« 今日の星空 (C/2017 O1とペルセウス座ミルファク) | トップページ | 番外編 (「OLYMPUS OM-SYSTEM F.ZUIKO AUTO-T 1:4.5 f=300mm」のテスト) »

2017年10月31日 (火)

今日の星空 (月齢10.6の月)

近所のマリーナにハシビロガモが入っていました。

ハシビロガモ自体は珍しくはないのですが、ここの海で見る事はあまりありません。

1羽だけですがホシハジロのメスとペアのように振舞っていましたよ。

何か変わった冬鳥が入ってくれたらいいなぁ・・・。



さて、今日も雲が多かったものの晴れました。

せっかくなので月を撮ってみましたよ。

いつものように「拡大撮影アダプターSD-1X」使用するのですが、これを使う組み合わせをすぐ忘れてしまうのです。

たまに撮影して確認しておかないと、いざ撮影!という時にチャンスを逃します。

アイピースを20mmから始めて最終的に3.2mmに替えようと考えていました。

まずは20mmのアイピースで。
20171031_moon1
(SONY NEX-5N(改) miniBORG71FL UW20 SD-1X ISO400 1/100×19枚をスタック LPS-D1 Skymemo-S)

SD-1Xは最大に伸ばしての撮影です。

北極星は見えませんでしたので、大体北に向けての追尾撮影です。

このぐらいのサイズだといい加減なセッティングでも撮影には支障がないのですが、9mmのアイピースでは月がどんどん逃げて行ってしまいました。

まぁ、こんな天気では仕方がありません。

9mmのアイピースにした時点で、延長筒をどのぐらい足していいのか分からずまごついていたら、雲の占める面積が大きくなってきて、雲間を狙っての撮影を強いられました。

ちゃんと組み合わせについてはメモでも取っておかないとダメですね。

9mmでも3.2mmのアイピースでも一応撮影はしましたが、使い物にはなりませんでした。


何しろこんな状況になってしまったので・・・。
_dsc1013

因みに、9mm&3.2mmのアイピースでは良像範囲は中心部のみとなります。

いいアイピースだったらちゃんとフラットな像になるのかな?

まぁ、今のところそれを突き詰めるつもりはありません。

隠居したらたっぷり時間を使ってその辺りについても探ってみたいですね。

« 今日の星空 (C/2017 O1とペルセウス座ミルファク) | トップページ | 番外編 (「OLYMPUS OM-SYSTEM F.ZUIKO AUTO-T 1:4.5 f=300mm」のテスト) »

miniBORG71FL関連」カテゴリの記事

Skymemo-S(スカイメモS)での作例」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593299/65987283

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の星空 (月齢10.6の月):

« 今日の星空 (C/2017 O1とペルセウス座ミルファク) | トップページ | 番外編 (「OLYMPUS OM-SYSTEM F.ZUIKO AUTO-T 1:4.5 f=300mm」のテスト) »

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ