« 工作室 (ビデオ三脚をスカイメモS専用三脚へ) | トップページ | 今日の港 (クルーズ客船「シーボーン・ソジャーン」) »

2017年5月 8日 (月)

今日の星空 (M4、M10、M12、M14)

昨夜は21時過ぎぐらいから雲のない夜空になりました。

月が明るいので星はあまり見えませんでしたけど・・・。

星が見えているならせっかく作ったスカイメモS専用三脚の具合を確認したくなるのが人情ってもんです。

23時過ぎに近所の海岸へ行ってきましたよ。

案の定、雲もないのに星はほとんど見えません。

だけど北極星は目視でも確認できたので撮影準備を始めました。

専用三脚なので雲台を付け替えたりせずサクッとセッティングができるようになりました。

ボールレベラーもいいですね!

水平出しが簡単です。


さて、何を撮りましょうか・・・星団系がいいかな?・・・メシエ天体の球状星団を撮ってみようか・・・ってことで、4つ、1枚モノですがテストを兼ねて撮影しましたよ。

M4。
M4_iso1600_60s
以下全て(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO1600 60sec LPS-D1 Skymemo-S



M10。
M10_iso1600_60s

M12。
M12_iso1600_60s

右下に写っているのはM10です。


M14。
M14_iso1600_60s


三脚の耐荷重が3kg減って7kgになりましたが、自分の機材では問題がないようです。

とても安定していました。

車に積んでおく三脚が1本増えたことはマイナスですが、使い勝手は凄く向上しました。

スカイメモSの微動雲台に不満を抱えている人には、ちょっと特殊な例かも知れませんが参考になるかもです。

ヤフオクをチェックしていい出物があったら手に入れておくときっと役に立ちますよ。



三脚の耐荷重は減ったものの全体として剛性感はかなり上がった感じです。

ピント合わせでミニボーグのヘリコイドを回すとき、今までとモニター内の星像の揺れ方が全く違うのです。

前のガイドマウントを利用した微動雲台に無理があったかな?

純正の微動雲台の使用感は今となっては思い出せません。

ただ、確実に良くなったと感じました。

« 工作室 (ビデオ三脚をスカイメモS専用三脚へ) | トップページ | 今日の港 (クルーズ客船「シーボーン・ソジャーン」) »

Skymemo-S(スカイメモS)での作例」カテゴリの記事

メシエカタログ」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593299/65250969

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の星空 (M4、M10、M12、M14):

« 工作室 (ビデオ三脚をスカイメモS専用三脚へ) | トップページ | 今日の港 (クルーズ客船「シーボーン・ソジャーン」) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ