miniBORG50関連

2017年10月 4日 (水)

今日の星空 (プレアデス星団(M45))

先日、ぎょしゃ座の勾玉星雲とオリオン座を撮影した際に、準備が終わってからそれらの星たちが光害の影響が少ない高さになるまで、この星団を撮影していました。
M45_iso1600_240sx3
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50+レデューサ0.85xDG ISO1600 240秒×3枚 LPS-D1 Skymemo-S)

どの位時間を掛けて露出したら他の方が撮るような星雲が写るのかなぁと露出時間をちょいちょい変えて待ち時間を有効に使ってみましたが、結局のところ自分の住む街ではこれが限界みたいです。

もっと暗いところまで行くか、撮影方法を変えてもっと長時間露出が出来るようにならないと・・・。

まぁ、今のところはこんな感じで行きますよ(^^;


※追記
もう少し星雲を炙り出そうと再処理してみました。
Test_m45

多少星雲がはっきりしました。

もっと枚数を増やせば結果が良くなりそうな感じです。

いつか、もう少し焦点距離の長い71FLで20枚ぐらい撮ってみようと思いましたよ。


※またまた追記
余りのザラザラ感にNeatImageを初めて使用してみました。
Test_m45_filtered

如何でしょう?だいぶ良くなったと感じますが・・・。

使い慣れないのでディティールが潰れた感もありますが、それは、操作に慣れていい感じになるパラメーターを自分なりに掴まなきゃですね。



ステライメージの体験版で自動処理モードを試してみましたが、ザラザラ感のない画像が出てきました。

残念ながら体験版では処理後の画像が保存できないので掲載もできませんが、DSSとの大きな違いはその仕上がりの良さです。

ただ、仕上げの処理をいろいろパラメーターを変えながら行いましたが、使い慣れないのが原因かは分かりませんが、どうしても分子雲がDSSほど浮かび上がりませんでした。
※詳細処理モードではかなり炙り出せましたがDSSと同じく荒れた画像になりました。それを調整する技術は今の自分にはありません(^^;

当、貧乏ブログでは購入に費用の掛からないDeepSkyStacker+NeatImageの組み合わせで今後の処理を行っていきます。

ステライメージのキャンペーンセールがあって安くなるようだったら突然導入しているかもですが・・・。

2017年10月 1日 (日)

今日の星空 (ぎょしゃ座の星雲、オリオン座の星雲)

昨夜、GPVの予報通り21時ごろから雲のない夜空になりました。

やるじゃんGPV!

月が沈むのを待って、街の北側の造成地にいそいそと出掛けてきました。

低空を除いて雲は無かったけれど、空気の透明度は良くなかったみたいです。

3時過ぎにはまた雲に覆われる予報なので、それまでの間、星空を堪能してきました。


それにしても寒かった。

途中からかなりの強風になりまして、一応長袖のフリースを着て行ったものの、その下はTシャツ1枚だったので震えながら星空を楽しみました。

1つだけ流星が見られましたよ。

撮影対象は去年の11月末に撮影した領域のリベンジです。

まずはぎょしゃ座の勾玉星雲。
Gyosya_iso3200_150sx15
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50+レデューサ0.85xDG ISO3200 150秒×15枚 LPS-D1 SkyMemo-S)

目盛環は、Nekomeshiさんのアプリ「TeleSkyMapBT2」を利用してカペラで設定し、NGC1893の時角を目盛で読みました。

約1年ぶりにリベンジできましたよ。

去年は謎の斑点にやられっぱなしでしたから・・・。


そしてこちらもやられっぱなしだったオリオン座のベルト付近。
Orion_iso3200_150sx7
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50+レデューサ0.85xDG ISO3200 150秒×7枚 LPS-D1 SkyMemo-S)

こちらは強風のおかげで半分の7枚しか使えませんでした。

どちらも謎の斑点は姿を消し、精神衛生上大変スッキリしました。


時間的に余裕はなかったので仕方がありませんが、C/2017 O1(エイサスエスエヌ彗星)がぎょしゃ座のすぐ近くにいたので、撮影したかったな。

機会に恵まれたらチャレンジします。

2017年9月29日 (金)

今日の星空 (二重星団(NGC869,884)とアンドロメダ銀河(M31) 副題(工作物の検証))

月明かりは邪魔だけど、久しぶりの星空になりました。

寄り道して、月日目盛環を利用した目盛環とフラットフィルターの検証をすべく表題の対象を写真に撮りました。

機材のセッティングを終えたら、まずは、そんなに明るくないけど周りに目立つ星のないアルフェラッツを導入します。

その時角を赤緯&赤経目盛環にセットします。

そして二重星団の時角に合わせるべく、赤経&赤緯の目盛を見ながらポタ赤の二軸を慎重に回します。

赤緯と赤経、順番をわざと変えて表記しましたが、その順番に意味があります。

赤緯にはモーターが無いので一度セットしたら狂いませんが、赤経は時間と共にモーターによってズレていきます。

なので少しでも狂いを少なくするためにこの順番で操作しているのです。

まぁ、気休め程度でしょうか・・・。

で、導入一発目の二重星団。

画角は212mmのminiBORG50+レデューサ0.85xDGの組み合わせです。
_dsc9357

バッチリじゃないですか。

この目盛環でも問題なく使えます。

少し位置の微調整をして10枚撮影しました。

そしてダークフレームを3枚。

この間工作したフラット用フィルターを装着してフラットフレームを3枚。

この素材を使用してDeepSkyStackerで8枚を選別してコンポジットしました。

一つはダーク処理のみ、次にダーク&フラット処理、最後にダーク&フラット&ダークフラットと3種類合成してみましたよ。

その写真をピクセル等倍で比較したモノ。
Compare

う~ん、違いがよくわかりません。

因みにフラットはライトフレームと同じ露出設定で撮影していますので、ダークとダークフラットは兼用です。

DSSではダークフラットがダークと同じファイル名では受け付けないのでリネームして使います。



とにかくフラット処理もDSSで問題なくできるようになりました。

以下はDSSでダークフラット処理までかけた写真です。


二重星団。
Ngc869_dfdf_iso1600_80sx8_r
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50+レデューサ0.85xDG ISO1600 80sec×8枚 LPS-D1 SkyMemo-S)

アンドロメダ銀河。
M31_d_f_df_iso1600_80sx8
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50+レデューサ0.85xDG ISO1600 80sec×8枚 LPS-D1 SkyMemo-S)

月明かりの下なのでこんなもんでしょう。

前に気になったザラザラ感もなくなったような・・・フラットエイドでうまく処理できなかった時に感じる不自然さも感じないし、まぁいい感じではないでしょうか?

何より、謎の斑点が全く気にならなくなりましたよ!!!

2017年8月22日 (火)

番外編 (BORG 1.4xテレコンバーターDG[7214] リフレッシュ)

既に触れた通りBORGの「1.4xテレコンバーター DG」を中古にて入手しました。
Dscn6360

対物レンズの焦点距離に応じてテレコンの目盛を合わせて使用するのですが・・・。

摺動部がなんとも頼りない手応えなのです。

固定方法は無いみたいです。

摺動部の摩擦抵抗だけで長さの調整をするようです。

現状ではテレコンを縦にすると少しのショックで長さが変わってしまいます。

とりあえず輪ゴムを巻いて対処。
Dscn6362

miniBORG50は焦点距離が250mmなので目盛の範囲外。

目一杯に伸ばして300mm設定で使用します。



当初、このネジが何かの役割を果たしているのかな?って思ったんですが・・・。
Dscn6361

ただの中身の落下防止ネジでした。

とりあえずレンズのクリーニングもしたかったのでバラして仕組みを見ます。
Dscn6368

左から ・ストッパーネジ ・レンズ部 ・筐体に分かれました。

摺動部は・・・。
Dscn6369

Dscn6371

植毛紙が支えているだけです。

つまりこの植毛紙がヘタって薄くなっちゃったようです。



そうと分かればこの植毛紙を新しいモノと交換します。

植毛紙はボーグ製品を買うと付いてくる「ご愛用者カード」を送ることで返送される粗品に入っていますので、自分は何枚か持っているのです。

現在ではこの仕組みは廃止されてしまいましたけどね。


まずはヘタってしまった植毛紙を剥がします。
Dscn6372

筐体の方も剥がしてそれぞれの長さを測ります。

外径等から計算してもいいですが実物で測るのが簡単でしょ?

それぞれを新品から切り出します。

粗品の植毛紙は粘着テープは付いていないので、薄い両面テープを同サイズで切り出して貼り付けておきます。

そして、元の場所に貼るだけ。

一応、ヘタった植毛紙の厚みと新品の植毛紙の厚みをマイクロメーターで測って確認しておきましたよ。


さて、レンズのクリーニングも施して組み立てます。
Dscn6374

オォッ!

キツキツの抵抗感と共にガタが無くなりリフレッシュしましたよ!!

もう輪ゴムなんて要りません!

中古で買った方や使い古して調子が悪くなったテレコンをお持ちでしたら、ぜひ、この方法をお試しください。

って、多分みんなやっていますね・・・。

2017年8月18日 (金)

今日の星空 (白鳥座サドル付近)

ちょっと前にアクセスカウンターが150,000を超えました。

2016年12月末に100,000を超えてから8ヶ月、多くの皆様にご訪問いただいたおかげです。

あまり実の無いブログですが今後とも宜しくお付き合いください。



さて、今日は久しぶりに比較的広範囲に星空が見えました。

日没後から雲が切れ始めたのです。

月などではなく星がまぁしっかり撮れたというのは何と6月5日以来の事です。


日没後は南天方向しか雲が開けておらず、その範囲で狙いたいモノはと考えたところ・・・もしかしたらジョンソン彗星が写るかも?と思い狙ってみました。
C2015v2_iso800_50secx7_1

撃沈です(^^;

画角中央付近に条件が良ければ写ったかもしれませんが。

まぁ、もう無理かもしれませんね、低空だし。


そうこうしている内に天頂方向がかなりスッキリしてきましたので、白鳥座のサドル付近を狙ってみました。
Gamma_iso1600_120sx8_1
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO1600 120sec×8 LPS-D1 Skymemo-S)

まぁ、こんなところで撮影していましたのでどう頑張っても素晴らしい写真にはなりませんよ。
_dsc0627

この時はジョンソン彗星を撮影中でした。

風はそこそこ吹いていましたが気持ちのいい風で、昼間の暑さで火照った体を冷ましてくれましたよ。


全天スッキリとはなりませんでしたが、レッドチャンネルだけなら星雲が結構ハッキリと写っているんですね。
Gamma_iso1600_120sx8_1red

何故、サドル付近に決めたのかというと、もちろんこの方向が雲が無かったこともありますが、ガンマ星という名前につられたのです。

今では見る影もない体型ですが、若い頃はガンマ(γ)という名の付いた過激なバイクに乗っていたのです。

信号からのスタートダッシュでは仮面ライダーのように白煙を吹いて、前が空いていれば3速ぐらいまでウィリーして走るような馬鹿者だったのです(^^;

ちょっとその名前を思い出して久し振りの星空撮影先として選びました。


今は再び雲に覆われてしまいましたが、この先、いい星空に恵まれたいものです。

2016年11月 4日 (金)

今日の星空 (アンドロメダ銀河M31)

出費って重なりますね・・・。

昨日の朝、突然自室のテレビが壊れました。

古いプログレッシブTVで画面上部の走査線が1/5ぐらいまでおかしくなっていたので、もういつ逝くのかカウントダウン状態でしたが、朝の情報番組を見ている時「プツン」と画面が切れ、続いて「ドン・ドン・ドン」とリレーか何かが連続して振動し続けるのです。

逝ってしまいました。


ずーっと買い替えなきゃなぁと思ってアタリはつけてあったのですが、液晶テレビって画面が綺麗じゃないじゃないですか。

プログレッシブTVと比べるとザラザラ感が目立つし、動きの速い場面では変な残像が気になって決断できずにいました。

4KTVとかだったらいいのかもしれませんが、自室のTV台&部屋のレイアウトからサイズは限定されます。

今のテレビなら32インチ(ちょっと前までは32インチすら置けなかった)がギリギリです。

32インチだとフルハイビジョンとハイビジョンの差はあまりないと言いますが、店頭で並べて見たらその差は歴然。(プログレのブラウン管の方が綺麗ですけどね)

一番安いフルハイビジョンの液晶テレビを急遽購入しましたよ。

以前の28インチプログレッシブTVとほぼ同サイズ、ただし、対角線で4インチ画面が大きいので、今、新鮮な気持ちでTVを見ています。

日中まで残っていた50kgのブラウン管TVを2階から一人で撤去した影響の筋肉痛は何とか治まりました(^^;

昔はそのぐらいの重さは何ともなかったんだけどなぁ・・・。


そのTV、購入した量販店にリサイクルに出そうとしていたら、タイミングよく廃品回収業者が家の前に停まりました。

中東の人?流暢な日本語を話す外人さんでした。

2,000円でいいと言うので「ホントにちゃんと処理するのか?」と一抹の不安を感じながらも、その重さにうんざりしてたところだったのでお任せしちゃいました(^^;

これでよかったんだろうか・・・その時、既に腕がプルプルしていたので渡りに船でしたよ。


残った問題はTVのインターフェースが新しいため、AVアンプとの接続が映像信号に関して手持ちのケーブル類では出来ないことです。

おいおい解決していきます。


車の出費(パワステポンプ)は4万円以内で話がつきました。

ディーラーさんに頼んだとすると、今回のお買い物(TV)と合わせても1万円以上高かったのでいい業者さんが見つかってよかったです。




ようやく本題です(^^;

スッキリした夜空には出会えませんが、合間を縫って撮影してきました。

アンドロメダ銀河。
M31_iso1600_2m50s_12fr_fl
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO1600 170秒X12枚 LPS-D1 Skymemo-S)

この時、この方向しか雲の関係で撮れなかったのですが、合わせてミニボーグ50に対物絞りを入れた効果の確認もしました。

どちらもJPEG画像にレベル補正・トーンカーブ補正・リサイズを同じように掛けてあります。

対物絞りなし(F4.25相当)
_dsc6335

43mmステップダウンリングにて絞った状態(F4.94相当)
_dsc6337

夜景ではハッキリ効果が確認できますが、星相手には周辺減光の改善と多少星像がキリッとしているぐらいですかね。

そのぐらいの効果でも、スカイメモSで星が流れない範囲で露出時間が増える程度で済むことなので絞った状態での撮影を今後も続けていきます。

多少とはいえ効果がある方がいいもんね。


今日も日中はいい天気だったのに、日が暮れてから雲に覆われてきました。

これから月が明るくなっていくので、まだしばらくはいいですけど、次の新月期はスッキリした夜空に出会えるように期待しています。

2016年9月14日 (水)

工作室 (ミニボーグ50用対物絞りの作成とテスト)

夏の暑い時期、水分の摂取に困らないようにと設置しておいた「小動物の水飲み場」という名の自動給水器(まぁ子猫用なんですが)、ついに無くなっちゃいました。

ゴミと間違われないように「小動物の水飲み場」と赤文字で書いておいたのですが、消えかかっていたのでそろそろ書き直そうと思っていた矢先でした。

一番暑い時期はもう過ぎたし、子猫の行動範囲も広がってあちこち行っているようだからもう必要ないかな?

もし、今度作るときには、マジックで書くんじゃなく、ちゃんとペイントして消えないようにしなきゃだな。


表題の絞りの件ですが、ボーグにはちゃんとした製品があります。

ただ、高いのです。

以前、カメラレンズを利用して作ってみたんですが、どうしても絞りの効果が出る位置へ付けることが出来ず断念していました。

ミニボーグ71FLでは青ハロが気になることはなく被写界深度だけの問題だったので、対物絞りで暗くする必要もないなと考えそのまま放置。

しかし、今回は青ハロが出ることが想像出来るので作成しました。

こんなものです。
20160914_140451_2

ただの画用紙(2枚貼り合わせ)ですよ(^^;

なので、いったん入れちゃうと入れ替えない限り、絞りは変更できません。


対物レンズの直前に保護フィルターのように装着すれば簡単なのですが、ミニボーグ50はフードが一体型みたいな感じなのでこのように使います。固着していただけでした。
現在ではフードを外して対物レンズ直前にステップダウンリングを対物絞りとしてセットし、フードを付けて使用しています。

20160914_140550_2

対物レンズの内側へはめ込みます。

この方が簡単です。

レデューサ0.85xDGを使用しての開放値がF4.25です。

対物絞りによる影響がどんな感じかわからないので、
1.ほんのちょっと絞って F4.6
2.まぁこのぐらいが妥当じゃないの F5.0
3.風景撮りに使うかも?の F8.0
の3枚作りましたよ。


星空でのテストは当分できそうにないので夜景でテストしました。
(写真が傾いていたので回転させてちょっとだけトリミングしています)

開放。
_dsc4049f425_16s_2

F4.6。
_dsc4052f46_16s_2

どちらもシャッタースピードはISO400で1.6秒でした。

F5.0。
_dsc4054f50_20s_2

シャッタースピードは2.0秒。

F8.0。
_dsc4057f80_32s_2

シャッタースピードは3.2秒。

光源回りのハロは、シャッタースピードに影響がなく多少の改善がみられるF4.6よりも、ちょっと露出時間が長くなるけどF5.0ではそこそこ改善されているみたいで使えそうです。

F8.0なら気にならないぐらいだけど、倍の時間が必要になるのはちょっとねぇ・・・。

中央付近を横並びに切り出しました。
Compare_2

ほかのオールドレンズで以前撮影した街並みはこちら。
http://camera-de-youing.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-a9ca.html

オールドレンズに比べて、ミニボーグ50が一番最近のレンズなだけあってハロが少ないですね。

実際の星空でテストしたいなぁ。

今週は無理だろうから来週以降ですね。

2016年9月10日 (土)

物欲 (ミニボーグ50、とそのテスト)

天気が悪くて当ブログ本来の活動はできていません。

ただ、「出来るだけお金をかけずに天体写真や野鳥写真などを楽しむためには」という趣旨からは、こういう時こそネットを徘徊してお買い得品を探すのも本来の活動と言えるかも?

そんな訳で、表題の「ミニボーグ50」の中古を買っちゃいました。

何故、アクロマートの望遠鏡を買うのか・・・「デジボーグ55FL」が欲しい!と以前言ったのにも拘らず。

深い意味はないのですが、手持ちのパーツが使えるし、将来、オートガイドを始める際にはガイド鏡にも使えるだろうから、「①無駄にはならない」、「②200mmぐらいの写野でスカイメモSでも無理なく楽しめる」、「③安くてしばらく遊べそう」ぐらいが動機です。

「コ・ボーグ36ED」は無駄になりそうで断念し、何度か「ミニボーグ50」を見掛けては見送ってきたのですが、今回、安いのが見つかりまして速攻でオーダーしました。


中古は一期一会ですから、見つけたときに即断しないと無くなっちゃうことが多いので(^^;

これを買う前にコンパクトな経緯台の出物があったんですが、それは、間に合いませんでした。

所有するジンバル雲台がどうも怪しくなってきたので欲しかったんだけどなぁ・・・。


今更、写真で紹介するほどのものではありませんが一応。
Dscn6144

摺動部を伸ばすと。
Dscn6146

コンパクトですね。

ただ、このままでは使えませんし、三脚台座もありますがカメラでの使用が前提ではないようです。

カメラマウントのパーツを使用してカメラを装着するとカメラに対して台座は斜め上を向いちゃうのです。

修正する機構もありません。

アイピースを付けて手軽に見る際の固定用として意味合いらしいです。
(カメラマウントをT-マウントにするか、シムを入れて調整すれば使えますけど・・・)

カメラレンズとして使うためには・・・。
Dscn6147

こうなります。

これで、無限遠~1.5mほどをカバーできます。

上の写真ではレデューサを入れています。


レデューサなしでは周辺像は・・・。
_dsc6219
(JPEG撮って出し)

こんなもんです(^^;

これで250mm。

レデューサ0.85xDGを入れると212.5mmとなり、その時の周辺像は・・・。
_dsc6223
(JPEG撮って出し)

完璧ではありませんが改善されます。

F値は4.25、まぁまぁかな。

200mmでF4.0のカメラレンズも持っているけど、こちらの方が軽いし、自作鏡筒バンドでスカイメモSに載せるので写野の回転もできて使い勝手がいいのです。


天気が良くなかったようで、ソフトフィルターを使ったような画像になっていますが、テスト撮影もしてきました。

昇ってきたM45。
Subaruiso1600x21_42m
(SONY NEX-5N(改) ミニボーグ50 レデューサ0.85xDG ISO1600 120secX21 LPS-D1 Skymemo-S)

アンドロメダ銀河。
M31iso1600_180secx10
(SONY NEX-5N(改) ミニボーグ50 レデューサ0.85xDG ISO1600 180secX10 LPS-D1 Skymemo-S)

オリオン座中央部。
Orioniso1600120sec
(SONY NEX-5N(改) ミニボーグ50 レデューサ0.85xDG ISO1600 120sec LPS-D1 Skymemo-S)

こちらは雲に邪魔されて1枚物です。

明るい星がソフト効果によってボケているので青ハロがどのぐらい出るかはわかりませんでした。

チャンスがあれば今日もテスト撮影したいところですが、今のところ雲に覆われています。


しばらく、これで遊べそうですよ(^^;

GPV気象予報

  • 雨量・雲量
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ