« 今日の港 (PFI事業船舶 高速船「ナッチャンWorld」) | トップページ | ジャンク部屋 (CANON LENS FD 50mm 1:1.4 S.S.C) PARTⅡ »

2017年3月 8日 (水)

番外編 (広角レンズでも使えるバーティノフマスクはあるのか?)

前回記事の「ナッチャンWorld」は昨日出港しました。

点検も兼ねていたのか駿河湾内を非常にゆっくり進み、今朝確認した時にはまだ御前崎付近にいました。

詳細データを見ると確認した時間より少し前からスピードあげて(と言っても7~8ノット)航行を開始したようです。

今、再度確認すると三重県熊野灘沖を航行しています。

出港に間に合ったので写真を撮りましたが、それはまたの機会に。


さて、表題の件ですが、なんとなく使えないだろうなぁと思いながらも満月に向かっている今、時間はあるのでいろいろ工夫してみました。

今までにバーティノフマスクのパターンを生成してくれるサイトで一番細かいパターンを作成して試したものの、パターンの境目の仕切りが邪魔になってしまうことはわかっています。

そこで、フリーのキャドソフト(JWW)でパターンを作ってみました。

広角になると画角の中心以外は3本の光条ができないこともわかりました。

ならば、こんなパターンならどうだ!
Widelens_bahtinob_1

これなら中心を外してもどこでも光条ができるでしょ?

まぁ普通ピントの確認時は中央に星を捉えるので、ハッキリ言うと無駄ですが・・・パターンの境目の仕切りを細くするだけでいいような気もしましたが勢いで作りました(^^;)

どうせ複写するだけですから。

線の太さや間隔を変えて、まず2パターン作ってみて1回テストしてみましたが、細くしすぎて失敗しました。
Bah_test
(右のがサイトで生成できる一番細かいパターン)

それを踏まえて3パターン作り直しました。

Bah_p1p3

この中では左の線の太さ0.3mmでスリットの間隔も0.3mmのパターンが見え味がいい感じでした。
Bah_14mm_p1

それでも光条はハッキリしませんが3本がクロスしているのがかろうじて確認できます。
(写真右に中心部のほぼピクセル等倍を貼ってあります)

使用レンズはSAMYANG14mmで絞りは解放の2.8、対象はシリウスです。

フィルター枠の都合で58mm枠を使いましたが、パターンは82mmのモノも作ってありますので入れ替えるだけでOKです。(その場では入れ替えられなかっただけです)

バーティノフマスクの原理を理解していないので勘で作っていますが、その勘で言うとスリットの間隔だけ広げたらよくなるような気がします。


マスクを使った時と今まで通りの目視(勘)で撮影した写真で比較してみると。

マスク使用。
14mm_bah_p1

月の光が入っちゃいました。

モニターで拡大表示による目視(勘)。
14mm_mokushi

輝星周りのハロは別にして微光星を見るとマスクを使った方がピントが合っているようです。

目視の場合、小さな星ではピント確認ができないので明るい星が一番小さくなるようにピントを合わせますが、それだとハロを含めて小さいポイントに合わせることになり、ピントが合っているのとは違うということが今回ハッキリしました。
ちょっと苦しいですが何とか広角レンズでも使えそうですよ。



35mmぐらいだとサイトで生成できる一番細かいパターンの方が見易いです。

一応比較してあります。

亀の子パターン(14mmと同じパターン)のマスク使用時。
Bah_35mm_p1

サイトで生成した一番細かいパターン使用時。
Bah_35mm_test3


最後に、使用したインクジェット用用紙はプラス社の光沢透明フィルム(IT-324F-C)です。

見た感じ同社のOHPシートも透明度において変わりありません。

同社への問い合わせではフィルムの方が透明度が高いとのことでしたのでこちらを使いました。


自分が手にした一番透明な物は今は廃版になってしまった株式会社TooのOHPクリアフィルムです。

これには同等品がありNetshop.Tooで購入できますが、取り寄せ&100枚入りでしか買えません。


手間に見合う作業かどうかわかりませんが、よかったらチャレンジしてみてください。

工夫したらもっといいものができるかも?


※20171128追記
海星空さんからリクエストのあった82mmフィルター枠用のパターンを貼っておきます。
バーティノフマスクのパターン

自分の場合はプリンタ(PIXUS 560i)の設定で”普通紙”、”きれい”、”モノクロ”で印刷しました。
このプリンタは純正インクは顔料タイプで、以前、対応していないOHPシートにテスト印刷してみたところ見事に定着しませんでした。
その後、プラス社製”IT-324F-C”を購入するちょっと前にたまたま互換インクに替えていて、駄目元でテスト印刷してみたところ定着したのでビックリしたという経緯をたどっています。
その互換インクはジャンクで買った物でどこの製品なのかは全く覚えていませんが、Amazonのプラス社製”IT-324F-C”のレビューを見るとエプソンの顔料インクプリンタでも定着したという情報もあります。
とりあえず試してみる価値はあるかもしれませんよ。

※追記の追記
プリンタのインクカートリッジを外して確認しましたら「japan-ink」と書いてありました。
顔料なのか染料なのかは書いてありませんでした。
ネットで調べてみたところダイソーで売っていた商品みたいです。
HPを見ると顔料タイプのプリンタでも対応できる染料インクであると明記されていました。
染料インクなので上記のフィルムやOHPに印刷できたんですね。
互換インクの多くはどちらのタイプのプリンタにも対応できるよう染料インクを使用しているみたいです。

« 今日の港 (PFI事業船舶 高速船「ナッチャンWorld」) | トップページ | ジャンク部屋 (CANON LENS FD 50mm 1:1.4 S.S.C) PARTⅡ »

バーティノフ・マスク」カテゴリの記事

工作関連」カテゴリの記事

コメント

リュウといいます。広角レンズ用のバーティノフマスクを探していてやってきました。
アップしていただいているパターンを、本日春霞の星空で試してみたところ、ピントが出やすいことが確認できました。素晴らしいです。
実は、今度ボランティアで天体写真のトークをすることになっていまして、バーティノフマスクについても話そうと思っています。
つきましては、その際、こちらのページやアップしているパターンを紹介させていただきたいのですが、よろしいでしょうか?
お忙しいところ恐縮ですが、返信のご検討をいtだければ幸いです。どうかよろしくお願いいたします。

ご訪問いただきありがとうございます。
自分も人から教えていただいた情報をもとに試行錯誤しています。
何かのお役に立つのでしたら、ご自由にお使いください。
思い付きで作ったので理にかなっていないような気がして気恥ずかしいですが、自分なりに工夫することが大事だと思っています。
他の方が工夫してもっといいパターンが出来たら、是非、活用させて頂きたいですね(^^;)

リュウです。このページの内容を紹介させていただく件のご了承、本当にありがとうございます。助かりました。
時々、お邪魔させていただきます。今後ともよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593299/64988939

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 (広角レンズでも使えるバーティノフマスクはあるのか?):

« 今日の港 (PFI事業船舶 高速船「ナッチャンWorld」) | トップページ | ジャンク部屋 (CANON LENS FD 50mm 1:1.4 S.S.C) PARTⅡ »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ