« 今日の星空 (月齢7.6の月(月面X)) | トップページ | 番外編 (謎の斑点を追求 その1) »

2017年8月31日 (木)

車の事 (ウォッシャーパイプ経年劣化)

日野皓正さんのビンタがニュースになっていました。

映像だけで見る限り当たり前の事のように見えました。

悪いことをしたらそれを正す、躾が出来ていないなら痛みを伴って覚えさせる、当然のことだと思います。

今時はそんな当たり前の事が出来ない大人が増えたのでニュースになっちゃうんでしょうね。

自分は中学生の時は3年間担任の先生が同じ方だったのですが、それは、よくお世話になりましたよ。

かなりビンタも喰らいました(^^;

ただ、すべて理由があっての事でしたので、自分はその先生は大好きでした。

言い方は悪いのですが、所詮、ちゃんとしたビンタなんて大して痛みませんしね。

悪いことしたなぁと心の方が痛みました。

肉体的に痛かったのは親父のゲンコツだったなぁ、あれは、親父も痛かったと思いますよ。

ビンタにしろゲンコツにしろやる方はその子に対してかなりの熱量をもっているから出来ることなのです。

どうでもいい子だったらそんなエネルギーを使う事自体ありません。

こんなこと、昔は当たり前に誰でもわかっていたはずなんですけどね。

まぁ、今回の事と同一視が出来ると考えるほど事情は知りませんので、あくまでも一般論です。





さて、車の事なんですが・・・1週間ほど前からウォッシャー液の出方がだんだん変になってきました。

だんだん勢いが弱くなってちょろちょろって感じになって来て、とうとう、ノズルからジョボジョボって2センチほど出るだけになっちゃいました。

これは変だということでボンネットを開けてみました。
Dscn6389

断熱材のストッパーを壊さないように外し、インタークーラーへのエア流入口も外します。

そして、ウォッシャー液のパイプを辿ります。
Dscn6386

これは既に原因を突き止めてから撮った写真ですが、ノズルの手前で何かが詰まったのかもと考えて、ノズルからパイプを外してちゃんと液が流れるかを見ました。

すると、変なところから水が流れていたのです。

運転席側のノズルへ伸びるパイプをよく見てみたら・・・裂けていました!!!

そのパイプを外してみると・・・ボロッ!!!・・・何じゃこりゃ!!!
Dscn6385

ボロボロに劣化したところとグニャグニャに柔らかくなったところが混在し、千切れてしまいました。

ボロボロの感じは加水分解っぽい感じです。

たまに履いたゴルフシューズがもろくも崩れ去っていくように・・・。(自分はコースで2度この経験があります(/ω\) ハズカシー)

ターボの熱にでもやられたんでしょうか?

それにしてもスバルのターボ車には20年以上乗っていますが、こんなことは初めてです。

どの車も永く乗っていたのにこんな経験はしたことがありません。


とにかく直さねば!

ディーラーさんへ行けばきっとゴソッとアッシー交換で高くつくでしょうから、ホームセンターへ駆け込みました。

「耐熱のビニールパイプある?」・・・「ありません、が、シリコンパイプなら高いですけど150度までOKです。」・・・「じゃぁ普通のでいいです、50センチください。」

ハイ!〆て50円。

40センチで足りそうでしたが、ちょっと長めに買いました。
Dscn6387

早速取り付けて・・・。

Dscn6388

ここに引っ掛けて・・・。

外したパーツを元通りに取り付けて完了です。




そしてテスト。
Dscn6393

ウッヒャー!!!快適ぃぃぃ!!!


さて交換したパイプはどのくらい持つのでしょうか・・・耐熱パイプをモノタロウ辺りで探しておきますか・・・。

« 今日の星空 (月齢7.6の月(月面X)) | トップページ | 番外編 (謎の斑点を追求 その1) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車の事 (ウォッシャーパイプ経年劣化):

« 今日の星空 (月齢7.6の月(月面X)) | トップページ | 番外編 (謎の斑点を追求 その1) »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ