« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017年7月18日 (火)

今日の港 (LNG船 「AL SHAMAL」)

あと1台欲しかったNEX-5Nですが、落札出来ちゃいました(^^;

これで部品取り用のジャンクを含めて全部で6台となる予定です。

まだ手元には届いていませんので実機がどんな状態なのか分かりませんが、画像で見る限り状態は良さそうでした。

コメントも超極上とのことでしたがどんなもんでしょうか?

届けばノーマルのNEX-5Nが3台となりますが、うち1台はローパスフィルターを除去しちゃいます。

どれを改造するかは見比べて決めますよ。

良さそうな出品がある度にその個体の状態から予算を決めて入札していたんですが、6台は予算以上になってしまって落札できませんでした。

7台目にしてハマりましたよ。

自分を含めて2人しか入札が無く、その方も競ってこなかったので思いの外安く落札できました。

7,000円とちょっとでしたよ。

ラッキー!!



以前掲載したLNG船「TEMBEK」に似た感じのLNG船が入港しました。
_dsc0055


_dsc0058



ファンネルマークが無いのでなんかあっさりした感じです。
_dsc0057

そう言えば「TEMBEK」もカラーリングだけだったな・・・。

それとも転売されてまだリフォーム中なんでしょうか?




ステレオ写真です。
1_dsc0083

2017年7月17日 (月)

今日の港 (クルーズ客船「スーパースター・ヴァーゴ」(SuperStar Virgo))

全く星空も見えないし、昼は昼で天気がいいわけではないのに暑くて何もやる気が起きないし・・・。

各地で予期せぬ大雨による被害も多いし変な天気が続きます。

2~3日前の大雨の日、高圧送電線に雷が落ちるところを偶然見ちゃいました。

自分の目に記憶装置が付いていれば決定的な瞬間を撮影できたのにねぇ。

電線には特に何も起きませんでしたよ。

ちゃんと対策されているんでしょ?そんな簡単に切断等の事故が起きちゃ困りますもんね。

落ちた個所は幅数メートル程が蛍光灯みたいに光ったものの、雷はそのまま地表方向へ抜けて行ったみたいです。

そーいえば雷の写真も撮りたいなぁ・・・ネットで見ると凄いヤツありますよね。


今日は海の日でした。

チョー暑かったのですが、その海に行って、表題のクルーズ船の出港時を撮影してきました。
_dsc0046

_dsc0073

_dsc0049

_dsc0077

風が無いので波もなく、ただ蒸し暑いだけの我慢比べのような撮影でしたよ。

以上、2/20回目の寄港でした。

ステレオ写真館

近くのホームセンターにバッテリーを徒歩で買いに行きましたよ。

車なら信号に掛からなければ1~2分の距離ですが、歩くと10分前後必要です。

日立のVSシリーズ「S spec 75D23L」が一番安くて17,800円でした。

やはりネットで買うよりもグレードの低い商品が1万円ぐらい高いですね。

まぁ、自分の責任ですから仕方ありません。

帰りはさすがに重いバッテリーを手に提げて歩いて帰る気にはなれませんのでタクシーを呼びました。

+680円バッテリー交換費用として掛かっちゃった。


サクッと交換して無事にエンジンがかかりました。

コンピュータ関連はリセットされちゃいましたので、必要最低限再セットし充電も兼ねて少し走ってみました。

店頭に置かれていた商品ですので、最初は頼りない感じでした。

明らかに放電されて電力不足な感じで、走っている最中にいろんなエラーが出ました。

アイドリングも充電にパワーを取られる感じでいつもより低かったし、このバッテリー大丈夫か?と不安がよぎりましたが、毎週土曜日の買い出しを終わって帰ってくる頃にはいつも通りに戻りました。


教訓!バッテリーは気付いた時に即手配&迅速に交換する事!!

星空にも縁が無く、せめて夜景でもと思い立って撮影しに行ってきました。
_dsc0066

霞んだ空気で見通しも悪くパッとしない写真になりました。

ついでに「ちきゅう」も撮ってきました。
_dsc0070

これから新月期を迎えますがどんな天気になるんでしょうか?

少しはいい星空が期待できるのかなぁ・・・。

2017年7月14日 (金)

今日のぶらり写真 (青い空)

最近は雲間から見える空がスッキリとした青空になりつつあります。

もう少ししたらいい星空に会えるようになりますかねー、待ち遠しいです。

今日の夕方、そんな青空を撮影しました。
_dsc0032

雲が3層に分かれていて、低い雲は陰に、中層の雲は沈んだ夕日に染められて紅く、高層の雲は白く、それぞれの色になっていました。

この後、アルクトゥールスかな?いくつか星が見え始めたのでハッキリ見えるまでボーっと眺めていました。


さて、帰るか と車に戻ってエンジンを掛けようとスタートボタンを押すと・・・・・あれ?反応なし・・・・・やっちまいました、バッテーリー上がりです。

始動時のセルモーター音からしてそろそろバッテリーの交換時期だなと、Amazonの欲しいものリストにはバッテリーを入れてあったのですが、まだ猶予があると思っていたので盆休みのころに交換しようかと考えていたのです。


JAFには入っていないので任意保険のロードサービスを手配しジャンプスターターを使用し帰宅の途につきました。

ちなみに年一回までなら無料サービスです。


Amazonで買っておけば8,000円弱とたいした出費にならなかったのに、明日は近所のホームセンターにバッテリーを買いに行くことになりそうです。

2万近く掛かっちゃうかなぁ?

75か85のD23Lで安いのがあるといいな~。

2017年7月12日 (水)

ジャンク部屋 (NIPPONKOGAKU 9x35 7.3°分解)

核兵器禁止条約、日本は不参加なんですね、唯一の被爆国なのに・・・ふーんって感じ。

まぁ単純にいい悪いは語れないんでしょうけれど、違和感がありますね。


このブログで扱うような話題ではないので、即、切り替えて野良猫の話。

長毛種の黒猫が居なくなり、子育てをしていただろう一番小さな母猫も居なくなりました。

そして、4匹の子猫が育っていた猫一家はもう1匹減って2匹だけになりました。

最初にいなくなった子猫同様、貰われていったと思いたいです。

そんな状況の海岸で一度子育てに失敗した白いサビ猫が出産したみたいです。

ここしばらくお腹が大きくなっているなぁと思っていたら、一転スッキリ身軽になっていました。

今度はちゃんと育てられるのかなぁ・・・また、目も開いていない歩けない子猫を咥えて持ってきたりしたらどうしようかとハラハラしていますよ。



ネタが全く増えないので、先日、ジャンクで購入した双眼鏡の分解について書いてみようと思います。

その前に買ったNikonブランドの双眼鏡も見たところ全く同じ仕組みのようです。

自分は全部バラして清掃しましたが、簡単に清掃することを前提に書きますね。

まず道具。
Dscn6313

・カニ目レンチ、・ゴム製のオープナー、・マイナスドライバー3mm、精密マイナスドライバー0.9mm、があれば万全ですが、なければ何か代用品で補ってください。

他にニトリルゴム製の薄~い手袋などがあると、レンズやプリズムに手脂が付かず、後々のカビ発生を抑えられていいですね。

精密ドライバーは代用は出来ないでしょうから買うしかありませんね。

ちなみに精密ドライバーは簡易的にバラす場合は必要ありません。

最後に光軸合わせについて触れますがそこで使用します。


バラす順番は接眼側か対物側かのどちらかからです。

ここでは接眼部から始めます。

蝶番部前面の化粧ネジを小さいオープナーを使って外します。
Dscn6314

隠れていたネジをカニ目レンチを使って外します。
Dscn6315


ネジを外したところから覗くとシルバーのネジがあります。

このジャンク品はここを緩めなくても外れましたが、中古品の方はここを緩めないと外れませんでした。

仕組みとしては合焦範囲を調整するためのように感じましたが、正確なところは分かりません。

接眼部をピントダイヤルを回して外します。
Dscn6316

ピントダイヤルには少しネジが切ってあってソコが蝶番部に噛んでいることで外れないようになっていますので、目一杯に伸ばすつもりでダイヤルを回すと外れます。

グリスによって固着している場合があるかもしれませんが、自分が持っている2台は簡単に外せましたよ。

接眼部を外したことで後部プリズム室の蓋が外せます。
Dscn6317

プリズムは板バネみたいな部品で抑えられていますので、清掃する場合はこれも外します。

念の為に、板バネの位置とネジの回転数(絞め込む側にどのぐらい回せるか)を覚えておくといいでしょう。

板バネの位置は引っ掻き傷を付けてもいいかもしれませんね。

いまいち仕組みがわかっていないのですが、この板バネ、後述しますが光軸に関係がありそうな気がしています。

そして、プリズムの左右・上下が分からなくなることが無いように摺りガラス面にテープを貼るとか鉛筆で書いておくとか工夫しておきましょう。




さて、対物レンズ側に移ります。

対物レンズの筒ごと外すのですが、この筒と前部プリズム室の蓋に印をつけておくことをお勧めします。
(このジャンク品はここが固着していて、家にたまたま有った市販の蓋を外す器具を使いました)

組み付けるときには外した時と同じ位置に戻すのが理想です。

光軸が狂っていて、その調整もするのであれば無視して結構です。
Dscn6320

こちらのプリズムも前述通り固定されていますので、清掃が必要であれば外してください。


さて、これで大体の曇りやカビは清掃できると思います。(接眼部はもう少しバラせますが・・・)

自分はカメラレンズ用のクリーナーと無水アルコールで清掃しましたが、カビ取り剤や中性洗剤で洗う方もいらっしゃるみたいです。

いずれにしろ傷がつかないように注意して作業してくださいね。

後は順番を逆に辿って組み付ければ終わりです。

埃のない(少ない)環境で作業してくださいね。

自分は空気清浄機を全開にして、しばらく待ってから作業に取り掛かるようにしていますよ。





最後に光軸調整についてですが、これについては情報が得られませんでしたので、自分がやってみたことを書きます。

間違っているかもしれません。

また、平行器などは持っていませんので目で見て違和感がない(覗き終わって双眼鏡から目を外した時に効き目がスーッと動くことが無い)ように調整しています。

まず、対物レンズですが・・・前述で位置を覚えておくと書きましたが、こんな仕組みになっています。
Dscn6330

対物レンズを抑えるリングがあります。

そのリングを緩めて側面の対物レンズ固定用イモネジを緩めると・・・。
Dscn6331

対物レンズがオープナーで回転させられるようになります。

一番簡単な光軸調整はこれによって出来ます。

元の位置が分かるようになっていればそこから少しづつどちらかへ回して遠景を眺めてください。

狂っていた光軸はほぼこれで直ると思います。

これでも違和感が消えないようでしたらプリズムを抑えている板バネを調整します。
Dscn6319

プリズム自体は曲面にはなっていないのでこの板バネを調整することで光軸が変わるとは思えないのですが、実際にネジのテンションを変えたり、ネジのない方をスライドさせると少し見え方が変わるのです。

もしかしたら筐体側に何か工夫があるのかも知れません。

自分が所有する少し新しめのポロ型双眼鏡は筐体にプリズムを支えているイモネジがあり、筐体の外からプリズムを調整できるようになっていますが、この機種にはそういった仕組みはありません。

意味合いとしては微調整が出来る・・・ぐらいかもしれませんが、対物レンズでどうにもならなかったら試してみる価値はあると思います。

ただ、泥沼に入り込むことは間違いありませんので、調整には相当に時間がかかることは覚悟して臨んでくださいね。

対物側のプリズムも仕組みは同じです。

両方手を付けず接眼側だけで試してみるといいでしょう。(自分は両方手を出して半日作業になりました(^^;)


分解清掃ぐらいならどうってことはありませんが、光軸調整は二度と元に戻らなくなる覚悟が必要です。

お勧めする作業ではありませんのであくまでも自己責任で行ってください。

2017年7月10日 (月)

今日の港 (クルーズ客船「スーパースター・ヴァーゴ」(SuperStar Virgo))

初寄港のクルーズ客船「スーパースター・ヴァーゴ」が入港しました。

7:00~14:00という自分にとっては難しいタイミングでの寄港です。

これから11月まで20週連続で月曜日の同じ時間帯に寄港しますので、この初寄港は何としても撮っておきたかったのですが・・・出港だけどうにか撮りましたよ。

出港準備中。
_dsc0055

以下はステレオ写真です。
_dsc0048

出港時。
_dsc0021

個人的にはお絵かきのある船は好みではありません。

絵のない方がカッコいいと思うんだけどなぁ・・・。

"Simple" is "best".

2017年7月 9日 (日)

ステレオ写真館

あ~いつになったらいい天気になるんでしょうか?

そろそろ機材のセッティングとかのコツとか勘所を忘れてしまいそうですよ、いや、もう忘れているかも?

ところで、いつからか分かりませんが、知人のブログが行方不明になりました。

ご自身でサーバーを立てていらっしゃるのかも知れないのですが、マシンが故障中なのかな?

ちょっと気になりますね。


今日は探鳥に行く気にもなれず、外ではなく涼しい部屋の中でできる作業をしていました。

その作業とは、バードバス用給水タンクの作り直しです。

作ってから3年と7か月、さすがに各部の汚れがどうにもならなくなってきました。

藻がホースの中やペットボトルの中に発生しちゃうのです。

定期的に洗浄をしていたのですが、その間隔がどんどん短くなってきて・・・要は洗浄過程で傷がついたりしてそこに見えない汚れが残っちゃうんじゃないかと考えました。

作り直して綺麗な状態が長く保てられれば、常連さんも気持ちよく使えるだろうということです。

あまりきれいすぎても喜ばれないかもしれないので、3年7か月でバスの中の石に育った苔などはそのまま残してあります。

タンクとホースのみ交換しましたよ。


ここのところステレオ写真館ばかりでネタが無いことがバレバレですが、今日も野良猫ネタですよ。

この辺りのNo.2のボス猫。
_dsc0043

今年の初めだったかな?去勢されちゃいまして、前よりは多少穏やかになったみたいだけど、同じく避妊された雌猫には非常に厳しい攻撃を仕掛けます。

避妊されちゃうとメスだと認識されないのかな?

他のメスには絶対手を出さないのですが、そのメスにとっては天敵となっています。


一番懐いた茶虎の猫。
_dsc0046

事故からだいぶ経って歩き方もかなり自然になってきました。

毛が抜けていた傷跡ももうわからなくなりました。

どの猫も暑いんでしょうね、お腹を見せて放熱しているみたい。

ホントに暑いとあちこち舐めて気化熱を利用するみたいですね。

2017年7月 7日 (金)

今日の港 (地球深部探査船「ちきゅう」)

「ちきゅう」が3か月ぶりに入港してきました。
_dsc9972

4月初旬にサプライボート2隻を伴って志摩半島沖へ向かったのですが、その時とはサプライボートが変わっていました。
_igp4419

今回は「あかつき」を伴っての入港でした。

以下はステレオ写真です。
_dsc9970

_dsc9974

_dsc9977

_dsc0007

カメラを2台体制にしたかったのは、船舶等の動きのある被写体が入るような場合に1台では難しいことと、水面のように同じ瞬間を切り取らないと不自然になってしまう被写体が撮れないからなのです。

ようやっと念願が叶いました(^^;

2017年7月 6日 (木)

ジャンク部屋 (NIPPONKOGAKU 9x35 7.3°)

リサイクルショップにてジャンクの「NIPPONKOGAKU 9x35 7.3°」の双眼鏡を見つけちゃったので購入しました。

800円でした。

つい先日、ヤフオクにて中古の「NIKON 9x35 7.3°」を購入したので、何かあった時の部品取り用に使うつもりです。

ほぼ同じ物です。
Cimg7825

左が中古で買った物、右がジャンク品です。

ニコンと名称を変えたのが1983年らしいので、中古品はジャンク品よりも少し新しいのかな?

ジャンク品には「NIKON」の名称も入っていますけどね。

ちょっと見は全く同じ物、だけど対物レンズの化粧カバー(って言うのか分かりませんが)を外すとジャンク品の方には対物レンズ緩み止め用のイモネジがありません。
→訂正します。有りました。汚れにより埋まっていて分からないだけでした。たぶん仕組みは完全に同じじゃないかなと思われます。

小さな違いはあるようですがパーツの互換性はあるでしょ?

おそらく壊れるとしたら接眼部のパーツなどが破損するのではないかと思っています。

レンズやプリズムにはカビやらゴミやらてんこ盛りみたいなんですが、外回りは経過年数を考えたら大変綺麗な状態です。

Cimg7827

ちなみに落としたみたいで光軸が狂っています。

たぶんプリズムがズレたんだろうと思いますが(ネットの情報によるとコレが多いらしい)直して使うつもりはないので問題ありません。

バラして清掃はするつもりですが、パーツ取りに利用するまで防湿庫で眠ってもらう予定ですよ(^^;

※追記
全バラにして清掃しました。
プリズムのカビは綺麗に取れ、超良い感じになりました。
前側のプリズム室(というのか名称は分かりませんが)の蓋を取るのに苦労しました。
対物レンズを支えている鏡筒が固着しているんです。
緩み止めに松脂なのかな?何か塗ってあるのですがそれが固着してしまって難儀しましたよ。
すごく綺麗になったので光軸合わせもしちゃおうかな?なんて考えが頭に浮かんできましたが、これは部品取り器、これ以上カビを増やさないための清掃なので、ここまでにして防湿庫へ仕舞いました(^^;

2017年7月 5日 (水)

ステレオ写真館

野良猫シリーズです。


日陰でグッタリ。
_dsc9928

手前の子はお腹が大きくなっているような・・・。

これからの時期、猫にとっては暑いでしょうねー。

こちらとしては猫の耳がとても冷たく感じられて、つい触りたくなります(^^;


寝顔。
_dsc9949

この茶虎はベタ慣れの子ではなく、ボブテイルの茶虎です。

ついでに肉球フェチの方向けに・・・。
_dsc9943

カメラに慣れて気にしなくなるまで少し時間が必要です。

その間、逃げられまくるのでこちらは大汗をかくことになります(^^;
_dsc9958

慣れちゃえば気にしなくなるので、思いっきり撮影に集中できますよ。

でも、日が変わればまた最初からになりますけどね。

2017年7月 3日 (月)

ステレオ写真館

NEX-5Nの外観ジャンク品が出ています。

ボディの角に打痕がありその部分が割れています。

そのためボディ接合部に隙間が生じているようですが、動作には問題ないみたいです。

液晶モニターは綺麗な状態ですね。

安めの即決価格も設定されていますが、それ以下で落札したいなぁ・・・って買う前提で書いてるじゃん!

どうせ天体改造しちゃうので、その時に外観は部品取り用のNEXと交換するつもり。

終了間際にチャレンジしてみようかな?


これからステレオ写真はステレオ写真館というタイトルでまとめます。

ネタが無い時の繋ぎ的にアップしようかなって考えていますよ。


ここによく登場するママ猫の去年の子供、メスです。
_dsc9935_2

座っている時には腿の上に、立っている時には自分の体を登ってくるようになってしまって、冬の服装のときにはそれでもよかったのですが、夏の軽装時には体に爪痕がついてしまうことがあり痛い思いを時々しています。

登りたそうなときは雰囲気で分かるので、逃げるか、抱き上げて予防できるようになりました。

茶虎のオスと共に自分にベタ慣れの子です。
_dsc9946_2

寒い時には暖かくて良かったのですが、夏は暑いですね。

毛だらけになっちゃうので、コロコロが欠かせません。

可愛い声で甘えてくるのでついつい・・・。



って、カメラの状況見てみたら即決価格で落札されちゃってました。

またの機会を待つとしますか・・・。

2017年7月 2日 (日)

今日のぶらり写真 (ステレオ写真)

あ~暑い!蒸し暑いの最悪!!

夏が嫌いなわけじゃないけれど、冬の方が大好きですよ。

星空もきれいだしね。

デブなので寒い方が得意です(^^;


ステレオ写真はこんな感じで撮ってます。
20170702_164901

マウントアダプターのメーカーが違うからなのか、NEX用のクイックリリースプレート&クランプの差なのか、MFアシストで画角中央に同じところを捕えても、なんかカメラの向きが明らかに違うんですよね・・・。

レリーズはリモコンでバッチリです。


今日もあれこれ弄ってみました。

船。
_dsc9891


地元の半島を埋め尽くす勢いの外来植物「ランタナ」。
_dsc9895

近くの物はカメラの感覚を広げすぎるとソフト側で調整できないとエラーになります。


いろいろ試すことで自分なりの基準が出来ていきますね。

2017年7月 1日 (土)

今日のぶらり写真 (ステレオ写真)

ドコモの最新CM、ブルゾン充希ですか?いいじゃないですか。

ブルゾンちえみもいいけど、美人がやると更にいいね。(タイプじゃないけどさ)

クスっと笑っちゃいましたよ(^^;

さて、増設したNEX-5Nを使って、2台体制で今更ながらステレオ写真にチャレンジしています。

同じ機種&同じレンズを使っているのに微妙に露出条件が違うのが謎ですが、ソフト側で自動補正できるのでその辺は問題ではありません。

問題なのはステレオ写真の撮り方のノウハウが全くないことで、目幅に合わせて平行に撮るのがいいのか、少しトーインをつけて撮るのがいいのか、どうしたら撮りたい画に対して合うのかが掴めていないことです。

まぁ、それを試行錯誤する過程が楽しいのですが・・・。

なんとなく感じたことは、近い対象をカメラ間隔を離して撮ると立体感が増すけれど、風景とかの遠景に関してはそれほど違いを感じないということ。

星空を撮ってもあまり意味がないかなぁって気がしています。

撮ってみなければわかりませんけどね。


とりあえずいくつか作ってみました。

全部交差法で作っていますので、寄り目で下の目印が重なるようにしていただくと立体的に写真が見られるようになります。

船。
_dsc9844



猫。
_dsc9877


愛車。
Lr2_dsc9835


港湾施設。
L_dsc9887


« 2017年6月 | トップページ