« 今日の港 (クルーズ客船「スーパースター・ヴァーゴ」(SuperStar Virgo)) | トップページ | 番外編 (BORG 1.4xテレコンバーターDG[7214]+miniBORG50でテスト撮影) »

2017年8月22日 (火)

番外編 (BORG 1.4xテレコンバーターDG[7214] リフレッシュ)

既に触れた通りBORGの「1.4xテレコンバーター DG」を中古にて入手しました。
Dscn6360

対物レンズの焦点距離に応じてテレコンの目盛を合わせて使用するのですが・・・。

摺動部がなんとも頼りない手応えなのです。

固定方法は無いみたいです。

摺動部の摩擦抵抗だけで長さの調整をするようです。

現状ではテレコンを縦にすると少しのショックで長さが変わってしまいます。

とりあえず輪ゴムを巻いて対処。
Dscn6362

miniBORG50は焦点距離が250mmなので目盛の範囲外。

目一杯に伸ばして300mm設定で使用します。



当初、このネジが何かの役割を果たしているのかな?って思ったんですが・・・。
Dscn6361

ただの中身の落下防止ネジでした。

とりあえずレンズのクリーニングもしたかったのでバラして仕組みを見ます。
Dscn6368

左から ・ストッパーネジ ・レンズ部 ・筐体に分かれました。

摺動部は・・・。
Dscn6369

Dscn6371

植毛紙が支えているだけです。

つまりこの植毛紙がヘタって薄くなっちゃったようです。



そうと分かればこの植毛紙を新しいモノと交換します。

植毛紙はボーグ製品を買うと付いてくる「ご愛用者カード」を送ることで返送される粗品に入っていますので、自分は何枚か持っているのです。

現在ではこの仕組みは廃止されてしまいましたけどね。


まずはヘタってしまった植毛紙を剥がします。
Dscn6372

筐体の方も剥がしてそれぞれの長さを測ります。

外径等から計算してもいいですが実物で測るのが簡単でしょ?

それぞれを新品から切り出します。

粗品の植毛紙は粘着テープは付いていないので、薄い両面テープを同サイズで切り出して貼り付けておきます。

そして、元の場所に貼るだけ。

一応、ヘタった植毛紙の厚みと新品の植毛紙の厚みをマイクロメーターで測って確認しておきましたよ。


さて、レンズのクリーニングも施して組み立てます。
Dscn6374

オォッ!

キツキツの抵抗感と共にガタが無くなりリフレッシュしましたよ!!

もう輪ゴムなんて要りません!

中古で買った方や使い古して調子が悪くなったテレコンをお持ちでしたら、ぜひ、この方法をお試しください。

って、多分みんなやっていますね・・・。

« 今日の港 (クルーズ客船「スーパースター・ヴァーゴ」(SuperStar Virgo)) | トップページ | 番外編 (BORG 1.4xテレコンバーターDG[7214]+miniBORG50でテスト撮影) »

miniBORG50関連」カテゴリの記事

miniBORG71FL関連」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593299/65697667

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 (BORG 1.4xテレコンバーターDG[7214] リフレッシュ):

« 今日の港 (クルーズ客船「スーパースター・ヴァーゴ」(SuperStar Virgo)) | トップページ | 番外編 (BORG 1.4xテレコンバーターDG[7214]+miniBORG50でテスト撮影) »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ