カメラ改造

2017年8月20日 (日)

番外編 (NEX-5Nセンサー移植)

以前、チョロッと触れた鳥撮り関係の知人のブログが消息不明になった件ですが、なんか英語で「for sale」って出るようになりました。

ドメインが売られているってどうしちゃったんだろ?と近くを通る際に遠くから何度か様子を伺ってみたのですが車が動いている気配がないのです。

フロントガラス内の折り畳み式サンシェードが毎回同じように掛けられていて動いた気配がないんですよね。

高血圧を抑制する薬を飲んでいたようだし、具合が悪くなって入院でもしちゃったのかなって考えるようになりました。

心配です。


昨日の朝、何気なく天文ショップの中古コーナーを見てみたら、BORGの1.4倍テレコンバーターが安く売られていました。

ヤフオクでは通過点に過ぎないような価格でしたので、衝動的にポチッとしてしまい、現在手元にあります(^^;
Dscn6359

これについては、ネタもない時期なのでテスト撮影してから、別途ネタにしようと考えていますよ。

これから迎えるアンドロメダ星雲の時期に備えていい買い物ができたと今のところは考えていますが、そこで気になるのが天体写真用NEX-5N(改)の謎のセンサー汚れ。

クリーニングしても黒いシミが消えないんですよね。

最近では、諦めてレタッチしていましたが、アンドロメダ星雲のように大きな対象だと誤魔化しようがないなって思っていたんです。

黒いシミとはこんなヤツ。
Dust

前回のブログに使った写真の修正前です。

こういうのがいくつか出ちゃうのです。

なので、いっそのこと部品取り用のジャンク品からセンサーを取っちゃえ!ということで移植しちゃいました。
Dscn6365

一番下にセンサーを2つ並べてありますが、右が謎の汚れが出るヤツで、左が今回移植したジャンク品のセンサーです。

組み付けて電源ON。
Dscn6367

日時設定の画面が立ち上がり無事に終了いたしました。

これで謎のシミ問題から解放されるといいのですが・・・。

天気が回復したらテレコンバーターも含めてテスト撮影します。

因みに所要時間はジャンクからのセンサー外しも含めて90分くらいです。

もう慣れちゃいましたから・・・。



20170826追記
ノイジーですが悪条件下で撮影したM31にて謎のシミに対するセンサー交換の効果を確認しました。
M31_350mm_fl

ノイズが多いので細かいところは判別不能ですが、以前のような大きなシミは消えました。
精神衛生上スッキリしましたよ!!

2016年10月 8日 (土)

番外編 (今更の天体撮影におけるNEX-5N事情について)とオマケ

天気は星撮りには向かない日が続きますねー。

昨日、少しの間だけ月が見えていました。

ネタがないので月の写真でもと思い立ち、帰りがけに数パターン撮ってみました。

結果はダメダメでしたが、そこで、今日のこのネタを思いつきました。

際限がなく資金が必要になりそうな天体写真の趣味。

入り口だけでも楽しめないかな?と始めた当ブログ(ブログの主軸の一つです)。

今の主な機材は・・・

  • カメラ:SONY NEX-5N(改)
  • 望遠鏡:BORG71FL&50
  • 赤道儀:ケンコー・トキナー スカイメモS

というプアな機材で運営していますよ(^^;

天体撮影ではカメラの改造なしにはちょっと寂しいのでNEX-5Nの自己改造に踏み切りましたが、それというのも安いからできることなのです。

もう何世代か前のミラーレス機なので、中古で1万円しないモノが見つかることもあるのですよ。

分解改造は自己責任ですが、やってみればたいして難しい作業ではないので今に至っているわけです。

今でも、検索キーワードが「NEX-5 ローパスフィルター除去」関連でご訪問くださる方がいらっしゃるので少数派ではあると思いますが、天体写真をこの機種で・・・と考えている方がいるはず!



そこで、今日は撮影後の画像編集に使っているソフトをまとめてみました。

   1.星雲・星団向け

撮影形式:RAW形式が前提です。
パソコンには「SONY RAW DRIVER」を入れておけば、サムネイルやフォトビューワーでJPEG画像のように内容確認ができるので便利です。
※2017年1月中旬に買ったLenovoG50(Windows10)ではこのドライバーなしに使えています。

DeepSkyStacker 3.3.4(フリーソフト):これでRAWから直に処理できます。

画像処理ソフト:DeepSkyStacker3.3.4 → FlatAide(フリーソフト) → レタッチソフト(自分はPhotoShop7その後フリーで手に入るPhotoshopCS2に替えました)の順に処理しています。
DeepSkyStackerでほとんどの処理を行い、周辺減光などをFlatAideで補正し、レタッチソフトで多少の色合い調整とアップロードのためのリサイズを行っています。レタッチソフトは16ビットTIFF形式が扱えてトーンカーブや色合いの調整が出来ればどんなソフトでもいいと思います。レイヤーの機能などがあって多彩な編集が出来ればよりベターですが、そこまでやるのは正直無理だし、入門レベルのこの機材構成では必要ないと割り切っています。
   2.惑星向け

撮影形式:動画(MP4)orJPEG形式のどちらか。

画像処理ソフト:REGISTAX6(フリーソフト) → レタッチソフトが基本の流れ。動画で撮影した場合REGISTAX6で扱えるAVI形式の動画に変換する作業が必要です。ただ、この変換ソフトが今まで使っていたノートPCが壊れてしまったために、現在、どのソフトがいいのかわかっていません。今までは「FORMAT FACTORY」でOKだったのですが、今、入手できるそのソフトは危険なソフトということでアンチウィルスソフトではねられます。ほかのフリーソフトを試しているのですがどれもREGISTAX6で扱えないみたいで困っています。まぁ、そのうち見つかるでしょ(^^;
JPEGで撮ればそんな苦労はいらないのですが、枚数を稼ぐのが面倒なことと、シャッターショックの影響が出てしまうので動画で録りたいんですよね。
その意味ではNEX5シリーズは惑星とか月などには向いていないのかもしれませんね。最近出番のないコンデジでも使いますか・・・NIKONのP310で問題なく使用できていたはずだから。




どうですか?お金をたくさんかけずに天体写真の入り口が楽しめそうな気がしてきましたか?

機材は多少投資が必要ですが、ソフトは基本フリーソフトでいけますよ。

DeepSkyStackerもREGISTAX6も英語のソフトで立ち上げると???って感じですが、使い方についてはネットを参考に慣れるしかありませんので・・・。

2~3回使ってみれば慣れますよ。

あとは自分なりの使い方を工夫していけば苦にはならないと思います。


ぜひ、チャレンジしてみてくださいね!!







テキストだけでは淋しいのでオマケの写真。
_dsc4641

野良猫の子ネコ(茶虎)です。

いつもの子。



器量はこちらの子(サバ虎?)より確実に悪いと思うのですが・・・。
_dsc4645

性格が可愛いのです。


おやつが欲しくてもサバ虎のようにスリスリ甘えるような器用なことはできませんが、ジーッと待っているのです。

食べ終わってもサッサと行ってしまうこともなく、いつまでも傍に居ようとするのです。


生後一月前後で育児放棄されたからでしょうか、その後、頻繁におやつをくれる自分の事を特別な存在として思っているのかもしれません。

自分の車を音で認識しているみたいで、この海岸に行くといつでも走って寄ってくるのです。

自分が浜に降りたり、水を汲みに行くとその後をずーっとついてくるのです。

サバ虎と遊びたくて必死に誘うのに、サバ虎がその気で近づいてくると怖いのか逃げちゃうんだな、もうちょっと勇気を出せば遊べそうなのに・・・そんなところも可愛いのですよ(^^;

2016年8月15日 (月)

工作室 (NEXシリーズ改造カメラへ光害カットフィルターの加工と取り付け)

やっぱり「ウサイン・ボルト」ってすげぇなぁ!!

IMEに名前も登録されているし・・・。

ゴール手前で余裕な感じで「ジャスティン・ガトリン」を抜き去るとは思いませんでした。

  (ちなみにガトリンはIMEに登録されてないね(^^;)

てっきり、こりゃ負けたなぁって思いながら見ていたらびっくりしちゃいましたよ。


相変わらずの天気で何もできません。

なので、大部分を室内でも出来そうな表題の件に取り掛かりました。

主要なパーツは失敗してもショックが少ないように中古で買ったkenkoの「ASTRO LPR Filter Type 1」です。

ガラスカッターはダイヤモンドヘッドのやつがあったはずなんですが見つからなかったのでamazonで安いヤツをポチっておきました。

さて、うまくいくかどうか・・・いらない保護フィルターでカットのテスト。
Dscn6116

問題なく切れますね(割れるというべきか・・・)

次は、サイズ通りにカット出来るのか、また、工夫すれば2枚切り出せるのか等を他の不要な保護フィルターでテスト。

結果、欲をかいてフィルターを2枚切り出そうとするのは失敗の可能性があることが分かりました。

切断個所をフィルターの端に寄せすぎると切りづらいのと折りづらいので二重苦に陥ります。


なので、いらないフィルター3枚目で1枚を切り出す練習。
Dscn6121

結構バリが出来ます。(切り方ヘタ?)
Dscn6125

目指す姿は・・・こんな感じ。
Dscn6126

バリを無くせばピッタリ収まるという目論見です。(コイツはパーツ取り用のジャンクなNEX-5Nです)


さて、練習は十分、いよいよ本番、1回きりの勝負です。

フィルター枠から外します。
Dscn6127

(今にして思えば裏表が分かるようにしておけばよかったな、裏表が分からなくなっちゃいました(^^;・・・どっちでも関係ないといいな)

と、その前に、念のため端っこをテストカット。
Dscn6130

うん、問題ないね(^^;

本番です。
Dscn6137

完ぺきではありませんが、バリ取りも済ませました。

ちょっと乱暴ですが、ベルトディスクサンダーを使っちゃいました。

その作業だけは暑いけど屋外です。

ほんとは耐水ペーパーを使って地道にやるつもりだったんですけど、あまりの暑さに短時間で済む方を選びました。

様子を見ながらバリ取りをしましたので、接着剤を使わなくてもピッタリはまり、ちょっとやそっとでは取れません。
Dscn6139

ジャストサイズなのはいいけど、フィルター側面に光が反射していますね・・・影響するかな?


もともと、フィルターのコバ塗りはされていなかったのでしなくていいと思っていたのですが、カット面の研磨も粗いし、塗った方がいいのかなぁ?

以前、ジャンクレンズの補修をしたときの経験では、自分で研磨した面はコバ塗りをしても反射してしまったので、やる意味がないのかもしれません。

あの時は、耐水ペーパー1200番だったと思ったけど、もっと、細かいので丹念に研磨したら改善できるのかな?

ちょっと課題は残りましたが、これで、普通にe-Mountレンズも使えるし、電子接点も生きているのでオートフォーカスも効きますよ。

何より、「MADOKA180」で使ってみたいのです。

まぁ、「MADOKA180」も天体写真もオートフォーカスは関係ありませんが・・・。


後は実際の撮影をして具合を確認するだけですが、今の気象条件ではそれが一番の課題かもしれません。

具合がよかったらNEX-5N(改)もこの方式にしようかな?

一番最初に買ったサイトロンの「LPR-Nフィルター48mm」もあるので・・・。

2016年3月19日 (土)

工作室&備忘録 (NEX-5Nのローパスフィルター除去)

先日のブログではしばらく使いながら考えると書きましたが、早速、ローパスフィルターを取っちゃいました。

取ったのは今回購入した方ではないNEX-5Nです。

何故かというと、もう保証がない事と、シリアルナンバーが若いので先に寿命が来るのはこっちだろうと・・・そうなったら部品取り用のNEX-5Nが利用できるし、パーツが無かったらその頃には今よりも安くなっているだろうからまた中古買ってもいいし・・・という訳です。



あ、その前に、モニターのARコートフィルムですが、部品としての販売は出来ず修理扱いになるとの事ですので、もちろん修理には出しません(^^ゞ



話は戻ってローパスフィルターの除去ですが、先代のNEX-5に比べると楽ですね。

もう慣れてしまったのかもしれませんが、90分もあれば余裕で出来ます。

これは自分の備忘録としての意味合いで(ローパスフィルターを戻す時の為)書いていますので参考にはしないでくださいね。

※後日、部品取り用のNEX-5Nと天体用のセンサーの移植をする際に、この手順を見ながら作業をしましたら一部不明確なところがありました。作業をしながらだったのでどこが違ったのかわからなくなってしまいました。ほぼ手順は合っていますがそのことを前提に、おかしいところがあったら適宜対応して作業をしてくださいね。


まず道具。
1


外装を外すことから始めます。
2_2

3

4

5

赤丸内のネジを外したら、USBコネクタのところから爪か何かを引っ掛けて上面パネルを外します。



側面のパネルはこの後に行いますが、その前にモニターを外す準備として赤丸内のネジを外します。(一番右のシルバーのネジは側面パネルも固定しています)

モニタを外す際には赤矢印のフレキシブルケーブルが繋がっていますので注意!
6

ストラップホールにある黒いパーツを外します。

写真はありませんが、直下の金属パーツも外れます。(向きによっては落ちてしまう)
7
これで他のパネルが外せます。

コントロールホイールの基板を少し上にズラして外しますが、赤丸のフレキシブルケーブルに注意!
8

パネルを外し終えたらモニターを外しますがフレキシブルケーブルに注意!
9

放熱板?を外します。
10_2


フレキシブルケーブルを外しますが、赤丸はロック付きで爪で起こせます。

フレキシブルケーブルによっては小さな穴があるのでピンセットの先を使って引き抜きます。

穴が無いケーブルは両サイドの耳に引っ掛けて引き抜きます。
11
これで見えている基板が外せますが、裏にフレキシブルケーブルが繋がっているコネクタがあるので注意!(下の写真赤丸内)


次の写真のネジを外してからロック用の金属パーツを外します。
12
左下のパーツはこの段階で外せます。

赤丸内のネジを外し固定されていた金属パーツも外します。
13

上部のロック用のパーツを外します。
14


いよいよ、センサーの基板に取り掛かります。

センターの金属板を赤丸内のネジを外して取ります。
15

基板固定用の黒いプラスチックパーツを外します。
16


放熱板?を取ります。

これでセンサーが外せますが、本体を傾けずに外すと余計なパーツが落ちてきませんよ。
17

センサーが外れました。

本体を傾けたりして赤丸のパーツが落ちてしまったら元に戻しておきましょう。
18


本題のローパスフィルターを外します。

NEX-5のように両面テープで貼ってあるのではなく、黒い金属板で押さえてあります。
19

上下1ヶ所づつ爪に引っ掛けてあるので外します。
20

21

NEX-5ではドライヤーで温めて両面テープの粘着力を弱めてから外しましたが、NEX-5Nではこれだけで外れます。
22

ローパスフィルターにコネクターがあったので何かしないとエラーが出てしまうかと心配しましたが、何もせず外したまま組み付けても大丈夫でした。

これでローパスフィルターは除去できました。

後は逆に順を辿って組み上げれば終了です。

一番の難関はモニターのフレキシブルケーブルを挿すことです。

イライラせず慎重に行いましょう。

力を無理にかけたりして失敗するとケーブル破損ってことになるかもですよ。

さて、ローパスフィルター除去の作業は以上で終了ですが、続いて、光害カットフィルターを装着する為の処置を行います。

と言っても、自分は37mmのLPS-D1を使っていますのでセンサー前に37mmのフィルター枠を両面テープで固定するだけです。
23
埃除けに保護フィルターも入れてます。

レンズは全て電子接点の無いマニュアルレンズを使いますので、これでOKです。

純正のレンズやフランジ内に出っ張るレンズを使う場合はこの方式は使えませんけどね。

※追記
→これを解決する取り付け方法も試しました。
次に改造をする場合はこのやり方で光害カットフィルターを取り付けようと考えています。
安い時にフィルターも手に入れてあるしね(^^;


NEX-5に比べて画素数が増え、高感度耐性も向上しているらしいし、電子先幕シャッターが使えてシャッター振動が発生しないので、天体写真の多少の画質向上を期待しています。

天気が良くならないかなぁ!!!

2015年9月14日 (月)

備忘録 (NEX-5N分解について)

やっちゃいました・・・orz

ジャンクで買ったNEX-5Nの止めを刺しちゃいました ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~


シャッターが下りたままになっちゃったので「単に何かが引っ掛かってるだけなら何とかなるかも」と駄目元で分解してみたんですが・・・バラしてシャッターを手動で下げる→組み上げて電源入れる、を繰り返す事5回、とうとう、モニター用のフレキシブルケーブルを駄目にしちゃいました(^^ゞ

あそこは挿し難くい上に狭くて見えないので注意深くやってたんですけどね。

ファームウェアを更新してからここにに至るまでに2度直ったんです。

その時にリセットしてみれば良かったんですがそんな事には気が行かずに、3度目を迎えてどうにもならなくなりました。

ファームのせいではなくて寿命かもしれませんが・・・。


分解する前にソニーのサポセンに何か手があるか確認してみると修理しかないようでした。

概算で19,000~28,000円ぐらいとの事でしたので丁重にお断りしました。



おかげでNEX-5Nの分解はチョチョイノチョイで出来るようになりました(表現古い?)

この子は、またいつか、いい出物を見つけたら部品取り用に使ってあげましょう。

で、今回はその時の為の備忘録としてまとめたものです。

けしてこれを見て分解などなさらないように!!
(もし参考にするなら自己責任ですよ!)


先ず、故障の様子。
Photo

Photo_2


分解過程。(分解何回目かに撮影しました)

ちなみに、どういう訳か一番太いネジ2本が余っちゃいましたのでちょっと違うところがあるかもです。

外装の分解について。

上部パネル部。
Photo_3
左向き矢印は上部パネルには関係ありません。

2

側面パネル部。
Photo_4
ここは上部パネルも兼用です。

Photo_5
真ん中の矢印は側面パネルには関係ありません。

これで爪か何かで引っ掛ければ外装が外せます。

上部パネルを外したところ。(他のネジも外してありますが)
Photo_6

コントロールボタン部のパネル等も外します。
Photo_10

2_3

側面パネルを外したらストラップ取り付け部も外しておきます。

樹脂製のカバーとネジ2本、ロックピンがありますので注意!

次はモニターを外します。
Photo_7

Photo_8


次は基板を外します。

それにはフレキシブルケーブルから。
Photo_12

あ、放熱板なのかカバーなのかシルバーの金属板は見れば分かりますがネジ4つで外れます。

最初の基板の裏にコネクターが隠れていますので要注意。
Photo_13



次に補助的なパーツを外します。

上部のマイクやスピーカーの取り付け部にもコネクターがありますので注意。
Photo_14

黒いパーツを外したら、中央にある金属板も外します。

写真を撮り忘れましたがネジ1本で止まっています。

センサー部が取り外せます。

ローパスフィルターは今回外していませんので説明できません。

NEX-5と同じなら、両面テープで貼ってあるだけだと思いますが・・・。

※後日、NEX-5Nのローパスフィルターを除去しました。
NEX-5とは仕組みが違いました(^^ゞ


シャッター部に辿り着きました。

シャッター部は青矢印のネジ1本で止まっています。

それよりも、細かいパーツがバラっと落ちたりしますので位置関係を撮っておきました。
Photo_15

これでバラシ完了です。
Photo_17

省いたところもありますので、バラす時に注意して難しそうなところは写真に残す方がベターですよ。

最後の写真のプラケースの上に写っている薄い金属パーツの位置関係にも注意が必要です。

よーく見ればハマるところは分かりますけどね。

自分が苦労したのは赤丸のパーツ、ストラップ取り付け部のロックピンです。

これがどこのパーツか判明するのに手間取りました(^^ゞ


あとは逆に辿って組み上げれば完了です。

一番難しいのはモニターケーブルを挿すことです。

なんかいい方法が無いかなぁ・・・。

※分解に必要な工具
精密ドライバー +00番

※有った方が良いと思う工具
①ピンセットのセット
フレキシブルケーブルには抜き挿し用か分かりませんが穴があるモノもあるので細い針状のモノがあると安心。
そうでないケーブルには耳が付いていて引っ掛けられるようになっているので自分はピンセットを使いましたが先端とか側面が鋭いところは面取りした方がベターです。
また、モニターケーブルは狭くとても挿し辛いところにあるので安全に挟めるピンセットがあると便利です。

②ネジ皿

2015年2月 8日 (日)

工作室 (NEX-5ローパスフィルター除去)

やっちゃいました。

ローパスフィルターの除去。

4~5年前の機種なので今更話題性はありませんが、やっている本人にとっては冷や汗モノ且つグヘヘなモノなのです。(これで赤い星雲やらなんやらが撮れるぜ!ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ)
Low_pass_filter

カメラの隣に置いてあるのがローパスフィルターです。

これに赤外線カットフィルターとか貼り合わせてあるみたいなんですが詳しい事は分かりません。


人にお勧めする物ではありませんので、詳細は省略します。

改造をしてくれるお店もありますし、ネットで検索すると先人の方達の奮闘記が記されています。


取る時の難関は2つ。

一つ目はフレキシブルケーブルのコネクター。

2種類あって冷や汗モノなのはロックが掛かっているヤツ。

黒い樹脂を上に起こすのですが力加減が分からず壊しそうで・・・。


二つ目はローパスフィルターそのもの。

両面テープで貼ってあるのですが、何処にカッターの刃を当てていいのか分からないんです。

ちょっと力を入れたら角の部分にピシッとヒビが入りました。

センサーに掛かる所ではなく縁なので元に戻しても影響が無さそうなんですが・・・そこで、ドライヤーで温めてからカッターの刃を当てると・・・スッと外れました。

最初からそうすれば良かったよorz


戻す時の難関は液晶モニターのフレキシブルケーブルをコネクターに刺す事。

細かく分解すれば楽なのかもしれませんが、そんなことしたら戻す自信はありません。

ユニットごと外したんですが、本体とモニターが干渉する狭い場所での作業です。

なかなか刺さらずイライラしました。

これだけで1時間ぐらい格闘しました。


外すまでが1時間弱。

戻すのに2時間ぐらいかかっちゃいました。

最後に電源を入れてモニターが写った時はホッとしました。

さて、問題はこのままではカメラレンズでは無限大にピントが合わない事。

つまり、カメラレンズで星の撮影は出来ないんです。

ボーグとか望遠鏡は合焦点の調整が容易なので問題はありません。

ローパスフィルターと同じ厚みぐらいの素通しのフィルター等をマウントアダプター内に仕込めばOKらしいです。

早い話が光害カットフィルターを仕込んじゃえばいいんだよね。


一番いいのは、上の写真見てもらうと、センサーの所にある段々状の枠にフィルターをカットしてはめ込んじゃえば良いんじゃないかと思っているんですが・・・。

さて、どうしようかな?

2014年6月22日 (日)

工作室 NEX-5用レリーズブラケット

レリーズブラケット?レリーズホルダー?何て言うんでしょうか。

先日掲載した「NEX-5で微速度撮影のブログ」で星の日周運動を撮影するにはシャッターを押しっ放しに出来るようにしなければ・・・の件で器具を自作しました。


考慮したポイントは3つ。

・取り付け取り外しが簡単であること。
・リモコン用赤外線受光部を塞がないこと。
・カメラの三脚固定用ネジ部は使わないこと。

以上の点に留意して作成しました。



天気が悪く探鳥には行けないので時間はタップリありましたよ。



こんな感じです。
Dscn4861

材料代は税抜きでおよそ500円でした。


パーツは
・ケーブルレリーズ(リサイクル品)
・レリーズ取り付けステー(ホームセンター扱い品のアルミ材)
・ステー取り付け台座(家に有った切端)
・ネジ各種(ホームセンター扱い品)
の以上です。

Dscn4859

取り外すとこうなります。
Dscn4863

カメラの三脚ネジ穴は三脚やポータブル赤道儀で塞がれるのでそこは使えません。

外装を留めている長さ4mmのネジを2本外し、アルミ台座を別途用意した長さ6mmのネジで固定してます。


普段はこの状態で使用しても特に違和感は感じませんよ。(見てくれは悪いけど)

必要な時だけステーを取り付けてケーブルレリーズをセットすればいい訳です。


ステー固定用のネジも根元側のネジ山をステーの厚み分削ってあるので、取り外しても簡単にはステーから抜け落ちないよう工夫してあります。(ステー側もネジ山切ってあります)

ステーの形状がちょっと気に入りませんが、時間のある時にヤスリで削ろうと思ってます。

サンダーとか便利な工作機械があるといいんですが・・・。


これで星の日周運動も撮れるようになりました。



後はカメラ的に10~30秒ぐらいの連写が何枚まで出来るのか、制限があるのか、メモリーの記録枚数上限まで無制限なのか、マニュアルには特に記載されていないようなのでやってみないと分かりません。(見逃してるかも知れませんが・・・)


何にしても天気が良くならないと何も出来ませんね。


※追記(2015.10.21)
シーソー式レリーズを作りました。

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ