メシエカタログ

2017年9月19日 (火)

今日の星空 (アンドロメダ銀河M31)

台風の影響はこちらはありませんでした。

昨夜の22時半ごろに急に風雨が強くなったものの、その状態も長くは続きませんでした。

台風一過とは言えないかもしれませんが、日中は風は強めでしたが久し振りの快晴となり、夜空に期待して待っていましたよ。

まぁまぁ星の見える夜空がホントに久しぶりに見ることが出来ましたので、アンドロメダ銀河から始めていくつか撮ってやろうと、街の北側の造成地へ21時ごろ出掛けました。

残念ながらアンドロメダ銀河を撮り終えるころには、北極星を中心に半径はカシオペヤ座を越えるぐらいまで雲に覆われてしまい、目論んでいた対象はアンドロメダ銀河のみで撮影を終えました。

撮影した分を全部(と言っても20枚)DeepSkySstackerにかけて80%の16枚をコンポジットしましたよ。
M31_iso3264mix_19m0s_16f_6_3
(SONY NEX-5N(改) miniBORG71FL レデューサ0.85xDG ISO3200-6400 Total:19m0s LPS-D1 SkyMemo-S)

※追記
上の写真はDSSでフラット処理も同時に行いましたが、やり慣れないので細部がつぶれてしまったようです。こちらはいつものようにフラット処理だけFlatAideを使ったものです。

M31_iso3264mix_19m0s_16f_nf
DSSの処理はあまり解説が無いのでやってみて慣れるしかありません。なかなか難しいです。


※更に追記
DSSでフラットの調整が出来るのかな?とフラットタブを見てみましたが、他のライトフレーム&ダークフレームと同様の項目のみで特に何かが出来るようにはなっていませんでした。つまり撮り方が悪かったんですね。まぁ簡易的に撮ったので、というか、しっかり撮ったことが無いし、今までは自分のレベルではまだ早いと思っていたのでフラットそのものについて何の知識もありません。ネットを彷徨って勉強してきます(^^;


遠征はせず自分の住んでいる街で撮影するスタイル+プアな機材なので今日の夜空ではこれが精一杯です。

でも、久しぶりに撮影が出来て気持ちのモヤモヤは多少改善されましたよ。

星空の見える天気が続きますように・・・。

2017年6月 5日 (月)

今日の星空 (M19、M62、M80、M107)

自動給水器を再度作りました。
_dsc9314

今回は前作のあまりの上部部分を皿として活用しました。

皿とタンクとの接続部のシーリングには100円ショップで売っていた窓用のシーリング剤を活用しました。
_dsc9315
前作のシーリングにはグルーガンを使いましたが、こちらの方が固まるまでの時間の猶予があって成形しやすいです。

100円で40g入りだったかな?それの1/4ぐらいの料で水漏れ防止が出来ましたよ。

一応使い切りということですが、キャップは付いているので1シーズンの間硬化しなければ、使い勝手がいいのですが・・・どんなもんでしょうね。

この給水器はどのぐらいの間捨てられずに活躍してくれるかなぁ・・・。




前回に続いてメシエ天体パートⅡです。

一応前回の説明文。

 金曜日から土曜日にかけての深夜、撮影したネタからメシエ天体を採り上げました。

 すべて撮影条件は同じです。
  カメラ:SONY NEX-5N(改)
  望遠鏡:miniBORG50+レデューサ0.85xDG
  架台:Skymemo-S
  撮影データ:ISO3200 120秒

 RAWデータの現像はDeepSkyStackerで行いました。

 サソリ座付近のメシエ天体です。


M19。
M19_iso3200_120s_1

印入り。
M19_iso3200_120s_2




M62。
M62_iso3200_120s_1

印入り。
M62_iso3200_120s_2




M80。
M80_iso3200_120s_1

印入り。
M80_iso3200_120s_2

左下に隠れミッキーがいますよ(^^;



M107。
M107_iso3200_120s_1

印入り。
M107_iso3200_120s_2


これで先週末金曜から土曜の深夜に撮影した星空シリーズは終了です。

またいい星空になってくれたら撮りためておきたいなぁ・・・。

2017年6月 4日 (日)

今日の星空 (M6、M7、M9)

チェックしていた双眼鏡をゲットしました。

ジャンクではなく良品として出品されていたので少し高めでしたが、程度の悪いジャンク品でも3,000円を超えてしまうことを考えると程度の良いモノが4,500円なら満足です。

どういう訳かゲットした双眼鏡は誰も入札しなかったんですよね・・・気が付かなかったけど、どこかに見落とした欠点があったのかな?、自分には良さそうに見えたのでスタート値を上限として入札したらそのまま落札しちゃったんですよね。

まぁ、届いてからのお楽しみ。

手を入れる必要があったら更にお楽しみが増えますよ。

ブログネタに苦しんだ時に登場するかもしれません。


金曜日から土曜日にかけての深夜、撮影したネタからメシエ天体を採り上げました。

すべて撮影条件は同じです。
 カメラ:SONY NEX-5N(改)
 望遠鏡:miniBORG50+レデューサ0.85xDG
 架台:Skymemo-S
 撮影データ:ISO3200 120秒

RAWデータの現像はDeepSkyStackerで行いました。

サソリ座付近のメシエ天体です。

M6。
M6_iso3200_120s_1

印入り。
M6_iso3200_120s_2


M7。
M7_iso3200_120s_1

印入り。
M7_iso3200_120s_2


M9。
M9_iso3200_120s_1

印入り。
M9_iso3200_120s_2


1枚モノでも黒っぽい星雲みたいなのとかいろいろ写り込んで楽しい領域ですね。

月明かりが無ければじっくり時間を掛けて撮ってみたいと思いましたよ。

パートⅡへ続く・・・。

2017年5月 8日 (月)

今日の星空 (M4、M10、M12、M14)

昨夜は21時過ぎぐらいから雲のない夜空になりました。

月が明るいので星はあまり見えませんでしたけど・・・。

星が見えているならせっかく作ったスカイメモS専用三脚の具合を確認したくなるのが人情ってもんです。

23時過ぎに近所の海岸へ行ってきましたよ。

案の定、雲もないのに星はほとんど見えません。

だけど北極星は目視でも確認できたので撮影準備を始めました。

専用三脚なので雲台を付け替えたりせずサクッとセッティングができるようになりました。

ボールレベラーもいいですね!

水平出しが簡単です。


さて、何を撮りましょうか・・・星団系がいいかな?・・・メシエ天体の球状星団を撮ってみようか・・・ってことで、4つ、1枚モノですがテストを兼ねて撮影しましたよ。

M4。
M4_iso1600_60s
以下全て(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO1600 60sec LPS-D1 Skymemo-S



M10。
M10_iso1600_60s

M12。
M12_iso1600_60s

右下に写っているのはM10です。


M14。
M14_iso1600_60s


三脚の耐荷重が3kg減って7kgになりましたが、自分の機材では問題がないようです。

とても安定していました。

車に積んでおく三脚が1本増えたことはマイナスですが、使い勝手は凄く向上しました。

スカイメモSの微動雲台に不満を抱えている人には、ちょっと特殊な例かも知れませんが参考になるかもです。

ヤフオクをチェックしていい出物があったら手に入れておくときっと役に立ちますよ。



三脚の耐荷重は減ったものの全体として剛性感はかなり上がった感じです。

ピント合わせでミニボーグのヘリコイドを回すとき、今までとモニター内の星像の揺れ方が全く違うのです。

前のガイドマウントを利用した微動雲台に無理があったかな?

純正の微動雲台の使用感は今となっては思い出せません。

ただ、確実に良くなったと感じました。

2017年2月19日 (日)

今日の星空 (東~南の空でメシエ天体をゴッソリ(3/49/53/58/59/60/61/64/68/84/86/87/88/89/90/91/99/100/104))

メシエ天体を大量ゲットしてきました。

まず一通りを撮ってみたいというシリーズなので、小さい/見えづらい/きれいじゃないとか考慮していません。

全部1枚モノ。

JPEG撮って出しをトーンカーブ調整とリサイズをしています。

機材&撮影条件は、
カメラ&撮影条件:SONY NEX-5N(改) ISO3200 90秒
レンズなど:miniBORG50 レデューサ0.85xDG LPS-D1
赤道儀:Skymemo-S
と、いつもの構成です。

順不同ですがこんな感じです。
_dsc8119

_dsc8122

_dsc8124

_dsc8125

_dsc8127

_dsc8131

_dsc8135

_dsc8136

_dsc8137_2

_dsc8138

最初のM104(ソンブレロ銀河)はナノ・トラッカーでも撮ったことがあります。

当時はM104を導入するのにものすごく苦労していました。

何度か断念したこともありますし、感が冴えてサクッと導入できたこともあります。

今では全く困らずに一発導入できますよ、目盛り環って便利ですね。

この辺りはメシエ天体だけでなくNGCやICなどもゴッソリあり賑やかな領域です。

212mmではあるのが確認できるレベルですが、これらを綺麗に撮りたいとなると機材だけでなく腕も相当上げなければならないでしょうねぇ・・・。

将来、引退して山奥で隠居生活を始めたら時間をたっぷり使ってチャレンジしてみたいですね。

それまで、楽しみに取っておきます。

2017年1月 6日 (金)

今日の星空 (M35、M36、M37、M38)

最近のTVCMはラップ調のモノが増えていますね。

自分はラップは全く好みではありません。

そもそも音楽を歌詞で好きになることがないのです。

メロディありきなのです。

なので何を言っていようが関係なく、メロディが気に入れば好きな音楽になるのです。

そんな人なのでメッセージ性とかそういったことが理解できないのですよ。

あの単調な音楽は音楽なのか?

そこに年齢が加わってきて、そういったCMでは何を言っているのかさっぱりわからなくなって来ちゃいました。

そういったCMは若者をターゲットとしているので、おじさんに伝わらなくても何の問題もないでしょう。

そこで思い出したことがあったのです。

昔、親が「最近のCMは何を言っているのかわからないねぇ」と言っていたこと。

その頃にラップはなかったけど、音楽に歌詞が詰め込まれているというか早口みたいなモノが増えて来ていたように思います。

サザンの勝手にシンドバットなんて、今の自分が当時に聞いたとしたらきっと何を言っているのか理解できないんじゃないかな。

何を言いたいのかというと・・・つくづくおじさんになったなぁ・・・ということ(^^;




前置き、長いですね(^^;

メシエ狙いの寄り道シリーズです。

この時期・この時間帯のメシエ天体は撮り終えたと思っていたのですが・・・。

実はM35~M38はぎょしゃ座を撮っていたので、撮った気になっていただけで漏れていました。

ということで、先ほど撮影しました。

M35。
M35_iso1600_90sec_0106fl
(SONY NEX-5(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO1600 90sec LPS-D1 Skymemo-S)

M36。
M36_iso1600_90sec_0106fl
(SONY NEX-5(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO1600 90sec LPS-D1 Skymemo-S)

M37。
M37_iso1600_90sec_0106fl
(SONY NEX-5(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO1600 90sec LPS-D1 Skymemo-S)

M38。
M38_iso1600_90sec_0106fl
(SONY NEX-5(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO1600 90sec LPS-D1 Skymemo-S)

M35の辺りも星雲や星団が点在していて面白そうな領域ですね。

光害の少ないところでM38とともにじっくり撮ってみたいです。

2017年1月 4日 (水)

今日の星空 (M41、M44、M48、M50、M67、M79)

GPVはなかなか予想を外してくれますね(^^;

快晴の予報だったので、月が沈んだら南東のメシエ天体を狙ってやろうと出掛けてみたら・・・。

セッティングを終えたら雲が出始め、仕方がないので雲間を縫って撮影し、雲も退かないしとりあえず撮れるものは撮ったと撤収を完了したら雲がなくなって快晴(-_-X)

最近このパターンが多いです。



成果です。

全部1枚モノ、JPEG画像をトーンカーブ調整してあります。

M41。
M41_dsc7397

M44。
M44_dsc7401

M48。
M48_dsc7287

M50。
M50_dsc7286

M67。
M67_dsc7399

M79。
M79_dsc7406

雲間を待ちながら全部で40分弱の撮影でした。

1発導入の1枚モノなので効率よく撮影できます。

出来不出来はともかくメシエ天体制覇を狙いますよ。

季節がら撮れない対象もあるでしょうからすぐには終わらないと思いますが、気長にお付き合いくださいね。

2016年12月28日 (水)

今日の星空 (M27、M29、M56、M57、M71)

車を運転するドライバーにもいろいろなタイプの方がいますよね。

何かちょっとしたことがあるとクラクションを鳴らしまくる人って自分的には考えられません。

自分ならクラクションを鳴らす暇があったらその瞬間、周囲の状況を確認して危険回避をします。

まぁ周囲の状況確認なんて絶えずやっていますけどね。

考えてみるとクラクションなんて道を譲ってもらった時ぐらいしか使ったことがないなぁ。

クラクションをすぐ鳴らす人っていつもクラクションに手をかけているの?不思議です。

傍から見ていてもみっともないなぁって思うんですが・・・。


今日も引き続きメシエ狙いの寄り道シリーズです。

西に沈んでいくメシエ天体を狙いました。

明るいベガから辿ってそのベガが沈むまで撮影しました。

これで現時点の寄り道時間帯に狙えるメシエ天体は撮れたかな?

後は時間帯を変えるか、季節が進むのを待つかです。


M57。
M57_iso3200_120sec_fl
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO3200 120sec LPS-D1 Skymemo-S)

M56。
M56_iso3200_120sec_fl
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO3200 120sec LPS-D1 Skymemo-S)

M71。
M71_iso3200_120sec_fl
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO3200 120sec LPS-D1 Skymemo-S)

M27。
M27_iso3200_120sec_2_fl
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO3200 120sec LPS-D1 Skymemo-S)

M29。
M29_iso3200_120secx8_fl
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO3200 120sec×8 LPS-D1 Skymemo-S)

ホントは他にも撮ろうと思ったんですが、雲が出てきたので終了!

M27って結構写るんだなと思いましたよ。

2016年12月27日 (火)

今日の星空 (M34、M77、M78)とオマケのM38

メシエ狙いの寄り道シリーズです。

今日は夕方近くになって快晴になりました。

風が強かったので広角以外は無理かもしれないと思いながらポイントへ行くと・・・風裏になるポイントは頼りになります、かなり防風されていたので212mmの組み合わせでサクッと撮影しました。

いつもの通り1枚モノですが、DSSで現像&処理しました。

M34。
M34_iso1600_120sec
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO1600 120sec LPS-D1 Skymemo-S)

M77。
M77_iso1600_120sec
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO1600 180sec LPS-D1 Skymemo-S)


M78。
M78_iso1600_180sec
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO1600 180sec LPS-D1 Skymemo-S)

上の2枚はもっと長焦点でないと駄目ですね。

まぁ、とにかく一通りminiBORG50で撮って様子を見ようと思います。





オマケのM38です。

ソフトフィルターをつけてみました。
M38_iso1600_180sec
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO1600 180sec SOFTON(A) LPS-D1 Skymemo-S)

M38は左下の星の塊です。
結構好きな領域です(^^;

2016年12月24日 (土)

今日の星空 (メシエ天体:M39、M52、M76、M103、M33、M31・M32・M110)とオマケ

今朝、テレビのチャンネルを変えたところ、ラグビーのヤマハ発動機ジュビロの紹介か何かが終わるところだったのですが、キャスターが妙なことを言ったのが気になりました。

「フッカーがチーム一のポイントゲッター」って聞こえたんです。

???そんなチームある???

丁度終わるところだったのでその前の関連が分かりませんが、何か他の事を言ってるんだろうなぁ・・・笑いのポイントゲッターとか・・・まさかホントにトライをしているわけじゃないよね(^^;

朝、3時まで起きていたので寝ぼけ気味だったのですが、このキーワードで目が覚めちゃいました。




3時まで起きていたのは、1時まで撮影していてデータの整理なんかしていたらそんな時間になっちゃったんです。

早速、その写真をアップです。

今回もメインは60秒露出の1枚物JPEG画像です。(トーンカーブ調整&リサイズしています)

M39。
M39_dsc7125

M52。
M52_dsc7127

M76。
M76_dsc7129

流石に小亜鈴星雲はこんなんじゃ写りませんね(^^;

今後の課題にしておきます。

M103。
M103_dsc7128


ここから15枚をDSS&FlatAideで処理しています。

M31・M32・M110。
161223m31_isomix_60secx15_f

M33。
161223m33_isomix_60secx15_f

街灯りを補正しきれませんでした(^^;

最後にオリオン座が南中を過ぎたところだったので、このポイントでは光害の影響があることを承知でバーナードループに挑戦しました。
Orion_iso1600_150secx20_fl1_2

下1/3ぐらいが光害にやられました。

いろいろやってみましたが、途中で訳が分からなくなりました。

ホントは光害の影響が少ない海岸のポイントへ行った方がいいのですが、今、そこは工事中でLED工事保安点滅灯がすごく明るいのです。

なのでそこは工事が終わるまでは撮影には使えなくなっちゃったんですよ・・・。

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ