« 今日の星空 (M19、M62、M80、M107) | トップページ | 今日のぶらり写真 (新顔の野良猫) »

2017年6月 7日 (水)

物欲 (双眼鏡 nikon 9X35 7.3゜) とオマケの子猫

いつもの海岸にいるママ猫が子供を連れて来てくれました。
_dsc9430

しばらく前に産んだようだったので、今年はいつ連れて来てくれるのかなぁと楽しみにしていました。

この日のママ猫はおやつを食べに来たのかと思ったら食べずにどこかへ行っちゃいました。

珍しいこともあるもんだと不思議に思っていたら、その内に草むらからガサガサと何かの気配がしてきました。

何だろうと不思議に思っていたのですが、他の大人の猫がおやつを食べ終わっていなくなったら出てきましたよ。

なるほど、子猫がガサガサ動いていたんだな、と納得しました。

今年も4匹。

去年も4匹でした。

雄雌は分かりませんが、色合いからして♀3匹、♂かも?が1匹。

これも去年と同じ構成。

去年との違いは尻尾の長い子は1匹しかいないこと。

去年は4匹ともに長い尻尾の子達でした。

もう離乳の時期でしょうから大人と同じおやつを出してあげたら何の迷いもなく食べだしましたよ。

もちろん、ママ猫が何かの合図(鳴き声)を出してから食べ始めました。
_dsc9435

一番体の小さい子はママ猫の合図も待たずにさっさと食べ始めて、この子達が食べているときには草の上で眠り始めていました。

何匹が無事に育つのでしょうか?



今日の本題はヤフオクでゲットした双眼鏡です。

ネタに困ったらこの話題にしますなんて前に書きましたが、もうネタに困ったのもありますが、思ったよりも良いモノだったので嬉しくなっちゃったんですよね。

こんなのです。
_dsc9442

専用ケースとストラップが付いていました。

レンズキャップはありませんでした。

どんな双眼鏡かというと・・・。
_dsc9458

9倍の双眼鏡なのです。

しかも日本光学ではなくnikonブランド。

前に「8X30 8.5゜」で悩んでいるって書いたんですが、ヤフオクをチェックしていたら9倍がある事に気が付いたのです。

9倍なら自分のラインアップにはない双眼鏡なので持っていてもいいなぁって思ったんです。

12倍も持っていないけど10倍超は使うのに困りそうなので・・・。

選んだ理由は他にもあって、ゴムなど劣化の早そうなパーツを使っていない事が大きな要因となっています。


まずは外観をチェック。

表。
_dsc9462

皮シボに打痕のようなものがありますが表面だけのようです。

裏。
_dsc9463

表裏っていうのも変な表現ですが。

対物レンズ。
_dsc9455

右側の対物レンズ内側に曇りがありました。

そこだけクリーニングをしました。

接眼レンズ。
_dsc9456

他のレンズは綺麗な状態でした。

プリズムにも特に気になる曇りやカビはありません。

他の金属部にも腐食や塗装の痛みなど目立つものは無くきれいな状態です。
_dsc9460

_dsc9464

_dsc9469

_dsc9471

蝶番前面にカメラネジは装備されていません。(化粧ネジを外して確認しました)

ピントダイヤルの汚れはケース内側の生地の繊維が付着したもののようです。

細かいところの清掃はもう少し使ってみてからしてあげようと考えています。


星空はまだ見ていないのですが、夜景で確認してみたところ、10倍ほどではないにしろやはり手ぶれが気になります。

脇を絞めてしっかり固定しなければなりませんね。

しかし、見え味は期待した通り素晴らしいです。

何年前の製品なのか情報もあまりない機種なので調べようが無くコーティングなどどういう処理がされているのか不明ですが、下のフジノンよりもいい感じです。

今時のダハ8X32(フジノンKF 8X32H)の双眼鏡と並べてみました。

_dsc9472

ポロなので幅はあります。

でも対物レンズが若干離れていることで、ダハよりも少し立体感が感じられます。

右のフジノンよりも良像範囲が広いです。

フジノンは7.5゜、対して7.3゜と倍率は違うけれど見える範囲はほぼ同じです。

そして重さもほぼ同じ。


いまはダハが主流となったようですけど、昔のポロでも良いモノは良いですね。

当時の価格は分かりませんが、これが4,500円、高いのか安いのか・・・自分は安いと感じました。

今時のエントリークラスの1万前後の双眼鏡よりも遥かに良いモノが安価に手に入りますけど、初めて買う人はメンテナンスなんてできないからエントリークラスを買っちゃうんですよね。

自分もそうでした。

最初に買ったニコンのSPRINTⅣなんてこれと比べたらおもちゃですよ(^^;




しばらく使ってみてからのことですが、メンテナンス計画は・・・。

 ・自分好みに光軸調整
 ・視度調整用ヘリコイドの抵抗が軽いのでグリス替え
 ・各部清掃
 ・サスペンダー用バックルの作成
 ・レンズキャップの発注or自作

なんてことを考えています。

« 今日の星空 (M19、M62、M80、M107) | トップページ | 今日のぶらり写真 (新顔の野良猫) »

双眼鏡」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

コメント

以前、ケンコージャンクについて突っ込み入れた者です。
今回も双眼鏡関連の検索でこちらに辿り着いたのですが、
投稿内容のマニアックさにビックリです。
尊敬します。

ちなみにレンズキャップはどうされましたか?。
ニコンのレンズキャップは安価&ネット注文可も多く助かってます。
うちのジャンクのKF8x32Hは自作しましたが見た目がちょっと…。

あと他記事を拝見したところ、ちきゅうやブルーインパルスの飛行など、
何やら地元の話題が書かれているような(マリンパルリスナーです)。

再訪いただきありがとうございます。

レンズキャップは材料だけ買った後そのままになっています(^_^ゞ
部品取り用のジャンクを入手し、実はそちらも自分なりの整備を施し不自由無く使えるレベルになっていることもあって保護袋に直に入れて使っています。
どうしようもない傷がついたらパーツ交換すればいいやと。
サッと見たいときのキャップの煩わしさもないし。


なんて、ほんとのところは、どうやら部品扱いで安く買えるらしいとの情報を見てやる気が失せてしまったという状況です。
取り寄せの可否については調べていませんけどね(^_^ゞ

なるほど、自分でメンテ出来るとなれば、そういう割り切りも出来る分けですね。
私的に他の方が作った自作レンズキャップに興味があるので、
もし製作されることがありましたらお披露目して頂けるとうれしいです。
(双眼鏡のレンズキャップを自作という人はあまりいないようなので。)

純正キャップ類は補修パーツ扱いで入手可能な場合もありますが、
生産終了後の機種についてはあまり期待出来ないかも知れません。
以前、モナークX 8.5x45用接眼レンズキャップをビックカメラ.comで
購入したことがありますが、今、見たら注文できなくなってました。

中国方面に強い超絶双眼鏡マニア?の方にも相談してみましたが、
キャップ類については入手性は良くないようです。

やはり古いモノの部品はもうありませんかね?

確かにキャップの自作ってのはあまり見かけないですね。
なるべく安く&簡単に作りたいので100円ショップで手に入る材料で作ろうと考えていました。
樹脂粘土で型を取り、イロプラというプラスチック粘土でキャップを作る構想ですが、なにぶん構想だけですのでうまくいくのかどうかわかりません。

樹脂粘土は別の目的で買った手びねりプラスチックを使ってもいいかなと思っています。
イロプラは80度の温度で柔らかくなってしまうところが、車内に置いた場合心配ですが、別の用途でイロプラで作ったモノは特に問題は起きませんでした。
成形も簡単で失敗しても何度も作り直せるところも便利かなと・・・。
色の種類も10色あるのでうまくできたら見栄えもいいかと思われます。

型さえうまくできれば良いモノになりそうな気がしていますよ。

因みに樹脂粘土及び手びねりプラスチックはカチカチに、イロプラは弾力のある仕上がりになります。

いつか作ってみようと思っていますが、いつになるかは・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593299/65382938

この記事へのトラックバック一覧です: 物欲 (双眼鏡 nikon 9X35 7.3゜) とオマケの子猫:

« 今日の星空 (M19、M62、M80、M107) | トップページ | 今日のぶらり写真 (新顔の野良猫) »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ