおかげなのか、パワーシートのポジションメモリが復活しました。

パソコンの具合が悪くなった時に再起動すると直っている・・・みたいなことでしょうか?ディーラーに修理に出さなくてよかったよ。

危うく4万円損するところだった。


最近のディーラーのサービスマンってレベル低くないですか?

今回の事だけじゃないんですが、なんかね、こちらが説明していることが伝わらないっていうのか、以前に居たベテランさんみたいに打てば響く感じじゃないんです。

こういう事例ってたぶん情報としてあるんじゃないかなぁ・・・どう点検したのかわからないけれど、ユニット交換で4万円ですって見積もり出す前にもうちょっとやれることってないの?

以前は車検に出すなら絶対にディーラーでって決めていたんですけど、あまりに頼りないのであのベテランサービスマンさんが居なくなってからは考え方が変わり始めています。

オー○バックスのCMで「車検後の安心は・・・」ってのがありますが、以前なら何言ってんのって笑い飛ばすところですが、現在は信頼できる町工場をどう探したらいいのかと考えています。

今後は、何かあったら今回お世話になった町工場さんに相談しようと考えていますよ。


最近、愚痴ることが多いね・・・。



先日、迷い鳩に出会いました。

いつも海岸にいるドバトの小さな群れに紛れ込んでいました。

足環を見ようと写真に撮りましたよ。
_igp0831

_igp0809

この子のつけている足環は日本鳩レース協会の物みたいです。

昔、うちでも鳩を飼っていましたので鳩舎に入ってきていれば保護は簡単ですが、こんな所ではそうはいきません。

何日もここにいるようなら飼い主さんに連絡しようかとも考えましたが、その日限りで見ることはありませんでした。

きっと福島の自分の家に帰ったんでしょう。

ここ数日、ハヤブサが獲物を求めてさまよっていたことだけが心配です。




港のカンムリカイツブリが運河まで入ってくるようになりました。

これで、タイミングが合えばすぐ足元で撮影することが可能になりました。

とりあえず10mほどの距離でブルブルするところを・・・。
_igp0874

こちらはGIFで連続物。
K_k

カイツブリって見ていて飽きないですね(^^;

2016年11月10日 (木)

番外編 (ミニボーグ71FLとミニボーグ50の光源回りを比較 その2)

キャベツが高いですねぇ。

白菜はもっと高い。

関東あたりですごく高いのはニュースなんかで知っていたけど、地方にもその波が来ました。

つい先ごろまで一玉130円前後で買っていたのに、1/2カットで250円ぐらいになっちゃったよ。

白菜なんて1/4カットで300円越え。

大手弁当チェーン店では付け合わせの野菜サラダが少量の小松菜の御浸しになっちゃったよ。

ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ


REGISTAXも使えなくなっちゃって困っています。

いつから使えなくなったのか?

Windows10にアップグレードされてからかな?

いや、その後ブログに土星とかアップしているので、OSの更新のタイミングでどうかなったのかな?

旧バージョンを入れたり、photoshop7みたいにディスクの空き容量が1TB以上あるとエラーになるのかもと別ドライブで処理してみたりしましたが駄目です。

AutoStakkert!2も使えません。

昨日、雲のない空に出ていた月はスッキリ見えたようだったので表題のテストのついでに月も撮ってみたんですがどうにもできませんでした。

面倒だけど覚悟を決めてWindows7を再インストールしようか・・・録画マシンを復活させるかな?ただし、ノートPCがなくなっちゃったので録画専用ではなく兼用マシンですね。

それとも、リビングのWindowsXPマシンをREGISTAX用に使いますかね・・・。



本題ですが、雲が掛かっていなかったわし座のアルタイル&こと座のベガをBORG71FLとBORG50で撮り比べてみました。

明るい星周りのハロの具合を見たかったのです。

JPEG画像にリサイズ&レベル補正&トーンカーブ調整を加えています。



アルタイル。

BORG71FL。
Borg71fl_altair2

BORG50。
Miniborg50_altair


ベガ。

BORG71FL。
Borg71fl_vega

BORG50。
Miniborg50_vega


BORG71FLでもかなりハロがありました(^^;

やっぱ明るい星は出るんですね。

センサー前に置いた光害カットフィルターとかレデューサとかと干渉しているのかもしれませんが、そこはもうどうしようもない。

BORG50は考えていたよりも悪くなかったという結論です。


先日オリオンのベルト付近を撮った時に燃える木星雲を隠してしまうほどアルニタクの影響が出ていたのは大気のせいもあったのかもしれないなぁ。



葉物野菜がびっくりするぐらい高くなっちゃうほど天候不順が続いているので、その合間に星を撮ってもダメなのかもしれないですね。

2016年11月 8日 (火)

今日の港 (練習帆船「日本丸」)

まぁ、どうでもいい事なんですが「リンガーハット」って行きますか?

自分はチャンポン麺を食べたくなると足を運びます。

本場長崎のチャンポン麺は食べたことはないのですが、たぶん、同じ感じですよね?

かなり好きですよ(^^;

それはともかく、「リンガーハット」のコショウってすごく効きません?

自分はいつもあれで失敗しちゃうのです。

よく行くラーメン屋さんのコショウのつもりでかけちゃうとすごく辛いのです。

ついつい手がパパパッと振っちゃうんですよ。

よく行くラーメン屋でもコショウを使うラーメン屋さんとそうでないラーメン屋さんとあるのですが、「リンガーハット」の場合はコショウを使いたいのです。

だけど、良く効くコショウだということは、振ってから「アッしまった!」と気が付くのです。

あのコショウ、市販されているのかなぁ?

出来たら購入したいです。



昨日から清水港沖に練習帆船「日本丸」が投錨しています。
_dsc5502

昨日は風がとても強い日でした。

でも、空気は霞んで富士山もよく見えません。

今日も天気は良くなくて晴れ間が時々顔を出す曇天でした。
_dsc5516

_igp0839_2

ネットで調べてみると、今週末に田子の浦港でイベントがあるようです。

結構早くから付近に来て準備しているんですね。



急に風が強くなってきて、ふとルームミラーを見たら、車の後ろでつむじ風が起きていました。
_dsc5576

小学生の頃はこういうのを見ると喜んで突っ込んでいきましたが、さすがにこの歳ではそんな気は起きませんね(^^;

2016年11月 6日 (日)

今日の星空 (ぎょしゃ座の星雲、オリオン座の星雲)

おうし座流星群はどうでしたか?

こちらは天気は悪くなかったですね。

光害の影響を受ける方向は明るい星でも見えにくかったので霞んではいたのかな?

でも、出掛けた造成地から見える北の空は肉眼で二重星団の位置が分かるぐらいだったのでまぁまぁだったのではと考えています。

流星は評判通り多くはなかったですねぇ。

それでも一昨日と今日、明るい流星に出会えました。

しかも今日のは流星痕が肉眼でも確認できました。

0時43分ごろ北極星の西側を縦に流れましたよ。

あまりの見事さに願い事を言うのも忘れ見惚れていました。


さて、久しぶりのまぁまぁの星空、逃すまいと月が沈んでから出掛けました。

造成地から狙えるのは北西から南東に掛けての空で、それも端の方ではない方が状態はいいというポイント。

オリオン座あたりは港湾施設のライトの影響が出ますが、高度が上がればまぁまぁかなって感じ。

9月に中古購入したミニボーグ50での撮影をテーマにしていました。

メインはぎょしゃ座の勾玉星雲あたり。

ここは撮ったことがありませんでした。

さて、どんな感じかなと撮影開始です。
M38_isomix_34m30s_1fl
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO1600-3200 Total:34m30s LPS-D1 Skymemo-S)

勾玉星雲を炙り出すにはもっと露出時間を稼がないと駄目みたい。

しかし、M38の近くにこういう星雲があるとは知りませんでした。

フリーのプラネタリウムソフト「stellarium」で「どこがいいかなぁ」って探している時に「あれ?前はここに星雲は登録されていなかったぞ」と見つけたのです。

「ステラナビゲーター10」では使い方が分かっていないのもあって星雲を探すのは難しいのです。(画像が表示されなくて枠しか表示されないのでイメージが湧かない)

直観的な使い方では「stellarium」に分があります。

ただ、このソフト、デスクトップを独占してしまうのです。

画面の切り替えが出来ず、「そんなはずはない、何かで切り替えられるだろ」と探ってみましたがワ・カ・ラ・ナ・イ・・・。


それはともかく、また、じっくり狙ってみたいです。


そうこうしている内にオリオン座がかなり高い位置まで昇ってきていましたので、燃える木星雲やオリオン大星雲にたっぷり時間を使ってみようという気になりまして・・・。
M42_iso1600_1h4m_32fr_1fl
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO1600 Total:1h4m0s LPS-D1 Skymemo-S)

こっちの空は雲でもあったのか?

明るい星の周りにハロが出すぎじゃん・・・それともこれが実力かな。

一番上の写真ではいい感じにソフト効果があるなぐらいに思っていたのですが、もっと明るい星ではこうなっちゃうのか、それとも天気か・・・。

この問題、いまだ結論が出ません。(たぶんこれが実力だと思ってます)

結果がハッキリわかる天気になってちょうだいよ・・・。


撮影の間、三脚に双眼鏡をセットして星空を流していたのですが、いくつか流星が見られたので久し振りにナノ・トラッカーをこの三脚にセットして初代NEX-5で撮影してみたのですが・・・。
Testsigma24_120s_fl1

写らなかったし、眼視用の光害カットフィルター(kenko LPR type1)は、やはり、色の調整が難しくて処理の続行を断念しました。

未改造のNEX-5Nで撮影すればよかったよ(^^;



さて、今日も昨日と似たような天気、撮影に行くべきか否か・・・。

2016年11月 4日 (金)

今日の星空 (アンドロメダ銀河M31)

出費って重なりますね・・・。

昨日の朝、突然自室のテレビが壊れました。

古いプログレッシブTVで画面上部の走査線が1/5ぐらいまでおかしくなっていたので、もういつ逝くのかカウントダウン状態でしたが、朝の情報番組を見ている時「プツン」と画面が切れ、続いて「ドン・ドン・ドン」とリレーか何かが連続して振動し続けるのです。

逝ってしまいました。


ずーっと買い替えなきゃなぁと思ってアタリはつけてあったのですが、液晶テレビって画面が綺麗じゃないじゃないですか。

プログレッシブTVと比べるとザラザラ感が目立つし、動きの速い場面では変な残像が気になって決断できずにいました。

4KTVとかだったらいいのかもしれませんが、自室のTV台&部屋のレイアウトからサイズは限定されます。

今のテレビなら32インチ(ちょっと前までは32インチすら置けなかった)がギリギリです。

32インチだとフルハイビジョンとハイビジョンの差はあまりないと言いますが、店頭で並べて見たらその差は歴然。(プログレのブラウン管の方が綺麗ですけどね)

一番安いフルハイビジョンの液晶テレビを急遽購入しましたよ。

以前の28インチプログレッシブTVとほぼ同サイズ、ただし、対角線で4インチ画面が大きいので、今、新鮮な気持ちでTVを見ています。

日中まで残っていた50kgのブラウン管TVを2階から一人で撤去した影響の筋肉痛は何とか治まりました(^^;

昔はそのぐらいの重さは何ともなかったんだけどなぁ・・・。


そのTV、購入した量販店にリサイクルに出そうとしていたら、タイミングよく廃品回収業者が家の前に停まりました。

中東の人?流暢な日本語を話す外人さんでした。

2,000円でいいと言うので「ホントにちゃんと処理するのか?」と一抹の不安を感じながらも、その重さにうんざりしてたところだったのでお任せしちゃいました(^^;

これでよかったんだろうか・・・その時、既に腕がプルプルしていたので渡りに船でしたよ。


残った問題はTVのインターフェースが新しいため、AVアンプとの接続が映像信号に関して手持ちのケーブル類では出来ないことです。

おいおい解決していきます。


車の出費(パワステポンプ)は4万円以内で話がつきました。

ディーラーさんに頼んだとすると、今回のお買い物(TV)と合わせても1万円以上高かったのでいい業者さんが見つかってよかったです。




ようやく本題です(^^;

スッキリした夜空には出会えませんが、合間を縫って撮影してきました。

アンドロメダ銀河。
M31_iso1600_2m50s_12fr_fl
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO1600 170秒X12枚 LPS-D1 Skymemo-S)

この時、この方向しか雲の関係で撮れなかったのですが、合わせてミニボーグ50に対物絞りを入れた効果の確認もしました。

どちらもJPEG画像にレベル補正・トーンカーブ補正・リサイズを同じように掛けてあります。

対物絞りなし(F4.25相当)
_dsc6335

43mmステップダウンリングにて絞った状態(F4.94相当)
_dsc6337

夜景ではハッキリ効果が確認できますが、星相手には周辺減光の改善と多少星像がキリッとしているぐらいですかね。

そのぐらいの効果でも、スカイメモSで星が流れない範囲で露出時間が増える程度で済むことなので絞った状態での撮影を今後も続けていきます。

多少とはいえ効果がある方がいいもんね。


今日も日中はいい天気だったのに、日が暮れてから雲に覆われてきました。

これから月が明るくなっていくので、まだしばらくはいいですけど、次の新月期はスッキリした夜空に出会えるように期待しています。

2016年11月 2日 (水)

今日の野鳥 (カンムリカイツブリ)

三菱自動車の再出発CMで望遠鏡の向きがおかしかったシーン、カットされたCMが流れていました。

一昨日見たのですが、「あ、カットされてる」ってすぐに気が付きました。

「カットするだけかよ」とも思いました。

余分な予算がないのかもしれませんが、そこは意地に掛けても撮り直して修正してほしかった。

見る人が見ればわかるのですから・・・。


「結構指摘されたのかな?」とググってみると・・・あ~ニュースにもなってたんですね。

10月8日から流され9日には顧客から指摘があったらしいです。

15日から問題のシーンをカットしたCMに変更されたらしいのですが、あのCM、そんなに頻繁には見る機会がないので、自分は一昨日初めて見たのです。

事の顛末を面白可笑しく書いているサイトやYouTubeなどを見ていると「そんなの気が付かないよ」とか「プロでないとわからいよ」という援護射撃もありますが、自分はやっぱり三菱自動車がそれに気づかない事自体に疑問を感じますね。

自分はプロではないですが、CMを初めてみた見た一瞬に違和感を抱いて何が違ったのか何となく分かりましたよ。

ましてや三菱自動車は見上げるプロジェクトを実施している企業です。

それがあってのあのシーンだと、誰もが思うでしょ?

担当部署が違うとか現場で判る者がいなかったとかのコメントが出ているようですが、なんだかなぁ・・・ですよね。

当ブログではこれを批判する目的は一切ありませんが、星空を見上げることが好きな人間の一人として残念に思います。





近所の港は冬の水鳥で結構賑やかになってきましたよ。

今年はオオバンがかなり多いです。

って、毎年カウントしている訳ではないので、そう感じるってことなんですけど。

カンムリカイツブリやハジロカイツブリは少ないですね。

カンムリが2羽ぐらい、ハジロに至っては居なくなっちゃいました。

まだこれからかな?

そのカンムリカイツブリですが、もうちょっとで岸ギリギリまで寄ってきそうです。
_igp0763_2

_igp0772

10メートル前後ぐらいまで来ていました。

岸壁直下まではもうすぐですよ。

2016年11月 1日 (火)

今日の星空 (カシオペヤ座α星周辺)

あ~おっさんになったなぁ~とつくづく実感しました。

今話題の「ピコ太郎」・・・YouTubeを見たのですが何がそんなに話題になるのかさっぱりわかりませんでした。

「8.6秒バズーカー」を見た時も何も反応できず、面白くもつまらなくもなく何も感じなかったのですが、その時と全く同じでした。

あ~感覚が鈍りまくっちゃったんだなぁと淋しくなりましたよ。


財布も淋しくなりそうです。

マイカー(言い方が古いか?)があちこち傷みはじめてお金がかかりそうです。

今日、ディーラーで診てもらったのですが、パワステポンプはやはりダメそうです。

加えて、シートメモリー(座席の位置のメモリー)機能が先日効かなくなり、単純にスイッチ類の交換だけで済むだろうと思っていたのですが、ユニット交換でしか対応できないらしく約4万円の見積もりを頂きました _ノフ○ グッタリ

う~ん、参った。

どうせお金を使うならオートガイダーに投資をしたいよ・・・。


落ち込んだ気分は星を撮って盛り上げようと18:30~19時ぐらいまでの僅かな間見えていたカシオペヤ座のシェダル付近を先日のリベンジも兼ねて撮影しました。

絶えず薄雲が流れて来ていたので「ミニボーグ50」のテストになってなさそうな気がしますが、気分転換にはなりました。

一番良さそうな写真、JPEG撮って出し(リサイズのみ)です。
_dsc6323
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG 165秒 ISO1600 LPS-D1 Skymemo-S)

空の条件はいいとは言えませんが明るい星周りのハロはこんなものなのかな?

もっと抑えられているといいのですが、思ったよりも酷くないのも事実。

若干の対物絞りを入れている効果なのかな?

開放で撮ったらどうなるのか、天気が良くなったら比べてみたいものです。

でも、ボーグ55FLを手に入れるまではこれで十分楽しめそうです。


雲に隠れるまで11枚撮りました。

DSSでその内の8枚を処理してみました。
Schedar_iso1600_285s_8fr_fl

上の1枚モノのRAW画像をDSSで現像した写真はこんな感じ。
Schedar_iso1600_285s_1fr_fl

NGC281の散光星雲はやはり枚数稼いだ方がハッキリしますね。(当たり前か・・・)


さて、気分転換も出来ました。

車の修理はリビルトパーツ&中古パーツを探して安く上げようと決心しましたよ。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »