野鳥写真

2017年5月17日 (水)

今日の野鳥 (アオバト♀)

全く星空が拝めません。

この季節はこんな感じでしょうね。

去年も一昨年も似たようなものです。

振り返ってみると、去年の5月は2晩しか撮影していませんね。

あーつまらないなぁ・・・。


前回コシアカツバメをアップしましたが、その時、ふと違う方向を見たら・・・アオバトがいたのです。
_igp4146

ビックリしましたよ。

松林で鳴いていたり飛び交う姿はちょいちょい見るのですが、広場に降りてくるのは初めて見ました。

波打ち際に海水を飲みに降りてきたのは2・3度見たことがありますが、撮影しようと車で近づいただけで逃げられていましたので、向こうから近づいて来てくれるとは思ってもみませんでした。

釣り糸が絡んで足先が無くなっちゃった土鳩に興味があったのでしょうか?
_igp4136

その土鳩はなんか逃げ腰。

なんて、この子は足のバランスが悪いのでいつもこうなんです。

ジーっと見て。
_igp4138

種(属だけど)を超えた愛が生まれるのか?

_igp4140

ダメですか?

なんて、確かこの子はメスだったはず。

ただ、興味があっただけなんでしょうね。

足の悪いこの子には、釣り糸が絡まっていたのを助けられなかった負い目があって、見掛けるとおやつをあげていたのです。

今ではおやつをあげ終わっても、いつも自分の近くにいるようになりました。

それが功を奏してこんな間近でアオバトの写真が撮れました。

ちょっと焦って撮ったのでピントは外しちゃったようですが、うれしい出会いとなりました。

2017年5月16日 (火)

今日の野鳥 (コシアカツバメ)

あるリサイクルショップのジャンク箱の中に望遠鏡のファインダー(6×30 8°)が転がっていました。

見たことのない足が付いて税込み540円。

ビクセンの製品っぽいモノですが足が特殊な形でした。

望遠鏡用じゃないのかな?何かの計測機器用?

普通なら買わないのですがバラして中を見ると・・・よくある筒全体を微動させて照準を合わせるタイプではなく、レチクルの金属環を微動させるタイプ・・・スカイメモSの極軸望遠鏡と同じタイプだったのです。

その金属環がしっかりした金属で出来ていて、イモネジで削られちゃうようなヤワなものではなかったのです。

サイズが合うかどうかわかりませんが、ダメなら他に使えるかもしれないと思い購入しました。

サイズが合えばスカイメモSの極軸望遠鏡内のレチクル用金属環と交換し、ダメだったらあまり使わなくなっちゃったけどナノトラッカーの自作極軸望遠鏡と交換しちゃおうかな。


大好きなコシアカツバメ。

ツバメに少し遅れてしばらく前から来ていたのですが、ようやく泥集めの様子が撮れるようになりました。

到着してから何度か雨が降っていい感じの水溜りがあったんですけどね。
_igp4106_2

すぐに巣の補修を始めるわけじゃないのかな?

というか、巣は毎年作るの?

同じ巣を補修しているのかと勝手に思っているんですが。
_igp4120

_igp4127

_igp4130_2

どこに巣をかけているのかな?


ピンボケ。
_igp4133

お洒落な模様が好きなんですよね。

2017年5月10日 (水)

今日の野鳥 (ハマシギとコアジサシ)

尻尾を轢いちゃった茶虎の猫ですが、だんだん動きが素早くなってきました。

ネットで猫の尻尾について調べてみると、やはり重要な神経が通っているみたいでそこに障害があると歩行に支障を来すことがあるようです。

猫の尻尾は引っ張っちゃダメ!って書いてありましたよ。

引っ張るどころか轢いちゃったわけですから・・・でも、その情報から、茶虎の動きを観察していると回復の見込みがあるみたいです。

脚が伸びないのかと思ったら、自分の足を舐めるときはピーンと伸びますし、猫がよくやる伸びも変な姿勢ながらもやっています。

時間がかかってもいいから元に戻るといいな。


さて、ネタがありません。

なので、証拠写真にもならないから没にしようと思っていたネタを採用です。

冬の間にはハマシギとユリカモメが休んでいた港湾施設に、今では胸が黒くなったハマシギとコアジサシが休んでいます。
Dscn6278

ホントは左右に多数のハマシギとコアジサシが写っているのですが、ボケてしまっているのでトリミングしました。

距離があるのでデジスコでも無理、これ以上ズームすると荒れが目立つだけなので広角側で撮りました。

冬の間にユリカモメとの組み合わせも撮ったのですが、削除しちゃったみたいで見つかりませんでした。


2017年5月 1日 (月)

今日の野鳥 (チュウシャクシギ)とオマケの飛鳥Ⅱ

ユリカモメがいなくなり寂しくなったなぁと思っていましたが、コアジサシがやってきて賑やかな海が戻ってきました。

ハマシギは胸が黒くなってもそのまま残っているので、港内ではコアジサシとのコラボが見られます。

もうちょっと近ければいいのですが遠すぎてボヤっとした写真にしかならないのが残念です。



今日は、ここしばらくの間見られているチュウシャクシギと出港時のクルーズ客船「飛鳥Ⅱ」を取り上げました。


なかなか近くに寄れないチュウシャクシギ。
_igp3987

障害物に隠れて撮ってやろうと目論んでいるのですが逃げられてばかり・・・逃げていく方向を見ていると、前々から「あそこにはきっといろいろな野鳥がいるんだろうなぁ」と考えている場所へ飛んでいきます。

上空を賑やかに飛んでいくコアジサシを見ているのかな?
_igp3999

何かを啄むのですが・・・何を獲っているのか分かりません。
_igp4007

フナ虫とか?


チュウシャクシギを追っているうちに飛鳥Ⅱの出港時間が来ました。
_dsc9113

ぼんやり富士山が見えていました。

パイロットさん下船。
_igp4016

この船尾のデザインが好きです。
_igp4019

「飛鳥Ⅱ」は4日後の5/5にも寄港します。

今年度3度目の寄港です。
(駿河湾内には寄港しないだけで、さらに多くの回数来ています)

2017年4月11日 (火)

今日の野鳥 まだいる(ユリカモメ、アカエリカイツブリ)

浅田真央ちゃん、引退ですか。

個人的にはソチ五輪が終わった時点でプロ転向してくれたらいいのにぁって思っていました。

ジャンプとかはではなく魅せる演技に転向して楽しくスケートしてくれたらなぁって思っていたので、アマチュアで競技スケート続行となった時には茨の道を選んだのかと思ったものでした。

フィギュアスケートは特殊な競技ですね。

他の競技ではこれからが更に上を目指せる年齢なのに、この競技ではそうではないのですから。

採点基準にも矛盾があるのかもしれませんね。

低年齢化を避けているはずなのに、結果としてはそうなっていないような・・・まぁ、素人の考えですから(笑)

真央ちゃんには肩の荷を下ろして華やかな道を歩いてほしいですね。

ご苦労様でした。



今回も繋ぎのネタで凌ぎますよ。

暖かくなるようでならない天候のせいでしょうか、少数の冬鳥がまだ残っています。

ユリカモメ。
_igp3832

この足場に乗れない子が何とか乗ろうとして彷徨います。

気の強い?子は頑として動かないのですが、追い出されてしまう子もいます。

するとその子が今度は他の子を追い出そうと足場を探し始めます。

その繰り返し。
_igp3836

何やってんですかねぇ・・・見ている方も見ている方ですが・・・。

アカエリカイツブリはまだ冬羽のまま。
_igp3839

居なくなったと思っていたウミアイサが6羽、それぞれペアになっているようでしたが見かけました。

このままの天気で、よほどネタに困ったらその子たちも登場するかもです。

2017年4月 1日 (土)

今日の野鳥 そろそろ旅立ち(シロエリオオハム、カンムリカイツブリ)

今シーズンはシロエリオオハムとウミアイサが多いシーズンとなりました。

群れで最大だったのは、ウミアイサで17羽以上、シロエリオオハムは10羽以上の群れを確認しました。

そのかわりハジロカイツブリは少なかったな。

港内のキンクロやホシハジロなども例年より少なかったように思います。

そろそろ冬鳥のシーズンは終わりですね。

次のシーズンはどんな野鳥が来るのか、楽しみにしていますよ。


今では1羽しか見なくなったシロエリオオハム。
_igp3828

こちらはアニメーションGIF。
Shiroeri

カンムリカイツブリはまだ数多く残っています。
_igp3801

I川河口では15羽ぐらい見ることができます。

夏羽に移行。
_igp3801t
(上の写真をトリミング)

男前ですね(♂♀分かりませんけど)。

2017年3月31日 (金)

今日の野鳥 そろそろ旅立ち(ユリカモメ)

今シーズンは撮り逃したかと思っていた頭が黒くなりかけのユリカモメ。

少し残っている集団で撮ることが出来ました。
_igp3744

_igp3748

_igp3750

_igp3751

_igp3754

_igp3767

ほぼ完全に夏羽になっている個体も見かけましたが、撮れるところには来てくれませんでした。

数は減ったもののシロエリオオハム/ウミアイサ/アカエリカイツブリもまだいます。

カンムリカイツブリはそのまま残っているみたいで、今見ることができるのはほとんどがカンムリカイツブリです。

2017年3月22日 (水)

今日の野鳥 (イソシギ)

Windows10ってよくわからないことが多いです。

録画専用マシン改め録音専用マシンにしているデスクトップPCに至ってはスリープが完全無視されて起動しっ放しになっちゃったのでしばらく電源オフにしていました。

Radikoolってラジオ録音ソフトも安定しなくて、録音番組がスマホ(というかSDカード)にコピーできないことが多いし、1つの番組の録音ファイルがいくつも分かれたり、果ては他番組と混ざっていたりと滅茶苦茶です。

今はタイムフリーで就寝時にチェックしていることが多いのですが、やっぱスマホにも入れたいと思いなおして、自分にできることはスリープ設定の見直しだけなので、それに向き合ってみました。

コントロールパネルなどのGUIでチェックするところは全てやってみましたが、全く改善の兆しはありません。

さて、どうしたものかとネットを彷徨うと、コマンドレベルではまだ手が有ったのです。

それによって原因がわかりました。

Windows_Media_Playerがアプリとしては起動してはいないけれどサービスとして機能しているようでした。

コマンドレベルで無視するように設定できるらしいけれど、そのプログラムは利用していないのでそのサービス自体を無効にしたらスリープに落ちました。

結局のところテキストでコマンドを知らないとダメなOSなんだなぁと感じましたよ。

Windowsもただのアプリケーションソフトだったころから時は流れて今ではOSとして10になったけれどもコマンドレベルでしかできないことがまだまだあるんですね。




知らないうちにユリカモメは頭が黒くなりはじめ、いつもの海岸にいた群れは居なくなっていました。

少し港に残っている子たちが頭が黒くなっていたので、海岸で水を飲みに来る群れを撮ろうかなって思ったんですが、今年はタイミングを逃したようです。

今日はその港で見かけたイソシギです。
_igp3497_2

_igp3502

_igp3509

フジツボを突いていたのか、周囲についているであろう虫を突いていたのかはわかりませんでしたが係留ロープを行ったり来たりしていました。

イソシギも見ていて飽きない鳥です。

動き回っていろんな表情を見せてくれる楽しい鳥です。

2017年3月20日 (月)

今日の野鳥 (ジョウビタキ♂)

今日はドヨンとした風のない曇りで、青空工作の自分には都合の良い天気でした。

日差しがあると暑いし、風があると屑が舞ってしまうので、意外と条件が揃わないんですよね。

工作室が欲しいなぁ・・・。

で、何を作っていたかというと回転機構のないレンズ用の回転装置(某工房ではレボルビング装置ってかっこいい名前が付いています)なんです。

午後からでしたので完結しませんでした。

午前中に、既に買ってあった材料を見ながらどうしようかなーって考えていたんですが、それだと前に進まないので、午後から行き当たりばったりの現物合わせで作り始めたのです。

参考に、というかその某工房のパクリです。

全て削り出しで・・・なんてことは自分の工作道具では無理なので、便利な水道用のパーツを多用します。

今日のところは回転の基になる台座だけ出来ました。

次の週末の天候条件が揃ったら、カメラを固定する回転機構側を作ろうと思っています。

材料費は・・・って過去記事を検索したら、目途が立ったって書いているのが1年前の3月2日でした(^^;)

腰が重いねぇ・・・。

まぁ、詳細は出来ました時に・・・。


今日は、海岸の猫達におやつをあげていると、ほぼ決まってその様子を近くで見ているジョウビタキの♂です。

いつもは、こちらも何しに来ているのかなとジョウビタキを観察しているだけなんですが、そろそろ渡って行っちゃうかもしれないと写真に撮っておきました。
_igp3566

_igp3576

_igp3597

_igp3615

最近は、ヒヨドリとイソヒヨドリも近くに来るようになりました。

この子達は、食べこぼしを狙っているのかも知れません。

このシーズンはなんかモチベーションが下がってしまって、あまり、探鳥に出掛けませんでした。

花粉の時期が終わったらテンション上げて行きますよー!

2017年3月 2日 (木)

今日の野鳥 (ハジロカイツブリ)

問い合わせていたOHPシートの返答が来ました。

「OHPクリアフィルム」はもう無くなってしまったものの代替品があるとの案内でした。

ところが小売りはしていないので入り数100枚で10,000円の商品になってしまうとのことです。

同一品ではないけれどほぼ同じものということでした。

ほぼ同じというところが気になるところですが、いい意味で同じであってもその逆であっても10,000円では購入意欲は沸きません。

この商品のことは無かったことに・・・で、もう一つ気になる商品がありました。

P社なんですがOHPではなく透明のフィルムが商品としてラインナップにありました。

また失敗するのは嫌なので電話で聞いちゃいました。

結果、OHPシートよりは透明度が高いということでしたので、これが最後と決めてAmazonで注文しました。

さて、どんな商品なんでしょうか?

同社のOHPシートより透明ならたとえ「OHPクリアフィルム」より透明度が劣ったとしても、それでバーティノフマスクを作ります。


ついでに失敗したOHPシートがソフトフィルターとして使えるか試してみます。

SAMYANG14mmに使うソフトフィルターが欲しかったんですよね。

マウントアダプター内にセットするものを自作したのですが、仕込むとピントが変わってしまうので標準レンズまでならピントを合わせ直せるものの、14mmではどうにもなりません。

なので、どうしてもレンズの前にセットしたいんですよね。

それについてはまたいつか・・・。


いつもの海岸で見られる冬鳥シーズンもそろそろ終わりみたいです。

今ではカンムリカイツブリとウミウぐらいしか見られません。

そんな状況ですが、この日は夕方に夏羽へ換羽中のハジロカイツブリが見られました。

ファインダーではピント判断が出来ませんのでフォーカスエイドを信じてシャッターを切りました。
_igp3359

_igp3372

アハハ、ザラザラですね。

まぁ仕方ありません。

そういえばペンタックスから発売されたKPというAPS-Cの一眼レフ、最高感度が80万を超えました。

ペンタックスユーザーとしては気になります。

暗い状況でもザラザラせずに撮れるのかな?

より以前の記事一覧

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
無料ブログはココログ