« 番外編 (BORG 1.4xテレコンバーターDG[7214]+miniBORG50でテスト撮影) | トップページ | 今日の港 (自動車運搬船「OCEANUS LEADER」) とオマケの細い月 »

2017年8月25日 (金)

番外編 (M57回転装置[7351]の整備)

これから訪れる満月が過ぎたら星空はスッキリと晴れてくれるんでしょうかね?

まだまだダメかな?

ネタが無いので前からやろうと思っていた機材整備に手を出し始めました(^^;

昨年末だったかな?この回転装置の中古が出ていて価格も安かったので手に入れておきました。

現行品ではなく古いタイプなので安いのは当然なのですが、状態はあまりよくありませんでした。

ちょっと回転にガタがあって、スムーズに回らないのです。

自分は自作激安鏡筒バンドを使用しているので、回転装置は本来必要ありません。

なので、ただの延長筒として使っていましたよ。



今回はこの回転装置の整備ネタです。(今思うとメシエ天体みたいなネーミングですね)

鏡筒から外そうとしたら・・・ボーグをお使いの方にはアルアルだと思うのですが他のパーツに固着してしまって外れませんでした。

水道用のプライヤー(口が大きく開く)と百円ショップで売っている蓋外しを使って外そうと試みましたが失敗。

結局、木製の万力(ワークデスクの標準装備品)に挟んで蓋外しを使ったらアッサリ外れました。
Dscn6375

プリントが消えかかっているのは万力に挟んだからです。

他の傷はプライヤーでガリっといったモノです。

ここをカニ目レンチで緩めると分解できるのですが、その前に・・・。
Dscn6376

緩み止めのイモネジを緩めます。
Dscn6377

こいつはここが既に緩んでいて中のブレーキ役の真鍮製の環も一緒に回っていました。

それが不調の原因だったみたいです。

バラバラ写真。
Dscn6378

グリスでベタベタでしたのでパーツクリーナーで洗浄しました。


綺麗になったところで、改めて、仕組みを考えると・・・。

真鍮製の環がネジを絞め込むと広がって回転機構にブレーキを掛けるようになっているようです。

ドラムブレーキみたいな感じ?
Dscn6379

全てにグリスが付いていましたがブレーキにグリスが付いているのは変でしょ?

ホントに必要なところは回転する環と抑えの環の接点だけだと思うんです。

ここで言うと矢印の先。
Dscn6381

なのでここだけに少量のモリブデングリスを塗っておきました。

ヘリコイド用の高粘度グリスを塗ろうかとも思いましたが、回転が重いより軽い方がここは良いと判断しました。



組み上げ時に気を遣うのは絞め具合です。

ココと・・・。
Dscn6382

緩み止めのイモネジ。

どちらも締めすぎるとスムーズに回転できませんので、テンションを変えながら様子を見て組み上げます。

おかげさまで非常に滑らかに回転する回転装置となりました。

« 番外編 (BORG 1.4xテレコンバーターDG[7214]+miniBORG50でテスト撮影) | トップページ | 今日の港 (自動車運搬船「OCEANUS LEADER」) とオマケの細い月 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 (M57回転装置[7351]の整備):

« 番外編 (BORG 1.4xテレコンバーターDG[7214]+miniBORG50でテスト撮影) | トップページ | 今日の港 (自動車運搬船「OCEANUS LEADER」) とオマケの細い月 »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2020年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ