« 番外編 (ステレオ写真のテスト)とオマケ | トップページ | 番外編 (今年もバードケーキを庭に出しました) »

2017年1月21日 (土)

工作室 (スカイメモS用微動雲台の改良PARTⅡ)

今回買ったノートパソコンですが、ディスプレイの設定があまりできません。

前に使っていたノートパソコンはそれほど違和感を感じなかったので調整せずに使っていましたが、今度のはちょっと薄いというか冷めた感じなのです。

デスクトップPCで画像処理してアップロードした画像が、このノートパソコンだとちょっとイメージが違うんですよね。

そこで調整を試みたんですが・・・単体の液晶ディスプレイだといろいろ設定できるようになっているのにノートパソコンだとこんなもんですかね。

トーンカーブ調整みたいなのがあったのでそれで調整しましたが色温度みたいな調整ができたらいいのになぁって思いましたよ。


月が昇ってくる時間が遅くなっていい感じの夜空になりそうな週末なのに雲に覆われちゃって残念です。

日中、週末の買い物が終わってから以前取り上げた表題の件、少し手を加えました。

元々の状態はこうなっています。
_dsc3301_2

それをこんな風にしました。
_dsc6599

青○が変更後。

その変更したネジに手を加えたのです。

まずは白いユリアネジ部の構成。

元は六角ボルト+樹脂製ワッシャーという構成ですが・・・。
Dscn6149

ユリアネジ+バネワッシャー+ワッシャーという構成に替えました。

こうなります。
Dscn6150

次に微動ネジ部。

購入したままではネジ頭がまったく調整されていないので、極軸合わせの際に抑えのユリアネジ部を締め付けても照準が多少グルグル回転します。

なので、ネジ頭をこのように調整します。
Dscn6153

元の微動ネジもこのように調整されていました。

自分のは山の部分が偏芯していたので、買ってすぐに不具合に気が付いて調整しなおしましたけどね。

これで、超快適に微動できます。

極軸設定も超スムーズ。

買ったままではこんな動きは出来ないでしょ?
Dscn6154

Dscn6155


大した力を入れずとも快適に微動できますよ。

同じものをお使いの方はこのように改良することを力一杯お勧めします。

もっといい方法があるかもしれませんけどね・・・。

« 番外編 (ステレオ写真のテスト)とオマケ | トップページ | 番外編 (今年もバードケーキを庭に出しました) »

Skymemo-S(スカイメモS)使用記」カテゴリの記事

工作関連」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
最近モニターによって自分の写真に見え方に差があると気になっていました。
調べてるとモニターのカラーマネジメントというのでしょうか?いわゆる正しい色にというやつです。
正確に調整しようとすると、センサーとかが必要だったりモニターにそういう機能がいるらしいですね。

自分のモニターにはそういう機能がなかったのですが、calibrizeというソフトである程度?調整できるようで最近それで調整しました。
正確に調整できたかはわかりませんが、全体的に暗くなって落ち着いた感じになりました。
とりあえずこれが我が家の標準だといい聞かせてます(笑)

早速試してみました(^^;)
結果、元の設定で合っているようでコントラストもブライトネスも元の数字に落ち着きました。
だけどやはり違うのです。
こだわるのなら調整機能を持つ単体のディスプレイを使えってことですね。
現在の設定のまま我慢することにします。
このディスプレイで編集した画像は単体のディスプレイで見た場合どうなっちゃうのか自分の環境で試してみます。
その結果を感覚的に覚えておくしかないですね、きっと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593299/64792603

この記事へのトラックバック一覧です: 工作室 (スカイメモS用微動雲台の改良PARTⅡ):

« 番外編 (ステレオ写真のテスト)とオマケ | トップページ | 番外編 (今年もバードケーキを庭に出しました) »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
無料ブログはココログ