« 番外編 (庭に来るスズメ) | トップページ | 番外編 (LEDヘッドランプの修理) »

2017年3月13日 (月)

物欲 (VANGUARD社製双眼鏡 「ENDEAVOR ED 8420」)

宅配便がオーバーワークで送料が値上げになるみたいですね。

問題の一つになっている時間帯指定ですが、自分はあまり使いません。

というより、宅配ではなくセンター止めを多用します。

そちらの方が自分の都合に合わせて受け取れるので便利なんですよね。

そういった要望を受けてくれない送り主もいらっしゃいますが、その場合はやむなく時間帯指定で確実にいる時間帯を指定します。

再配達なんて、自分が宅配業者だったら絶対嫌ですもんね。

ニュースを見聞きしているとわざと居留守を使って受け取らず、再配達伝票を確認してから再配達させる人もいるみたいでビックリですよ。

どんだけ治安が悪くなってんの?

過剰防衛じゃないのかな?

そもそも宅配ではなくセンター止めにすればいいじゃん。

もしくはコンビニ受け取りとか、もうちょっと買う側が考えれば済むことだと思うんですけどね。

自己中心にものを考えるような嫌な世の中になって来ている気がしてなりませんよ。




ところで、そのセンター止めにて前回書いた双眼鏡が届きました。

「VANGUARD」っていうとカメラバッグだとか三脚だったりアウトドア向けのアクセサリーの会社ってイメージを自分は持っています。

少なくとも光学機器のイメージはないですよね。

もちろん前から双眼鏡など扱っていることは知っていましたよ。

だけどその会社の双眼鏡を自分が買うとは思ってもいませんでした。

買ったとは言っても型落ちだし、お店の長期不動在庫ですから、現行モデルではありません。

現行モデルは「Ⅳ」になっていますから・・・。

だけど、EDレンズ/フェーズコート/マルチコート/窒素封入防水防霧など当時の最高技術が投入されたモデルであることに変わりはありません。

そしてその技術は現在でも十分に有効なのです。(もちろん今のは更に進化していますけど)

商売的に競争力は下がっても、その商品のポテンシャルが下がったわけではないと、自分は考えるタイプなので最新モデルを買うことは少ないんです。

貧乏性と言ってしまえばそれまでですが、新しい技術を価格が吊り上がっているときに買いたくないのですよ(^^;)


さて、貧乏人のゴタクはこれまで。


今更これを検討する人はいないと思うので、中古で買う際に参考になれば幸いです。

現物はこんなのです。
Dscn6250

本体/専用ケース(しっかりした良いモノです)/ストラップ(ネオプレーン製)/専用クロス/保証書の一式です。

型落ちとは言え新品ですから保証が適用されます。

その保証は永久保証です。

ストラップを付けたままケースには収まりませんが、ストラップはワンタッチで外せてケースのストラップと繋げられる(ショルダーバックみたいになる)ようになっていて機能的です。

保護キャップ。
Dscn6251

対物レンズはフラップ式、接眼側はフレキシブルなゴムでつながっているストラップに通せるタイプで失くさないような工夫がされています。

フロントのブリッジにカメラネジが隠れていますので三脚も利用できます。

アイカップはクリックストップではなく独特な動きで3段階に伸縮します。
Dscn6252

普通は回すことで伸縮し、クリックストップorフリーストップになっているのですが、これはフリーで回していくと、回しているのに伸びなくなる区間があるのです。

更に回すとまた伸び始めて次の段階へ・・・という感じです。

視度調整はロック機構が付いています。

センターフォーカスのダイヤルは最短~無限遠間で270度、つまり、1回転もしません。

後継機種の「Ⅱ」に至ってはその半分の135度しか回らないのです。

素早くピント合わせができるようにという配慮のようですが、135度では微調整は難しそうですね。

人によっては敬遠される中国製ですが、質感はとても良いです。

最新モデルの「Ⅳ」はプリズムにSK15を使って倍の価格帯へと移行しましたので、BAK4プリズムの「Ⅱ」モデルが評価も高いし狙い目かもしれませんよ。(ⅡのEDレンズは日本製を使っていると明記されています)

このメーカーのモノは他の有名どころのモノと機能的には同等でも価格の下がり方はかなり速いみたいなので・・・。

さて、後は実際にフィールドで使ってみないことには何もわかりません。

天気が回復しそうな週末が楽しみですよ。

« 番外編 (庭に来るスズメ) | トップページ | 番外編 (LEDヘッドランプの修理) »

機材」カテゴリの記事

双眼鏡」カテゴリの記事

コメント

宅配便、過剰なサービスして、結局破綻しちゃうって困ったパターンですよね。
センター止め、コンビニ受け取り、再配達アリとかで価格差をつけちゃえばいいのではないかと。
基本はセンター止めで、コンビニオプションとか自宅配達オプションとか。
基本料金は今より格安だけど、自宅配達オプション付けると割高とかね。

まさか居留守で受け取らない人が出るなんて思いもしなかったでしょうし、始めたサービスで窮地に陥るなんて予想もしなかったでしょうね。
結果的にニュースになって料金値上げの大義名分も出来たし、現場は混乱したでしょうがいい感じに収まるのではないでしょうか?

バンガードの双眼鏡だと中の下?だったSpirit XF 1042というのを持ってます。
個性的なデザインが私的にツボで値下がりを待って購入しましたが、
(フジノンKFとかもデザインがツボで買い集めたパターンでした)
ケース共用のストラップシステムとかも面白いですし、見え方もまずまず。

私的経験では中国製はピントリングの動きがイマイチの場合が多かったのですが、
これはピントリングの動きがビックリするほど軽くてスムーズ。
残念ながらブリッジ間が狭く、指3本入らないのだけがちょっと惜しいけど、
私的に買ってとても満足した双眼鏡です。

気付くのが遅れました(^^;)
確かに個性的なデザインをしていますね。
ケース共用のストラップはこの双眼鏡でも取り入れられていましたよ。
バンガードの得意技なんでしょうか?

双眼鏡の持ち方は自分はちょっと変わっていて、人差し指をこめかみ辺りに当てるので中指・薬指・親指で支えています。
帽子をかぶっている時には人差し指で帽子のツバを掴んでいたりもします。
視界を安定させる為なんですがちょっと変ですかね(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物欲 (VANGUARD社製双眼鏡 「ENDEAVOR ED 8420」):

« 番外編 (庭に来るスズメ) | トップページ | 番外編 (LEDヘッドランプの修理) »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2020年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ