趣味

2017年10月18日 (水)

番外編 (懐かしのレコード復活! SONY PS-LX300USB)

今日は写真はありません。

一月ほど前、けむけむさんのブログを見てから「PINK FLOYD」の「TIME」のギターソロがずーっと頭の中でリフレインしていました。

既にレコードを再生出来る環境は我が家には無く、レコードだけを死蔵していたのです。

そこそこのグレードのAVアンプを活用していますが、レコードをいい音で鳴らすほどの物ではありませんし、レコードのためにその環境を作ろうというところまでは財力&気持ちが至りません。

ターンテーブルを中古で買って何とかなるかなぁ?なんて考えていたら、リサイクルショップで標記の「PS-LX300USB」というレコードプレーヤーが6,000円で売られていたのです。


すぐ、ネットで調べてみると、パソコンにも直接USBを介して接続し録音が可能な機種です。

希望小売価格は27,000円で、価格.comでは最安値が20,000円弱、一応、現行機種らしいです。

Amazonでは22,000円強で売られています。

レビューを見る限り、パソコンと繋ぐことを前提ならまぁまぁ価格なりに納得は出来るレベルらしい。

レコードを聴くという観点からは、ダメな評価が多いです。


自分の活用シーンを考えると・・・車の中でMDかメモリ媒体でMP3で聞く・・・がメインです。

なので、このレベルで十分!

心配なのは、レコードの回転速度もそこそこのレベルで、当たり外れが大きいらしいこと。

DENONの同クラスのプレーヤーはモーターの回転速度を微調整可能みたいですが、SONYは出来ないので外れたら音が若干低くなるか、あるいはその反対に高くなる事は避けられません。

まぁ、どうせ聞く環境が騒音の中ですから、細かいことを気にしても仕方がありません。

肝心なのはたった6,000円で死蔵していた資産?が復活することです。

パソコンに取り込むなら、狂った演奏時間を本来の演奏時間に調整しちゃえばいいでしょ?

問題ありませんよ!

しかし、付属品が何もありません、本来ならパソコンでの編集ソフトがバンドルされているはずなのですが・・・。

まぁ、それもフリーソフトでどうにでも出来るでしょう!ということで買っちゃいました。

今、既にMDには上記のアルバムを録音済みで、PCでの編集もほぼ終わっています。

買ったこのプレーヤーは外れでした。

約5パーセントほど回転が速く、始めの心臓の鼓動の時点ですぐに気が付きました。(音程では気が付きませんでした(^^;)

人間の感覚ってなかなか大したモノで、30年ぶりぐらいに聞いたというのに、頭で覚えていた速さと違うことに一瞬で気が付きましたよ。


ホントに調整できないのかな?と思って底面を見るとDENONのレビューにあった微調整用の穴がありました。

少し分解して確かめてみると、穴はあるものの、モーターの調整穴自体が内部でスポンジ状の何かで塞がれており、手を出すな!と言われているようでした。

下手に弄って壊しては元も子もないので、レコードを全部デジタル化してから、その気になったら弄ってみようと思います。

と、言っている間にMP3への書き出しも終わったようです。

演奏時間はネットで調べて正規の時間にほぼ調整しました。


あ、フリーソフトは「Audacity」というソフトを利用しました。


これから天気の悪い日には昔聞いていた音楽のデジタル化を進めていこうと思いますよ(^^;

2017年9月20日 (水)

番外編 (フラット撮り直しました)

17日からかな?帆船「みらいへ」が入港していました。(自分は昨日気が付きました)

田子の浦港でのイベントを台風のためにキャンセルして清水港に避難していたようです。

そういえばクルーズ客船「スーパースター・ヴァーゴ」も台風のために2回目の寄港中止でした。

あちこちで海のイベントは中止になったんでしょうね。

「みらいへ」は今日の夕方、無事に次のスケジュールのために横浜港へと向かいました。


さて、素人なりに夕方の曇り空を使ってフラットフレームを撮り直してみました。

再びDSSで処理してみました。
M31_iso3264mix_19m0s_16f_re

オォッ!うまくいったようです。

前回の物と比べると・・・。
M31_iso3264mix_19m0s_16f_6

かなり改善されました。

下の方の一部星が消えてしまったのは、簡易的に撮ったフラット撮影時に光源が傾いていたというのか均一ではなかったためのようです。
(それぞれのフラットフレームに強補正をかけて比べてみましたら、その違いがよくわかりました)

こういう手間は惜しんではいけませんね(^^;

でも、DSSでフラットの処理も行うと何だか画像がザラザラです。

フラットエイドでフラット処理をした方が綺麗に星雲も浮き出てくる感じ。

そこで、DSSはいつも通りにフラット補正はせず、できた画像にフラットエイドを使って自分が撮影したフラット画像を読み込んで処理を試みてみましたよ。
M31_iso3264mix_19m0s_flates

フラットのレベルが合っていないのか周辺減光が無くなっていませんが、まぁまぁ見られる感じになりました。

このレベルを合わせる作業を突き詰めるより、普通にフラットエイドを使った方が幸せになれそうです。

次へステップアップした際にはちゃんと自分が撮ったフラットフレームを使える知識&処理技術レベルになっていたいものです。

2017年8月31日 (木)

車の事 (ウォッシャーパイプ経年劣化)

日野皓正さんのビンタがニュースになっていました。

映像だけで見る限り当たり前の事のように見えました。

悪いことをしたらそれを正す、躾が出来ていないなら痛みを伴って覚えさせる、当然のことだと思います。

今時はそんな当たり前の事が出来ない大人が増えたのでニュースになっちゃうんでしょうね。

自分は中学生の時は3年間担任の先生が同じ方だったのですが、それは、よくお世話になりましたよ。

かなりビンタも喰らいました(^^;

ただ、すべて理由があっての事でしたので、自分はその先生は大好きでした。

言い方は悪いのですが、所詮、ちゃんとしたビンタなんて大して痛みませんしね。

悪いことしたなぁと心の方が痛みました。

肉体的に痛かったのは親父のゲンコツだったなぁ、あれは、親父も痛かったと思いますよ。

ビンタにしろゲンコツにしろやる方はその子に対してかなりの熱量をもっているから出来ることなのです。

どうでもいい子だったらそんなエネルギーを使う事自体ありません。

こんなこと、昔は当たり前に誰でもわかっていたはずなんですけどね。

まぁ、今回の事と同一視が出来ると考えるほど事情は知りませんので、あくまでも一般論です。





さて、車の事なんですが・・・1週間ほど前からウォッシャー液の出方がだんだん変になってきました。

だんだん勢いが弱くなってちょろちょろって感じになって来て、とうとう、ノズルからジョボジョボって2センチほど出るだけになっちゃいました。

これは変だということでボンネットを開けてみました。
Dscn6389

断熱材のストッパーを壊さないように外し、インタークーラーへのエア流入口も外します。

そして、ウォッシャー液のパイプを辿ります。
Dscn6386

これは既に原因を突き止めてから撮った写真ですが、ノズルの手前で何かが詰まったのかもと考えて、ノズルからパイプを外してちゃんと液が流れるかを見ました。

すると、変なところから水が流れていたのです。

運転席側のノズルへ伸びるパイプをよく見てみたら・・・裂けていました!!!

そのパイプを外してみると・・・ボロッ!!!・・・何じゃこりゃ!!!
Dscn6385

ボロボロに劣化したところとグニャグニャに柔らかくなったところが混在し、千切れてしまいました。

ボロボロの感じは加水分解っぽい感じです。

たまに履いたゴルフシューズがもろくも崩れ去っていくように・・・。(自分はコースで2度この経験があります(/ω\) ハズカシー)

ターボの熱にでもやられたんでしょうか?

それにしてもスバルのターボ車には20年以上乗っていますが、こんなことは初めてです。

どの車も永く乗っていたのにこんな経験はしたことがありません。


とにかく直さねば!

ディーラーさんへ行けばきっとゴソッとアッシー交換で高くつくでしょうから、ホームセンターへ駆け込みました。

「耐熱のビニールパイプある?」・・・「ありません、が、シリコンパイプなら高いですけど150度までOKです。」・・・「じゃぁ普通のでいいです、50センチください。」

ハイ!〆て50円。

40センチで足りそうでしたが、ちょっと長めに買いました。
Dscn6387

早速取り付けて・・・。

Dscn6388

ここに引っ掛けて・・・。

外したパーツを元通りに取り付けて完了です。




そしてテスト。
Dscn6393

ウッヒャー!!!快適ぃぃぃ!!!


さて交換したパイプはどのくらい持つのでしょうか・・・耐熱パイプをモノタロウ辺りで探しておきますか・・・。

2017年3月17日 (金)

番外編 (双眼鏡用ハーネスのバックルを自作)とオマケ

今日は久し振りに雲の少ない夜空になりました。

沸々と撮影欲が沸きまして寄り道しました。

久し振りに目盛環をセットして街の上空にあるバラ星雲を、光害は覚悟のうえで撮影しようとしましたら・・・。

久し振り過ぎて何度も目盛を読み違えて、ようやく導入した時には雲が迫って来て1枚しか撮れませんでしたよ(^^;)

なので、最後にオマケでアップしておきます。

なかなか撮影できなかった間に、おじさんは夜な夜なミシンをかけてこんなものも作っていました。
Dscn6255

左がビクセンの製品、右が自作品。
Dscn6256_2

双眼鏡用のハーネスに双眼鏡を接続するパーツです。

ビクセンの製品ですのでハーネスではなくサスペンダーと呼ぶのが正しいのかな?

せっかく買った「ENDEVOR ED 8420」を快適に使うのにあたり、このパーツをいちいち付け替えるのが面倒だったのです。

と言って、ビクセンのと同じバックルが手に入らないのでホームセンターで見つけたバックルを利用しました。

幅25㎜のテープもホームセンターで買ったのですが、双眼鏡のストラップホールに通す平たい丈夫そうな紐が見つからず手芸店にも行きました。

そしたら手芸店にはバックルも幅広のテープも全部そろっていたのです。

しかもホームセンターよりも全然安い。

ホームセンターのバックルの方がガッチリしているので耐久性的には上の製品なんでしょうが手芸店のそれで十分だったかな?(写真のはホームセンタで買ったヤツ)

バックルには互換性がありません。

今回買ったバックルの♂パーツを削ればビクセンの♀パーツと接続できそうでしたが、万が一を考えて♀パーツをハーネスに通しちゃいました。

こんな感じです。
Dscn6258


フィールドでは二つを同時に繋ぐことはありませんが撮影のために繋いでみました。
Dscn6259

実際に使ってみましたが、使っていないバックルが邪魔になることはありませんでしたよ。

鳥見ではKFを使い星見ではENDEVORをと、使い分けが簡単にできるようになりました。


最後にオマケのバラ星雲です。
Rose_iso1600_60sec

雲が迫ってきていたので位置の修正はせずの撮影。

1枚モノを炙り出しています。

この週末、天気は怪しいみたいですね。

どうなりますかねー・・・。

2017年1月20日 (金)

番外編 (ステレオ写真のテスト)とオマケ

しばらく治まっていたコメントスパムが昨日からまた始まりました。

何が目的なんでしょうね?

そのコメントを管理者にクリックさせようとしているのか、訪問者がクリックするとは考え辛いし。

この類のコメントはメール通知設定をしてあっても通知されないんですよね。

気軽にコメントしていただきたいのでスパム防止機能はオフにしてあります。

まぁ、日に一回チェックすればいいことなんで・・・見つけたら速攻削除です!


先日、リサイクルショップでスリック製マルチアームを手に入れました。

実際はスリック社の製品ではない別物だったので店員さんに値引きできる?って聞いちゃいましたが、値段は変わりませんでした。

安いものなので更なる値引きは別に期待はしていませんでしたが(^^;)

5年ぐらい前にも同等品を見つけて買おうかどうしようか迷い、その翌日購入する気で再び行くと無くなっていたという経緯があります。

なので、今回は即断で購入。

手に入れてからちょっと間が空きましたがステレオ写真なるものをテストしてみました。(今更感がありますね(^^;))

何を撮ろうか・・・テストにはどんなものがいいのか・・・まったくわからないのでマイカーを撮っちゃいましたよ。
Test_stereo2_2

最初はフォトショップで作ったのですが、ただ並べただけでしたのでそれでいいのか不安になってフリーソフトの「ステレオフォトメーカー」で作り直しました。

見方は並行法でも交差法でもイケるらしいです。

撮影は並行法で撮影していますが、自分は並行法で見るのが苦手です。

交差法で見てみましたがそれっぽく見えましたよ。

ステレオ写真といってもいろんなバリエーションがあるみたいです。

ちょっとづつ学んでいきたいと思っています。


オマケはいつもの海岸の子猫のその後。

野良猫一家の子猫4匹は2匹になり、今では育児放棄された兄妹とともにグループを作っています。
_dsc6760

もう、発情期が来ているようで大人のオスはあちこちスプレーしまくりです。

喧嘩や鳴きあう姿もよく見ます。

そして、この子たちの母猫をずーっとマークしています。

母猫にはまだその気はないみたいですがそろそろでしょうね。

2015年4月28日 (火)

今日の野鳥 (ケリの雛、キジ)

もうケリの雛が歩きまわっていました。
_igp9212

早いですねー。

すぐ疲れちゃうのかな?時折り休憩をとっていましたよ。
_igp9219

傍に親鳥が見張として付いています。

ちょっと離れた所にもう片方の親がいて、コチドリ、タシギ、サギ、人間などが来るとスクランブル発進を掛けて威嚇します。

写真はコチドリを執拗に追いかけてから悠々と帰還してくるところ。
_igp9077

でも、例外があります。

それはキジ。

キジだけはケリの目の前を悠々と餌採りしながら歩いていても大丈夫みたいです。

雌は静かに餌採りだけをしているのですが、雄は定期的に何かのアピールをします。

縄張りでしょうか?

キジの鳴き声は文字にすると「ケーン」と書かれていますが、そう単純には聞こえません。

自分には「クエェッー」と聞こえます。

では、キジのアピール3連発。
_igp9226_3

_igp9254

_igp9262

こんなに目立つのにケリは相手にしません。

不思議です。

2015年4月25日 (土)

探鳥の合間に (ニホンリス)

探鳥は、というより、写真に収めるのは不調です。

そこそこ、鳥には会えているのですが・・・。

先日も、初めてムギマキを見ました。

たぶんムギマキだと思うんですが肉眼で2~30mの距離でしたのでハッキリとはしませんが、喉元のオレンジ色からのグラデーションがとても綺麗でした。

キビタキじゃないの?と言われれば否定はできませんが、あれほどのオレンジ色の強い個体には今まで出会った事はありません。


写真に撮れず、落胆しながら雑木林の中を彷徨っていたらリスに遭遇しました。
_igp8991

これは後を追っていってようやく撮れた最初の写真です。

カメラを構えるとササッと移動しちゃうのでなかなか大変でした。

つかず離れずしばらく追っていたら他にも写真が撮れましたよ。
_igp8997

_igp8998

_igp9001

その場ではタイワンリスなのかニホンリスなのか分からなかったんですが帰って調べたら、腹部の毛が白いのはニホンリスらしいです。

冬毛の時、耳の毛が伸びるのも特徴の一つだとか・・・かなり数を減らしているそうです。


クリっとした目が可愛いですね。

2015年4月15日 (水)

今日の星空 (AUTO mamiya/sekor 1:1.4 f=55mmのテスト)

突風が吹き荒れた後星空が見えました。

久し振りのチャンスだったので早速テスト撮影してみました。

おとめ座の右肩辺り。
Sekor_1_iso800_60sx2_fl

カニ座としし座の間。
Sekor_2_iso800_60sx2_fl

どちらもISO800/F2.8/60秒で撮りました。

開放は1.4と明るいレンズですが、2.8ぐらいまで絞らないと駄目でした。

しかも周辺像は放射状に歪んでしまっています・・・うーん駄目ですね。


大口径で明るいから期待したんだけどなぁ。

悪天候が続く中、分解清掃で楽しんで、写りを期待してワクワクしたから元は取れたかな?

2015年4月 8日 (水)

今日の富士山 (笠雲)

昨日、いや一昨日かな?霞んでしまっていてよく見えていませんでしたが、笠雲がかかっていたようでしたので撮影してみました。

肉眼ではこんな感じ。
_dsc3429

SONY NEX-5(改)にLPS-D1フィルターを着けてホワイトバランス調整して撮っています。

星空を撮る時と同じ構成です。

多少色味は違いますがほぼ肉眼で見ているのと同じです。

そこで、笠雲をハッキリ撮るためにLPS-D1を外して赤外線フィルターを着けてモノクロ撮影すると・・・。
_dsc3421

笠雲が見えました。

200mmにズームアップで撮影。
_dsc3423

UFOみたいだ!

と、ネタが無いので困った時の富士山ネタでした。

2015年3月30日 (月)

今日のぶらり写真 (満開手前のソメイヨシノと道端の花達)

長い間清水港に居たと思われるコブハクチョウ、見かけなくなって旅立ったかな?と思ったら20km程離れた大きな河川の河川敷で休んでいました。

向こう岸だったので写真は撮りませんでしたが、大砲レンズを三脚にセットしたバーダーお二人が陣取っていましたよ。

自分も対岸からしばらく見ていたんですが、立ったまま首を羽根の上に載せて眠っているかのように動きませんで、焦れた二人組は手をたたいたり石を投げたりビックリさせて起こす作戦に出たようです。

バーダーにもいろいろな方が居ますね。

自分はその様子をマンウォッチングさせていただきました。


本題です。

ソメイヨシノも開花して花見をしている方が多くなってきました。

まだ満開ではありませんが週末辺りいいかもしれませんね。

天気は悪いとの予報ですけど・・・。

こんな感じでした。
_dsc3335
(SIGMA FISH-EYE 16mm)

_dsc3343
(MINOLTA AF MACRO 100mm)

自分はソメイヨシノよりも赤みの強い八重桜とかの方が好きです。


道端で見つけた花を「MINOLTA AF MACRO 100mm」で片っ端から撮ってみました。

この春みたタンポポの中で一番大きいヤツ。
_dsc3348

6センチ強ありました。

ヘビイチゴでしょうか?
Hebiitigo

ヒメオドリコソウ。
Himeodorikosou

変わった咲き方をするんですね、多くの花は一番上部で咲くのに・・・。

カラスノエンドウ。
Karasunoendou_2

コハコベとオオイヌノフグリ。
Kohakobe_ooinunohuguri

クサノオウ?
Kusanoou

ムスカリ。
Musukari

この花だけ横から撮りました。

ナズナ?
Nazuna

ほとんど、真上からドアップで撮ったのでネットで調べるのに判断し辛かったです。

でも、この「MINOLTA AF MACRO 100mm」は花マクロにピッタリのレンズですね。

500円で買えたなんて信じられなーい!

ただ、AF前提で作られているのでピントリングが使い辛いのが難点です。

より以前の記事一覧

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ